FC2ブログ

加須市、35度以上で臨時休校。最低28度以上では実効性に疑問

 35度以上で臨時休校
 全幼稚園 小中学校 熱中症対策で加須市

 
 というニュースが出ていた。
 もう少し詳しく見てみよう。

「加須市教育委員会は28日の記者会見で、最高気温が35度以上かつ最低気温が28度以上となることが見込まれる場合、9月から市内公立の小中学校(計30校)と幼稚園(14園)を臨時休校にすると発表した。今夏の記録的な猛暑を受け、園児や児童生徒の熱中症事故防止のための措置で、県内では初めて。全国的にも珍しいという。
(中略)市教委によると、熊谷地方気象台が発表する天気予報を基に、3日前までに判断する。非常変災などによる臨時休業日の設定は、校(園)長の専決事項だが、命に危険を及ぼす災害であるという認識で、教育委員会が判断し、指示する。臨時休業を設定した場合、小中学校では年間授業時数を確保するため、長期休業日などに授業日を設定することにした。(後略)」(以上、8月29日付埼玉新聞より引用)

 記事の最後に教育評論家・尾木直樹さんのコメントが載っていたので、それも紹介しておこう。
「加須市の措置は、子どもの安全を考えれば当然のことだ。本来なら文部科学省が率先して自治体に基準を示して促すべきだが、今回、加須市が決断してくれたことはありがたい。気象庁が『命に危険を及ぼすレベルの災害』と言っているのに何もしない方がおかしい。登下校の問題もあるので、エアコンが設置されても安心というわけではない。子どもの命について最優先に考えてほしい」

 埼玉県民以外の方のために加須市について簡単に説明しておくと、読み方は「かぞし」。昨夏の甲子園優勝校・花咲徳栄高校(はなさきとくはる)がある。埼玉県の北東部にあり、群馬・栃木・茨城と接している。暑さで有名な熊谷までは電車で30分、館林までは20分程度だ。

 さて。
 尾木直樹先生は、当たり障りのないコメントを発しておられるが、通信社から電話などで概要だけ伝えられ、すぐに返さなければならないお立場だから、致し方ない。
 私は、たっぷり時間があったので、いろいろ調べてみた。

 記事を読んで「エッ?」と思ったのは、臨時休校の条件である「最高35度以上、かつ最低28度以上」のうち「最低28度以上」の部分だ。
 そんな日あるのか。
 調べてみた。
 埼玉県熊谷と、岐阜県多治見の今年7月の記録である(気象庁ホームページより作成)。

 20180829最高最低気温


  「最高35度以上」は、熊谷、多治見ともに18日あった。ここから土日祝日と7月21日以降の夏季休業期間を除くと、臨時休校の条件に当てはまる日は熊谷で9日、多治見で6日ある。ただし、熊谷も多治見も「最低気温が28度以上」だった日は一日もない。念のため過去3年間の記録を調べてみたが、やはり一日もない。さらに念のため8月についても調べてみたが、2016年8月9日に熊谷で最高36.9度、最低28.2度を記録したのが唯一の例である。

 今回の加須市の場合、予報に基づくとしているので、過去記録(結果)だけ見て「最高35度以上、かつ最低28度以上」の日はないとは断言できないが、滅多に起こらないことと言ってよさそうだ。

 最初記事を読んだときは、いくら3日前の判断とは言え、共働き家庭などは困るだろうなと自分の経験にも照らし心配したのだが、数年に1回あるかなしかの事態だと分かり、その点はやや安心した。
 
 がしかし、子どもの安全を守るという意味なら、かれらが学校にいない夜中の最低気温を条件に加えるのはおかしいだろうという疑問がわいてくる。日中40度が予想されても夜中28度以下の予想だったら平常通り。それでいいのかな。

「かけた情けを水に流す」を実践するために必要なものは

 「懸情流水 受恩刻石」。
 少し縮めて「刻石流水」。
 日本語訳すれば「かけた情けは水に流せ 受けた恩は石に刻め」。

 スーパーボランティア尾畠春夫さんの座右の銘ということで、ご本人と共に一躍有名になった言葉だが、先生方だったら一度や二度、耳にしたことがあるだろう。
 
 私は耳タコだよ。
 年中お寺に行っているので、坊さんの法話っていうやつをよく聞くんだが、その中に時々出てくる。仏教経典にあるらしいが、膨大な経典のどこにあるのかはまだ聞いたことはない。
 
 「かけた情けは水に流せ」
 いい言葉だと思う。かくありたいと思う。
 心がけとして持つのはそんなに難しくはなさそうだが、実践は難しい。

 自分にとって小さなことだったら水に流したっていいよ。全然惜しくない。大して感謝されなくたっていい。
 でも、時間かけて、金使って、体力すり減らして、そういう大変な思いをして他人のために何かやってあげたとしたら、水に流すなんて心境になれないな。
 年の割に人間ができていない私は、感謝もお礼もされないと、すぐに腹を立てる。「二度とやってやらねえからな」

 困ったものだ。
 何か解決策はないものか。

 さしあたりの答えは自身のアップグレードだね。

 たとえば100円持ってたら1円ぐらい人にあげたって惜しくない。返してくれなくていい。でも、1円じゃ人を助けられない。
 では、1億円持ってたらどうか。100分の1の100万円は、まあ、ちょっとは惜しい気もするが、返って来なくてもいい(1億円持ったことないので想像だが)。

 夜中に山道を歩いて何か届け物をしてあげました。「よくもまあ、こんな所まで。おかげで命拾いしました」。いや、私にとって3時間なんて、お散歩みたいなものですから気にしないでください。

 どうも、あまり適切な例が思い浮かばないのだが、高邁な精神を実現するには知力、体力、資金力、その他諸々の力のうち、少なくとも一つ、それも圧倒的な一つを持つことではないかと思うのである。

 相手から見たら大変なことなんだけど、自分にとっては大したことじゃないから、サラッと水に流してもらって結構。

 ハードル高ッ!
 そうだよ。尾畠さん見れば分かるじゃないか。

行動力以前に「思い立つ力」が欠けているのではないか

 「思い立ったが吉日」という言葉ありますね。
 時々、「思い立った」と言う人がいるけど、「思い立った」が正解。

 一昨日の大分のボランティア爺の件で考えたのだが、その驚異的な行動力もさることながら、その前に、「何でそんなこと思い立っちゃうの?」と不思議でならない。
 思い立ちさえすれば、子供じゃないんだから、行動の手段はいくらでも考えられるけど、普通は「可哀想に」とか「無事でいてくれればいいが」まででしょ。「よし、探しに行こう」って、なんで思い立つのよ。

 人に頼まれたり、差し迫った必要があったりすれば誰だってやる。でも、そういうのは思い立ったとは言わない。思い立つというのは受け身ではなく能動的なものだから。

 思い立ちさえすれば、たぶんできることはいくらでもある。でも、思い立たない。年齢のせいなのかとも考えるが、そうじゃないことは大分のボランティア爺が証明している。
 さて、「思い立つ力」(みたいな力があるとしたら)、それはどうやったら身に付くのか、どうしたら鍛えられるのか。これ、ちょっとしたテーマだ。つまり、行動力がないとか実行力がないとかじゃなくて、それ以前の「思い立つ力」がないのではないかという話。

 好奇心?
 ちょっと違うかな。ただし、面白そうなことや楽しそうなことだったら「思い立つ」まで行くかもしれない。

 むしろ観察力かも。
 「ふ~ん」、「へえ~」で終わらせないで、常に対象を細かく観察する習慣をつける。そうすると何かを発見できるかもしれない。発見から「思い立つ」までは案外近そうだ。

 想像力(イマジネーション)はどうだろう?
 「まったく想像力だけは逞しいんだから」と、ネガティブな使われ方もするが、相手の身になって考えるなんていうのも想像力だからね。こんなことできたらいいのにね。これも想像力。
 想像力も「思い立つ」まで行けそうな予感。

 あとは、今のところよく分からない。
 というわけで、観察力や想像力を鍛える努力をしてみよう。その結果、私が何かを思い立ったら、この仮説が証明できそう。
 少し、時間をもらおうか。

埼玉県公立高校の女子比率を何となく調べてみた結果

 20180813お盆墓参り
 お盆なので墓参り行ってきましたよ。

 お盆休みのせいかアクセス数が少ない。
 そういう日もないとね。

 少し前、東京医科大が女子の合格者が減るよう操作していたことが問題になった。医学部の、あるいは東京医科大という大学の特殊な事例だろう。

 埼玉県公立入試では男女別定員を定めていない。
 共学校の場合、男女比率は極端にどちらかに傾かないほうが、クラス編成や時間割編成上、好ましい。と言って、操作はできず、結果は蓋を開けてみなければ分からない。

 はるか昔の話だが、私の2つ目の勤務校・大宮南高校では当時、極端に女子の比率が高かったため「女子クラス(通称:じょクラ)」を編成していた。共学校の中の女子校といった趣で、大変活発かつ成績も良かった。
 彼女らは体育の授業の後、しばしば、わざとゆっくり着替えて男の先生を教室に入れない作戦をとった。若い男の先生は廊下で待ちぼうけ。が、すでにオジサンの域に達していた私にこの程度の作戦が通じるはずもなく、始業チャイムが鳴ると同時に教室に侵入。いや、侵入はないか。突入。今ならセクハラと言われそうだが、幸いなことに言葉がまだなかった。

 本題に戻ろう。
 今年4月新入生の男女比率を学校ごとに調べてみた。弊社発行の「埼玉県公私立高校進学ガイド」で在校生数のアンケートを取っている。

 1.公立(主に普通科)で女子比率が高い学校(60%以上)
 20100813女子比率(公立普通科)
 
 60%以上が16校あるが、このうち「普通科+専門学科又はコース」の学校が6校ある。
 市立川越は元の川越商業で、募集定員は「普通科(100)+情報処理科(70)+国際経済科(70)」である。在校生全体でみると、男子256人(29.5%)、女子613人(70.5%)で、圧倒的に女子の割合が高い。男子256人中79人(30.9%)は野球部である。野球部比率も高い。
 大宮光陵の募集定員は「普通科(160)+普通科外国語コース(40)+美術科・音楽科・書道科(各40)」であり、専門学科の女子比率が高い。
 松伏の募集定員は「普通科(120)+普通科情報ビジネスコース(40)+音楽科(40)」である。情報ビジネスコースと音楽科の女子比率が高い。
 和光国際の募集定員は「普通科240)+外国語科(80)」である。両科とも女子比率が高い。
 岩槻の募集定員は「普通科(280)+国際文化科(40)」である。両科とも女子比率が高い。
 鳩ケ谷の募集定員は「普通科(160)+園芸デザイン科(40)+情報処理科(80)」である。園芸デザイン科の女子比率が高い。

 普通科のみの学校では、1大宮武蔵野、2入間向陽、3上尾鷹の台、4越谷東、5南稜が上位5校となるが、このうち大宮武蔵野、入間向陽、南稜の3校は、1年生だけでなく2・3年生もほぼ同様の比率となっている。

 2、公立(主に普通科)で女子比率が低い学校(40%以下)
 20180813女子比率低い普通科

 40%以上が12校あるが、普通科のみが6校、「普通科+専門学科又はコース」が6校である。
 大宮東には体育科、ふじみ野にはスポーツサイエンス科、飯能南にはスポーツコースがある。3校は体育系学科・コースだけでなく普通科においても女子比率が低い傾向がある。
 グレーの網掛けを施した飯能南、川越初雁、北本、和光、深谷、鳩山の6校は、募集定員に達せず欠員補充を行った。他の学校も、春日部東(普通科1.13倍、人文科0.75倍)以外は、1.1倍以下の倍率である。

 結果はある程度予想できるが、専門学科について見てみよう。 

 3.公立(専門学科)で女子比率が高い学校(60%以上)
 20180813女子比率高い専門学科
 常盤は看護科、芸術総合は音楽・美術・映像芸術・舞台芸術、誠和福祉は福祉科。
 それに大宮商業、浦和商業。
 川越総合は、元の川越農業。農業系では熊谷農業も毎年女子比率が高い。

 4.公立(専門学科)で女子比率が低い学校(40%以下) 
 20180813女子比率低い専門学科
 当然予想されたことだが工業高校がズラリと並ぶ。

 以上の結果だが、とりあえず調べてみましたってだけのことだ。
 専門学科については、高い低いの理由が何となく分かるが、普通科については、よく分からない部分がある。これからの研究課題だ。
 当該校の先生方、また受験生・保護者の考え方をよくご存じの塾の先生方、情報をお寄せいただけると有難い。
 

「うちは今のところ特に大きな問題はない」、それ危険です

 家具販売大手・大塚家具で、創業者であり父の大塚勝久会長と長女の久美子社長との間で経営権をめぐり壮絶なプロキシファイト(委任状争奪戦)が行われたのは3年ほど前のことだ。
 結局、長女側が勝利し、会社を追われた父は創業の地・春日部に別会社(匠大塚)を設立した。まあ、親子喧嘩だね。

 長女は、父の高級路線を完全否定し、ニトリやイケアのような中級カジュアル路線を選んだ。
 って、この時点で、われわれのような素人だって「今さら手遅れでしょう」と思ったものだが、案の定うまく行かず、今、経営危機に瀕している。頭はそこそこ良さそうだが社長のお嬢様(一部では「家具屋姫」と揶揄されているようだ)というだけで社長になったんだから、そうなるだろう。

 さて、われわれはここから何を学ぶかだが、まず「お坊ちゃま・お嬢様は勘違いしやすい」ということ。
 あんたがトップに立ったのは努力の結果じゃないよ。能力を評価されてのものじゃないよ。ということは、周りは全部見えているのだが、本人だけが分かっていない。
 がしかし、勘違いは誰にでもあるものだ。むしろ、そういう環境を作ってしまった親の責任だろう。親も勘違いしていると言っていい。
 中には、出だしはただのお坊ちゃま・お嬢様であっても、親も顔負けの努力を重ね本物の経営者にのし上がる人もいるが、大塚家具の場合はそうはならなかった。

 次に経営戦略だが、ここが一番の問題だ。
 なぜ、わざわざ激戦区(レッドオーシャン)に飛び込んで行く。
 先行者が常に100%有利とは言えないが、それに対抗する後発者が「気軽に入れる店づくり」だけではね。そんなのとっくにニトリが実現しちゃってますよ。
 同じ春日部創業の箪笥屋さんとしては島忠が有名だが、今は島忠家具よりも島忠ホームセンターの方が知られている。と言って、今さらホームセンター方面に進んでも、そっちも激戦区だ。

 少子高齢化が進み、家具需要は激減。住宅事情や価値観の変化で家具は「耐久消費財」から「消耗品」へ。
 戻るも地獄、進むも地獄。

 ただ、ここで考えておかなければいけないのは、父を追放した時点で、売上高・営業利益ともに減少が続いていたものの100億円を超える現預金があり、銀行からの借り入れのなしの無借金経営だったことだ。
 つまり、まだまだ余裕があった。

 ここだね。
 余力があるうちにいろいろと手を打っておけ。

 身に覚えがあるけど、うまく行っているときは、どうしてもこのままでいいと思ってしまうんだよ。
 どんなに順調な商売だって、いずれ伸び悩む、いずれ躓く。でも、躓いてからじゃ手遅れなんだ。

 「うちは今のところ特に大きな問題はない」
 そこ。そこですよ。
 その後に続くのは、「だから、大胆な挑戦をするのは今しかない」とならないと。

 クソっ、それに気づくのが遅かった。


 追記:大塚家具の件、キッチリ分析され、かつ大変分かりやすいブログがありましたので紹介しておきます。(8月11日)

 「大塚家具もパイオニアもビジネスモデルが今の時代に合わなくなっただけの話」
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード