FC2ブログ

私立入試の問題を何とかしなければならない問題

 埼玉県内私立高校入試の問題は、「記号選択式+マークシート方式」が主流である。
 一部の学校、コースでは記述・論述も取り入れているが、その数は少ない。

 センター試験に代わる新しい大学入試制度では、従来のオール・マークシート式をやめ、記述を取り入れた問題も出題されることになっているが、「その対策は万全」と言っている私立高校が、当の入試では相変わらずのマークシート一辺倒というのは、どうも矛盾しているように思えてならないが、ここにはさまざまな経緯や事情があり、簡単には変えられない。

 埼玉県内私立高校は、公立比べ、1校あたりの募集人員が多い。県下最大の浦和学院は800人募集である。他にも500人を超える学校が8校ほどある。
 現行の入試システムだと、47校しかない私立に、県内の中学生のほとんどが出願する(単願受験者+公立を第一希望とする併願受験者)。よって、1校当たりの受験者数が多くなる。入試日を複数日設けていることも総受験者数増大の一因だ。

 この大量の受験者に対して試験を実施し、かつ2~3日という短期間で結果(合否)を出さなくてはならないとしたら、採点に時間のかかる記述・論述を出題している余裕はない。機械で採点できるマークシートが採用されるのもやむを得ないところだ。

 もう一つ。
 埼玉の私立入試では、事実上の合否が、本番試験前に決まっていることが多い。
 世に言う「確約」であるが、実際にそのような言葉が使われているわけではない。ただし、事前の個別相談において、高校側は合格の可能性がないと思われる受験生に対しては、受験を勧めていないのが現実である。
 よって、単願であれ併願であれ、出願し受験してきた生徒は原則全員合格させるというのが学校側の基本的な姿勢だ(例外もあるが、話がどんどん複雑化するので、ここでは深く立ち入ることはしない)。

 このような入試のあり方を、私は「入試という名のセレモニー」と呼んできた。
 原則全員合格、ないしはそれに限りなく近い試験に、採点コスト(時間と費用)のかかる記述・論述はふさわしくない。できるだけ簡便な方式が好ましい。

 では、事実上の合否は、いつ、どのような方法で決められているかというと、言うまでもなく民間テスト会社が実施する模試の結果(偏差値)である。

 つまり、今のところ、私立高校側には、記述・論述を導入すべき積極的な理由がないということである。

 だが、事態は少しずつ変わりつつある。

 私は、現行の入試システムを「昭和・平成モデル」と呼んでいるのだが、これは、多くの受験生(とりわけ学力上位層)が、公立を第一希望とし、私立を「押さえ=滑り止め」と考えていた時代のものである。
 私立の大学進学実績が急上昇し、部活動でも実績を残し、さらに学費格差が急激に縮まった今、私立を第一希望とする受験生は確実に増えている。今後も増え続けるだろう。

 そうなった時、民間模試に事実上「丸投げ状態」だったシステムが正常に機能するかどうかである。
 今すぐにではないが、近い将来、私立側も「本気で選ぶ入試」を実施せざるを得なくなるのではないか。
 それに、誰が作ったか分からない問題による試験結果(偏差値)で事実上の合否を決めるような「ゆるーい入試」を行っていたのでは、学校のステイタスやブランド力も高まらない。
 私立高校にはぜひ、新時代モデルへの移行をお考えいただきたいのである。

埼玉県内私立高校入試、今日から

 20190122浦和実業入試

 本日のミッション。
 「私立高校入試風景を撮影せよ

 中学生向け入試情報紙「よみうり進学メディア」用の写真を撮るため浦和実業学園高校(さいたま市南区)へ。

 今日1月22日は埼玉県内私立の入試解禁日。ほぼすべての私立高校で入試が行われる。また、都内私立の中にも都外生用の入試を行う学校がある(都内生向けは2月10日以降)。

 私立は、さまざまな試験タイプ(単願、併願など)を設定しているが、試験日は22日~23日に集中している。その中でも解禁日である今日の受験者がもっとも多い。


 7時45分。南浦和駅到着。
 改札に案内表示を持った先生が立っていたが、説明会や相談会で何度か来ているはずなので迷う子はいないだろう。主に遅刻者などへの対応か。
 
 本日の受験者、約2700人。 
 これだけいると、学校から駅まで列が全部つながる
 線路沿いの道を15分。所々に先生の姿。受験生の安全確保と、近隣や一般歩行者への配慮。

 しかし、この学校ほど場所を教えやすい学校はないね。
 「南浦和駅西口を出たら、線路沿いの道を川口・東京方面に真っ直ぐ進んで下さい。自然に学校に着きます。以上」
 他にこのような条件(駅から真っ直ぐ進めば自然に学校に着きますよ)の学校はないかと考えたら、栄北(ニューシャトル丸山駅)、埼玉栄(西大宮駅)、栄東(東大宮駅)、花咲徳栄(花崎駅)あたりが思い浮かんだ。なぜか全部佐藤栄学園。

 高校受験なので、保護者や塾関係者の姿はほとんど見られない。中学受験だと付き添いで来た保護者への対応が一仕事なのだが、それが無い分、少しは楽だ。
 が、聞けば10人ほどの先生がインフルエンザにより戦線離脱を余儀なくされたというではないか。受験生のインフル対応はあれこれ考えておいたが、こちらは想定外だったようだ。

 公立なら、いったん全員を体育館に集合させ、点呼、諸注意。その後、試験教室に移動となるところだが、この人数だと時間のロスが多すぎる。受験生は掲示を見て、直接各自の試験教室に向かう。

 私は、試験開始前の諸注意の時間を利用して教室風景を撮影させてもらい、本日のミッション終了。

春日部共栄の出場辞退はあってはならない

 再び、このタイミングでありがちなニュース。

 春日部共栄野球部監督、部員に平手打ち。
 これ、去年の4月の話。今頃になって持ち出すあたりに意図を感じるね。

 一応、私の立場を明らかにしておくと、春日部共栄高校は当社にとってお客様である。野球部・本多利治監督とは特別親しいわけではないが、何度もインタビューしており、よく知っている。
 つまり、これから書くことは、春日部共栄寄りってことだ。

 高野連は、秋季関東大会準優勝校として春日部共栄を選出してほしい。春日部共栄高校も、堂々推薦を受け出場すべきだ。辞退の必要なし。

 オマエは体罰を容認するのか?
 いや、そういう話じゃない。

 今回の1件により同校が選出されなかったり出場辞退ということになったらどうなる。

 マスコミはその瞬間は喜んで記事にする。
 が、ネタとして使えるのはそこまでで、すぐに「選抜盛り上げ記事」に転じる。
 ネットで盛り上がっている人々も、少しの間は「ざまーみろ」と話題にするが、それもすぐに忘れ、次の火事場に駆けつける。
 まあ、生徒の指導に直接関わらない第三者はそれでいい。

 だが、今回の1件の発端となった3人の部員はどうなる。実際には周囲の大人たちが起こした行動だとしても、共栄を「選抜に出られなくした」のは、かれらだということになってしまう。
 出られなくしたのは本多監督でしょう?
 そうじゃない。本多監督は、出られるようにした人だ。

 かれらは「見逃し三振」で平手打ちを食らった。
 だが、今度は平手打ちぐらいじゃ済まないかもしれない。なぜなら、はからずも「選抜に出られなくした」張本人になってしまう可能性があるからだ。部員たちからも、同級生からも、卒業生からも、そういう目で見られる。見続けられる。何と不幸なことか。

 若いかれらのことを思えば、ここは何と言われようと本多監督なり学校側が世間からの盾となるべきだろう。25日、推薦を受けたとしての話だが、出場辞退はあってはならない。

右パンチ一発は軽くもあり、重くもあり

 都立町田総合高校の先生、生徒に右ストレート一発かまし、ネットで炎上。
 今なら、TwitterやYouTubeで生徒たちの茶番劇とともに、その模様が閲覧できる。

 ここは、その名のとおり総合学科の学校。
 都立に10校あるが、そのうちの一つ。ちなみに埼玉県にも9校ある。総合学科はどちらもあまり人気はなく、定員を割っている学校が多い。
 総合学科は、普通科でもない、専門学科でもない、第三の学科として誕生した。多くの場合、商業・工業・農業・家政といった伝統的な専門学科を母体(前身)としている。興味や関心に沿って、さまざまな科目が学べる

 さて、都立町田総合高校。
 ピアスを注意しようという先生がいるのか。
 だったら、まだ希望はあるぞ。学力的には中下位で、定員確保すれすれでも、そういう指導をしているなら、そういう指導をしようとする先生がいるなら、まだ大丈夫だ。

 普通の日本語が通じない連中は放っておくに限る。
 親を呼んでみたら、子供はまだましだと知った。そういうのは触らない。義務教育じゃないんだし、やめたければどうぞ。5年6年して異動すればいい。それまでの我慢だ。見なったことにしよう。聞かなかったことにしよう。

 おいおい、オマエ、教員としての責任感はないのか。使命感はどこに忘れて来たんだ。

 いや、そうじゃありませんよ。生徒の自主性を重んじているんですよ。生徒の人権を認めているんですよ。茶髪もピアスもミニス カートも、生徒の個性じゃないですか。一方的に学校や先生の価値観を押し付けてはいけない。学校はもっと自由じゃなければいけない。そう新聞やテレビでも言ってるじゃないですか。
 なんてことを言っているうちに、消えて無くなった学校はいくらでもある。

 ピアス野郎とその仲間たちよ。
 うるせー先生がこれで一人いなくなるよ。良かったな。ホントはうるせー先生じゃなく、めずらしくオマエラをかまってくれた先生なんだけどな。まあ、それは分かるまい。
 世の中には先生の行動に問題ありと言う人も多いが、そういう人もオマエラの行動が正しいとは言ってないぞ。そうやって、どんどん周りの人たちから見放されて行くんだよ。本当にそれでいいのか。

普通科の見直し? またかよ

政府がまたおかしなことを考えている。

 政府の教育再生実行会議が18日、高校教育の改革を盛り込んだ提言の中間報告をまとめた。
 この中で、普通科については、画一的な教育を見直す必要性を指摘している。専門性のあるカリキュラムを選べるように普通科のタイプ分けを今後検討するらしい。
 例えば国際的な仕事をしたい生徒向けに「国際コース」、地域に根ざした人材を目指す「地域創生コース」を設置するといったことが想定されているようだ。

 これ、30年前にやって失敗してるんだけど、またやるの?
 
 前にこのブログでも書いたと思うが、埼玉県でも普通科の中にコースを設けたわけですよ。当時現役だった私も、カリキュラムを考えましたよ。人は増やしません。予算もつけません。そういう制約の中でね。
 当初は珍しがって集まってくる生徒もいたけど、そのうち専門性なんて全然ないことがバレて人気は急降下。で、次々に消滅して行って、ようやくあといくつか整理すればというところまで来たというのに、またですか。

 ちなみに、私が立ち上げに関わったコースは「国際文化コース」。正に、国際的な仕事をしたい生徒向け。笑っちゃうでしょ。

 会議のメンバーは皆さん立派な方々です。各方面で活躍されている人です。業績も申し分ありません。明確な理念や哲学をお持ちです。
 これは、決して皮肉なんかではない。

 でも、残念だが、現場が分かっていない。

 「理想はこれだ。進むべき方向はこっちだ。さあ、先生たちやってみろ」
 あの~、スミマセン。ご予算の方は?、教える人材(スタッフ)は? それと施設や設備も必要なんで、そのあたりは?
 「それは、現場の工夫だ」

 いやいや、そうじゃないんですよ。「金はこっちで用意する。あとは勝手に考えろ」って言ってくれませんか。そうすれば、皆さんが描いている理想に一番早くたどり着けると思いますよ。

 と、そんなところかな。

高知商、選抜危うしの裏側を考えてみる

 このタイミングでありがちなニュース。

 市立高知商業の野球部員が、同校ダンス同好会の有料の発表会にユニフォーム姿で出演したが、これが日本学生野球憲章に抵触するということで、高野連が処分を検討しているというのだ

 有料の発表会といったって、たかが500円。会場の使用料だってかかるわけだから、生徒の懐には一銭も入りませんよ。
 夏の甲子園のときに応援してもらったんだから、そのお返しでしょう。どこが悪いのよ。
 そもそも高野連だって、地方大会から入場料取ってるじゃない。
 甲子園で大儲けしている自分らを棚に上げて、何を言ってるのよ。

 まあ、これが普通の反応だし、私もほぼ同感。
 でも、時期が時期だけに、何となく別の背景も浮かんできましたね。
 
 1月25日に春の選抜大会の出場校が決まる。
 埼玉県は、秋季関東大会準優勝の春日部共栄が当確と言われている。

 でも、中国・四国代表の5枠は混戦なわけですよ
 中国大会優勝の広陵(広島)と、準優勝の米子東(鳥取)は、まず当確。
 四国大会優勝の高松商(香川)と、準優勝の松山聖陵(愛媛)も、当確。
 
 さて、残りは、中国・四国から、あと1校。
 中国大会ベスト4 市立呉(広島)創志学園(岡山)
 四国大会ベスト4 富岡西(徳島)高知商(高知)
 この4校の争いだが、決め手がない。
 裏を返せば、どこが出たっていい。

 ところが。
 創志学園には、西純矢というプロ注目の投手がいるわけだ。去年の夏、ド派手なガッツポーズで物議をかもした、あの西君ですよ。最速150キロ右腕は大会の目玉になる。主催者側としては選びたいよね。
 市立呉(広島)は、同じ広島県から広陵が選ばれるので、地域性という観点からはずせる。
 富岡西(徳島)は21世紀枠で選べばいい。
 となれば、創志学園を選ぶための障害は、どう考えたって高知商でしょうよ。

 ということで、どうでもいい案件で高知商を貶めて、創志学園を選ぶ。これが高野連の作戦かな。

 どうも年をとると、世の中を斜めから裏から見ようとするからいけない。

公立入試、出題傾向分析と問題予想動画を公開

 お知らせ。
 埼玉新聞模試の解説動画がYouTubeで公開されました。
 YouTubeで「埼玉新聞模試」と検索するか、下記にアクセスしてみてください。

 
 国語 解説動画
 数学 解説動画
 社会 解説動画
 理科 解説動画
 英語 解説動画

 公立本番の出題傾向分析や、31年度予想が中心なので、模試受験者以外の受験生にも参考になると思います。

 前回(第1回)模試の動画では、コメントができない設定になっていたが、今回の動画では、コメントができるようだ。
 そこで、私自身が最初のコメントを入れておいた。
 「質問があれば、どうぞ」という内容だ。

 出来るだけ答えて行こうと思うが、私の能力を超えるものもあるはずなので、本ブログをお読みいただいてる先生方にもお力添えをいただきたい。
 YouTube動画の常で、無責任な意見も入ると思うが、それは仕方ない。
 私は質問には答えるが、いちいち下らんコメントには反応しない。無視する。

 できれば実名入り(塾名なども)でお願いしたいが、それぞれご事情があろうと思われるので、あくまで「できれば」である。
 塾の先生なのか、学校の先生なのか、はたまた一般の方なのか。せめて、お立場ぐらいは明らかにしていただきたい。

 受験生は、今が一番つらい時期かと思う。
 かれらを励まそうではありませんか。

英語に長文読解というものはないのだよ。えっ?

 昨日はブログ3連投。
 その分、今日はお休み。というのは本ブログではないのである。

 昨晩遅くまでかけて撮った動画(18日公開予定)の内容は、「英語に長文読解という問題はないのだよ」というものだ。

 まあ、分類すれば、そういうことになるんだろうが、結局は、空所補充・適語選択、書き換え、並べ替え、和訳、英訳といった形で知識が確認される。そういういろんなタイプの問題がセットになっているのを、われわれは長文読解問題と言っているんだということ。
 幕の内弁当みたいなもんだ。そうは言わなかったけど。

 さらに。
 いろんなタイプの問題で問われているのは、つまるところ「単語力」と「文法力(文法知識)」である。本当は「単語力」に「熟語力」も加わるのだろうが、そのことは言わなかった。

 残り時間が限られているのだから、漠然と「長文読解」と言っていないで、「単語力」と「文法力」を鍛えなさいよ。そうすれば、書き換え・並べ替えも和訳・英訳も、もうちょっと点数を取れるようになるんじゃないの。
 と、そんな話。

 国語の長文問題だって、実際のところ、注意深く読むべきなのは、半分かそれ以下で、あとは、さらっと流しても大丈夫。読めない漢字や、意味の分からない言葉や表現が出てきたとしても、設問に直接関係しなければ全然気にする必要はない。
 だから、英語の長文問題も、その長さ(語数)に圧倒されないことだ。

 県内私立入試まで1週間。それが終わって公立までが1か月。
 まだ行ける。まだ出来る。
 受験生にはそう思ってもらわないといけない。

 ということで、やや乱暴だが、長文読解と言っても、結局は単語と文法知識を増やしておけばいいでしょ。と言ってみたわけである。

動画の撮影・編集にてんやわんやの毎日毎晩

 このところ世に言う過労死ラインすれすれで仕事をしておるぞ。

 今ようやく終わったのは、「第2回埼玉新聞模試・解説動画」の録画と編集。
 これは17日以降、埼玉新聞のウェブサイトで閲覧できる。YouTubeに公開なので、「埼玉新聞模試」で検索すれば見られる。
 解説動画と言っているが、残りの期間の勉強法や、出そうな単元の予想も含まれているので、模試受験者以外の受験生にも参考になるだろう。

 これが終わると、21日から始まる埼玉新聞紙上における問題予想「ここがポイント」の準備だ。執筆は塾の先生だが、監修という立場で原稿をチェックしなければならない。
 読者の方から今年もやるんですかというコメント(質問)が入っていたが、はい、今年もやります。 
 連載は、1月21日から2月15日まで。
 購読希望は☎0120-633-888
 又は、
 埼玉新聞販売部
 1か月2980円(税込み)。2か月だとその倍。
 と、ぬかりなく宣伝しておこう。

 それが終わると、2月18日に、同じく埼玉新聞ウェブサイトで、「最後にやるならこの1問」という動画を公開予定なので、そろそろ、その録画もしなければならない。


 こんな調子なので、先月始めたYouTubeへの「先生応援ブログ・動画版」のアップが滞っている。
 

「公立も頑張っています」という声にお答えして

 公立高校だって、やることはやってるんだけどね。

 1月12日付「公立希望者70%割れ~」に、読者様からいくつかコメントが入っていて、その中に、「公立も昔に比べれば、進路指導も学習指導も手厚くなっており、本人さえやる気があれば難関大学に行ける。ただ公立はアピールが上手くない」という内容のコメントがあった。
 ほぼ同感ですね。

 私は、昔の公立高校教員だったわけだが、大学や予備校の先生を招いての講演会も、大学訪問(見学)も、学習合宿も、進学模試も、進路オリエンテーションも、もちろん進学補講も、みんなやってましたよ。
 むしろ、当時(30年前)は県内私立の方が、そういうことをやっていなかった。

 で、当時に比べて現在の公立の指導は、たしかに進化している。
 それは間違いないところだが、私立の方が、その上を行っているということでしょう。

 「公立は個人的、私立は組織的」 
 先生一人ひとりの能力や経験において公私間に差があるわけではないが、組織的な取り組みという点では、私立の方が上を行っている。
 というのが、私の見立てだ。

 たとえば、進学補講ひとつをとってみても、私立だったら、学校全体、学年全体、教科全体で計画的に取り組むところを、公立だと「やってくれる先生は手を挙げて」みたいな形になっていることが多い。これは私の時代からそうだった。
 だから、公立にだって「受験の匠」「受験の神様」みたいな先生はいるわけだが、その先生が他校に異動したら終わりだ。数学科はやる気十分だが英語科がいま一つといった教科間の温度差などもある。
 組織的な取り組みができるかどうかが公立の課題だろう。

 公立はアピールが上手くない。

 ご指摘の通りなのだが、手法の巧拙よりも、生徒募集や入試というものをどう位置付けるかという点が大いに関係しているのではないか。
 私立では、募集広報を担当する独立した部署があるのが普通で、スタッフも揃っているし、トップ(校長)と直結した重要ポジションだ。
 公立にも、募集(広報)委員会といった組織はあるにはあるが、順番にやっているだけなので、エキスパートが育たない。つまり素人集団であるから、アピールが上手いはずがないのである。
 私は、公立も生徒募集にはもっと力を入れるべきだという考えで、その点については、音声動画も公開しているので、まだの方はぜひご視聴いただきたい。

 音声動画「公立こそ定員割れが許されない」
 
 現在の私は、私立との関りの方が圧倒的に強いのだが、私を育ててくれた公立への恩義と愛着というものがある。また、公私を問わず、学校と先生を応援しようというのが今の立場である。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード