設楽悠太選手も川内優輝選手も埼玉出身だからな

 当ブログの読者は圧倒的に埼玉県民が多いと思われるので、他県の皆様に、ちょいと埼玉自慢をさせてもらおうか。

 今日行われた東京マラソンで設楽悠太選手が、16年ぶりに日本記録を更新した。
 双子の兄弟の弟である設楽悠太選手は、寄居町(よりい)の男衾中学校(おぶすま)から越生町(おごせ)にある私立・武蔵越生高校、東洋大学と進み、今はHONDAに所属している。
 東洋大学陸上部は、同大川越キャンパスを拠点としており、HONDA陸上部は工場のある狭山(さやま)を拠点としている。
 つまり、設楽選手は、ずっと埼玉を走り回って強くなったんだ。
 そうそう、公務員ランナー・川内優輝選手も鷲宮中学校(わしのみや)から春日部東高校(かすかべひがし)だった。

 それにしても埼玉の地名、読みにくいな。
 甲子園で優勝した加須市(かぞし)の花咲徳栄高校(はなさきとくはる)だって、普通じゃ読めない。

 で、マラソンの話に戻るが、私は東京マラソンに過去4回出ている。10回応募して4回当選だから、かなり確率いいほうじゃないか。
 去年からゴール地点が、有明の東京ビッグサイトから東京駅に変わった。その結果、後半の川や運河を越えるアップダウンがなくなって、非常に走りやすくなった。スタートしてから前半は、非常にゆるやかな下りだし、いわゆる高速コースに衣替えしたわけだ。

 マラソンの記録は、コースと気象条件次第。
 よって今回の設楽選手の記録は、それらにも助けられたものだが、日本記録が期待される中で、きっちり結果を出したのは立派だ。
 別に川内優輝選手を真似たわけではないだろうが、設楽選手もレースに出まくっている。これまで実業団選手の場合、フルマラソンは年に1レースなんていうのが当たり前で、結果が出ないと、調整に失敗したとかなんとか言い訳していたが、川内選手や設楽選手は、調整なんてクソくらえ、ってなもんで、とにかく実戦主義だ。

 当ブログの性質上、例によって受験勉強の話に無理やり持っていくが、模擬試験受けまくりみたいな感じかな。
 練習は大事だが、練習は所詮練習で、実戦に勝る練習は無しというところだ。この考え方、いろんなところに応用できそうだ。

首都圏の問題眺めていたら、東京(社会)の大サービス問題を発見

 首都圏ではすでに千葉県(前期)、神奈川県、東京都(一次・分割前期)で公立入試が実施されている。

 今日は土曜日で特に仕事も入っていないので、サラッとどんな問題が出ているか見ておくことにしよう。って、結局、仕事じゃないか。

 全部は時間がないから、とりあえず一番手間のかからない漢字の読み書きを見てみるか。
 同じ漢字が同じ年に別々の都県で出されることがしばしばあるからね。

 東京都・漢字の読み
1 洋服のほころびを繕う
2 日本の伝統的な舞踊を鑑賞する。
3 午後の列車には若干の空席がある。
4 善戦するも一点差で惜敗し、優勝を逃す。
5 忙しさに紛れて、弟に頼まれた用事を忘れる。
 うんうん、いかにもっていう漢字が並んでるね。ちなみに、「繕う」と「舞踊」はすでに埼玉県で出題実績がある。

 東京都・漢字の書き
1 浜辺で美しい貝殻をヒロう。
2 母のキョウリから、みかんが届く。
3 今年の春から、姉は図書館にキンムする。
4 幼い妹たちの言い争いをチュウサイする。
5 帰宅すると、愛犬がイキオいよく駆け寄ってきた。
 埼玉県では出題実績のない漢字ばかりだ。
 
 次。
 数学の証明はどんなのが出てるのかな?
 東京都 三角形の合同の証明
 千葉県 二等辺三角形であることの証明
 神奈川県 三角形の相似の証明

 結局、証明っていうとこれしかないのかな。
 東京都の場合、「二辺とその間の角が等しい」ことを導くのだが、円がからんでくるか
ら「円周角」についての知識が必要だ。神奈川県もよく似た問題で「円周角が等しい」を使う必要がある。千葉県は、途中経過で三角形の合同の説明が必要になってくる。というかそれを証明すれば、自動的に二等辺三角形であることが証明されてしまう。
 埼玉県(学力検査問題)は伝統的に、長方形の折り返しを用いた問題が主だったのだが、そろそろ円とからめた問題もやっておいたほうがいいかもしれない。

 東京都の社会で、面白い問題を見つけたぞ。
 何が面白いって、問題文の中に堂々正解が出ちゃってるからだ。

 東京都・大問5【問1】
 我が国では日本国憲法において、平等権が保障されているとあるが、平等権を保障する日本国憲法の条文は、次のア~エのうちではどれか。
 ア 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
 イ 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
 ウ すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
 エ すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。(太字は筆者による)

 誰がどうやったって、「エ」しか選びようがないでしょ。「法の下に平等であって」って書いてあるんだから。
 東京都、サービス良すぎるぞ。

試験本番まで数日、ジタバタするにも方法ってものがある

 埼玉県公立入試・学力検査まであと6日。
 もうジタバタする時ではないと思うが、「もういいや」「もう無理、ダメ」とあきらめるよりは数倍ましなので、体調を崩さない程度にジタバタしてもらおう。

 塾は前日まであるのかな。
 そりゃ、先生たちも必死だから、最後の最後まで教えたいよね。
 私も同じ立場だったら、たぶんギリギリまで教えまくると思う。

 ただ一方で、「最後は自分自身の力で」ということを忘れないで欲しい。
 先生は教えるのが仕事で、教え上手に決まっているから、授業を受ければよく分かるんだが、実はそこに落とし穴がある。
 「分かった気になる」というやつだ。

 「いや、先生はそばにいるけど、解いたのは自分だから」
 かもしれない。
 でも、いざという時に頼れる人が目の前にいるという状況と、周りはライバルばかりで頼れるのは己のみという状況とでは、天と地ほどの違いがある。
 今までだって、授業で出来たことがテストでは出来なかったっていう経験あるだろ。

 だから、塾で「分かった」とか「出来た」ことが、本当にそうなのかを、一人になった場面で確認しておく必要がある。
 早い話が家での復習だね。
 「分かった」とか「出来た」と思ったことを、もう一度やろうという気にはなかなかならないものだが、それをやっておかないと、思わぬ落とし穴にはまる危険性がある。

 分かんないことや出来ないことは、はっきり言って、もういいんだ。
 だが、学校では出来たこと、塾では分かったこと、こういうのは本番でも出来なくてはいけない。

 一人で、自分だけの力で、もう1回念のためにやってみなさい。私の言うジタバタの中身はそういうことであって、「あれもやっとかなきゃ」、「これも見とかなきゃ」と、今まで放っておいたことや、出来もしないことに手を出すことではない。


今の県内私立は「滑り止め」専門じゃないから

 埼玉県公立高校入試は、今日(22日)と明日の2日間が志願先変更期間である。
 ここで志願先を変更するということは、発表された倍率を見ての行動だろう。

 私は、「倍率は気にするな」の立場なので、こうした志願先変更を積極的に勧めることはしないが、各家庭・各人のさまざまな事情もあるので、絶対にダメだとまでは言わない。それに、制度としてあるのだから、必要と思う人は活用すればいいだろう。
 という話は、毎年この時期に書いている。

 同じく、毎年この時期に書いているのは、「何のための『滑り止め』なの?」という話だ。
 あえて昔ながらの「滑り止め」という言葉を使っているが、今の言い方をすれば私立の併願校である。

 「滑り止め校」の意味合いは、昔とはだいぶ違ってきているように感じる。
 どこが違ってきているか。
 今の「滑り止め校」は、最初から第一希望で行ってもいい学校でもあるという点が昔とは違う。
 昔の「滑り止め校」は、ほとんどそれ専門で、入学者の大半が「公立落っこち組」という学校がいくらでもあった。

 しかし今は、栄東にしても開智にしても、あるいは大宮開成・春日部共栄にしても、埼玉栄も昌平も、って、挙げたら切りがないが、別に公立がダメだったから仕方なく行く学校じゃないでしょう。

 そのうち、埼玉県内の上位と目される私立高校は、今よりもっとレベルが上がって、公立不合格者用の滑り止め枠は、ほとんど消滅してしまうのではないかと思っているが、今のところはまだ大丈夫だ。
 仮に、公立がダメだったとしても、胸を張って行けるのが今の県内私立高校だと思う。先々の大学進学を考えたら、むしろ公立落ちて私立の方がいいんじゃないかと言う人もいるくらいだ。

 だから、ね、思い切って公立チャレンジしようよ。
 というのが、毎年のように繰り返している私のアドバイス兼応援メッセージなのだ。

倍率トップの新・川口市立を今さらだが考えてみる

 引き続き、昨日発表された埼玉県公立高校入試の志願者数の話題。

 普通科の倍率トップは、新規開校の川口市立(普通科文理スポーツコース=定員120人)、専門学科の倍率トップは、同じく川口市立(理数科=定員40人)。
 ということで、今のところ2冠達成。普通科の方も1.61倍と高倍率。

 今さらだが、新・川口市立高校開校の経緯を簡単に振り返ってみよう。
〇市立高校同士の統合は初のケース
もっとも、市立高校を持つのは、さいたま市、川口市、川越市という県下3大都市だけなので、過去にこのようなケースがあるわけがない。
〇3校の統合も初のケース
 2校の統合(統廃合)というケースは、これまでにも多くあったが、3校まとめては例がない。
〇人気校同士の統合も初のケース
 人気校には「?」がつくかもしれないが、旧・市立川口にしても川口総合にしても、地元では一定の人気を保ってきた学校だ。これまで埼玉県で行われてきた統合は、定員割れ校同士とか、定員割れ校とそれより少しはましな学校との統合がほとんどだったが、募集困難校ではない学校同士の統合は初のケースである。
〇募集停止を経ない統合も初のケース
 これまでの統合は、どちらか一方の募集を停止し、停止したほうの学校の生徒が全員卒業してからの統合だった。だから、早い話、一緒になるのではなく、一方を廃校にして、一方を残したのである。ところが今回は、旧3校の現1・2年生は、そのまま新校の2・3年生になる。即部活強くなりそう。

 そもそもなぜ統合するの?
 という話だが、これは川口市の現在及び将来の財政を考えてのことだ。3校をこのまま維持するより、1校にまとめた方が経費(特に人件費)の節減になる。
 総工費約200億円と言われる「公立高校離れした豪華新校舎」には驚くが、一度作れば40年50年は持つわけで、一時は大きな負担となるが、長い目でみれば、ちゃんと帳尻は合うということだ。

 話を志願者数に戻す。

 募集困難校ではなく、旧3校それぞれが一定数の受験生を集める力を持っていたのだから、はなから定員割れなどとは無縁なのである。そこに持ってきて、「公立高校離れした豪華新校舎」である。人気が出るわけだ。
 さらに、理数科の設置、入学後の選抜による「特進コース」設置など話題が盛りだくさん。また、理数科を設置したからには、スーパーサイエンスハイスクール指定校を目指すと思われる。

 というわけで人気沸騰となったわけだが、普通科文理スポーツコースの方は、「部活ねらい」の生徒の受け皿ということになるだろう。1次選抜こそ60:40でやや学力検査重視となるが、2次選抜では学力45:調査書45:面接10となり、学力検査の比重が下がる。また、調査書の中でも部活実績の得点比率が高いので、全国に出たとか、県大で入賞したとか、腕に覚えのある受験生は、高倍率にめげず、このままGOでいいだろう。

 一方、理数科や特進含む普通科は、学力重視で一貫しているので、調査書よりも当日の学力検査の勝負だ。

 ここで簡単な数字のまとめをしておこう。
 昨年の旧3校の合計受験者(最終志願者)は810人だった。
 内訳は、市立川口364人、県陽190人、川口総合256人。
 今回の新・川口市立の志願者合計は890人である。
 内訳は、理数科94人、普通科515人、普通科文理スポーツコース281人。

 合計人数で見ると、昨年の旧3校の合計810人よりも80人多い890人が今のところ志願しているわけである。
 問題は、この1割増し(80人)が、どこから回って来たかである。旧3校よりも下位層からなのか、上位層からなのか。
 ふたを開けてみなければ何とも言えないが、下位層がいきなり理数科あるいは特進狙いというのは考えにくいので、ここには、昨年までなら蕨や川口北、場合によっては浦和西あたりを狙っていた生徒がある程度回ってきていると考えるのが自然だ。
 旧3校の中では、旧・市立川口の難易度が一番高かったわけだが、このまま行けば、新・川口市立の合格ラインは、その時と比べ、かなり上昇するだろう。

埼玉県公立高校入試、志願者数が発表された

 埼玉県公立高校入試の志願者数(及び倍率)が発表された(2月20日)。
 今回は、「学校選択問題」を採用する普通科上位校の動向を見ておこう。

 受験生としては、昨年同時期と比べ、倍率がどうなったかが気になるところだが、募集人員の増減という要素があるので、単純比較できる学校と、そうでない学校があることに注意する必要がある。

1.募集人員が40人増える学校(全県で7校)
 川越・川越女子・蕨・市立浦和など。
 やや広き門になる学校だ。志願者数が昨年と同じならば、倍率が下がるはずの学校である。
2.募集人員が40人減る学校(全県で20校)
 浦和一女・浦和西・大宮・春日部・川口北・越谷北など。
 やや狭き門になる学校だ。志願者数が昨年と同じならば、倍率が上がるはずの学校である。
3.募集人員の増減がない学校
 浦和・熊谷・熊谷女子・熊谷西・越ケ谷・所沢・所沢北・不動岡・和光国際など。
 これらは、昨年同期倍率と単純比較が可能な学校である。

 では、1~3の順で少し詳しく見て行こう。

■川越・川越女子は変化なし、蕨は激減
 川越(1.41→1.28)、川越女子(1.51→1.38)と、共に倍率が昨年同期より下がっているが、これは募集人員40人増によるもので、志願者数そのものは、川越(505人→508人)、川越女子(542人→549人)と、ほとんど変わっていない。
 一方、蕨だが、ある程度の倍率低下はやむをえないとしても、(1.67→1.10)は下がりすぎである(0.57ポイント低下)。これは募集人員増よりも、志願者数の減少が原因である。(531人→392人)と実に139人も減っている。
 普通科では常に上位3校~5校に入っていた蕨の激減は、現時点においては、今期最大の注目点である。地域的には、川口北と並び、新・川口市立の理数科及び特進の影響を受けやすい学校であるが、激減の要因については、もう少し調べてみなければならない。

■浦和一女は大幅減、川口北は増
 次に、募集減となる学校だが、志願者数が昨年並みであれば、昨年同期と比べて倍率は上がるわけである。
浦和一女(1.36→1.25)、浦和西(1.61→1.61)、大宮(1.41→1.52)、春日部(1.29→1.37)、川口北(1.19→1.46)、越谷北(1.23→1.36)という状況で、浦和一女のみが倍率を下げている。
 志願者数で見ると、浦和一女(540人→448人)が92人減、浦和西(641人→578人)が63人減とかなり志願者自体を減らしている一方、川口北(474→524人)は50人増となっている。

■越ヶ谷が高倍率、熊谷西は全県平均を大きく下回る
 最後に募集人員に変更のない学校である。志願者の増減がそのまま倍率に跳ね返る。
 倍率が上がっているのが、浦和(1.39→1.41)、熊谷(1.19→1.27)、熊谷女子(1.24→1.29)、越ヶ谷(1.47→1.78)、所沢(1.37→1.51)。倍率が同じなのが和光国際(1.31→1.31)。この中では、越ヶ谷がかなり高めに出ているので、志願先変更で動きがあると予想されるが、それでも1.6倍を割ることはないだろう。
 一方、熊谷西(1.17→1.13)、所沢北(1.66→1.60)、不動岡(1.50→1.33)は、やや倍率を下げている。ただし、所沢北は依然高倍率である。熊谷西は志願先変更を経ても昨年並みを維持できるかどうか。

 以上、「学校選択問題」を採用する普通科のみの簡単なまとめであった。

 ※本日はめずらしく早朝更新

受験は子供だから大変なんだ

 受験は子供のやることだろう。
 中学受験は小学生、高校受験は中学生、大学受験は高校生。基本的にみんな子供。

 タレント(お笑い芸人)に大学受験させるというTV企画は昔からあるが、今年もまた注目を集めているようだ。
 所詮はTV番組の話であるから、テキトーに面白がって見ていればいいのだが、軽くツッコミを入れておこう。

 本来子供がやることを大人がやるのだからうまく出来て当然。ここをしっかり押さえておこう。
 受験は、人生経験なんて無いに等しい子供がやるから大変なのだ。別に学問的に難しいことをやっているわけじゃない。
 目標を持ってやれとか、計画を立ててやれとか、そのために何かを我慢しろとかは、大人にとって、そんなに難しい話ではない(はずだ)。
 でも、これが遊びたい盛りの子供には大変なことなのだ。

 TVで人気を維持しているタレントなら、努力とそれがもたらす結果について分かり過ぎるほど分かっているはずだ。かれらは、バカなことを言ったりやったりしているだけで、バカなわけではない。そんな彼らが、仕事の一部として計算ずくでやるわけだから、子供の時よりうまくできて当然なのである。
 だから、間違っても「アホでも努力すれば夢は実現できる」などという結論を導いてはならない。
 以上が、TV番組に対する軽いツッコミ。


 もう一度言うが、受験は「目標を持ち、計画を立て、継続的に努力する」というところが難しいのであって、学問的に難しいのではない。
 だから、先生たちの努力の99%は、生徒をその気にさせることに注がれる。

 ところが、生徒は気まぐれなんだ。大人っぽさと子供っぽさが同居してるしね。
 そんな彼らを、ほめたり叱ったり、なだめたりすかしたりしながら粘り強く指導するなんてことを、はたして人口知能にできるのかね。
 と、今度はAIにもツッコミを入れるのである。

倍率は気になるが、自己ベスト更新を考えたほうがいい

 埼玉県公立高校入試。
 今日から願書提出(出願)だ。今日、明日の2日間あるが、1日目に出願する受験生が多い。
 倍率の速報は、「彩の国さいたま公立高校ナビゲーション」で閲覧できる(19日18時30分以降)。

 パソコンからはコチラ

 携帯からはコチラ

 
 受験生にとって倍率は気になるものである。
 しかし、これまで2回にわたる希望校調査や、過去の倍率をみれば、だいたいの倍率は予想できるわけで、あっと驚くような結果にはならんだろう。

 学力検査まで、あと10日。
 想定した倍率より数パーセント高かったり低かったりしても、それによって戦い方が変わるわけでもあるまい。だいいち、そんなにたくさんの作戦を持っている受験生がいるはずもない。

 倍率にかかわらず、自分の戦いをするのみである。

 自己ベストを叩き出せ。

 この期に及んで、「○○高校は何点取れば合格できますか」なんて言っている受験生がいるが、そんなの終わってみなきゃ分からんよ。当の高校の先生だって、採点して集計してみてはじめて分かることだ。
 まあ、強いて言えば500点取ることだな。それならほぼ間違いない。

 模擬試験をいっぱい受けてきただろう。
 悪い時もあれば、良い時もあった。
 その中で、一番良い時よりも、さらに高い得点、すなわち自己ベストを目指そう。
 もしかしたら、他の受験生がそれ以上の得点をたたき出すかもしれない。が、他人の得点はコントロールできないから、それは致し方ない。

 倍率のことでああだこうだと思い悩むのは、はっきり言って時間の無駄だ。そんなことを考えている時間があったら、どうやったら自己ベストが出せるかを考えたほうがいい。

更新環境整わず、臨時休刊のお知らせ

 17日、18日の両日は、ブログを書ける環境になく、止む無く臨時休刊。

 年に数回このようなことがある。
 今どきはスマホからでも更新はできるわけだが、これがどうも苦手で…
 という話は繰り返し書いている。
 私は完全パソコン派なのである。

 セカンドブログと位置付けているツイッターでの発信は行う予定なので、閲覧可能な方はよろしければどうぞ。

 梅野弘之ツイッター

これも仕事だから、学習指導要領をながめてみる

 仕方ない。
 これも仕事の一部だから、高校の次期学習指導要領でもながめてみるか。

 新聞・TVでも報道されたが、専門家である学校や塾の先生方は、学習指導要領案そのものを読むだろう。となると、先生方とお付き合いしなければならない私も、おおもとの資料に当たらなければならない。面倒だな。

 科目名に新しいものが多い。新科目は27科目。
 特に地歴公民は、「地理総合」、「地理探究」、「歴史総合」、「日本史探究」、「世界史探究」と一新される。
 このうち必修は、「地理総合」と「歴史総合」だ。

 「歴史総合」は、近現代の日本史と世界史を一緒に学ぶ。
 今まで、世界史が必修だろう、いや日本史こそ必修だろうと、世界史派と日本史派に分かれて争ってきたが、はい、結論が出ました。両方一緒に学んじゃいましょう。
 まあ、どっちかというと日本史に軸足をおいた指導になるのかな。今までの日本史でも、19世紀以降は、欧米諸国の動きをぬきに語ることはできなかったから、教える側もそれほど悩むことはあるまい。

 それにしても「日本史探究」、「世界史探究」とは何なんだろう。「日本史」、「世界史」で十分だと思うが。
 (ちなみに「探究」であって、「探求」ではないからね。変換ミスに注意しよう)
 どうも、このたびは「探求」にハマってしまったようで、ほかにも「古典探究」とか「理数探究」「総合的な探究の時間」などという新科目がある。

 もう一方の社会である「公民」にも新科目が加わった。
 必修の「公共」。
 選択の「倫理」と「政治・経済」は昔の名前で出ています。こっちは探究まではしないで「追究」程度でいいようだ。

 「公共」は、指導要領案を読んでみたが、いまいちつかめないね。流れからすると「現代社会」の生まれ変わりという気もするし。
 学ぶべき知識内容を見てみると、法や規範の意義及び役割、消費者の権利と責任、司法参加の意義、政治参加と世論の形成、地方自治、国家主権、領土領海、安全保障と防衛、国際貢献といったワードが並んでいるから、政治・経済の基礎あるいは中学校の公民分野のイメージかな。

 内容の取扱いに関しては、「我が国が、固有の領土である竹島や北方領土に関し残されている問題の平和的な手段による解決に向けて努力していることや,尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題は存在していないことなどを取り上げること」とあり、このあたりが今後、論議を呼びそうだ。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード