FC2ブログ

行方不明の男児発見、78歳ボランティア爺の元気の源は何だ

 いろんな79歳がいるもんだ。
 日本ボクシング連盟会長の山根明会長、1939年(昭和14年)生まれ。
 山口県周防大島町で行方不明の男児を発見した大分県在住の尾畠さん、同じく1939年(昭和14年)生まれ。干支で言うと、私の一回り上の兎年。

 12日から行方不明になっていた2歳男児が15日朝、ボランティアで捜索に参加していた男性により発見され、無事保護された。男児は山中で3夜を過ごしたことになる。夏場とはいえ、よく生き延びたものだと驚いたが、もっとビックリなのは発見者が78歳のボランティア爺だったことだ。

 ニュース映像を見たが、間もなく80歳とは思えない壮健ぶり。装備も一目で年季が入っていることが分かる。65歳まで魚屋をやっていて、仕事を辞めてからは世の中のためになることをやろうとボランティアを始め、東北大震災の際も南三陸町で500日のボランティア活動を行い、つい最近も豪雨の広島にいたというから、ボランティア歴は半端じゃない。金はないから全部車中泊だと言っていた。
 もしかしたら、近所では変わり者の爺さんと思われているのかもしれないが、現に人の命を救っているからね。立派だよ。

 この爺さん、言葉もはっきりしている。細かい記憶も確かそうだ。車中泊で日本中どこでも行くし、山にも登るという驚くべき体力なのだが、その源は何なのだろう。

 自分自身の生きる目的を持っている。
 そしてその目的が、人の役に立っているという部分で社会としっかりつながっている。そういう意味では、仮に年金生活だったとしても現役を続行しているわけだ。

 世の中から、あるいはまた、他人から必要とされているという状況が人を生きさせるのだという説を聞いたことがある。
 爺さん婆さんが行方不明で捜索されることはあっても、捜索する側に回るなんてことはめったにあるまい。それを可能にした驚異の体力を支えているのは、生きる目的ではないだろうか。

 そういう点ではボクシングの山根明さんにだって生きる理由や目的はあるんだろうが、その方向性がずれちゃうと老害と言われるんだね。
 注意しようと思った。

埼玉県公立高校の女子比率を何となく調べてみた結果

 20180813お盆墓参り
 お盆なので墓参り行ってきましたよ。

 お盆休みのせいかアクセス数が少ない。
 そういう日もないとね。

 少し前、東京医科大が女子の合格者が減るよう操作していたことが問題になった。医学部の、あるいは東京医科大という大学の特殊な事例だろう。

 埼玉県公立入試では男女別定員を定めていない。
 共学校の場合、男女比率は極端にどちらかに傾かないほうが、クラス編成や時間割編成上、好ましい。と言って、操作はできず、結果は蓋を開けてみなければ分からない。

 はるか昔の話だが、私の2つ目の勤務校・大宮南高校では当時、極端に女子の比率が高かったため「女子クラス(通称:じょクラ)」を編成していた。共学校の中の女子校といった趣で、大変活発かつ成績も良かった。
 彼女らは体育の授業の後、しばしば、わざとゆっくり着替えて男の先生を教室に入れない作戦をとった。若い男の先生は廊下で待ちぼうけ。が、すでにオジサンの域に達していた私にこの程度の作戦が通じるはずもなく、始業チャイムが鳴ると同時に教室に侵入。いや、侵入はないか。突入。今ならセクハラと言われそうだが、幸いなことに言葉がまだなかった。

 本題に戻ろう。
 今年4月新入生の男女比率を学校ごとに調べてみた。弊社発行の「埼玉県公私立高校進学ガイド」で在校生数のアンケートを取っている。

 1.公立(主に普通科)で女子比率が高い学校(60%以上)
 20100813女子比率(公立普通科)
 
 60%以上が16校あるが、このうち「普通科+専門学科又はコース」の学校が6校ある。
 市立川越は元の川越商業で、募集定員は「普通科(100)+情報処理科(70)+国際経済科(70)」である。在校生全体でみると、男子256人(29.5%)、女子613人(70.5%)で、圧倒的に女子の割合が高い。男子256人中79人(30.9%)は野球部である。野球部比率も高い。
 大宮光陵の募集定員は「普通科(160)+普通科外国語コース(40)+美術科・音楽科・書道科(各40)」であり、専門学科の女子比率が高い。
 松伏の募集定員は「普通科(120)+普通科情報ビジネスコース(40)+音楽科(40)」である。情報ビジネスコースと音楽科の女子比率が高い。
 和光国際の募集定員は「普通科240)+外国語科(80)」である。両科とも女子比率が高い。
 岩槻の募集定員は「普通科(280)+国際文化科(40)」である。両科とも女子比率が高い。
 鳩ケ谷の募集定員は「普通科(160)+園芸デザイン科(40)+情報処理科(80)」である。園芸デザイン科の女子比率が高い。

 普通科のみの学校では、1大宮武蔵野、2入間向陽、3上尾鷹の台、4越谷東、5南稜が上位5校となるが、このうち大宮武蔵野、入間向陽、南稜の3校は、1年生だけでなく2・3年生もほぼ同様の比率となっている。

 2、公立(主に普通科)で女子比率が低い学校(40%以下)
 20180813女子比率低い普通科

 40%以上が12校あるが、普通科のみが6校、「普通科+専門学科又はコース」が6校である。
 大宮東には体育科、ふじみ野にはスポーツサイエンス科、飯能南にはスポーツコースがある。3校は体育系学科・コースだけでなく普通科においても女子比率が低い傾向がある。
 グレーの網掛けを施した飯能南、川越初雁、北本、和光、深谷、鳩山の6校は、募集定員に達せず欠員補充を行った。他の学校も、春日部東(普通科1.13倍、人文科0.75倍)以外は、1.1倍以下の倍率である。

 結果はある程度予想できるが、専門学科について見てみよう。 

 3.公立(専門学科)で女子比率が高い学校(60%以上)
 20180813女子比率高い専門学科
 常盤は看護科、芸術総合は音楽・美術・映像芸術・舞台芸術、誠和福祉は福祉科。
 それに大宮商業、浦和商業。
 川越総合は、元の川越農業。農業系では熊谷農業も毎年女子比率が高い。

 4.公立(専門学科)で女子比率が低い学校(40%以下) 
 20180813女子比率低い専門学科
 当然予想されたことだが工業高校がズラリと並ぶ。

 以上の結果だが、とりあえず調べてみましたってだけのことだ。
 専門学科については、高い低いの理由が何となく分かるが、普通科については、よく分からない部分がある。これからの研究課題だ。
 当該校の先生方、また受験生・保護者の考え方をよくご存じの塾の先生方、情報をお寄せいただけると有難い。
 

夏季休業、予定通りでいいんじゃないか

 文部科学省が都道府県教育委員会等に、夏休みの延長を検討するよう通知を出した。
 8月7日、林芳正文部科学大臣が明らかにしたものだが、記録的な猛暑や、愛知県豊田市で小1男児が学校行事中に死亡した事例などを受けたものであろう。

 公立学校の先生にとっては常識なのだが、ここで簡単に学校の休業日についてまとめておこう。
 学校教育法施行規則第29条 
 「公立の学校(大学を除く。)の学期及び夏季、冬季、学年末、農繁期等における休業日は、市町村又は都道府県の設置する学校にあつては当該市町村又は都道府県の教育委員会が、公立大学法人の設置する高等専門学校にあつては当該公立大学法人の理事長が定める。」
 つまり、市町村立小中学校で言えば、休業日を決めるのは各市町村教育委員会であるということ。

 そりゃそうでしょう。南北に長い日本列島は、北は亜寒帯から南は亜熱帯まで、さまざまな気候区分に属しているわけだから、それぞれの地域が実情に応じて決めるのが合理的。文部科学省が一律に決められるはずがない。

 各市町村は、名称は多少異なるが「小中学校管理規則」を制定し、この中で休業日について定めている。
 たとえば、札幌市だったら、「夏季休業日 7月10日から8月31日までの間において25日」とか、青森県八戸市だったら「夏季休業日 7月22日から8月21日まで」という感じで、予想通り北海道や東北は夏休みが短く、その分冬休みが長い。

 念のためだが、休業日というのは、「授業を行わない日」という意味だから、学校が業務全体をストップするわけではない。先生にとっては「勤務を要する日」だ。休みたい人は有給休暇を取りなさい。

 さて、夏休みの延長の件だが、さっそく延長を決めた自治体もあるようだが、これってどうなんだろう?
 どこかでその分の授業を代替しなければならないから、土曜授業とか、冬休みや春休みの短縮でやり繰りするんだろうが、この先、「極寒とか豪雪に見舞われたらどうするの?」 「インフルエンザの大流行があったらどうするの?」という心配もあるわけで、結構リスキーな選択だ。

 それと、「今年はそれで(延長で)いいとして来年以降どうするの?」という問題もある。
 今年は世論の後押しがあるから、「猛暑だから」というほわッとした理由で構わない。それで延長を支持する声も上がるかもしれない。でも来年、世の中のムードがどうなっているか分からない。その時どうする。
 これから先、夏休みに入る前、あるいは夏休みに入ってから、延長すべきかどうかを毎度毎度検討するつもりか。

 というわけで、各自治体は文部科学省に忖度することなく、十分な配慮をした上で、予定通り2学期を迎えられるのがよろしかろう。
 文部科学省もアリバイ作りみたいな通知出してないで、エアコン設置の補助金が、必要な自治体に行き渡るよう財務省と戦って予算取ってくれ。

スポーツ界、最近不祥事が多発は、最近報道が多発したからだ

 最近、何かと話題になったスポーツ(競技)。
 レスリング(女子)
 アメリカンフットボール
 ボクシング

 共通点はマイナー競技であること
 レスリングとボクシングは一応オリンピック種目。アメフトはアメリカンというくらいだからアメリカでは人気スポーツだが世界的にはマイナー。
 
 競技人口は少ないよ。
 たとえば、今やっている高校総体(インターハイ)だげど、埼玉県予選の出場者は5階級24人(秀明英光14人、花咲徳栄8人、熊谷農業・熊谷工業各1人)だからね。まあ、こういう中から、元プロボクシング世界チャンピオン内山高志さんみたいな人も出るんだから、それはそれでいいが、とにかく少ない。

 部を持っている高校や大学が少ない。
 ということは組織が小さい。野球やサッカーが大企業とすれば、中小・零細企業だ。
 経験者は少なく、部活顧問や競技団体の役員は、一部の大学出身者に偏りがちとなる。
 元々縦の関係にうるさい体育会系気質のところへ持ってきて、これだから、「ドン」が生まれやすいんだね。いつも言っている構造的問題だ。

 メジャー競技に問題はないのか?
 たぶん大有りでしょう。叩いたらゴミが何万トンも出てくる。
 でも叩けない。
 高校野球にしたって、これでマスコミ全体がどれだけ利益上げてますかって話だ。マスコミもマイナー競技だから、反撃を恐れず叩けるんだね。マイナー競技は辛いよ。

 栄枯盛衰は世の習いで、絶頂期の後に待っているのは衰退期だ。並ぶもの無き威光を誇ったドンにも、いつか落日はやってくる。
 日大アメフトの内田さんも、ボクシングの山根さんも、陽が西に傾いたってことかな。

 というわけで私は、「最近のスポーツ界は不祥事が多発」みたいな見方はしていない。そう見えているのは、「最近マスコミの報道が多発」しているからだ。

「うちは今のところ特に大きな問題はない」、それ危険です

 家具販売大手・大塚家具で、創業者であり父の大塚勝久会長と長女の久美子社長との間で経営権をめぐり壮絶なプロキシファイト(委任状争奪戦)が行われたのは3年ほど前のことだ。
 結局、長女側が勝利し、会社を追われた父は創業の地・春日部に別会社(匠大塚)を設立した。まあ、親子喧嘩だね。

 長女は、父の高級路線を完全否定し、ニトリやイケアのような中級カジュアル路線を選んだ。
 って、この時点で、われわれのような素人だって「今さら手遅れでしょう」と思ったものだが、案の定うまく行かず、今、経営危機に瀕している。頭はそこそこ良さそうだが社長のお嬢様(一部では「家具屋姫」と揶揄されているようだ)というだけで社長になったんだから、そうなるだろう。

 さて、われわれはここから何を学ぶかだが、まず「お坊ちゃま・お嬢様は勘違いしやすい」ということ。
 あんたがトップに立ったのは努力の結果じゃないよ。能力を評価されてのものじゃないよ。ということは、周りは全部見えているのだが、本人だけが分かっていない。
 がしかし、勘違いは誰にでもあるものだ。むしろ、そういう環境を作ってしまった親の責任だろう。親も勘違いしていると言っていい。
 中には、出だしはただのお坊ちゃま・お嬢様であっても、親も顔負けの努力を重ね本物の経営者にのし上がる人もいるが、大塚家具の場合はそうはならなかった。

 次に経営戦略だが、ここが一番の問題だ。
 なぜ、わざわざ激戦区(レッドオーシャン)に飛び込んで行く。
 先行者が常に100%有利とは言えないが、それに対抗する後発者が「気軽に入れる店づくり」だけではね。そんなのとっくにニトリが実現しちゃってますよ。
 同じ春日部創業の箪笥屋さんとしては島忠が有名だが、今は島忠家具よりも島忠ホームセンターの方が知られている。と言って、今さらホームセンター方面に進んでも、そっちも激戦区だ。

 少子高齢化が進み、家具需要は激減。住宅事情や価値観の変化で家具は「耐久消費財」から「消耗品」へ。
 戻るも地獄、進むも地獄。

 ただ、ここで考えておかなければいけないのは、父を追放した時点で、売上高・営業利益ともに減少が続いていたものの100億円を超える現預金があり、銀行からの借り入れのなしの無借金経営だったことだ。
 つまり、まだまだ余裕があった。

 ここだね。
 余力があるうちにいろいろと手を打っておけ。

 身に覚えがあるけど、うまく行っているときは、どうしてもこのままでいいと思ってしまうんだよ。
 どんなに順調な商売だって、いずれ伸び悩む、いずれ躓く。でも、躓いてからじゃ手遅れなんだ。

 「うちは今のところ特に大きな問題はない」
 そこ。そこですよ。
 その後に続くのは、「だから、大胆な挑戦をするのは今しかない」とならないと。

 クソっ、それに気づくのが遅かった。


 追記:大塚家具の件、キッチリ分析され、かつ大変分かりやすいブログがありましたので紹介しておきます。(8月11日)

 「大塚家具もパイオニアもビジネスモデルが今の時代に合わなくなっただけの話」
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード