FC2ブログ

明石市と大阪府・大阪市の件で、公選法を考えてみる

 元政治経済の先生だったので、今日は公職選挙法の話をしてみよう。
 興味ない方はスルーということで。

 17日、兵庫県明石市長選挙で、自らの暴言問題を受け辞職した泉房穂前市長(55)が、他候補に大差をつけて当選(3選)した。
 で、問題なのは、その任期。

 選挙をしたのだから、これから4年間かと思いきや、4月末までの約1か月半。
 ということは、5月にまた選挙をやらなければならない。
 公職選挙法の決まりでは、現職首長(知事や市長)が任期途中で辞職し、その人が改めて立候補して当選した場合、その選挙はなかったものとみなし、任期は辞職しなかった場合の残りの期間とする。だから、辞職前の本来の任期であった4月末まで。
 では、別の人が当選した場合はどうなるかというと、その場合は新たに4年間だ。

 なぜ、このような決まりができたか。
 現職の首長が、他候補の準備ができないうちに、自らの辞職によって不意打ち的に選挙に打って出れば、優位な情勢に持ち込むことができるから、それを防ぐためだ。
 任期3年目あたりで、他候補が「選挙は来年だ」とのんびり構えているときに、突如選挙に持ち込み、さらに4年の任期を勝ち取ろうという作戦。
 こういうのを防ぐため、出直し選挙をやって自分が当選したって、任期は延ばせませんよという決まりにした。

 今回の泉市長の場合は、暴言問題で叩かれ、辞職せざるを得ない状況だったと思われるので、短期間に二度の市長選となるのはやむを得ないだろう。暴言はまずかったが、市民は過去の実績を評価した形だ。

 さて、話は大阪ダブル選。
 大阪都構想問題が焦点なのだが、それは措いておくとして、松井一郎府知事と吉村洋文市長が同時に辞職し、今度は松井氏が市長選へ、吉村氏が府知事選へと入れ替わって立候補するという。
 府知事が府知事、市長が市長では、仮に当選しても任期は延びないが、入れ替わって当選すれば新たに4年の任期が得られる。

 別に法律に違反しているわけではないが、公選法が想定している不意打ち選挙の裏をかくようなやり方であって、あまり賛同できない。
 まあ、結論を出すのは大阪府民、大阪市民の皆さんなのだが。

学年末から新学期までの長すぎるモラトリアムをどうする

 高校教員の頃の話だ。
 何度か書いているように、私は3年生を担任したり、3年生の教科を担当することが多かった。
 1,2年と違い進路指導の負担が大きいわけだが、3年担任ならではの余禄?もある。2月と3月は授業がなくなることだ。3年生は2月から自宅研修になるからだ。
 
 たまった有給休暇(その年の分20日+繰り越し分20日)を消化するチャンスなのだが、授業は無くても部活は毎日だし、この時期は入試業務もあるので、結局は休めない。

 さて、ここからが本題。
 中3、高3の最後(3学期)に授業数が減るのは仕方ないとして、では1年・2年がみっちり授業をやっているかというと、学年末はそうはなっていない。授業はあるにはあるが「消化試合」みたいな日々が続く。芸術鑑賞会やらスポーツ大会やら。

 行事にはそれぞれ意味があるし、少しノンビリできる時期があってもいいと思うが、それにしても、授業無しの日がいかに多いことか。
 生徒にとって授業がない日はイコール勉強しない日。

 そういう日に、ここぞと自分の計画に基づいた勉強をする生徒もいるにはいるが、その数は少ない。
 となると、ここはやはり塾の出番か。

 来週、高校では入学予定者の説明会が行われ、課題なども出されると思うが、入試が終わってから遊び惚けている子が多いからね。
 ここからさらに入学式まで2~3週間。この空白が大きい。私立単願で決まった子は、さらに大きい。

 高校も中学校も、塾も、すでに色々と工夫されているのは知っているが、この長すぎるモラトリアム問題はもっと考えられていい。

起業。言葉は立派だけど就活から逃げてないか

 「先生、うちの子、起業するから就活はしないって言ってるんです。大丈夫でしょうか?」
 いいえ、大丈夫ではありません。最悪、最低です。

 最近多いんだな。この手の質問、というか相談が。
 ま、相談する相手が違ってる気もするが、長く生きている分、いろんなケースを見てきているから、見聞の範囲で答えよう。

 このケースはものすごく簡単で、就活から逃げてるだけ。行き着く先はニート。
 就活すら出来なくて、起業に成功するわけないだろう。世の中舐めるんじゃない。

 何か専門知識とか専門技術持ってるの?
 それを活かして、すでに何か始めてるの?
 大卒即起業で成功するとしたら、そういう人だよ。

 自分にはまだ何もない。
 そういう自覚があるんだったら、まずは就活に真剣に向き合って、できれば大企業に就職しなさい。テレビでCM流しているような知名度の高い企業以外にも、世界シェア何十パーセントみたいな優良企業が、世の中にはゴロゴロあるわけだから、そういうところに入って、社会人としての基礎、ビジネスマンとしての基本をきっちり学んで、それから起業したって全然遅くない。むしろ、その方が成功の確率が高まる。
 給料をもらいながら、3年とか5年とか、いろんな勉強や経験ができる。会社とは有り難い存在だ。

 起業は日々戦いだ。たった一人の戦いだ。
 もちろん、その中には大企業との戦いも含まれている。いま君が避けようとしている大企業との戦いだ。
 就活もまた小さな戦いだ。戦って負けたならまだしも、勝負すらしない人間にどんな未来が開けるというんだ。

3月11日だから考えたこと

 「防災の日はいつですか?」という質問に、かなりの人が3月11日と答える。
 そんな話を聞いたことがある。

 正解は9月1日。1923年のこの日、関東大震災があった。
 関東大震災は、1951年生まれの私はもとより、1925年生まれの母親でさえ生まれる前の出来事だ。
 ただ、周りの大人の中にはそれを知る人々が大勢いたので話を聞かされたが、その人々も、いまや90代後半だ。関東大震災をリアルに語れる人は、あと数年でいなくなる。

 そう考えると、防災を考える日、防災意識を高める日ということなら、3月11日というのも案外ありなのではないかと思う。
 もっとも、何何の日と指定されようがされまいが、亡くなられた方々のご冥福を祈り、復興を支援し、災害について改めて考える日にするというのが正しい姿なのだろう。

 天災の多くは人災だとも言われる。
 地震そのものを防ぐことはできなくても、被害を最小限に食い止めることはできそうだ。
 必要以上に恐怖心を煽るべきではないが、正しい知識を与え、必要な準備や適切な行動ができる人間に育てることは、教育の大事な役割であろう。

 死者を悼むこと。ボランティア活動なども含め物心両面から復興を支援すること。普段から水や食料を備蓄すること。これらは家庭でも教えられそうだ。

 学校に期待されているのは、正しい科学的な知識を持たせること。
 地震そのものだけでなく、電気・ガス・水道などライフラインの仕組み、交通や通信の仕組み、人間の健康や心理等々。

 知識が命を守る助けになるかもしれない。たぶん、なるだろう。
 パニックを防げるかもしれない。二次災害を拡大させずに済むかもしれない。

 今日この日は、ただただ黙とうを捧げる日であってはならない。
 そんなことを考えた一日だった。

埼玉県民はなぜボーっと生き、のほほんと暮らしているのか

 プロフィールでは、私は浦和市(現さいたま市)出身ということになっているが、小学校3年までは東京で過ごした。このことは、以前一度だけ書いた。

 父親の転勤でほんの一時期九州・福岡県で暮らしたことがあるようだが、生まれたばかりの私には何の記憶もない。
 その後、10歳まで東京・杉並区。駅で言うと、中央線「荻窪」。

 というわけなので、私の仕事はほぼ埼玉限定だが、何かの間違いで全国区になったら、東京都出身と言うこともできる。
 が、そんな事態にはならないし、小学校後半からは現在に至るまで半世紀以上、浦和に住み続けているから、やはり埼玉出身、浦和出身と言うのが正しいし、それでいい。

 埼玉県民には自然との戦いがない
 台風の直撃を受けるわけでもないし、豪雪に見舞われるわけでもないし、海がないから津波も来ないし、とにかく天災というものを知らない。
 有り難い話だが、その結果、埼玉に生まれ育つと、ボーっと生き、のほほんと暮らす習性が身に付いてしまうのである。

 だから、最近越してきた人は別として、生粋の埼玉人は、戦いとか競争には向かない
 東京は最初から相手じゃないし、横浜にも永遠に勝てるわけがない。でも、それでいいや。これが埼玉人。
 群馬には温泉があるし、栃木には日光があるし、茨城には納豆があるし、みんないいよね。これが埼玉人。
 ちょっと気になる千葉だけど、ディズニーランドや九十九里浜あっていいよね。うらやましいね。これが埼玉人。

 映画「翔んで埼玉」でさんざんディスられても、「なんか、オレたちのこと言われてるみたいだぜ。だいたいあってるけどな」と、ムキにならないのが埼玉人。
 だがこれは、ユーモアが分かるとか、寛容だとか、そういうレベルじゃなく、ボーっとし過ぎて、何も気づいてないだけなんだよ。馬鹿じゃねえか埼玉人。

 命がけという言葉を知らない埼玉人。本気にならない埼玉人。困ったもんだ。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード