パソコン使っても新しい能力はつかないよ

 今どきパソコンもタブレットも使わない。電子黒板もプロジェクターもWiFi環境もない。
 こんな時代遅れの環境じゃ、生徒が来てくれないよ。
 と、お嘆きの先生方。そうだよ、その通りだ。金が無いなんて言い訳してないで、早く何とかしなさい。自分がそうだからよく分かるけど、「金が無い」を変換すると、「能力が無い」か「やる気が無い」のどっちかだ。

 突然だが、腕力をつけるのに石を持ち上げるのと、バーベルやダンベルを持ち上げるのはどっちがいいか。
 答え。同じこと。
 もしバーベルやダンベルのほうが上なら、現代人は昔の人の100倍くらいの腕力になってなきゃいけない。
 ただ、適当な石を見つけるのに時間がかかる。持ちにくい。落としたら危ない。だから、現代人はバーベルやダンベルを使う。その方が時間短縮になり安全性も高い。別に、違った能力が身につくわけじゃない。
 
 パソコンやタブレットは道具だ。道具によって何か今までとは違った超能力が手に入るわけではない。それができるなら今の若者はわれわれの100倍くらいのスーパー人間に成長する。少子化なんて怖くない。
 ただし時間短縮にはなる。効率性、安全性も向上するかもしれない。

 優れた道具を使うと、今まで英語を習得するのに3年かかったのが1年に短縮できるかもしれないじゃなか。英語を習得する能力は昔からあったんだよ。最近になって手に入れた新しい能力じゃない。でも、道具や機械のおかげで短時間で習得できる。ここだよ。

 しかし、この時間短縮を馬鹿にしてはいけない。便利な機械や道具のおかげで、時間を手に入れ、体力も温存されるのだ。
 じゃあ、余った時間と体力を、何にどう使ったらいいか。考えどころはそこだ。

 はっきり言って、何か新しい道具の登場で、人間に別の能力が備わったという歴史はないからね。むしろ、失った能力の方が多いくらいだ。

 ということで、遅ればせながら、これからパソコンやタブレットを導入して、いざICT教育へと考えている学校や先生方は、何か新しい能力をなどと考えないほうがいい。
 時間短縮
 ほぼ似た意味だが効率性
 安全性
 正確性
 このあたりから考えた方が答えが出やすい。

 教科書や参考書や問題集や辞書をタブレットに詰め込んでしまえば、重い鞄とおさらばできて通学が楽になり安全性も高まる。と、こんな感じ。
 パソコン使って無駄な会議なくしました、なんていうのもありじゃないかな。
 パソコンやタブレットを使いこなせるのも広義には能力だが、そんなの40過ぎてからでもなんとかなるさ。

速報、埼玉県公立高校入試募集人員が発表された

 平成31年度埼玉県公立高校入試の募集人員が発表された。

 詳しくはコチラ↓
 平成31年度入試・募集人員

 概要は次のとおり。
 1 全日制募集は139校
 2 募集人員は前年比680人減の3万8040人
 3 募集増は1校(鷲宮240人→280人)
 4 募集減は18校(計720人減)

 募集人員を減らす学校は次のとおり。
 (いずれも40人減。特に学科名の記載がない学校は普通科である。※印は前年度募集人員増を行った学校である)
 上尾南(280→240)
 大宮東・普通(280→240)※
 川口青陵(320→280)※
 川越(400→360)※
 川越女子(400→360)※
 川越初雁(240→200)
 越谷南(360→320)
 狭山清陵(240→200)
 蓮田松韻(240→200)
 蕨・普通(360→320)※
 市立浦和(360→320)※
 大宮北・普通(320→280)※
 熊谷商業・情報処理(80→40)
 皆野・商業(80→40)
 越谷総合技術・電子機械(80→40)
 新座総合技術・総合ビジネス(80→40)
 幸手桜(240→200)
 寄居城北(240→200)
 進修館は普通科40人の募集を停止し、総合学科に統合する(総合学科160→200)。

 上位校では、川越・川越女子・蕨・市立浦和・大宮北などが40人減となっているが、いずれも前年度(30年度)人員増を行っているので、元に戻った形だ。
 全日制680人減の理由について県立学校人事課は「中学卒業予定者が、本年度より1050人減少する見込みであることを考慮したため」としている(20日付埼玉新聞より引用)。
 
 
 

地震で女児がブロック塀の下敷き。昭和の遺物なくなってほしい

 20180619生け垣02

 大阪の地震で小学生がブロック塀の下敷きになって亡くなった。

 幼いころの記憶にブロック塀というものはない。
 石垣は見かけた。あとは板塀か生け垣。
 昭和も中盤あたりから、低コストで工事期間も短いというのでブロック塀が急速に普及したようである。

 今回の事例を見るまでもなく、いざ大地震となったとき、ブロック塀は倒壊の危険性が高い。
 まあ、鉄筋を通しているとは言え、基礎を深く掘っているわけではなく、コンクリート片を積み上げただけだから、そうなるだろう。
 
 調べてみたら、生け垣(いけがき)の設置に補助金などを出している自治体が結構あった。
 個人の住宅のことなので強制は出来ず、奨励が限度だろう。しかし、何もしないよりはましだ。
 ネットで「〇〇市 生垣」と検索して探し出したのが、下記の補助金制度だ。(クリック又はタップで当該ページに飛べる)

 さいたま市「生け垣助成制度」 
 川口市「生け垣や屋上緑化に対する補助制度」
 川越市「みどりの補助金」
 春日部市「生垣設置奨励金制度」
 戸田市「生け垣等設置奨励補助金制度」
 蕨市「生垣設置奨励補助金」
 久喜市「生垣設置奨励金」
 朝霞市「生け垣設置奨励補助金」
 狭山市「生け垣設置奨励補助金」
 新座市「生け垣設置助成金」
 志木市「生け垣設置奨励金交付制度」
 三郷市「生け垣づくり補助金」

 越谷市・草加市・上尾市・熊谷市などは埼玉県内でも比較的人口の多い市だが、該当する制度は見つけられなかった。
 次の犠牲者が出る前に、昭和の遺物であるブロック塀が町から姿を消すことを望む。緑化にもつながるので、そういう風潮を作って行きたいものである。

 ※映像を追加しました(6月20日)
 20180620ブロック塀緊急点検 (2)

男バス暴力事件、指導者たる先生方の見識が問われる問題

 今、スポーツネタ、部活ネタは一番ホットだから、普段ならスルーされるか小さなニュースで終わることが大きな扱いになってしまう。

 この際だから、各学校における常識や、その競技における慣例などが、現在の世間の常識や風潮からズレていないかを、ウチは関係ない大丈夫じゃなくて、今一度見直す機会にしたらいいだろう。

 が、それにしても、公式戦の最中に審判殴っちゃいかん。延岡学園男子バスケット部。
 インターハイ出場が決まっている強豪校で、殴った張本人がアフリカ(コンゴ)人留学生とあっては、マスコミもネット民も放ってはおかない。

 インターハイ出場を辞退すべきかどうかは微妙なところだ。
 部と関係ない生徒や教員の不祥事で辞退とか、ベンチにも入っていない部員の不祥事で辞退というのは行き過ぎと思うが、今回は戦力としてゲームに出ている選手ということだから、出場辞退まで行ってしまうかもしれない。

 当該の選手は1年生というから、まだ日本に来たばかりだろう。日本語もおぼつかないはず。一人で異国にやって来て、精神的にも不安定な状態だったと想像する。むろん暴力は否定されなければならないが、同情の余地はある。
 本人以上に、学校側の留学生受け入れ体制や監督コーチの指導が問われる問題だ。

 スポーツ留学生の存在は、全体的な競技力向上という点でプラスに働くこともあるから、一概に否定できない。一定のルール(歯止め)を設ければいいのであって、留学生を禁止しろとか、国内での越境を認めるなというのは極論だろう。それでは競技そのものがつまらなくなる。

 勝利至上主義はいけないというが、だったらスポーツなんかやめろという話だ。レベルはさまざまだが、みんな勝つために、また記録を伸ばすためにやっている。スポーツの面白さはそこにある。
 ただし、アマチュアの生徒・学生たちが、学校において、先生の指導の下で行っているものであるから、一般とは異なるルール作りは必要だ。
 指導者である先生方の見識が問われている。

外資系って何ですかと聞かれたらどうするの

 外資系という言い方があるでしょう。
 何となくかっこいい。
 外資系企業に勤めている、または勤めていたというと、「出来る人」っぽい印象あるし、私も人生の履歴に一つぐら入れときゃ良かった(笑)。

 外資系と「系」がつくのは、はっきりした定義がないからだと思われる。
 経済産業省が行っている「外資系企業動向調査」では、「外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している企業」を外資系としており、調査対象企業は5662社に及んでいる(平成29年度)。ずいぶんあるもんだね。
 ちなみに同省は「海外事業活動基本調査」というのも行っており、これは日本企業で海外現地法人を設置している会社が対象だが、9645社を調査している。
 企業に国境がなくなってきた。これがグローバル社会というやつか。

 自身のプロフィールに「外資系保険会社勤務」とか、「外資系投資顧問会社勤務」とか書く人がいるのは、そのほうが世間が「出来る人」と見てくれる可能性が高いからだ。

 外資系保険会社>日本の保険会社
 日本生命も明治安田も東京海上日動もデカい会社なんだけどね。

 大学名の場合は、ハーバードとかエールとか固有名詞を出す人が多いが、企業の場合は、モルガンスタンレーとかマッキンゼーとか誰もが知っている会社は別だが、普通の会社だったら固有名詞を出して、それ何?と言われるより、外資系と言っておいたほうがいい。
 私立大学卒業なんて書こうものなら、何だよ大学名はっきり言えよとなるが、企業の規模なんて分からないから、外資系?はっきり企業名出せよと突っ込む人もいない。
 言っても分からない、聞いても分からない、だったら外資系にしとくか。

 そんなわけで当分外資系という言葉が幅を利かせそうだが、私が高校で進路指導していた30年前と今では、企業の形がまったく変わってきており、日本にやって来る外国企業も、外国に進出する日本企業も比較にならないくらい増えている。
 一般の人だったら「外資系?ふ~ん」で済むかもしれないが、生徒から将来について相談される立ち場である先生方は、外資系のこともちょっとはお勉強しておかなきゃいけない。大変だな。



 

 

 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード