学校の危機管理、もう一度勉強し直すとするか

 日大ダメだな。
 日本初の危機管理学部を擁する大学が、まったく危機管理できていないとは正にブラックジョーク。
 
 本ブログは先生応援を旨としており、時に苦言を呈することはあっても基本的に学校叩きや先生叩きはしないのであるが、この度の日大アメフト事件については擁護のしようがない

 同学部HPに、「危機管理学を学んだ人材の卒業後の主な進路として想定される」ものとして、「一般企業のコンプライアンス(企業としての信頼を守るための法令順守)、CSR(企業の社会貢献や社会的責任に関する活動)に携わる担当者」が挙げられている。
 無理でしょう。
 教える側がこの体たらくでは。

 責任者出てこい。
 そう思っている人多いんじゃないかな。
 ここまで世間をお騒がせしてしまった以上、ことの真相はともかく学長とか理事長が出てくるのが普通だろうに。
 マスコミもなぜそれを要求しない。普段はすぐに社長を出せというクセに。まさか巨大なスポンサーに忖度してんじゃないだろうな。

 学校の校長先生や理事長さん。
 何かあるたびに、いちいち表に出て謝罪していたんでは身が持たない。事件や事故の性質、その時々の世間の風潮、そういったことを勘案し、波紋が広がらないうちに自ら会見なり謝罪なりして鎮静化を図るべきなのだが、「出たほうがいいか」「出る必要はないか」、この判断が難しい。
 結果論ならいくらでも言えるが、そういう立場を経験したことのない私には、瞬時に適切な判断を下せる自信がない。

 20年ぐらい前だと思うが、危機管理(特にマスコミ対応)をテーマにした専門家によるセミナーを思い立って学校の先生の参加を募ったが、全然集まらず大赤字を食らった記憶がある。
 当時は危機管理などと言っても「なに、それ?」という時代であったからやむを得ない。マスコミ対応もテレビ・新聞・週刊誌だけ考えておけば良かった。

 しかし時を経て、ネットという得体の知れない巨大メディアが幅を利かせるようになった。
 もう一度チャレンジしてみるか。

日大はなぜ教え子の盾になってやらないのだ

 日大アメフト事件。
 現在進行形でありこの先の展開は読めないが、昨日の当該選手の記者会見には驚いた。会見の中身にではなく、会見を開いたこと自体に、である。

 そこで当該選手の身内になったつもりで、あえて名前出し、顔出しで記者会見を行った理由を考えてみる。

 普通、あんなことはやらない。
 大学側がやらせない。

 かれの行為はいかなる理由があっても許されるものではない。これが大前提なのだが、その上で、親や大学はかれを守ってやらなければならない。
 社会人だったら事情は違ってくると思うが、20歳とはいえ、まだ学生なのだ。
 万引きだろうが、暴力事件だろうが、交通事故だろうが、世間からどんなに糾弾されても教え子は守る。犯罪者をかばうのかと非難を浴びても、それでも守る。

 ところが、大学側にも指導者側にも学生を守ろうという姿勢が一向に見られない。ばかりか、学生に罪を擦りつけるかのような態度、言動すら見られる。
 そうか、先生は守ってくれないのか。となれば、わが身は自ら守るしかない。このままでは自分だけが悪者にされてしまう。
 というようなことを親や周囲の大人たちに諭され、異例の記者会見に至ったのではないか。

 ふと、こんな言葉が頭に浮かんだ。
 「焼け野の雉夜の鶴(やけののきぎすよるのつる)」
 自分の命にかえても子を救おうとする親の情の深さ。

 わが身を盾にして教え子を守る気概のないやつは教育者やめろ。

先生の仕事を大きく2つに分類してみる

 先生の仕事を私流に分類してみる。
 なお、これから書くことは現状の私自身の知識と経験の範囲内であるから、勉強が進むと少しずつ変わる可能性もある。

 先生の仕事を大きく2つに分類してみる。
 1.教育的な仕事(児童生徒と直接関わる仕事) 
 2.事務的な仕事(児童生徒と直接には関わらない仕事)

 「1.教育的な仕事」は、目の前に生徒がいないと成立しない仕事である。
 中心になるのはもちろん授業。教材研究(授業の事前準備)やテスト問題作成・採点は授業に付随するので家でやるとしても授業の範疇。部活や行事がらみも教育そのもの。
 これらは合理化になじまない。時短、機械化、省力化が難しい。
もちろん、それが可能な事柄もある。テスト問題作成や採点は合理化できるかもしれない。ただ、行き過ぎると、じゃあ学校の意味、先生の意味って何なのよとなってしまう。

 「2.事務的な仕事」は、生徒に直接的には関わらない仕事。よく言われる雑務の多くは事務的な仕事だ。
 こちらは合理化できる。もっと徹底すべきだ。
 募集に関わる仕事も、教育そのものではないから、私はこちらに分類している。
 事務スタッフを増員する。あるいは外注する。
 いずれも予算を伴うが、合理化を進めても生徒は直接被害を受けない。

 先生の働き方改革を進めるなら、「2.事務的な仕事」の合理化から入るべきだ。
 「1.教育的な仕事」について先生方は、もっと効率的にできないかと考えることもあるだろう(正確に言えば効果的に、か?)。しかし、ここで楽をしたいと思っている人は稀で、ほとんどの先生は放っておけばどこまでもやってしまう。
 つまり、働き方を変えようと「1.教育的な仕事」にメスを入れても、新たな時間が生まれたら、結局は生徒のために使うから、同じことなんだ。

 なんだかんだ言っても、生徒と一緒のときが一番楽しいからね。それが苦痛なら早いとこ職業替えするんだな。

 部活問題が騒がれている。
 たしかに一部行き過ぎという面もあるし、先生方は相応の犠牲を払わなければならないのも事実だが、生徒と共にある時間は本来楽しいはずのものだ。
 それを苦痛にさせているのは、「2.事務的な仕事」の重さであるから、ここも合わせて議論しないと解決につながらないと私は考える。

埼玉県外及び県内他市への中学入学時流出が多い市はどこだ

 中学入学時における市外流出率調査。
 本日は、主に塾の先生や私立の先生向け。

 公立小学校を卒業したら、そのまま学区内の公立中学校に進むのが、昔ながらの考え方。その場合、ある年度の中学1年生の生徒数は、その前年の小学校6年生の児童数にほぼ等しい(親の転勤、住宅購入その他で転入・転出があるので「ほぼ」である)。

 しかし、近年はここに私立中学校(中高一貫校)入学という要素が加わる。
 そこで、埼玉県内市町村ごとにこんな計算をしてみる。

 「ある年度の中学1年生徒数-その前年の小学6年児童数」 

 これがマイナスであれば、他市や県外の私立中学校に進んだのではないかと推測できる。さいたま市のように私立がたくさんある場合は、(市内→市内)も考えられるが、今回はそこまで細かくはやらない。

 現時点で分かる最新データは、28年度と29年度の学校基本調査である。この調査は毎年5月1日現在で行われるので、30年度の結果はまだまとまっていない。

 市内児童・生徒数が500人を超えるレベルという条件の場合、以下の10市が市外流出率(推定)上位にくる。
 20180521中学入学時流出率

 鉄道沿線で分類しておこう。
 東武東上線:和光市・朝霞市・志木市・富士見市
 西武池袋線(同新宿線):所沢市
 東武スカイツリーライン線:草加市 
 京浜東北線(埼玉高速鉄道):川口市
 埼京線(京浜東北線):戸田市
 武蔵野線:三郷市
 つくばエクスプレス(東武スカイツリー線):八潮市
 
 以上10市の共通点は、市内に私立中学校(一貫校)がないことである。つまり、流入の条件がないので「増減」の数字は「純減」と考えていい。
 もちろん、都内への交通の便は良い。
 和光市からは川越より池袋が便利だ。朝霞市・志木市・富士見市は、川越や都内(池袋など)のほか、武蔵野線利用でさいたま市へも便利だ。和光市・朝霞市などに隣接する新座市からの流出も多いと考えられるが、ここには立教新座による200人以上の流入があるので、統計上はプラス(流入大)となる。

 実人数では、県下第二の都市(60万都市)・川口市からの流出が約5000人と群を抜いている。川口から大宮まで京浜東北線で約20分だが、逆方向(都内)に向かえば上野や、赤羽乗り換えで池袋まで行ける。京浜東北線で一駅乗れば東京都という交通の便の良さが影響していると考えられる。※重要な訂正;川口市からの流出は約400人。入力ミスです。失礼しました。(5月22日)
 
 上位10市には、公立の名だたる進学校がない。例外は所沢北、川口北、また川口市隣接の蕨ぐらいだろう。近くに公立進学校が少ないことも、他市や県外に目を向きやすくしている原因だと考えられる。

 さいたま市や川越市は、統計上はプラス(流入大)である。さいたま市には私立中が8校、川越市には4校あるためだが、さいたま市は8校1362人の入学者があるのに対し425人増、川越市は4校392人の入学者があるのに対し192人増にそれぞれとどまっている。他市や県外への流出も多いと考えられる。

 本日はここまで。

読みにくい大学名を集めてみた

 日大アメフト部・内田正人監督の謝罪会見。
 お詫びの場にピンクのネクタイはどうかと思うが、日大のスクールカラーかシンボルカラーのようだから、これは譲るとして、「関西学院大学(かんせいがくいん)」を「かんさいがくいん」と呼んでいたのにはビックリ!

 一般人、かつ関東在住者ならそんなものかもしれないが、大学人だし、アメフト界ど真ん中の人だからね。もしかしたら、わざと?

 ということで、今日は、読みにくい大学名調査。
 全国に大学は800もあるから、そりゃ読めない大学だってあるだろう。

 たとえば、鹿屋体育大学(かのや)、吉備国際大学(きび)、都留文科大学(つる)が読めないとしても、それは地名が読めてないということだから、そういうのは除こう。

〇北海道・東北
 宮城県の尚絅学院大学(しょうけいがくいん)だろうね。熊本県に尚絅大学があるが、関係ないらしい。

〇関東甲信越・東京
 栃木県の白鷗大学(はくおう)、千葉県の麗澤大学(れいたく)、茨城県の常磐大学(ときわ)、群馬県の上武大学(じょうぶ)、埼玉県の尚美学園大学(しょうび)、東京の二松学舎大学(にしょうがくしゃ)。
 常磐は、常磐線、常磐ハワイアンセンターでお馴染みだから、「じょうばん」と読みそう。上武を「うえたけ」、尚美を「なおみ」と読む人は少ないだろう。上武は箱根駅伝で名が売れた。二松学舎は夏目漱石も学んだという伝統校。

〇中部・北陸
 静岡県の常葉大学(とこは)は付属高校の野球で有名。愛知県の椙山女学園大学(すぎやま)、至学館大学(しがっかん)。三重県の皇學館大学(こうがくかん)。
 女子レスリングの名門・至学館は、「しがくかん」ではなく「しがっかん」である。皇學館は伊勢市にある神道の大学。

〇近畿・中四国
 関西学院大学は、関東では間違える人が多い。京都の龍谷大学(りゅうこく)、大谷大学(おおたに)あたりは関東人でも大丈夫だろう。龍谷が西本願寺で、大谷が東本願寺。大阪の梅花女子大学(ばいか)を「うめのはな」と読む人はいないだろう。

〇九州・沖縄
 熊本県の尚絅大学(しょうけい)と崇城大学(そうじょう)、活水女子大学(かっすい)。鹿児島県の志學館大学(しがくかん)、沖縄県の名桜大学(めいおう)。志學館と至学館はよく混同される。名桜は公立。

 私は教育関係者だから、読めないということはないが、所在地が分からない大学はたくさんある。どんな学部かとなるとさらに分からない。

1週早いが、初めてのプレミアムフライデー

 週末は軽い話題で。

 昨日ついにプレミアムフライデーを実行したぞ。
 待てよ。あれは月末だから1週間早過ぎた。でもまあいいか。

 内神田でちょっとした打ち合わせあり、午後5時で終了。普段なら浦和の事務所に戻ってもう一仕事という時間だが、週末だしここで仕事終わりとするか。原稿書きは土日でいいや。

 ふと見れば、目の前にいつも皇居ランの拠点にしている銭湯「稲荷湯」があるじゃないか。
 って、最初から分かってるわけで、今日はシューズとウエア持参だ。走る気満々。
 まだ明るい午後5時からランニングって、なんてプレミアムなんだ。

 縁あって5年ほど前から「TOMOトレイルズ(トモ・トレイルズ)」というランニングや山登りを愛好するチームに属している。
 属しているといってもこのチーム、誰が代表者かも分からないし、メンバーが何人いるかさえ分からない。会の決まりも会費もない。
 そういう思いっきりユルユルのチームのくせに揃いのTシャツだけはあったりする。
 本ブログでも何度かネタにしている「100キロトレイル」はこのメンバーで出場している。

 週末はごった返す「稲荷湯」だが、さすがこの時間だと空いている。
 着替えていたら常連とおぼしき爺さんに声をかけられる。銭湯行くと必ずこういう爺さんいるね(まあ、こっちも爺さんだけど)。
「これから走るんかい。俺の息子は57歳だけど、1周21分で走るよ」 ※皇居1周は約5㎞
「そりゃ早いですね」
「予備自衛官だからさ、走れないとクビになっちゃうんだよ」
 でこの後、朝霞駐屯地の観閲式とか、東富士演習場の実弾射撃演習とか、10式戦車とか、自衛隊話でちょっとばかり盛り上がって、「じゃあ、行ってきま~す」、「気をつけてな」。

 内神田の銭湯から、神田橋交差点、経団連ビル・東京国税局の前をとおり、内堀通・気象庁前。ここからスタート。
 この地点から走り始めると、竹橋から乾門(いぬいもん)、千鳥ヶ淵あたりまで上りが続く。道もやや狭い。
 半蔵門を過ぎると視界も開け、桜田門まで今度は下りが続く。右手に国立劇場、最高裁、国会議事堂。
 桜田門から先、内堀通り沿いはほぼ一直線で平坦。二重橋、大手門を経て、スタート地点に戻る。
 今日は2周回って1時間弱。キロ当たり6分ペース。クソ遅い。20年前はさっきの爺さんの息子より早かったんだけどな。

 それにしても江戸の銭湯は熱いな。スーパー銭湯はヌル目だけど。
 熱湯で長湯できなくして回転率上げるという説もある。

 神田西口商店街の「餃子の郷」で夕飯食って帰ってきたプレミアムな金曜日。

 20180518皇居ランニング

「批判は票にならない」から学校関係者が学ぶべきこと

 批判は票にならないらしい。
 野党がほぼ揚げ足取りとしか言えないような政権批判を続けており、その結果、政権の支持率低下には多少つながっているように見えるが、野党の支持率が上がったかというとそうはなっていない。いま選挙をやっても、議席増は期待できないだろう。

 政治の世界における「批判は票にならない」を学校の募集活動に当てはめれば、「他校批判は志願者増につながらない」となる。
 あからさまな他校批判は、印象を悪くするだけである。

 公立校が私立校の批判をする(又はその逆)。
 その時、聞き手の立場というものに対して想像力が働いているだろうか。
 目の前にいる相手は私立出身かもしれないではないか。または身内に私立出身や私立在学者がいるかもしれないではないか。そうであれば、あからさまな私立批判が気分の良いものであるはずがない。

 言っている本人は、他校(ライバル)を引きずり下ろすことで、自らの優位性を強調したいのだろうが、聞き手の立場によっては反発を招くことがある。だから「他校批判は志願者増にはつながらない」のである。

 他校(ライバル)に弱点があるとしたら、わざわざそれを言ってやる必要はない。なぜ、弱点を修正し補強する手助けをするのだ。黙ってそこを攻めればいいではないか。

 あからさまな他校批判は避けたほうがいい。
 わが校はこう考える。わが校はかく行動する。
 それだけでいい。
 他校にもまた、わが校はこう考えるや、わが校はかく行動するが存在し、どちらを選ぶかは受験生・保護者の自由だ。

 学校及び塾関係者の皆さんは、政治の世界において政権批判が野党の支持率上昇につながったためしはないという事実をぜひ心の片隅に留め置いてほしい。

専門学科シリーズ③「ここは会社か、大宮商業の授業」

 大宮商業高校を取材した。
 (詳細は中学生向け受験情報誌「よみうり進学メディア6月号埼玉版]に掲載)

 齋藤俊樹校長は30年以上前からの知り合いである。つまり今はやりの「お友達」というやつだ。
 「お友達」が校長だから取材したのかと言われれば、そのとおりだ。何か問題あるか。

 しかし、それとは別に、ずっと以前から気になっていたことがある。
 女子生徒のスカート丈と自転車のマナーだ。
 私はこの学校の前を車でよく通るのだが、生徒の自転車マナーがよく、スカート丈が今どきの女子高生にしては異常に長いのである。本当は異常ではなく正常なのだが、短いのを見続けていると長く見える。
 だから、どこかのタイミングで一度取材に行ってみようと思っていた。それが今日実現した。

 3年生の専門科目「総合実践」を見学した。
 案内の先生が、始まりのチャイムが鳴る前に、つまり休み時間中に当該の教室に行ってくれと言う。
 はい、分かりました。

 生徒が実習室に次々にやってくる。いや、出勤してくる。
 会社経営を実践的に学ぶこの授業では、生徒は社員なのだ。だから出勤。そういえば入口にタイムレコーダーがあった。

 なるほど。早めに行って出勤風景から見てくれということだったんだね。
 生徒はパソコンを立ち上げて、書類(ノートや資料のことだけど)を開いて、先生が4人ぐらい入ってきて、その状態で始まりのチャイムを聞く。

 全部が全部そういう授業ではないと思うが、専門科目の授業には、いわば「世の中が入り込んでる」わけだ。要所要所に社会の常識や会社の常識が入り込んできている。そのあたりが、学校の常識と若者の常識だけで動いている普通科との違いなんじゃなか。
 
 この授業で板書はなく、生徒、じゃなかった社員はメモを取っていた。世の中では当たり前のことだ。授業中イコール仕事中だから私語を交わすなんてこともない。

 私は生徒のマナーの良さを、厳しい生活指導の結果ではないかと想像していたが、どうやらそうではなく、日々の学びの中で身に付けたものであるようだ。やっぱり学校というのは行ってみないと分からないものだ。

 そもそも礼の仕方からして普通の高校生とは違う 
 20180517大宮商業01

 黒板見えませ~ん、なんて言わない  
 20180517大宮商業02

 授業のレポートは「営業日誌」、授業の内容は「業務内容」となる
 20180517大宮商業03

人生相談なんかしてくるなよ。でも、聞くだけ聞くか

 俺に人生相談するんじゃないよ。
 人の相談に乗ってる余裕がないのが第一の理由、他人様に何か言ってきかせるほど立派な生き方をしていないのが第二の理由だ。

 でも、私より年配の爺さんに、「他に相談する相手がいないんですよ」と言われれば仕方ない。残りの人生をどう送るかアドバイスしよう。

 「ハローワークに行っても、シルバー人材センターに行っても、ダメなんです。何かないですか?」
 そこだ。その「何かないですか?」だ。
 何でもできるんだったらそういう聞き方もありだが、たとえば私が、「これはどうですか?」と聞いたら、「それは出来ません」、「じゃあ、これは?」と聞いたら、「それもダメです」って、立場逆になってると思わないか。
 自分の方から、「これがやりたい」とか、「こういうのなら出来る」とか、相談するならそれが順序だろう。なんでこっちが提案しなきゃいけないんだよ。

 私は高校教員のとき進路指導が専門分野だったから、「ボク、何に向いてますか?」なんてよく聞かれたが、知るかそんなもん。やってみなきゃ分かんねえよ。
 でもまあ、子どもの言うことだから許そう。

 しかし、いい大人に同じ質問されたんじゃな。

 あなたは、社会人として半世紀にわたって活躍してきた。成功もしたし、失敗もした。いや失敗ばかりというが、それも今となっては財産だ。
 今からもう一度何かをやりたいと思うなら、その財産の中から何かを発見することだ。あなたの探し物は、どこか遠いところにあるのではなく、あなたの中にある。

 まったく経験したことのない何かを今から始めてもいい。しかし、それでは時間がかかり過ぎる。我々にそれほどの持ち時間はない。
 経験にこだわれ。経験をベースに考えろ。ただし、時代は進んでいる。

 人々があなたに何か期待しているとすれば、それはあなたの経験ではない。そんなものを滔々と語ったって、ただの自慢話としか受け取ってくれない。そうではなく、経験を元にした発想だ。経験者のみが生み出せる新たな発想だ。

 どうせ頭使うんなら、「何かないかな」とか「これから俺の人生どうなるのかな」なんて考えてないで、経験の中から今に生かせるネタを探しなよ。そしたら、一緒に考えてもいいよ。

 以上、人生相談終了。

先生の服装が自由奔放過ぎる件

 先生の服装って自由過ぎるよね。
 生徒には厳しく指導するくせに自分らは自由奔放。

 もちろん、先生と生徒では立場が違うのだから、制服を着ろとまでは言わないが、社会人としての常識、大人の身だしなみ、っていうものを誰か教えてやってくれ。

 近年、サラリーマン社会も服装に関しては寛容になっていて、夏はスーツじゃなくていい、ネクタイもはずしていい、綿パンにスニーカーでもいい、ポロシャツもあり、という具合で、カジュアルな服装も認められるようになったが、サラリーマン諸氏は、それらは季節限定、場面限定であることを理解している。
 つまり、基本は分かっている。いつでもそこに戻れる。

 ところが、先生方の中には基本が分かっていない人が多い。
 基本って何だよ?
 と、ご不満の方には、常識と説明しておこう。

 基本が分かっていない人が、崩した着こなしをすると、ただだらしなくなる。

 私が学校の校長だったら、「うるせぇ」と思われても、ドレスコードを作るだろう。
 式と名のつく行事がある日はこう、外部から大勢のお客さんがみえる日はこう、保護者会や説明会などで父母が来校する日はこうという具合に、数パターンを決めておく。
 日々の授業は、教科の特殊性もあるだろうから、そこは緩めでもいい。

 服装なんて個人の自由。
 生徒がそれを言うなら許してやろう。
 だが、大人がそれを言っちゃいけない。相手がどう受け止めるかに考えが及ばないようでは悲しすぎる。

 だいぶ前の話になるが、私のよく知る校長(公立)は、研究協議会か何かで外部から大勢来客のある日、カジュアルな服装で出勤してきた教員に対して、「オマエ、家に帰って着替えてこい」と注意していた。これはちょっと極端な例。

 これから学校説明会などが盛んに行われる季節となるが、第一印象は大事だ。
 私は、そこに服装が大いに関係しており、先生方の服装により場の雰囲気が作られると思うので、リゾート気分全開の服装だけはやめていただきたい。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード