設楽悠太選手も川内優輝選手も埼玉出身だからな

 当ブログの読者は圧倒的に埼玉県民が多いと思われるので、他県の皆様に、ちょいと埼玉自慢をさせてもらおうか。

 今日行われた東京マラソンで設楽悠太選手が、16年ぶりに日本記録を更新した。
 双子の兄弟の弟である設楽悠太選手は、寄居町(よりい)の男衾中学校(おぶすま)から越生町(おごせ)にある私立・武蔵越生高校、東洋大学と進み、今はHONDAに所属している。
 東洋大学陸上部は、同大川越キャンパスを拠点としており、HONDA陸上部は工場のある狭山(さやま)を拠点としている。
 つまり、設楽選手は、ずっと埼玉を走り回って強くなったんだ。
 そうそう、公務員ランナー・川内優輝選手も鷲宮中学校(わしのみや)から春日部東高校(かすかべひがし)だった。

 それにしても埼玉の地名、読みにくいな。
 甲子園で優勝した加須市(かぞし)の花咲徳栄高校(はなさきとくはる)だって、普通じゃ読めない。

 で、マラソンの話に戻るが、私は東京マラソンに過去4回出ている。10回応募して4回当選だから、かなり確率いいほうじゃないか。
 去年からゴール地点が、有明の東京ビッグサイトから東京駅に変わった。その結果、後半の川や運河を越えるアップダウンがなくなって、非常に走りやすくなった。スタートしてから前半は、非常にゆるやかな下りだし、いわゆる高速コースに衣替えしたわけだ。

 マラソンの記録は、コースと気象条件次第。
 よって今回の設楽選手の記録は、それらにも助けられたものだが、日本記録が期待される中で、きっちり結果を出したのは立派だ。
 別に川内優輝選手を真似たわけではないだろうが、設楽選手もレースに出まくっている。これまで実業団選手の場合、フルマラソンは年に1レースなんていうのが当たり前で、結果が出ないと、調整に失敗したとかなんとか言い訳していたが、川内選手や設楽選手は、調整なんてクソくらえ、ってなもんで、とにかく実戦主義だ。

 当ブログの性質上、例によって受験勉強の話に無理やり持っていくが、模擬試験受けまくりみたいな感じかな。
 練習は大事だが、練習は所詮練習で、実戦に勝る練習は無しというところだ。この考え方、いろんなところに応用できそうだ。

試験本番まで数日、ジタバタするにも方法ってものがある

 埼玉県公立入試・学力検査まであと6日。
 もうジタバタする時ではないと思うが、「もういいや」「もう無理、ダメ」とあきらめるよりは数倍ましなので、体調を崩さない程度にジタバタしてもらおう。

 塾は前日まであるのかな。
 そりゃ、先生たちも必死だから、最後の最後まで教えたいよね。
 私も同じ立場だったら、たぶんギリギリまで教えまくると思う。

 ただ一方で、「最後は自分自身の力で」ということを忘れないで欲しい。
 先生は教えるのが仕事で、教え上手に決まっているから、授業を受ければよく分かるんだが、実はそこに落とし穴がある。
 「分かった気になる」というやつだ。

 「いや、先生はそばにいるけど、解いたのは自分だから」
 かもしれない。
 でも、いざという時に頼れる人が目の前にいるという状況と、周りはライバルばかりで頼れるのは己のみという状況とでは、天と地ほどの違いがある。
 今までだって、授業で出来たことがテストでは出来なかったっていう経験あるだろ。

 だから、塾で「分かった」とか「出来た」ことが、本当にそうなのかを、一人になった場面で確認しておく必要がある。
 早い話が家での復習だね。
 「分かった」とか「出来た」と思ったことを、もう一度やろうという気にはなかなかならないものだが、それをやっておかないと、思わぬ落とし穴にはまる危険性がある。

 分かんないことや出来ないことは、はっきり言って、もういいんだ。
 だが、学校では出来たこと、塾では分かったこと、こういうのは本番でも出来なくてはいけない。

 一人で、自分だけの力で、もう1回念のためにやってみなさい。私の言うジタバタの中身はそういうことであって、「あれもやっとかなきゃ」、「これも見とかなきゃ」と、今まで放っておいたことや、出来もしないことに手を出すことではない。


受験は子供だから大変なんだ

 受験は子供のやることだろう。
 中学受験は小学生、高校受験は中学生、大学受験は高校生。基本的にみんな子供。

 タレント(お笑い芸人)に大学受験させるというTV企画は昔からあるが、今年もまた注目を集めているようだ。
 所詮はTV番組の話であるから、テキトーに面白がって見ていればいいのだが、軽くツッコミを入れておこう。

 本来子供がやることを大人がやるのだからうまく出来て当然。ここをしっかり押さえておこう。
 受験は、人生経験なんて無いに等しい子供がやるから大変なのだ。別に学問的に難しいことをやっているわけじゃない。
 目標を持ってやれとか、計画を立ててやれとか、そのために何かを我慢しろとかは、大人にとって、そんなに難しい話ではない(はずだ)。
 でも、これが遊びたい盛りの子供には大変なことなのだ。

 TVで人気を維持しているタレントなら、努力とそれがもたらす結果について分かり過ぎるほど分かっているはずだ。かれらは、バカなことを言ったりやったりしているだけで、バカなわけではない。そんな彼らが、仕事の一部として計算ずくでやるわけだから、子供の時よりうまくできて当然なのである。
 だから、間違っても「アホでも努力すれば夢は実現できる」などという結論を導いてはならない。
 以上が、TV番組に対する軽いツッコミ。


 もう一度言うが、受験は「目標を持ち、計画を立て、継続的に努力する」というところが難しいのであって、学問的に難しいのではない。
 だから、先生たちの努力の99%は、生徒をその気にさせることに注がれる。

 ところが、生徒は気まぐれなんだ。大人っぽさと子供っぽさが同居してるしね。
 そんな彼らを、ほめたり叱ったり、なだめたりすかしたりしながら粘り強く指導するなんてことを、はたして人口知能にできるのかね。
 と、今度はAIにもツッコミを入れるのである。

これも仕事だから、学習指導要領をながめてみる

 仕方ない。
 これも仕事の一部だから、高校の次期学習指導要領でもながめてみるか。

 新聞・TVでも報道されたが、専門家である学校や塾の先生方は、学習指導要領案そのものを読むだろう。となると、先生方とお付き合いしなければならない私も、おおもとの資料に当たらなければならない。面倒だな。

 科目名に新しいものが多い。新科目は27科目。
 特に地歴公民は、「地理総合」、「地理探究」、「歴史総合」、「日本史探究」、「世界史探究」と一新される。
 このうち必修は、「地理総合」と「歴史総合」だ。

 「歴史総合」は、近現代の日本史と世界史を一緒に学ぶ。
 今まで、世界史が必修だろう、いや日本史こそ必修だろうと、世界史派と日本史派に分かれて争ってきたが、はい、結論が出ました。両方一緒に学んじゃいましょう。
 まあ、どっちかというと日本史に軸足をおいた指導になるのかな。今までの日本史でも、19世紀以降は、欧米諸国の動きをぬきに語ることはできなかったから、教える側もそれほど悩むことはあるまい。

 それにしても「日本史探究」、「世界史探究」とは何なんだろう。「日本史」、「世界史」で十分だと思うが。
 (ちなみに「探究」であって、「探求」ではないからね。変換ミスに注意しよう)
 どうも、このたびは「探求」にハマってしまったようで、ほかにも「古典探究」とか「理数探究」「総合的な探究の時間」などという新科目がある。

 もう一方の社会である「公民」にも新科目が加わった。
 必修の「公共」。
 選択の「倫理」と「政治・経済」は昔の名前で出ています。こっちは探究まではしないで「追究」程度でいいようだ。

 「公共」は、指導要領案を読んでみたが、いまいちつかめないね。流れからすると「現代社会」の生まれ変わりという気もするし。
 学ぶべき知識内容を見てみると、法や規範の意義及び役割、消費者の権利と責任、司法参加の意義、政治参加と世論の形成、地方自治、国家主権、領土領海、安全保障と防衛、国際貢献といったワードが並んでいるから、政治・経済の基礎あるいは中学校の公民分野のイメージかな。

 内容の取扱いに関しては、「我が国が、固有の領土である竹島や北方領土に関し残されている問題の平和的な手段による解決に向けて努力していることや,尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題は存在していないことなどを取り上げること」とあり、このあたりが今後、論議を呼びそうだ。

銀メダル、でもやっぱり2位じゃダメなんだよ

 蓮舫議員の「2位じゃダメなんでしょうか」発言。
 調べてみたら、もう8年以上も経っているんだね。歴史に残る迷言だ。

 平昌五輪では、複合の渡部暁斗選手、スピードスケートの小平奈緒選手・髙木美帆選手らが銀メダルを獲得した。
 ファンも関係者も、みな「よくやった」と祝福する。
 本人も「精一杯やったので満足」と悔しさを抑えて言う。

 でもね、2位じゃダメなんだよ。

 1位と2位との間には、たとえ僅かの時間差、得点差であったとしても、とんでもなく大きな開きがある。
 
 勝負事では、勝者と敗者の2種類があるのみである。
 敗者とは、たった1回負けた人を言う。予選で負けても1敗、準決勝や決勝で負けても1敗。どの敗者も等しく1敗しかしていない(ここではリーグ戦だの敗者復活戦の話はしていない)。
 勝者とは、1回も負けなかった人を言う。
 勝者は常に一人であり、残る全員は敗者である。
 だからこそ、永く記録にも記憶にも残る。

 誰もが「よくやった」と選手たちをたたえる中で、「2位じゃダメなんだよ」というのは、2位以下はすべて敗者に分類されるからである。

 実力あるんだろう。調子も悪くないんだろう。
 なのに、何で1位じゃないんだ。
 そりゃ、勝負事だから運不運もあるさ。
 けど、悔しいじゃないか。

 渡部選手も小平選手もまだ試合を残している。
 たった一人だけの勝者になって欲しいよね。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード