FC2ブログ

やっぱり「白河の関」は越えられなかったか

 
 高校受験生の皆さん、ちょっとした地理と歴史のお勉強ですよ。
 
 今日の高校野球、前評判どおりの強さを発揮した大阪桐蔭が春夏連覇。
 金足農業(秋田)は敗れ、「悲願の『白河越え』ならず」。
 で、この「白河越え」なんだが、分かるかな。
 石川さゆりの「天城越え」とは関係ないぞ。って、そっちの方が分かんないか。

 白河は現在の福島県白河市。
 奈良平安の昔、ここに「白河の関」というのがあって、ここから先が「みちのく」、つまり東北地方。
 というわけで、東北6県のチームが優勝することを、「優勝旗が『白河の関』を越える」と言ったりする。

 平安時代の歌人・能因法師の「都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関」という和歌で有名。
 能因法師には「嵐吹く三室の山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり」もあるが、これは百人一首にもあるから知ってるね。

 北海道のチームが優勝するとどうなるの?
 この場合は、本州と北海道の間に海峡があるだろう。そう、津軽海峡
 あの「津軽海峡冬景色」の津軽だよ。って、また石川さゆりか。
 というわけで「優勝旗が津軽海峡を渡る」だが、これは駒大苫小牧が果たしている。

 海峡ついでに九州のチームが優勝すると「関門海峡を渡る」だ。
 「関門」の「関」は馬関(現在の下関)、「門」は北九州の門司。読めるかな「門司(もじ)」。

 四国や沖縄の場合はどうか。
 四国は特に聞いたことがない。渡り方がいっぱいあるから一つに決められない。沖縄の場合は、「南の海を渡る」という表現を見かけたことがあるが、決まり文句というほどではない。

 最後に関東だが、これは「箱根の山を越える」だね。
 江戸時代に関所があった。現在は復元され観光名所の一つになっている。
 昔は関西勢が圧倒的に強かったので、悲願の箱根越えだったが、近年は関東勢も強く、去年の花咲徳栄も含め、何度も越えているので、いちいち言わなくなった。

 と、こんなことを考えながら決勝戦を見ていた。
 
20180821甲子園優勝旗
 花咲徳栄が1年間大事に保管していた先代の優勝旗

花咲散ったが、浦和学院で埼玉県勢2連覇だ

 花咲徳栄史上7校目の連覇ならず。

 って、簡単に言ってますが、平成以降の夏連覇はヤンキース・田中将大投手がいた時代の駒大苫小牧が唯一の例なんですよ。その前はと言うと1947~1948年の小倉中(高)まで遡る。私も生まれてないよ。
 桑田・清原のいたPL学園でも夏連覇はしてない。

 平成に入ってからの夏複数回優勝校は5校。
 大阪桐蔭4回
 駒大苫小牧2回
 日大三2回
 智辯和歌山2回
 帝京2回
 
 大阪桐蔭が図抜けているが、ここ10年のことで、1991年の初出場初優勝から2008年の2回目まで17年かかっている。
 今日、花咲徳栄に勝った横浜も1980年の初優勝から1998年の2回目(松坂大輔の時)まで18年。
 初優勝から2回目までが比較的短い帝京で6年、日大三で10年。

 というわけで、連覇はもちろん2回というのも果てしなく大変なことなのですよ。
 もちろん、そんなことは花咲徳栄・岩井隆監督も先刻ご承知のはず。
 一昨年は高橋昴也(現広島)・岡崎大輔(現オリックス)、昨年は清水達也(現中日)・西川愛也(現西武)と、プロのドラフトにかかるような力のある選手が複数いたが、それに比べると戦力不足は否めない。
 戦前も含む99回の歴史の中で、複数回優勝校は20校。1回だけの優勝は40校。
 花咲徳栄には、連覇と同じくらい難しい2回目を目指してもらおう。

 さあ、残る期待は浦和学院だ。
 同一県による夏連覇は、駒大苫小牧の例を除けば、1974年銚子商業、1975年習志野の千葉県勢2連覇まで遡る。
 海があるからって威張るなよ、千葉県。
 埼玉県勢で夏を連覇してやろうじゃないか。
 

高校野球、地元出身にはこだわらないけど

 高校野球、私立は越境入学をやめろ。
 という意見もあるが、私は別にいいじゃないという立場。
 このことは以前にも書いた・
 ↓ 
 花咲徳栄、熊本県民ゼロの秀岳館に敗れる

 「これだけ交通も通信も発達した時代に、また、グローバルだのなんだのと騒がれている時代に、近所の子を集めてやるべきだなどというのは、ずれているんじゃないかと思う。全国どこにでも行けばいいし、どこからでも来ればいい」
 と、書いた。

 そもそも高校なのに越境というのが変でしょう。どっかに境界線ありました?
 まあ理屈を言えば、私立を認可しそこに補助金を投じているのは都道府県であるとか、単身で他県にやって来た生徒は親がその県に税金払ってないだろうとか、いろいろあるわけだが、それほど大問題かって話だ。

 私は、浦和学院に入って森監督の指導を受けた子は埼玉の子として応援するし、花咲徳栄に入って岩井監督の指導を受けた子も埼玉の子として応援するよ。
 地元の子がいないと応援するに気にならないという人がいても、それはその人の考えだから仕方ない。
 でも、先生目線で言えば、クラスの中に何らかの理由で他県出身者がいたとしても、クラスの子は全員自分の子だからね。どこの中学校から来ようが、どこの国から来ようが、関係ないよ。みんな教え子。
 そういう考えなので、選手の出身地に関わらず地元校を気持ちよく応援しようと思う。

 ちなみに、浦和学院・森士監督は、さいたま市立大谷場(おおやば)中学校から上尾高校、花咲徳栄・岩井隆監督は、川口市立幸並(さちなみ)中学校出身だから、地元にこだわる人はそこんとこ応援してもらおうか。

高校野球、やっぱり部員の多いチームは強かった

 途中いくつかの番狂わせがあったが、終わってみれば2強の優勝。
 南埼玉大会優勝:浦和学院(5年ぶり13回目)
 北埼玉大会優勝:花咲徳栄(4年連続6回目)

 今大会、「部員が多いチームが強いだろう」と想定し、勝敗を予想?してきた。
 ●部員が多いチームが勝った確率のまとめ(部員数不明の学校の試合は除外)
 2回戦まで 87/94=92.6%
 3回戦   23/30=76.7%
 4回戦   11/14=78.6%
 準々決勝  8/8=100%
 準決勝   3/4=75.0%
 決勝    2/2=100%
 トータル  134/152=88.2%
 
 準々決勝以降では、南大会で川口(73人)が川越東(98人)に勝ったのが唯一の例外で、他はすべて部員数の多いチームの勝ち。
 その他、部員数の差を跳ね返した例は、次の4試合。
 〇昌平(89人)―×春日部共栄(122人)
 〇川口市立(52人)―×埼玉栄(89人)
 〇ふじみ野(58人)―×星野(102人)
 〇川口(73人)―×大宮東(111人)
 こうして見ると、今大会は私立では昌平、公立では川口、ふじみ野、川口市立の健闘が光る。特に川口はよくやった。

 たった一大会で結論を出すのは早計だが、野球素人の私が「部員数が多いチームが強いだろう」というだけで勝敗予想し、9割近い確率で当たったところを見ると、この考え方まんざらでもない。
 ただし、じゃあ部員数増やせば勝てるようになるかと言えば、そうはならない。
 今回勝ち残ってきたチームには、名監督がいる。練習環境が整っている。学校・後援会・OBなどから物心両面の強力な支援が得られる。部員数が多いというのは、これらの結果に過ぎない。
 
 しかし、こうなると他の競技も調べてみたくなるね。サッカーあたりも当てはまるんじゃないかな。文化部では吹奏楽なども。機会があれば調べてみよう。

高校野球埼玉県予選、準々決勝を予想する

 高校野球埼玉県予選。
 一生懸命戦っている関係者の皆さんには申し訳ないが、個々の選手の力量も、監督の采配も一切無視して、兵力の差(部員数の差)だけで勝敗を予想している。

 16日(月)の予想と実際の結果。
 左側が勝ち予想。数字は部員数。青字が実際の勝ちチーム。

 ●北大会
 花咲徳栄163―95春日部東
 正智深谷75―34越谷南
 滑川総合76―57東京農大三
 白岡66―59春日部
 本庄東73―52本庄第一
 昌平89―59独協埼玉
 上尾91―47越ヶ谷
 早大本庄53―49草加西
 ●南大会
 浦和学院96―50朝霞西
 朝霞49―47市立浦和
 聖望学園76―61狭山ヶ丘
 埼玉栄89―52川口市立
 星野102―58ふじみ野
 大宮東111―73川口
 山村学園98―98川越東 (同数)
 西武台?―79市立川越

 南大会「山村学園対川越東」は同数、「西武台対市立川越」は西武台の人数が不明なので、この2試合を除く14試合で部員数が少ない方が勝ったのは、川口市立、川口、ふじみ野の3例で、残り11試合は部員の多いチームの勝ちで勝率は11/14=78.6%

 以下は18日に予定されている準々決勝の予想。
 ●北大会
 花咲徳栄163―75正智深谷
 滑川総合76―66白岡
 昌平89―73本庄東
 上尾91―53早大本庄
 ●南大会
 浦和学院96―49朝霞
 聖望学園76―52川口市立
 川口73―58ふじみ野
 川越東98―79市立川越
 
 ここまで来ると兵力の差(部員数の差)だけでは決まらないような気がしてきたが、やり始めたことなので最後まで続けてみよう。
 ※7月18日加筆:結果が判明したので、勝ちチームを青字に変更しました。8試合すべて、部員数の多いチームの勝ちでした。勝率100%。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード