FC2ブログ

埼玉県外及び県内他市への中学入学時流出が多い市はどこだ

 中学入学時における市外流出率調査。
 本日は、主に塾の先生や私立の先生向け。

 公立小学校を卒業したら、そのまま学区内の公立中学校に進むのが、昔ながらの考え方。その場合、ある年度の中学1年生の生徒数は、その前年の小学校6年生の児童数にほぼ等しい(親の転勤、住宅購入その他で転入・転出があるので「ほぼ」である)。

 しかし、近年はここに私立中学校(中高一貫校)入学という要素が加わる。
 そこで、埼玉県内市町村ごとにこんな計算をしてみる。

 「ある年度の中学1年生徒数-その前年の小学6年児童数」 

 これがマイナスであれば、他市や県外の私立中学校に進んだのではないかと推測できる。さいたま市のように私立がたくさんある場合は、(市内→市内)も考えられるが、今回はそこまで細かくはやらない。

 現時点で分かる最新データは、28年度と29年度の学校基本調査である。この調査は毎年5月1日現在で行われるので、30年度の結果はまだまとまっていない。

 市内児童・生徒数が500人を超えるレベルという条件の場合、以下の10市が市外流出率(推定)上位にくる。
 20180521中学入学時流出率

 鉄道沿線で分類しておこう。
 東武東上線:和光市・朝霞市・志木市・富士見市
 西武池袋線(同新宿線):所沢市
 東武スカイツリーライン線:草加市 
 京浜東北線(埼玉高速鉄道):川口市
 埼京線(京浜東北線):戸田市
 武蔵野線:三郷市
 つくばエクスプレス(東武スカイツリー線):八潮市
 
 以上10市の共通点は、市内に私立中学校(一貫校)がないことである。つまり、流入の条件がないので「増減」の数字は「純減」と考えていい。
 もちろん、都内への交通の便は良い。
 和光市からは川越より池袋が便利だ。朝霞市・志木市・富士見市は、川越や都内(池袋など)のほか、武蔵野線利用でさいたま市へも便利だ。和光市・朝霞市などに隣接する新座市からの流出も多いと考えられるが、ここには立教新座による200人以上の流入があるので、統計上はプラス(流入大)となる。

 実人数では、県下第二の都市(60万都市)・川口市からの流出が約5000人と群を抜いている。川口から大宮まで京浜東北線で約20分だが、逆方向(都内)に向かえば上野や、赤羽乗り換えで池袋まで行ける。京浜東北線で一駅乗れば東京都という交通の便の良さが影響していると考えられる。※重要な訂正;川口市からの流出は約400人。入力ミスです。失礼しました。(5月22日)
 
 上位10市には、公立の名だたる進学校がない。例外は所沢北、川口北、また川口市隣接の蕨ぐらいだろう。近くに公立進学校が少ないことも、他市や県外に目を向きやすくしている原因だと考えられる。

 さいたま市や川越市は、統計上はプラス(流入大)である。さいたま市には私立中が8校、川越市には4校あるためだが、さいたま市は8校1362人の入学者があるのに対し425人増、川越市は4校392人の入学者があるのに対し192人増にそれぞれとどまっている。他市や県外への流出も多いと考えられる。

 本日はここまで。

中高一貫校の情報を公立小学校の児童・保護者・先生へ

 連休中はやはりブログ訪問者がいつもより少ない。
 
 今日は主に私立の先生向けなので、それ以外の方には意味がよく分からないかもしれない。

 今年度から、埼玉県内で新たな進学フェアが始まる。
 埼玉県私立中高協会が主催し、読売新聞東京本社さいたま支局などが後援する「私立中学校フェア埼玉2018」である。
 熊谷(5/27)、川越(6/3)、大宮(6/10)の3会場で行われる。


 2016年9月、私は埼玉新聞社の役員を伴い、埼玉県私立中高協会の小川義男会長にお会いするために狭山ヶ丘高校を訪問した。
 新たなフェアについて提案するためである。

1 従来とは異なるコンセプト、枠組みによるフェアを開催したい
2 地元紙である埼玉新聞社主催(又は後援)で行いたい
3 さしあたり県内私立のみのフェアとしたい。ただし、公立一貫も含めオール埼玉の枠組みで行いたい。
4 新たな市場開拓を最大の目的とし、そのために公立小学校に向けての広報活動を展開したい。
5 以上を、中高協会との連携により実施したい。

 私が特にこだわったのは、新たな市場開拓と、そのための公立小学校に向けての広報活動である。
 県内に30の私立中学校があるが、18年度の場合、総募集人員3,578人に対し、入学予定者は3,089人であり、全体としては定員割れである。この3年間、定員を充足した学校は、16年度7校、17年度7校、18年度11校であり、大半の学校は募集に苦戦している。中には入学者が10人を下回る学校もある。

 この現状を打開するために何ができるか。

 さしあたり考えられるのは進学フェア(合同説明会)の開催だ。フェアの立ち上げは「彩の国進学フェア」で経験済みだ。
 しかし、ただでさえ飽和気味のフェアを、ここでまた一つ増やしても先生方の負担が増すだけだ。それに、集まるお客も、すでに通塾しており、中学受験を決めている人ばかりだ。

 そうではなく、まだ中高一貫教育の良さに気づいていない人たちに、こちらを向いてもらいたい。
 そのために、一番手っ取り早いのが、まだ塾にも行っていない公立小学校の児童・保護者に興味関心を持ってもらうことだ。
 募集に困っていない私立にとってはどうでもいいことだが、新規市場の開拓というプランは多くの私立中学校から賛同してもらえるのではないか。

 と思ったのだが、小川会長曰く「新聞は朝日か読売だ」。
 そこか。
 埼玉新聞に何ができる。さすがに同社役員を前にそこまでは言われなかったが、そう言われたも同然だ。
 と、こんな経緯があって、進学フェアについては諦めた。
 あとは読売新聞にがんばってもらおう。私は別に読売新聞と敵対しているわけではない。何度も言うように、スーパーアリーナの「進学フェア」も、中学校配布の「よみうり進学フェア」も、元はと言えば、私が同社に持ち掛けたものだ。今も毎月原稿を書いている。

 ただ、県内の公立小学校に「手を突っ込もう」(表現汚なくて申し訳ない)というプランは、埼玉新聞と組んだほうがいい。地域との密着度が違う。

 「中高一貫校(公立も含む)の情報を、公立小学校の児童・保護者・先生へ」
 これが私のもっとも大きなテーマだ。 
 私立の先生方から、意味がない、余計なことするな、と言われれば考え直すが、そうでなければ、これからいろんな仕掛けをして行こうと思う。

 

埼玉私立中学校入試の結果まとめ

 ここ数日、学校の先生向けの説教が続いたので、今日は塾の先生向けにデータを提供してこう。
 私立中学校入試についてである。
(なので、関係者以外はスルーということで)
 
 現在、埼玉県には私立中学校が30校ある(来年、31校目の細田学園が開校)。
 総募集人員3,578人に対し、入学予定者は3,089人であるから、全体として500人ほど不足しているという状態だ。
 都内や県外への流出を減らすと共に、新たな需要を掘り起こすことに成功すれば、この500人のギャップは埋められるだろう。

●募集人員を満たした学校 ※数字は定員充足率(=入学予定者/募集人員)
浦和明の星女子 110%
大宮開成 120.8%
開智 146.3%
埼玉栄 124.2%
栄東 122.5%
自由の森学園 101.3%
淑徳与野 119.0%
昌平 116.3%
独協埼玉 110%
星野学園 106.9%
立教新座 106.5%
以上11校(50音順)。
 大宮開成、自由の森学園、独協埼玉、星野学園が新たに加わった。それ以外の7校は昨年と同じ顔触れである。
 募集人員県内最多は開智・栄東の240人、最少は東京成徳大深谷・東京農大三付属の70人であるが、定員充足率100%を超えている学校は、浦和明の星女子(160人)、大宮開成(120人)、埼玉栄(120人)、淑徳与野(105人)、独協埼玉(160人)、星野学園(160人)、立教新座(200人)と、ほとんどが3桁(100人以上)を募集している学校で、2桁募集は昌平(80人)、自由の森学園(78人)の2校である。

●募集人員の50%以上を満たした学校
開智未来 95.8%
本庄東付属 93.3%
浦和ルーテル学院 89.3%
大妻嵐山 86.3%
春日部共栄 70.0%
城北埼玉 69.4%
東京農大三付属 61.4%
聖望学園 58.8%
浦和実業学園 57.5%
城西川越 56.8%
秀明 56.3%
本庄第一 56.3%
狭山ヶ丘付属 55.0%
西武学園文理 50.0%
西武台新座 50.0%
以上15校(定員充足率順)
 3桁募集は、開智未来(120人)、本庄東付属(120人)、春日部共栄(160人)、城北埼玉(160人)、浦和実業学園(120人)、西武学園文理(210人)の6校である。経営上の問題を別とすれば、浦和実業学園を除く5校の実入学者数は100人を超えており、教育活動上の問題はほとんどないと思われる。

 念のため、上記15校を実入学者数順に並べ替えると次のようになる。
開智未来 115人
春日部共栄 112人
本庄東付属 112人
城北埼玉 111人
西武学園文理 105人
浦和実業学園 69人
大妻嵐山 69人
浦和ルーテル学院 67人
城西川越 54人
聖望学園 47人
秀明 45人
本庄第一 45人
狭山ヶ丘付属 44人
東京農大三付属 43人
西武台新座 40人

●募集人員の50%を満たせなかった学校
東京成徳大深谷 20.0%(70人募集で14人)
埼玉平成12.0%(75人募集で9人)
国際学院 11.3%(80人募集で9人)
武南 8.8%(80人募集で7人)
 各校とも、高校募集においては定員を上回る入学者を確保できているので、学園全体としての経営上の問題はクリアできるかもしれないが、いくら少人数教育のメリットを謳ったとしても、部活動や学校行事が成立しない可能性があり、一部教科においては少なすぎる弊害も現れるなど教育上の問題が出てきそうだ。来年度以降の奮起を期待したい。

※データは、3月19日現在、埼玉県私立中学高等学校協会資料による。

今日から中学入試、埼玉県内私立

 例年1月10日は埼玉県内私立中学校の入試解禁日である。
 現在、県内には私立中学校が30校あるが、ほとんどの学校がこの日入試を行う。首都圏では一番早い日程で行われるため、県外生が腕試しや、本番の予行演習として受験するケースも多い。

 今朝は早起きして(と言っても午前5時半だけど)、春日部共栄中学校の入試を見てきた。第1回目となる今日は、午前入試と午後入試がある。両方受ける受験生もいるが、午前は他校を受け、午後から春日部共栄、逆に午前は春日部共栄、午後から他校という受験生もいる。連戦は疲れるだろうね。

 午前入試の結果は、今日の19時、午後入試の結果は22時にインターネットで発表される。高校入試に比べ受験者数が少ないとはいえ、すぐに採点して選抜して発表というのは、大した早業だ。

 出願は当日でもオーケーというのも中学入試ならではだ。中学入試は調査書など関係なく、基本、学力検査一発勝負だから、こんなことも可能になる。

 以上、塾の先生や私立の先生にとっては常識中の常識だが、春日部共栄に限らず、県内私立の多くは、このような入試を行っているのである。

 受験機会を増やせば(入試回数を増やせば)、各校とも見た目の受験生は増えるわけだが、同じ受験生が複数校を受け回っているだけなので、肝心な入学者は増えない。
 ここが、埼玉県内私立中学校の大きな課題であり、新たな市場の掘り起こしが急務なのである。


※お知らせ
 本日(平成30年1月10日)、埼玉新聞に「高校入試対策特集」が4ページにわたって掲載されました(9面~12面)。特集部分は別刷りの形で県内全公立中学校3年生に無料配布されます。

 埼玉新聞(平成30年1月10日)01
 埼玉新聞(平成30年1月10日)04

埼玉初の中等教育学校は「大宮国際」に

 さいたま市に中等教育学校ができる(平成31年4月開校)。
 さいたま市には、市立浦和、浦和南、大宮北、大宮西と4校の市立高校があったが、このうち大宮西高校を閉校にして、新たに中等教育学校を作る。

 昨日の埼玉新聞に、名称が「大宮国際中等教育学校」になると出ていた。国際バカロレアの認定校を目指すとも。

 東京には小石川など5つの都立中等教育学校と千代田区立九段、合わせて6校ある。
 埼玉では公私含め初の中等教育学校である。

 中等教育学校の「中等」が分かりにくいが、わが国では、小学校を「初等教育」、中学・高校を「中等教育」、大学を「高等教育」と位置付けている。
 よって、中等教育学校は、中学校と高校を併せた学校ということになる。

 なんだ、中高一貫と変わらないじゃないか。
 そう、ほとんど変わらない。
 
 ただ、中高一貫校の場合、高校入学時に外部からの生徒を新たに受け入れることが多いが、中等教育学校は6年制の学校であり、高校入試というのは無い。私立の中に「完全中高一貫」と呼ばれ、高校入試を行わない学校があるが、それと同じような形だ。

 中等教育学校は、文部科学省が推進している新しいスタイルの学校なので、公立が多い。現在、全国で30数校の国公立中等教育学校があるが、私立はその半分くらいだ。私立の多くは、すでに中高一貫を実施しており、今さら中等教育学校になる積極的な理由がないということだろう。

 新しくできる大宮国際中等教育学校の入試はどうなるかだが、規則で学力検査は実施できないので、「適性検査」という名の事実上の学力検査と、面接その他の組み合わせになるだろう。
 同じさいたま市内の中高一貫校「市立浦和」が「適性検査」を実施しているので、それを踏襲するのが自然な流れだ。
 県立の中高一貫校である伊奈学園中学校は、「適性検査」を行わず「作文」中心の選考なので、私立中受験者の併願先にはならないが、事実上の学力検査を行うということなら、市立浦和がそうであるように、私立中受験者の併願校になる可能性はある。

 以上、埼玉県内初の中等教育学校についての話であった。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード