FC2ブログ

時節柄サッカーネタだけど、こっちは高校サッカーだ

 20180703浦和南サッカー人工芝
 浦和南高校、人工芝のグランド 

 世の中はサッカーワールドカップの話題で盛り上がっているが、当ブログは、同じサッカーでも、埼玉県の高校サッカーに目を向けてみよう。
 
 20180703サッカーインターハイ代表
  〇印は公立
 20180703サッカー選手権代表

 夏休みに行われる全国高校総体(インターハイ)には、毎年埼玉県から2校が出場する。通常1県1代表だが、埼玉は登録チーム数が多いので2代表となる。バレー、バスケなども同様。

 今シーズン。冬の新人戦、春の関東大会予選は、共に東京成徳大深谷が優勝した。関係者に聞くと、堅い守備を誇るチームだという。このままインターハイも、と思われたが、大会2連覇中の昌平が、ここにきっちり照準を合わせてきたのだろう、3年連続優勝でインターハイ出場を決めた。
 最近5年間を見ると、インターハイに3回、選手権に2回出ており、ここ2年連続でJリーガー(計3人)も誕生しているので、埼玉の高校サッカーは「昌平の時代」と言ってよさそうだ。

 昌平を追うのは、ここ10年でインターハイ4回、選手権2回の西武台、インターハイ2回、選手権3回の正智深谷、インターハイ3回の武南か。

 サッカーでは公立もよく頑張っている。
 今年(2018)は浦和南、昨年は浦和西と、2年連続で公立勢(浦和勢と言ったほうがいいか)がインターハイ出場を果たしている。
 ここ10年で見ると、インターハイ3回、選手権1回の浦和東、インターハイ2回の浦和南、選手権1回の市立浦和、インターハイ1回の浦和西が公立の4強だ。

 以前も書いたと思うが、サッカー協会会長の田島幸三氏は浦和南、NHK解説出ていた水沼貴史氏も浦和南、代表監督の西野朗氏が浦和西、話題の多かった代表ゴールキーパーの川島永嗣選手が浦和東と、浦和勢の活躍が目立つ。

 ベスト4やベスト8に目を転じると、時々オヤッという学校が顔を出しているのだが、頂点に昇りつめるのは、なかなか難しいようだ。
 私も教員時代、部活の指導をしていたが、ベスト4、ベスト8のところに大きな壁があると感じた。ただ、ここまでだったら日々の努力に、ちょっとした運が加われば何とかなる。だが、その先となると、さらに果てしなく大きな壁が立ちふさがる。

 ベスト16に入ったサッカー日本代表。よく戦ってくれたけど、本当に大変なのはこの先だよ。
 

にわかファンは大事だよ、サッカーワールドカップ

 テレビも新聞もワールドカップだらけだ。
 今年の暮れには、「そういえば今年あったよね」となっていそうだが、それでもいいや。4年に一度のお祭りだ。

 スポーツには「見る競技」と「する競技」がある。
 で、これを次の4つに分類してみる。
 1「見る」〇 「する」〇
 2「見る」〇 「する」×
 3「見る」× 「する」〇
 4「見る」× 「する」×

 プロスポーツとして成立するためには、1と2、特に2が重要だ。自分ではやらないが見るのは好き、または嫌いじゃない人をどれだけ増やせるか。
 1の人たちからすれば、「あいつらルールも知らないくせして」となるが、それでいい。大相撲なんて、ほぼやったことのない人に支えられている。

 私はよく登山やハイキングをするが、これは3だ。自分でやる人は増えてきたが、他人が登るのを見たって全然面白くない。マラソンやジョギングも見て楽しむというより、やって楽しむ人が多く、これも3だ。

 というわけだから、自分じゃやったことないくせに、またはできもしないくせに蘊蓄(うんちく)を語ったり、戦術や個々のプレーを論評したりする人が大勢いるサッカーは、大変うらやましい競技なのである。

 「にわか」という言葉あるでしょ、「にわか雨」の「にわか」。
 渋谷あたりで大騒ぎしている連中を見ていると、バカだなあと思うが、プロスポーツはこういう「にわかファン」がいるから成り立っている。これを受け入れないと衰退する。

 日本代表が敗退するまで狂騒が続くと思うが、飲んだり食ったりグッズを買ったりで、みんながお金を使ってくれれば経済効果も高まるってもんだ。
 6月は休日もないし、天気も良くないし、ボーナス手前で金もないしと、冴えない月だから、結構なことじゃないか。

サッカーは日本人向きじゃないから、勝つのは至難

 そういえば、サッカー・ワールドカップ始まってたのね。
 
 中学1年生のとき東京五輪(前回のやつ)があった。高校生に入ったら先生が「世界にはオリンピックよりすごい大会がある」とワールドカップの話をしてくれたが、「ふ~ん、そうなんだ」とさほど興味を持てなかった(自分はバレーボールだったからか)。

 大人になって、なるほど、こいつはすごい大会なんだと分かった。そのすごい大会に日本が出場するんだから、大したもんだ。

 でも、この競技は日本人向きじゃない。

 日本が勝てそうな球技。
 1 対人接触がない。
 2 道具を使う
 3 コートが狭い
 4 球が小さい(軽い)
 5 個人

 対人接触がある球技は体格に劣る日本人に不利だ。球が小さくて、コートが狭いと、体格の不利を補える。道具を使うのは手先の器用な日本人に向いている。道具の技術開発は得意だ。
 上記の条件に当てはまるのは、バドミントン・卓球・テニス。対人競技ではないがゴルフもだいたい当てはまる。ただしコースが長いのが難点。

 日本が勝てそうもない球技。
 これは、勝てそうな球技の反対の要素をもつもの。
 サッカー・ラグビー・バスケット・ハンドボール・バレーボール

 この中でバレーボールは対人接触がない。ただし高いネットがある。バスケットは球が重く、ゴールが高い所にある。体重別ならぬ身長別が導入されれば勝ち目はある。
 半分格闘技みたいなラグビーやアメフトは苦しい。サッカーはそこまでじゃないが、ぶつかるのありだからやはり苦しい。コートが狭くて、球が小さくて軽いフットサルなら何とかなるかもしれない。

 現行ルールの中で勝機を見出すとしたら、球よりも早く走るとか、90分間動きを止めないとか、走力にかけることかな。


 関連記事:2016年3月5日付
 子供が大人に勝てる卓球。ここにヒントがありそう

ハリル解任は負けが前提になってるんじゃないの

 日本サッカー協会の田島幸三氏は浦和南高校出身だ。ハリルホジッチ監督の後任、西野朗氏は浦和西高校出身だ。ついでに言えば、Jリーグチェアマンの村井満氏は浦和高校の出身だ。

 そんなわけだから生粋浦和人である私は、日本サッカー協会にあまり文句は言いたくないのだが、この度の解任劇は、協会幹部の自己保身に映るのである。

 6月のワールドカップ本大会を前に、どうもハリルジャパンがパッとしない。このままでは予選リーグ突破も危うい。
 何か手を打たなければ。
 負けたときのために。

 そう。今回の決定は負けが前提なのだ。少なくとも私の理解ではそういうことだ。
 惨敗すれば、監督や選手が責められるのは当然だが、協会にも監督を選んだ責任があるし、なかなか結果を出せない監督をいつまでも引っ張った責任がある。
 そこで、遅きに失した感はあるが、とりあえず打つ手は打った。そういう事実を作っておけば、「いかんせん準備期間が足りなかった」と言い訳もできそうだ。

 西野朗氏は優れた指導者ではあると思うが、代表監督は初めてで、もちろんワールドカップでの采配経験もない。
 そもそも、オフト監督に始まって、ファルカン監督、トルシエ監督、ジーコ監督と来て、その後「やっぱり、ワールドカップを経験した人じゃないとだめだよね」という話になって、オシム監督、ザッケローニ監督、アギーレ監督、ハリルホジッチ監督と、代表監督経験者を選んできたわけだろう。

 一体、そういう流れから、なんで西野朗監督という選択が出てくるのか不思議だ。
 思いつきのイチかバチかの作戦だが、どうせイチかバチかならハリルホジッチ監督のままでいいだろう。

 解任理由に、「コミュニケーション不足と、信頼関係が薄らいだ」とあったが、中高生の部活じゃあるまいし、何を甘っちょろいこと言ってるんだ。監督も選手もどっちもプロのくせして。
 私はこの言葉を聞いた瞬間、ワールドカップなんて、もうどうでもよくなったね。

 選手たちがよく自分たちのサッカーがどうとか言うけど、海外のトップリーグのトップチームでレギュラー張ってから言えよ。だったら聞いてやる。

 それにしてもハリルホジッチ監督はお気の毒だったな。自己保身に走る協会幹部と、口だけ一人前の選手たちに囲まれて、結果だけを求められたんだから。

 以上、セルジオ越後先生に倣って、辛口批評してみた。

今年も昌平からJリーガー。入団記者会見に行ってきた

 昌平高校に行ってきた。
 J1大宮アルディージャへの入団が決まった同校サッカー部・佐相壱明(さそう・かずあき)君の入団発表会見。
 昨年の2人に続き同校3人目のJリーガー誕生という嬉しいニュース。

 読売・朝日・毎日・埼玉など新聞社、NHKなどテレビが出席していた。

 記者会見にもいろいろなパターンがある。が、その解説は別の機会ということにして、今日の記者発表は学校側が主催したものだ。
 学校側が各マスコミに声をかけ、関心を持ったマスコミが取材に来たということだ。記事にする意志がないマスコミは来ないので、今日来た新聞・テレビはいずれ何らかの形で、記事やニュースにするだろう。
 新聞・テレビは、悪事を働けば頼まなくても取材し記事にするが、そうでない場合はめったに取材に来ない。そういう意味では積極的な広報活動を行った「昌平高校GJ!(Good Job)」といったところである。

 それはそうと、佐相君もプロに行くかどうか迷っただろうね。英検2級というから勉強でも頑張れる子で、大学という選択肢もあった。安全策をとるなら大学進学だろう。
 昌平のスローガンは「手をかけ、鍛えて、送り出す」というものだが、その送り出す先がプロチームなのか大学なのか、先生たちも悩んだだろう。
 だが佐相君は夢を追った。先生たちもその決断を讃え応援した。こうじゃなきゃいけない。

 会見の席上、藤島崇之・サッカー部監督が、「かれにはまだ課題も多いが、それは『伸びしろ』があるということでもある」と述べていた。いい言葉だね。
 そうなんだよ。若者は完成品じゃないから課題だらけなんだよ。だからそれを、あれがだめ、ここがだめと言わず、将来伸びる部分として見てやる。先生というのはそうじゃなきゃいけないんだ。
 私はこの言葉を聞いただけで、今日ここに来た意味があったなと満足した。

 ところで、大宮アルディージャは現在18チーム中16位で、J2降格の危機にある。何とかJ1に残ってもらわないと。

 佐相君会見01
 佐相君会見02
 佐相君会見03




プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード