正智深谷高校と仏教の話

 新聞取材のため正智深谷(しょうちふかや)高校へ。

 学校の駐車場に車を入れようとしたら、向こうから男子生徒の一団がやって来た。近くのグランドで体育の授業があり、その帰りのようだ。われわれは、生徒をやり過ごしてからと車を停めて待とうとした。すると、一人の男子生徒が他の生徒を制した上で、「お先にどうぞ」のサインを送ってきた。その動作が実にカッコいい。というだけでなく、実に手慣れている。たぶん常日頃からそのようにしているのだろう。いい風景だな。

 スポーツの盛んな学校である。
 男子バスケ、男女バレー、女子卓球、サッカー、ラグビーなど全国出場のクラブが目白押し。
 学業の方も、今年は久しぶりに東大合格が出るなど確実に結果を出している。

 この学校が、いわゆる仏教系の学校であることは意外に知られていない。
 校訓は浄土宗開祖・法然上人の教えに基づく「選択(せんちゃく)」「専修(せんじゅ)」。「選択」は正しいものを選びとること。「専修」はひたすらに打ち込むこと。
 全国の仏教系学校の中には、信徒の子弟を教育するためにつくられた学校もあるが、この学校はそこまで宗教色は強くない。あくまでも教育のバックボーンに仏教精神を置いているということである。

 とは言え、代々僧籍を持った方が校長を務めることが普通だったこの学校で、民間企業出身の加藤慎也・現校長は異色の存在である。
 その加藤校長。今年の夏一念発起し京都の本山で3週間にわたる厳しい修行をおこなってきたという。
 「日頃生徒たちに仏教や仏教精神について語っているが、自分自身、本当にその真髄を理解しているのだろうか」
 ずっとそんな思いがあったそうだ。

 自身の修行が本当に学校のため、生徒のためになるのかという迷いもあった。多忙な校長が1か月近く学校を空けていいものかという現実的な悩みもあった。しかし、決断し実行した。
 ご本人も立派だと思うが、送り出した学園側や先生方も立派だと思う。

 数学や英語を教えるだけが教師ではない。教師はその存在自体が教育である。
 途中で辞めた私が言っても説得力に欠けるが、そういうものだと思う。
 加藤校長から、教師としての、いや、人としての在り方・生き方の素晴らしいお手本を見せてもらったと思う。

 念のため。今日の取材目的は同校の進路指導について聞くことであった。

こんなにまとめて胡蝶蘭を見たのは初めてだ

 授業の取材で花咲徳栄高校に行った。

 加須インターに「祝優勝」の垂れ幕。さっそく来たか。
 市の中心部はどうか分からないが、学校まで行く間に「祝優勝」の文字を何度も見かけた。過去2年間の出場の際には、こうした盛り上がりはなかったが、さすがに優勝となると町の雰囲気も違う。

 校門から玄関まで。もういつもの風景だ。
 が、玄関に足を踏み入れてビックリ。
 おびただしい数の胡蝶蘭。こんなにまとめて胡蝶蘭を見たのは初めてだ。
 花咲徳栄高校 胡蝶蘭
 これはほんの一部です。

 こういう時って、他の花はないんだね。見事に胡蝶蘭で統一されている。
 調べてみたら、胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」だった。それでお祝いに用いられる。
 見た目豪華だし、日持ちがいいのも好まれる理由のようだ。

 胡蝶蘭の全容はコチラから

 校長先生にご挨拶をと思ったが、今日もこれから外出ということで、ほんの立ち話。
 今日はインターハイ優勝校・優勝者が知事を表敬訪問するということだ。レスリングの石黒隼士君がV2達成している。全国優勝は野球だけじゃない。


 さて、肝心の授業の方だが、いやあ勉強になったね。
 私も何度か長文読解についてこのブログで取り上げているが、プロの視点というのは全然違う。
 長文読解が苦手という中学生は、鈴木明成先生の現代文の授業を受けられたらいいね。40字以内、80字以内で要旨をまとめるなんて問題は簡単に出来ちゃいそうだ。
 今度、花咲徳栄でそういう企画してくれないかな。

 ※詳しい授業レポートは後日。
 


叡明高校に阿波踊りの練習を見に行く

 越谷レイクタウンの叡明高校に行ってきた。
 地元越谷の夏の大イベント「南越谷阿波踊り」に参加する同校生徒たちが最終リハーサルをするというのでその様子を見に行ったのである。
 
 同校が小松原高校(南浦和)から校名変更し、越谷レイクタウンに引っ越してきたのは2015年(平成27年)のことである。
 開校当初、ちょっとした事件があった。いや、事件というほど大げさなことではないのだが、生徒の通学路のことが問題になった。

 学校側が通学路として想定したのは武蔵野線沿いの道路であろう。校舎は線路沿いにあり正門もその向きに作られている。
 ところが、地元の小学校PTAから、線路沿いの道は児童の通学路となっているから、高校生は別の道を通って欲しいという要望があったらしいのだ。

 高校生が一緒にいたほうが何かと安心なんじゃないか思うのだが、決して広い道ではなないから、小学校PTAの言い分も分からないではない。

 結局、叡明生は駅を降りたらいったん線路から離れ越谷南高校の方向に向かい、やや遠回りになるが東側の門から登校するという形になった。たしかに、こっちの方が道幅も広く歩道から生徒がはみ出すこともないので、叡明生にとっても安全かもしれない。それに時間的にも大した差はない。

 私はこの話を聞いたとき、通学路の一件はともかく、これからこの学校が地域の人々に愛され親しまれる学校になるために何か手助けできないものかと思った。

 その後しばらくして、「南越谷阿波踊り」を全面的に支援してきた地元企業ポラスの方と会う機会があった。浦和レッズのユニフォームの胸のところに大きく「POLUS」と出ているあの会社である。
 雑談の中で、始まってから30年以上経過し日本三大阿波踊りと称されるまでになった「南越谷阿波踊り」だが、後継者が心配だという話を聞いた。大人と小学生の参加はあるのだが、間がスッポリ抜けており、将来に不安があるというのである。

 その時、私の中で、叡明高校と「南越谷阿波踊り」が一本の線でつながった。地域との交流を深めたい叡明高校と、若い世代の参加を望む主催者企業とは、きっと相性がいいに違いない。そう思った。

 私の役割は双方を引き合わせるところまでで、その後の展開は詳しくは分からないが、学校側はすぐさま体制を整え、企業側も指導に入るなど積極的な動きを見せ、昨年夏、叡明高校生を主体とする「連」の初参加となったのである。
 
 というわけで、叡明生の「南越谷阿波踊り」参加は、ちょっと気になることの一つなのである。

 叡明阿波踊り練習

どうしたら今日も行きたくなる学校になるんだろう

 取材やら塾説やらで学校訪問が続いている。
 月 大宮開成
 火 昌平
 水 駒込(東京)
 木 星野
 金 岩倉(東京)
 以上が今週のスケジュール。公立がないな。

 今日、星野高校に行って感動したことを話しておこう。
 お昼時にぶつかったので授業は見られなかったが、生徒ホール・自習室・図書館などを見学。昼休みなのに、いろんな場所で生徒たちが勉強している。放課後もそうだが、この学校では昔からお馴染みの風景だ。

 で、それに感動?
 いや、そうじゃない。最後に通りかかった職員室前に生徒出欠黒板があった。それだ。
 本日の学年ごとクラスごとの遅刻欠席状況が書かれていたが、全学年遅刻者なし。特にすごかったのは高3生で、約450人中欠席者は1人。お見事。
 黒板の写真を撮ってきたが、学校の許可をもらうのを忘れて掲載できないのが残念だ。

 3か年皆勤賞が45~50%というから、これが日常的な風景で、欠席者ゼロの日もたくさんあるんだろう。
 一体、どうしたらこんなことが可能になるのか。
 1 身体の丈夫な連中がそろっている
 2 学校好き、勉強好きな連中がそろっている
 3 クラスや部活が楽しくて仕方ない
 4 担任や部活顧問が怖くて休めない
 最後のは、私の現役時代だ。「てめえら、休んだらただじゃおかねえ」といつも生徒に脅しをかけていた。

 無理しなくていいんだよ。時には休んでもいいんだよ。
 そういうのも一つの指導のあり方かもしれないが、やっぱり学校は「通ってなんぼ」の世界だ。

 ああ嫌だな、辛いな、行きたくないなという日も、3年間1000日の間にはあるだろう。でも、うちに一人でいるよりも、学校に行って仲間や先輩と一緒のほうがいいや。
 この学校は、そう思える学校ということなんだろう。

 でもこれを実現するには、厳しすぎてもダメ、ゆるゆるでもダメ。
 なかなか難しいことなのだが、この学校の先生たちは、その勘どころをしっかり押さえられているということだ。

 星野高校
 写真を追加。昼休み、生徒ホールで勉強する生徒たち(関東大会予選県ベスト8の女子バスケ部員)



「完結型授業」から「触発型授業」への転換めざす大宮開成

 昨日は大宮開成高校に行き、山中克修校長にいろいろ話を聞いたので、それをテーマにしようと思っていたが、いまひとつ考えがまとまらず羊羹の話でお茶を濁した。お茶と羊羹は相性がよろしい。

 メインテーマは「自学自習力」だった。

 教わったことを理解しようとする。指示されたことを実行しようとする。もちろん、これだけでも十分学力はつくわけだが、大学受験を考えた時、これでは通用しない。大学入学後や社会に出てからということまで考えると、もっと通用しない。
 
 自ら学ぶ姿勢を身につけさせること。
 学校教育のさしあたりの目標はここにある。

 では、どうするか。
 山中校長は、「先生方には『完結型の授業』にならないようにお願いしている」と言われた。

 「完結型の授業」。
 私なりに解釈すれば、「はい、よく分かりました。面白かったです。何の疑問もありません。では、次お願いします」みたいな授業なのだが、これって別に悪い授業じゃないだろう。目指していても、なかなか出来るもんじゃない。
 だが、これではダメだというのだ。

 じゃあ、どんな授業にすればいいんだ。
 引き続き私の解釈だが、授業は「知の入り口」にならなければいけない。「分かった」は終わりじゃない。「分かった」が始まりにならなければいけない。そういうことではないのか。
 つまり、「完結型の授業」ではなく、「啓発型の授業」、いや、「触発型の授業」と言ったほうがいいかな。目指す授業はそこなんだろう。

 しかし、これは難しいぞ。
 「この先、興味のある人は自分で調べてください」とか、口で言っていいなら簡単だが、これだと結局は指示になってるからね。
 そうじゃなくて、生徒の方が、何かものすごく面白くなってきて、やる気になってきて、言われてもいないことを自主的にやりだすような授業。そのキッカケとなるような授業。
 こうなればもう完全に「自学自習」の世界だ。

 半年後か1年後、「完結型」を超越した授業を見学しに行くことにしよう。

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード