FC2ブログ

憲法三大原理のうち、一つしか入試に出ない理由を想像してみる

 入試でどこが出るかをピタリと当てるのは難しいが、どこが出ないかを当てることはそれほど難しい話ではない。
 今日はそんな話。

 中学校・公民では、日本国憲法の基本原理は「国民主権」、「基本的人権の尊重」、「平和主義」であると教えている。
 いずれも大事なことなので、日本国民として覚えておきましょう。

 しかし。
 埼玉県公立高校入試を受ける皆さんは、第3章「基本的人権の尊重」だけをしっかりやっておけばよろしい。「国民主権」と「平和主義」については過去出題実績なしだから。
 考えてみれば、おかしな話だ。
 学校で、教科書で、三大原理とまで教えているのに、一つだけが出て、あとの二つは出ない。

 「国民主権」については、憲法前文に「~ここに主権が国民に存することを宣言し~」とある。また、第1章(天皇)の第1条に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は主権の存する国民の総意に基づく」とある。
 「平和主義」については、憲法前文に「日本国民は、恒久の平和を念願し、(中略)われらは平和を維持し、(中略)平和のうちに生存する権利を有することを確認する」とある。また、第2章第9条に「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、(後略)」とある。

 つまり。
 「国民主権」や「平和主義」で問題を作ろうとすると、「天皇」「象徴」、「戦争」「戦力」「交戦権」といった用語(文言)を使わざるを得ないのだが、これらは「取扱注意」の用語である。出し方(問い方)次第では、政治問題化する可能性だってある。
 まあ、そこまではしないと思うが、例えばの話、「あなたの考えを述べなさい」とでもしようものなら、「入試で思想調査をするのか」と大騒ぎになるのは目に見えている。

 だったら、そこは触らないでおこう。
 何かと議論の多い前文、第1章、第2章を回避しても、第3章(国民の権利及び義務)、第4章(国会)、第5章(内閣)、第6章(司法)、これだけで条文にして73条(全体で103条)もあるのだから、こちらから出そう。

 基本原理のうちの二つが入試に出ないのは、出題すべき条文自体が少ないこともあるが、以上のような理由があるのではないかと想像するわけである。

埼玉公立では、なぜ江戸時代の文化が出題されないのか

 本日、塾の先生方向け。
 受験生にも役立つかもしれない。

 本日の考察。
 「なぜ、埼玉県公立入試(社会・歴史)では、江戸時代の文化が出題されないのか

 江戸時代の文化については、平成20年度に「化政文化」についての出題があったが、その後10年間出題されていない。
 この10年、平安(国風)、鎌倉、室町、安土桃山が各2回、飛鳥と奈良が各1回出ているのに、江戸はゼロ。どうした江戸、どうした元禄。近松も西鶴も芭蕉も泣いてるぜ。どうして俺たち出してくれないんだ。

 では、近松さんたちにお答えしよう。
 埼玉公立の場合、文化の問題はヴィジュアル重視なんですよ。画像が必要なわけ。それを見て解かせるというスタイル。
 だから、インパクトのある建物(寺など)や仏像や彫刻が優先されるわけですよ。芭蕉さんには悪いけど、俳句じゃ絵にならないじゃないですか。もし江戸から出すとしたら、ドカンと屏風に絵を描いた俵屋宗達さんとか、浮世絵の菱川師宣さんとか、葛飾北斎さんとか、ヴィジュアル系の皆さんに持って行かれるわけですよ。

 それだけじゃないですよ。
 江戸までの歴史を扱う大問3は、5つの小問で構成されているわけだけど、ここに飛鳥から奈良、平安、鎌倉、室町、安土桃山、江戸を全部詰め込むんですよ。奈良から1問、平安から1問、鎌倉から1問みたいな感じでね。だから江戸の割り当ても1問。

 おいおい、長さを考慮してくれよ。
 そうだろうね。でも残念でした。時代の長さに関係なく、1時代1問が原則みたいですよ。

 江戸時代の場合、幕藩体制をいかに確立したかというテーマがあるでしょ。それと鎖国。その後も三大改革や田沼の政治とか、末期になると外国船がやってきて対外政策が変わって来るしと、出したいテーマがいろいろあり過ぎるわけですよ。で、こういう中で文化を出してしまうと、これらの問題が出せなくなる。今言ったように、1時代1問が原則だからね。

 というわけなので、近松さん、西鶴さん、芭蕉さん。古くは清少納言さんや紫式部さん。歴史では分が悪いですが、皆さんには国語で登場するというチャンスが残されています。そっちで頑張ってみましょう。

根拠なく山をかけるより、分析に基づく予想でしょう。

 入試問題を作成する側から考えた場合、公平性とバランスである。

 公平性というのは、たとえば、その年の模試などに出題された問題を避けるだろうということ。
 問題の類似性の基準をどのあたりに置いているかは不明だが、それを受けたことのある受験生と受けていない受験生との間に、明らかな有利不利が出ないようにとは考えているだろう。

 県内で、ある教科の教科書が複数採用されている場合は、そのすべてをチェックして、使っている教科書によって有利不利がでないようにとも考えているはずだ。もっとも、入試に出題される内容は、どの教科書にも載っている基本的な事項ばかりだから、このあたり受験生はほとんど心配する必要はないだろう。

 以上、公平性の話。
 次にバランス。

 まず、易しい問題と難しい問題のバランス。
 難易度が高い問題ばかりだと下位の学校での選抜に使えず、逆に難易度が低い問題ばかりだと上位の学校の選抜に使えない。そこでバランス良く。
 明らかに出ると分かっているような問題が、期待を裏切らず毎年出されるのは、そういう問題も入れておかないと、平均点が下がり過ぎるからだろう。

 分野・単元のバランスも考えられている。
 これには2つある。
 一つは、年度内でのバランス。社会で地理・歴史・公民の三分野からほぼ均等に出題したり、理科で物理・化学・生物・地学からほぼ均等に出題したりするのは、年度内でのバランスを考慮したものだ。

 もう一つは、複数年度を通してのバランス。
 たとえば。理科の地学分野には大きく3つの内容がある。「地球と宇宙」、「大地のつくりと変化」、「気象とその変化」。
これらを単年度で全部出すことは難しい。そこで、複数年で見た場合、単元に偏りなしと言えればいい。と、そのように考えるので、結果としてこの3つをほぼ順繰りに出題することになる。
 ちなみに私は、31年度理科大問2「地学分野」は、「気象とその変化」からと言っている。

 今年は「気象~」であるの証拠映像


 以上のことは、塾の先生方なら先刻ご承知のことばかりだが、読者の中に保護者の方もおられるようだし、ごく稀に受験生もまざっているようなので、念のため書いておいた。


部分点、取りやすい教科、取りにくい教科(まとめ)

 埼玉県公立入試、部分点問題に関する最終稿。

 繰り返し述べているように、「粘って1点でも多く取ろうぜ」の精神は、入試では大事なことである。
 その1点をもぎ取れる可能性は、「内容に応じて部分点を与える」問題の中にある。

 そこで。
 受験生を指導する立場である塾の先生方には、単なる精神論を超えた、根拠に基づく技術論の立場から、受験生に対し有効かつ具体的なご指導をお願いしたい。
 もしかしたら、本論がその一助になるかもしれない。
 そんな思いで書いている。

 ■社会
 20190201社会部分点
 部分点を与える問題の数がもっとも多いのが社会で、7問ある。配点にして33点分。
 7問中5問は、「一部正答率」が「誤答率」を上回っており、部分点を取れる可能性が高い教科と言える。
 大問5問5は「誤答率」が高い。「国債発行の目的」を問う問題で、歳出と税収の変化を示すグラフが示され、解答に当たっては「歳出」と「税収」の二語を用いなさいという条件つきだ。本来ならグラフと、指定された二語は重要なヒントとなるはずであるが、それでも書けないのは、「国債」についての基本的な知識が欠けているからだと推測される。「国債」は「税収不足を補うために発行される」ものだと知っていれば、それがそのまま解答(正答)となる。

 部分点の採点において、表現力(文章力)については多少、大目に見てもらえる可能性はあるが、基本的知識の不足は容赦なく減点されると考えるべきだろう

 ■理科
 20190201理科部分点
 部分点を与える問題がもっとも少ないのが理科で、30年度は3問しかなかった。
 3問中2問は、「誤答率」が「一部正答率」を上回っている。
 大問2問4は、「金星の見かけの大きさが変化する理由」を述べる問題である。答えは「地球と金星の距離が変化するから」という、きわめてシンプルなものである。何も知らなくても常識で考えて答えられるレベル。
 誤答の中には、金星の特徴について書いたものが多く見られたという。点を取らんがために、とにかく知っていることをいろいろ書いてしまった可能性も考えられる。もし、この推測が当たっているとしたら、「何でもいいから書いておけ」的な指導の弊害と言えるだろう。「余計なことは書くな」も一つの重要な指導ではないか。

 ■英語
 20190201英語部分点
 20190201英語選択部分点
 「部分点を与える」と明記した問題は少ないが、細かい採点基準を設け、実質的に部分点を与えている問題が多いのが英語の特徴だ。
 英作文を別とすれば、学力検査問題では、5問すべてで「誤答率」が「一部正答率」を上回っている。学校選択問題でも、英作文を除く7問中4問で、「誤答率」が「一部正答率」を上回っている。
 一昨日書いた数学同様、部分点が取りにくい教科と言える。
 学力検査問題大問4問7は、「誤答率」が「一部正答率」を大きく上回っている。英文を読み、日本語の質問に日本語で答える問題だ。設問に「覚えていなければいけないもっとも大切なことは」とあるかから、該当する英文はすぐ見つかるだろう(importantやrememberを含む文)。だが、関係代名詞を含む、語数にして21語の長文であるため、文の構造を理解できなかったのだろう。単語的には2年生、文法的には3年生。3年生で習う関係代名詞については練習不足になりがちである。


 一昨日、数学と国語について書いたが、表がなかったので作っておいた。
 ■数学
 20190201数学部分点
 ■国語
 20190201国語部分点

 まとめ。
 各教科の指導法については、塾の先生方の方が、私などよりはるかに精通しているので、こうした資料を一つの参考としながら、「正答に至らなくても確実に部分点を取れる具体的な方法」をご指導いただければと思う。



 

「あきらめずに部分点を取ろうぜ」を引き続き考えてみる

 昨日に続き「部分点」の話である。
 この話に決着をつけようではないか。
 いや、そこまでは無理か。ただ、一つの視点を提示しよう。

 平成30年度埼玉県公立入試(つまり昨年の入試)で、部分点の取れ具合がどうなっているかを調べてみた。

 まず数学(学力検査問題)
 「内容に応じて部分点を与える」問題が、3問あった。

 大問2(3) 正答5.3% 一部正答2.0% 誤答73.4% 無答19.3%
 大問2(4) 正答21.8% 一部正答22.1% 誤答27.5% 無答 28.6%
 大問4(2) 正答2.0% 一部正答4.5% 誤答23.2% 無答70.3%

 次に数学(学校選択問題)
 部分点を与える問題は、同じく3問あった。
 
 大問2(1)  正答29.1% 一部正答2.2% 誤答58.5% 無答10.1%
 大問5(1)  正答19.9% 一部正答17.1% 誤答39.2% 無答23.8%
 大問5(2)② 正答0.3% 一部正答5.3% 誤答23.0% 無答71.4%

 両端の正答と無答(白紙)を除いて、真ん中の一部正答と誤答に注目してみよう。
 6問すべてで誤答が一部正答を上回っている。それも大きく上回っている問題の方が多い。これはつまり、何か書いたけど点数にならなかった(部分点にはつながらなかった)場合の方が多かったことを意味する。

 国語はどうか。
 作文は別とすれば、「表現・内容に応じて部分点を与える」問題が5問あった。
 数字は左から順に、正答・一部正答・誤答・無答である。

 大問1問2 40.9% 41.8% 11.4% 5.9%
 大問1問3 15.4% 46.2% 20.2% 18.2%
 大問3問2 34.3% 49.7% 9.7% 6.4%
 大問3問5 9.5% 26.8% 27.3% 36.5%
 大問4問3 30.3% 4.2% 41.8% 23.7%

 こちらは数学と打って変わって、5問中3問で一部正答の割合が誤答を上回っている。教科の特性や問題の性質ということもあるが、書けば点数になる可能性は、数学よりもずっと高そうだ。

 他の教科も調べてみたので明日以降、続編を書く予定だが、一口に「あきらめずに部分点を取りに行こうぜ」と言っても、指導の仕方に違いがありそうな予感がする。というのが、今日ここまでの結論だ。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード