埼玉県公立入試・国語「作文」における必殺技

 埼玉県公立入試の国語では、必ず作文が出題される。
 16点という、かなり大きな配点だ。
 書き方について、いくつもの条件がついているので、条件作文と呼ばれる。

 その条件の中に、決まって出てくるのが、「自分の体験をふまえて書くこと」というものである。
 この場合、体験とは、実際に自分がしていなくても、「見たこと聞いたこと」でもいいとされている。
 県が公表している「採点の手引き」(ネットで公開されている)によると、「自分の体験をふまえて」書かれていない場合、8点の減点であるから、これはかなり重視されていると見なければならない。

 そもそも、「自分の体験をふまえて」と条件づけている以上、作文テーマは、ほぼすべての中学生が、学校生活や家庭生活の中で、体験しているはずのことになっているはずで、実際、25年度「ボランティア活動」、26年度「働く理由」、27年度「百年後の日本に残したいもの」、28年度「家庭ごみの減量」と、一度は経験したり考えたりしたことがありそうなものが選ばれている。間違っても「タバコと肺がんについて」とか「危険薬物について」とか「ギャンブル依存症について」などというテーマが出されることはないわけである。

 しかし、この体験というやつは、パッと思い浮かぶ場合と、すぐには思い浮かばない場合がある。
 すぐに思い浮かばない場合は、ただ、自分の意見を書く方がずっと楽だと思ったりする。「経験かよ、なんかあったかな。思い出せねえよ」って感じになる。

 さあ、どうする。
 そこで私が編み出した方法、などと言うと偉そうだが、まず学校行事を思い出してみる。修学旅行とか体育祭とか。次に部活動のこと。あとは、うるさいけど、いつも親に言われていることを思い出してみる。

 それでも出てこないときは、授業だ。
 「学校の授業で、~について学んだことがあります」と書く。これ便利。ほとんどのテーマで使える。
 「学びました」とか「習いました」と書くより、「学んだことがあります」、「聞いたことがあります」と、英語の現在完了風に書くと、経験が強調される。
 実際に学んだかどうかは関係ない。なにしろ作文なんだから、作っていいのだ。

 で、そういう授業をきっかけに、いろいろ考えて、自分はこのように考えるようになりましたと続ける。

 来年のテーマを予測することは難しいが、条件はいつも決まっているので、それを意識した「書き方の準備」はしておいたほうがいいし、それは出来るはずだ。

岩を乗り越えたのに小石に躓いてこけてる人

 先日の第4回UPテスト、大問1(2)の平方根の計算。
 3割以上の人が、相変わらず間違っている。確実に4点をキープしなきゃいけない問題なんだけどね。

 √(ルート)を含んだ計算は、たった1つのことを実行すればいいんだ。
 √(ルート)の中は、できるだけ小さくする。できれば数字をそろえる。ただそれだけ。
 
 もし、分数を含む計算だったら、分母から√(ルート)をなくす。

 さて、さっそく、わが社の志村クンを使って実験してみる。

       3
 2√8×(- −2√2)  ※√2分の3がうまく書けない。
      √2

 まず、計算のルールにしたがって、かっこをはずす。
 これはできた。
 2√8は、√(ルート)の中は小さくにしたがって、4√2になおせた。
 √2分の3は、分母の√(ルート)をなくせにしたがって、2分の3√2になおせた。分母と分子に√2をかければ済む。

 だが、ここまで出来ていながら、志村クンは正解にたどりつけなかった。
 なぜか。
 通分・約分で計算ミスをした。

 ここでは、√(ルート)の計算がちゃんとできるかどうかが、主に試されているのであって、通分できるかどうかじゃないんだよ。それは小学生だって出来るんだから。
 でも、そういうメインじゃないところで間違ってしまう。
 大きな岩を乗り越えたのに、小石に躓いて(つまづいて)、こけてる感じ。
 そういう人、多いんじゃないかな。

 4点というのは、合否を分けるに十分な数字だぞ。
 ケアレスミスで済ましていい話じゃない。

 
 

人の不幸を喜ぶ人々は悲しい

 受験生諸君に新しい言葉を教えておこう。
 「一世を風靡する」(いっせいをふうびする)。

 一世はその時代のこと。風靡するは、風が草木を靡かせる(なびかせる)こと。
 そこから、ある時代に圧倒的に流行したという意味で使われる。
 「一世風靡」は四字熟語だが、「一世を風靡する」という使われ方の方が多い。
 たとえば、「一世を風靡したアイドル」といった形で用いる。

 さて、ピコ太郎である。または「PPAP」。

 なぜ、こんなものが流行ったのか分からない。なんで外国人にここまで受けたのか、それも分からない。ジャスティン・ビーバーがツイッターで紹介した影響が大きいと言われるが、私はつい最近まで、その存在すら知らなかったので、何とも言いようがない。

 おそらく来年の今頃は、誰も口にしなくなっている可能性が高いが、それでもいいではないか。
 一発屋、結構。

 一世を風靡するなんて、それを出来ずに死んでいくやつがほとんどなんだから、良かったじゃないか。「慶賀の至り」(けいがのいたり)というものである。
 「慶賀の至り」はおめでたいときに使う言葉だ。念のため。

 人の幸福をねたみ、人の不幸を喜ぶ人々は悲しい。そういう時代は生きづらい。
 人の幸福や幸運を、素直に祝福できる人々は、心豊かな人々である。

 私たち年寄りは、世の中に不平不満を言うばかりで嫌われる。
 年がら年中、つまらん、くだらんと言い続けだ。
 ここは一つ、お手本を見せねばなるまい。
 だから言おう。
 ピコ太郎さん、良かったじゃないか。この際、稼げるだけ稼いでくれ。願わくば、キミの幸運をみんなに分けてあげてほしい。

「夢を追う男」を追いかける男

 ネットで「夢を追う男」と検索すると、阿部雅龍という男にヒットする。
 特別な言葉じゃないが、意外にもこれで引っかかる。
 暇があったら、皆さんも試してもらいたい。

 昨夜会ったこの男。33~34歳というから、ちょうど我が娘と同世代だ。
 やってることが実に笑える。
 「いい年して、オマエ、何考えとるんじゃ」とあきれるほどバカげた真似を大真面目にやっているから、驚きとか感動とか尊敬とかを通り越して、もう笑うしかない。

 アマゾン川2000㎞筏下り、カナダ北極圏徒歩750㎞等々。
 長いこと生きてきて、「夢を語る男」には、いやというほど出会ってきたが、その夢を実行に移しちゃうやつは、そうはいなかった。

 「そんなことやって、何の意味があるの? ただの自己満足でしょう」
 そうだな。ありがちな反応だ。
 だがね。意味があったかどうかは、やってみての結果でしかないんだよ。意味とか意義なんてものは後からついてくるものであって、やる前に分かるもんじゃない。

 面白そうだから、「『夢を追う男』を追いかける男」という立場で楽しませてもらうことにしよう。

 昨夜は、久留米市出身のシンガーソングライター・早川徹也くんが、Adventurer阿部雅龍くんのための応援ソングを披露してくれた。この道もまた容易ではないが、観客は一人でも多い方がよかろう。遠くから拍手・声援を送ることにしよう。

受験料2万5千円は高いのか

 埼玉県内私立高校の受験料(入学検定料)について調べてみた。
 例によって、学校の公式サイトによる調査である。

 高校募集を実施しない浦和明の星女子は対象外。
 慶応志木・立教新座・早稲田本庄は別格で、これも対象外。そもそも立教新座と早稲田本庄は、生徒募集要項を掲載していない。慶応志木は受験料30,000円と高い。
 それと、東邦第二・武蔵野音大付属の両音楽高校も対象外。

 残るは42校だが、受験料がどこに記されている分からない学校が2校あったので、40校が対象。
 ●25,000円 21校 
 浦和実業学園・浦和ル-テル学院・開智未来・春日部共栄・川越東・埼玉栄・栄北・栄東・狭山ケ丘・淑徳与野・城西川越・昌平・城北埼玉・西武文理・西武台・獨協埼玉・花咲徳栄・武南・星野・細田学園・山村学園
 ●23,000円 1校
 国際学院
 ●22,000円 10校
  浦和学院・浦和麗明・叡明・大妻嵐山・大宮開成・正智深谷・東京成徳大深谷・本庄第一・本庄東・武蔵越生
 ●20,000円 8校
  開智・埼玉平成・自由の森学園・秀明・秀明英光・聖望学園・東京農大三・東野
 
 半数が25,000円。複数回受験の場合の割引制度を設けている学校が多い。
 
 ほとんどの学校が、併願の場合、入学手続きの延期(公立の結果が分かるまで)の制度を設けている。
 その際、いわゆる「延納金」を収めなければならない学校と、手続きも「延納金」も不要な学校とがある。
 ●延納金30,000円 1校
  独協埼玉
 ●延納金20,000円 7校
  浦和実業学園・栄東・狭山ケ丘・城西川越・西武文理・聖望学園・武南
 ●延納金15,000円 1校
  山村学園
 ●延納金10,000円 9校
  浦和学院・浦和麗明・叡明・大妻嵐山・国際学院・埼玉平成・栄北・昌平・武蔵越生
 ●延納金 5,000円 1校
  大宮開成
 ●延納金 0円
  多数

 最近は、「延納金」が不要な学校や、「延納手続き」さえ不要な学校が増えてきている。


 たった1回の入試で、しかも、ある程度合否が決まっている入試で、受験料20,000円とか25,000円は高過ぎるだろうという声も聞かれる。
 たしかに、学校の先生が問題を作り、学校の校舎を使って、学校の先生が監督し採点するテストということを考えるとそうかもしれないが、受験料はそのまま先生の懐に入るわけではなく、学校の収入の一部となって、教育のために使われ、最終的には生徒に還元されるのだから、それほど無茶な金額ではないだろう。
 ただ、実際に入学しなかった受験生にとっては「捨て金」になる可能性がある。だが、それも、公立併願者にとっては、チャレンジのための「安心料」となっているのだ。

インターネット出願が主流になる

 インターネット出願。

 これは一時的なブームではなく、時代の趨勢(すうせい)というものだろう。
 出願にあたり、紙の書類を直接学校に持って行ったり、郵便で送ったりというのが、これまでの主流だったが、こうした方法は、廃止されるか、特例的な方法という形となり、インターネット出願が主役になるだろう。

 29年度入試で、インターネット出願できる埼玉県内私立は、次のとおりである。
 大妻嵐山・ 開智未来・ 春日部共栄・栄東・狭山ヶ丘・城西川越・城北埼玉・西武文理・ 独協埼玉・東野・山村学園。

 各校WEBサイトを調べた結果であり、見落としがあるかもしれないが、全体の4分の一程度である。

 マーケティング用語にイノベーター理論というのがあって、新しい技術や商品への対応について、5つのタイプに分類している。
1 イノベーター(革新者) 新しいものを進んで採用。全体の2.5%。
2 アーリーアダプター(初期採用者) 自ら情報収集し判断し採用。全体の13.5%。
3 アーリーマジョリティ(前期追随者) 採用には比較的慎重。全体の34%。
4 レイトマジョリティ(後期追随者) 大多数と同じ選択。全体の34%
5 ラガード(遅滞者) 流行が一般化したら採用。全体の16%。
 「普及率16%の論理」というのがあって、これを超えるかどうかが、社会全体に普及するかどうかの分岐点だと言われている。

 この理論にしたがえば、県内私立47校中11校(23.4%)がインターネット出願を採用しており、すでに「普及率16%」の壁を越えているので、ここから一気に加速し、来期以降は、アーリーマジョリティが追随することにより、半数の学校が採用することになるだろう。

 ここで少し宣伝である。
 今から10年前、わが社(株式会社メディアバンクス)は、春日部共栄中学高校にインターネット出願の採用を提案した。
 当初、事務方から、窓口・郵送に加え、インターネット出願が加わると事務作業が煩雑になると否定的な声も上がったが、当時の校長が「受験生・保護者の利便性が高まるなら」と決断し、採用が決まった。
 前述の理論にしたがえば、イノベーターの登場である。
 ただ、ちょっと時代を先取りし過ぎたためか、まったく話題にもならなかった。

 世の中なんでも早くやればいいというものではないが、誰かがイノベーターの役割を果たさなければ、進歩・発展はないので、そういう提案を続けて行きたいと思うのであるが、なにせ年だから、私自身世の中に対する反応が鈍くなってきている。
 若い世代に期待したいところである。

東京マラソンに向け始動、今日は貴重な実戦練習

 2年ぶりに「加須こいのぼりマラソン」(ハーフマラソンの部)に出場。
 まだ練習十分というわけには行かないが、いつも言っているように、実戦でしか得られないものがある。

 そう言えば、朝方、駅でたくさんの中学生を見かけた。かれらもまた模試という実戦練習の場に向かうのであろう。

 今日の練習テーマ。
 1 1㎞を6分のペースで走り、結果、どのくらいの余力が残っているかを確認する
 2 給水所で立ち止まらず、走りながら給水を取り、走りながら飲む

 風もなく、それほど寒くなく、コースもおおむね平坦だったので、1㎞6分は達成できだが、余力は残ってなかったな。
 このペースで行けたのは、あと3~4㎞がいいところだろう。
 1㎞6分ペースを30㎞まで延ばすのが、今後の練習目標だ。

 40代前半は、1㎞4分ペースで35㎞まで行けたんだが、20年前と比べても意味ないな。

 給水を走って取って、走って飲むのは、そこでペースを乱さないために今日のテーマにあげておいたが、若いころずっとそうやってたから、これは全然問題なかった。
 
 冬休みを無駄にするな。
 そのためには、「冬休みから」じゃなくて、「冬休みまで」を大事にしなくちゃいかんぞ。
 そう受験生に言っているのだが、その言葉、そっくり自分に向けなければならない。

 2016加須こいのぼりマラソン01

 2016加須こいのぼりマラソン02

 2016加須こいのぼりマラソン03


公式ページ(オフィシャルサイト)で過去問を見られる学校

 これまでより難しそうだと予想される埼玉県公立入試の「学校選択問題」。
 昨日は、東京都や大阪府、それに埼玉県内上位私立高校の問題が参考になりそうだと書いた。

 今日は、学校の公式ホームページ(オフィシャルサイト)から、過去問題がダウンロードできる東京都の私立高校を調べてみた。

 全部調べたわけではないが、思ったより少ない。
 PDFになっているので、パソコンでダウンロードし印刷すると、そのまま使える。
 (下の学校名をクリックすると、その学校のサイトに移動する)

 豊島岡女子学園高校
 青山学院高等部
 明治学院東村山高校
 成蹊高校
 中央大学附属高校
 中央大学杉並高校
 本郷高校
 帝京大学高校
 京華高校

 おおむね、難易度順に上から調べたもので、とりあえずここまで。

 なお、過去問については、さまざまなサイトに掲載されている。
 繰り返すが、学校の公式ページからダウンロード可能なものだけである。

 ※追記:埼玉県内私立高校で、公式ページで過去問題を見られる学校は、見つからなかった。

埼玉県内私立の問題が「学校選択問題」の練習になる

 来年度、埼玉県公立入試「学校選択問題」(難しい方)の数学について、調べてみた。
 
 何を調べたか。
 埼玉県の過去問があまり参考にならないので、練習用になる問題がどこかにないか?

 なお、今回は、大問1の計算問題についての調べである。
 「学校選択問題」の、これまでとの大きな違いは、大問1と大問4に現れると予想。大問2、大問3の二次関数、平面図形の問題は、埼玉の過去問演習で、何とか対応できそう。
 という前提の下に、調べてみた。

 今までの大問1の、特に最初の方は、暗算でも解けるチョロイ問題だった。
 だが、今度は、エンピツ使って、ちゃんと計算しないと解けない問題が出そうだ。
 難しくはないが、速さと正確性が求められる。
 そういう問題がどこかにないか。

 1東京都立高校、グループ作成校の問題
  都立トップ校の日比谷・西などは、ほかの学校とは別問題で実施している。初っ端から無理数を含む計算だから、これは参考になりそうだ。

 2大阪府立高校、一般選抜のC問題
  大阪府は、難易度別にABC3種類の問題を作成していて、その一番難しいやつ。東京のグループ校ほどではないが、暗算で済ますのは危険なレベル。

 とりあえず、公立はこんなところか。

 3埼玉県内私立進学校の問題
  これが意外と、などと言っては失礼だが、練習になりそうだ。
  全部は調べられないので、このへんだろうと見当をつけて調べてみたら、やはり、開智・大宮開成・春日部共栄あたりだと、暗算じゃ無理。昌平も特進になるとちょっと面倒。
  要するに、「学校選択問題」採用校の併願になりそうな学校は、それなりに面倒な計算問題を出しているってことだ。

 都内私立も調べてみれば、まだまだ練習になりそうな問題を発見できそうだが、今日はここまでだ。
  

  

波乱要素含む、29年度埼玉県公立入試

 昨日は、読者(受験生の母)の方から、先週このブログを大量に読みましたというお便りをいただいた。
 何かの拍子にこのブログを発見されたんでしょうね。
 まあ、こういう方がいらっしゃるので、それを励みに書いているわけで、年末には、毎日更新を始めてから1000日に到達する。

 今日、たまたま電話で、さいたま市内の個人塾の塾長と話す機会があって、その中で、今度の埼玉県公立入試は、「波乱の入試になるかもしれない」という話になった。

 波乱か。
 そうならないことを願うが、たしかに準備の仕方は、これまでと違ってくるから、あるかもしれない。

 成績上位層、さらにその中でもトップグループに属するような生徒は、入試制度が変わろうが、出題内容が変わろうが、何の影響も受けない。「えっ、なんか変わってました? フツーに出来ちゃいましたけど」、てなものである。学校で1番とか2番とかいう生徒にとっては、「学校選択問題」なんて、そんなものだ。

 しかし、模試を実施している立場から言うと、明らかに受験生は、「学校選択問題対応」の出題に、いつもと勝手が違い、戸惑っている。
 「大問1で、こんなに時間使っちゃうのかよ」というのが、もれ聞こえてくる受験生の声だ。
 ただ、後で冷静に考えてみれば、ちょっと手間がかかるというだけで、超難問というわけではない。だから、二度三度受けているうちに、ちゃんと正解できるようになる。

 心配なのは、数学の最初の方の問題は、暗算でもできるチョロイ問題だから、ここは満点で通過できるだろうと高をくくっている受験生だ。
 こんな受験生が、本番で初めて、1問目から手間のかかる問題に接したら、パニックを引き起こすかもしれない。

 波乱が起こるかもしれないというのは、このことだ。
 心構えと対策ができている受験生は、いつも通りの力が発揮できるだろうが、それがない受験生は、精神的な動揺により、日頃の力が発揮できないかもしれない。
 結果、「あの子が受かったのに、なんで、あの子が落ちたの?」という番狂わせが起こる。

 「学校選択問題」は、決して難問じゃないが、なめたらいかんぞ。

プロフィール

Author:UPテスト理事長
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード