通知表「3」ならまずまず、とも言っていられない

 3月24日、東京都教育庁が「都内公立中学校第3学年(平成27年12月31日現在)の評定状況の調査結果について」という資料を発表した。

 分かりやすく言うと、通知票の「5,4,3,2,1」が、どのくらいの割合でつけられていたかという調査だ。
 昔は、「5,4,3,2,1」をそれぞれ何パーセントずつつけるかは決まっていたが(相対評価という)、平成14年度から、目標に準じた評価(絶対評価という)が導入されたので、各学校が、どんな割合でつけているかを調べる意味が出てきたというわけだ。

 東京都は毎年調査し、結果を公表している。
 調査対象は、都内公立中学校、627校である。
 
 まず9教科全体集計を見てみよう。
◆「5,4,3,2,1」の割合
 5 12.0%
 4 25.3%
 3 47.6%
 2 12.1%
 1  3.0%

 これだと、少し分かりづらいので、40人学級を想定して、人数で表わしてみよう。
◆40人学級の場合の「5,4,3,2,1」の人数
 5  5人
 4 10人
 3 19人
 2  5人
 1  1人
 「3」以上の評定をとった人が、5+10+19=34人いたという計算である。
 大ざっぱに言えば、ほとんどの生徒が、「3」以上をとっていたということ。

この結果を見ると、「『3』は普通だし、まあまあかな」とも言っていられない。40人学級で下から7番目でも「3」がつくということだからだ。

 次に教科別に見てみよう。
◆「5」の割合が高い順 
 英語 14.7%
 社会 13.4%
 数学 13.1%
 理科 12.7%
 音楽 12.2%
 国語 11.5%
 美術 11.0%
 技家 10.3%
 保体  9.1%
 実技系の教科のほうが、「5」をとりにくいようである。

◆「5」+「4」の割合が高い順
 音楽 39.0%
 美術 38.4%
 技家 37.7%
 国語 37.2%
 保体 37.1%
 英語 37.1%
 社会 36.8%
 理科 36.3%
 数学 36.2%
 「4」以上ということになると、実技系の教科のほうが、とりやすいようである。

◆「1」+「2」の割合が高い順
 英語 20.3%
 数学 19.5%
 社会 18.6%
 理科 17.0%
 国語 15.2%
 音楽 12.1%
 技家 11.8%
 美術 11.4%
 保体  9.9%
 実技系教科は「5」や「4」をとりやすく、「1」や「2」がつきにくいが、数学と英語、特に数学は、「5」や「4」がとりにくく、「1」や「2」がつきやすいようだ。

 というように、だいたい誰もが予想しそうな結果が出ている。
 音楽・美術・保体・技家は、「5」はとりにくいとしても、「4」以上はとりやすそうなので、入試の調査書点(いわゆる内申点)を考えたとき、できるだけ評定を上げたいおきたい教科ということになるだろう。それが可能な教科である。

 以上、簡単なレポートだが、詳細を知りたい方は、東京都教育委員会のホームページで確認していただきたい。
 東京都教育委員会の該当ページ

 埼玉県教育委員会にも、この調査をお願いしたい。


どうしたら公立不合格者を減らせるか

 どの学校が何人の不合格者を出してしまったかを調べてみた。
 〇印は市立高校である。
 普通科を中心に調べているが、理数科・外国語科のある学校は、その人数も加えた。

 大宮の256人を筆頭に、200人超の学校が7校、150人超の学校が6校、100人超の学校が14校あった。

◆埼玉県公立入試・不合格者数調査
1 大宮(+理数) 256人 
2 浦和西 227人 
3 ○市立浦和 223人 
4 伊奈学園総合 219人 
5 蕨(+外国語) 213人 
6 和光国際(+外国語) 209人 
7 川越女子 200人 
8 川越南 194人 
9 川越 175人 
9 所沢北(+理数) 175人 
11 南稜(+外国語) 163人 
12 川口北 161人 
13 越谷南(+外国語) 156人 
14 越ヶ谷 148人 
15 浦和第一女子 146人 
16 ○大宮北(+理数) 143人 
17 春日部 138人 
18 ○大宮西 134人 
19 越谷北(+理数) 130人 
20 ○浦和南 122人 
20 不動岡(+理数) 122人 
22 浦和 117人 
23 朝霞西 115人 
24 与野 107人 
25 川口 106人 
26 松山(+理数) 106人 
27 熊谷女子 101人 

 以下、所沢93人 草加東92人、大宮南90人、本庄88人、所沢西87人、春日部東85人、越谷西83人、熊谷80人、草加78人、草加南(+外国語)78人、上尾71人(商業含まず)、熊谷西70人(+理数)などとなっている。

 普通科、専門学科、総合学科を合わせると、(実受験者46,905人-入学許可候補者数39,346人)で、7,559人が不合格となっている。
 このうち、不合格者数上位10校で、合計2,091人の不合格者が出ており、これは不合格者数全体の27.7%を占める。また、不合格者数上位21校でみると、合計3,654人の不合格者が出ており、不合格者全体の48.3%を占める。
 したがって、募集を行った全日制は142校あるが、そのうちの21校(14.8%に当たる)で全体の半数近い不合格者を出しているということである。

 つまり、不合格者は一部の高校に集中しているということだが、仮にこれが是正され、不合格者が分散したとしても、公立の総定員が決まっている以上、トータルの不合格者数は減らせないということになる。

 公立は、再編計画により何年もかけて、学校数、学級数を減らしてきたのであるから、総定員を増やすという選択肢はなく、このままで行けば、これからも毎年これくらいの人数の不合格者を生み出してしまう。

 では、どうすれば不合格者を減らせるか。
 私立第一希望の生徒が増えることである。現行のシステムで言えば、私立単願者が増えること。
 落ちたから私立ではなく、最初から私立という子が増えれば、公立受験者が減り、その分、不合格者も減る。
 同じ私立に行くなら、「不合格を体験せずに」行ったほうがいいだろう。

 私立の先生方も、公立の倍率が高ければ高いほど、併願での戻りが多くなるなどと言っていないで、本当の意味での第一希望を増やすことを目指していただきたい。

人間として負けになってはいかん

 今朝は予定通り、川口北の合格発表を見に行ってきた。
 
 358人募集のところ、528人が受け、合格者367人。
 予定より9人多く合格者を出したが、それでも161人が不合格という、なかなか厳しい入試であった。

 発表は感動的ではあるが、残酷でもある。
 掲示を見た後、書類をもらうために事務室前に並ぶのが合格者、並ばずに何ももらわず帰るのが不合格者。誰の目にも結果は明らかだ。

 インターネットで結果を見て、合格者だけ書類を取りに来るとか、書類は一括して中学校に送るとか、そういう方法は取れないものか。
 
 そんなわけで、今日一日は、とても晴れ晴れとした気分にはなれない。

 合格者はいいよな。
 家族や親せきや友達にメールしたり電話したり。中学校や塾に行って胸をはって報告して、「よくやった」と言われる。
 最高の一日だ。
 こういうのを成功体験と言うのだが、これは長い人生において、必要なものの一つであるから、大事にしなければいかん。
 努力の先にあるものを、身をもって知ったことは、これからの生活にどれだけ役立つか計り知れない。

 ただ一つ。
 「自分だけの力と思うなよ」

 不合格者にはつらい一日だな。
 でも、合格した友達には、「良かった、おめでとう」と言えたんだろう。応援してくれた先生や家族にも「ありがとう」が言えたんだろう。
 だったら、キミたちは敗者ではない。

 人間性という言葉があるだろう。
 そういうの考えたことないかもしれないが、行動や言動や態度ふるまいが、人間としてどうなの? ということだ。

 結果自体は人間性とは何の関係もないんだよ。でも、結果の受け止め方には人間性が現われる。
 少し時間はかかるとしても、今日の結果を真正面から受け止めることができたら、人間性という意味では負けてないってことだ。わかるかな?

落ちた悔しさは、そのまま冷凍保存

 明日は埼玉県公立入試の合格発表。

 募集人員約4万人のところに約4万7千人が志願しているから、7千人ぐらいが不合格となる計算だ。
 欠員募集もあるが、公立不合格者の多くは、併願で受けておいた私立に進学することになるだろうから、私立の先生方、あとはよろしく頼む。

 明日、残念ながら不合格になるかもしれない7000人の受験生に前もって言っておこう。
 思いっきり悔しがって、いいんだぞ。
 何なら泣きわめいてもいい。ただし、人前はまずい。小学生じゃないんだから。それと、人に当たり散らすのはやめてくれ。15歳としてはみっともない。

 私は慰めないぞ。気休めは言わんぞ。
 「よく頑張ったんだから、いいじゃないか」。
 それは、親や身内や、友達が言う言葉だ。そして、有難い言葉だ。

 だが、死ぬまで「先生体質」の私は、そうは言わない。
 失敗したり、思い通りの結果が得られなかったりしたときに、全然悔しくないなんて人間は、ろくな大人にならんと思うからだ。

 合格と不合格では、気分の上では天国と地獄ぐらいの差があるだろうが、実は学力の差は1問か2問の差ぐらいしかなく、もう1回やったら、半分ぐらいの受験生は、天国から地獄へ、地獄から天国へと入れ替わってしまうかもしれない。

 入試とは、その程度の話でしかないのだが、そう思うからこそ余計に悔しい。
 だったら、その気持ちを鎮めようとせず、他の何かと置き換えようとせず、そのままの状態でとっておいたほうがいい。

 悔しさはエネルギーである。
 落ちた人は、悔しさエネルギーを、その質量のまんま、家の冷凍庫にでも保存しておいてもらおう。
 すぐではないが、いつか必ず使う日がやって来る。

続きを読む »

学力中心、記述中心の群馬県公立入試について調べてみた

 今日、3月9日は、埼玉では明日の合格発表(正式には「入学許可候補者」の発表)を前に、選抜会議が行なわれる。

 また、群馬では後期選抜・学力検査の第2日目だ。
 そこで今回は、ちょっと群馬の話をしてみようと思うのだが、関東ではもっとも遅い日程となる群馬県公立の学力検査は、2日間かけて行われる。昨日が国数社、今日が英理。
 2日間も緊張を強いられる群馬の受験生は大変だ。

 トップ校の前橋あたりになると、学力検査と調査書の割合が9対1という完全な学力検査中心の選抜。
 問題は全県共通で、基本は5教科各100点だが、学校により傾斜配点を採ることもできる。前橋だと国数英は150点。

 他県と少し変わっているのは、試験時間も45分から60分の間であれば、学校ごとに決められることだ。同じ問題を難易度の高い学校が60分で行ない、低めの学校が45分で行なったりしている点が興味深い。

 各教科内の、問題ごとの配点は県が定めているが、これも学校の判断で増減することができる。その実態はよく分からないが、難しい問題の配点を少し高めにする学校があってもいいし、逆に易しい問題の配点をやや高めにする学校があってもいいということだろう。ここも面白い。

 解答形式も徹底した記述・論述型だ。 
 ちょっと見にくいが、下図は、昨年の群馬県社会の解答だ。
 記号選択問題を赤で囲ってみたが、大問ごとに2題までという作りになっている。
 答える受験生も、採点する先生も大変そうだ。

 群馬県社会問題04

 まあ、こんな調子であるから、群馬の受験生が東京や神奈川の問題を見たら、「楽でいいな」と思うかもしれない。
 私は、記述・論述対策には群馬の問題がいいと以前から言っているのだが、来年の受験生諸君、あるいは塾の先生方、ぜひ参考にしていただきたい。