FC2ブログ

式辞より祝辞が話題の東大入学式

 東大入学式における上野千鶴子氏の祝辞が話題になっている。

 国立大学とはいえ、一大学の内輪の式典であるから、どなたを来賓に呼ぼうが、その方がどんな祝辞を述べようが、部外者がつべこべ言うべきではないのだが、そこは天下の東大である。総長がいかなる式辞を述べたかなどは気になるのである。

 一般論としては、式辞と祝辞では、式辞の方が重く、来賓やその祝辞の方が目立ってしまうのは好ましくない。入学式におけるメインは、学長や校長の式辞であり、新入生の決意の言葉である。祝辞は添え物である。
 しかし最近、特に大学においては、マスコミ報道を意識して、入学式や卒業式に著名人を招くことが多いようである。

 これまでの上野千鶴子氏の行動と言動を見れば、ありきたりの祝辞に終わることは想像しにくいから、主催者である大学側は最初からマスコミが飛びつくような祝辞を期待したのであろう。上野氏はその期待にしっかり応え、ネットは大盛り上がり。その意味では大学側の人選は成功したと言えよう。

 先の「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」において、ビートたけしさんが祝辞でボケまくって話題となったが、これも同じような構図だ。
 あそこでビートたけしさんが真面目な祝辞を述べたら、「何であなたを呼んだと思ってるのよ」となるが、そこはたけしさん、主催者の思惑をしっかり受け止め、ボケまくった。やっぱりプロだ。
 上野氏も、ご自身の役割を全うされたという点でプロである。

 残念なのは五神真総長。
 本来ならこちらが話題にならなくてはいけない。立派な式辞を述べられている。
 【コチラで見られます】↓
 東大入学式を伝える同大ホームページ

 しかし、対マスコミという点では百戦錬磨の上野氏相手では分が悪い。東大はなぜ総長が食われてしまうような人選をしたのだろう。

入学式式辞、「令和」の話はほどほどに

 入学式と言えば式辞だ。
 今年初めて校長に昇格し、さあ何を話そうと頭を悩ませている新米校長もいるだろう。職業柄、生徒や保護者を前に話すことには慣れているはずだが、話の中身は別だ。

 式辞は原稿を読むものだ
 「何だよ、あの人原稿読んでる」
 などと言う人がいるが、式典は前もって分かっているのだから、しっかり考え、推敲して、清書して臨むのが正しい態度で、原稿なしでその場の思いつきで喋る方が失礼なんだ。パーティーのスピーチと一緒にしてはいけない。

 というわけだから、皆さんも「式」と名の付く場面で「辞」と名の付くもの、たとえば謝辞とか祝辞とかを頼まれたら、ちゃんと準備をして行きましょう。

 こんなのも売ってます。



 式辞は期待されていない
 期待されているとすれば、早く終われということだけだ。大部分の人が、時計を見ながらいつ終わるかとそればかり考え、中身はろくすっぽ聞いていないのだが、油断してはいけない。
 ちゃんと聞いている人もいるのだ。中にはメモまで取るやつがいる(私のことだ)。どうせ聞いてないんだからと手を抜いてはならないのだ。

 それと今の時代、動画で流そうなんてやつもいる(私のことだ)。
 気をつけないと、すぐに差別だ、人権侵害だ、とやられる。マスコミは失言を狙ってるぞ。なにせ、授業中の雑談にまで手を突っ込んでくるのが今のマスコミだ。表現には十分注意してもらおう。

 今年は新元号「令和」に触れる人も多いと予想されるが、あまり深入りしないようにと忠告しておこう
 県教委から、そういう指示は入ってませんか?

 私は個人的には、天皇制も、元号も否定しないし、「令和」を中国の古典ではなく万葉集からとったことも結構なことだと思っているが、そう考える人ばかりではない。
 詳しく語れば語るほどツッコミどころが多くなるので、ここはサラリと触れるにとどめよう。

講演に先立ち、校長先生から講師の後川先生のご紹介があります

 それでは只今より一斉総合の授業として、前文部科学省事務次官である後川(うしろかわ)先生にご講演をいただきたいと思います。
 ご講演に先立って、校長先生から、後川先生のご紹介があります。


 後川先生は大変有名な方なので、中学生である皆さんでもある程度は知っていると思いますが、ここで改めてご紹介したいと思います。
 後川先生は、大会社の社長の家に生まれ、何不自由ない少年時代を過ごし、学校は超難関の私立中高一貫校から東京大学法学部に進まれました。私たちとは生まれも育ちも、頭の程度も比べ物にならないということです。

 大学卒業後は文部省、現在の文部科学省に入りました。私の上には市や県の教育委員会があって、その上にあるのが文部科学省で、その中でトップである事務次官まで務められた後川先生は、私から見たら雲の上の存在です。1,2年前だったら、口をきくことも、会うこともできなかったでしょう。
 では、そんな後川先生が今なぜ、私や皆さんの前にいらっしゃるのでしょう。

 それは、あることが原因で文部科学省をクビになってしまったからです。正式にはクビではないのですが、ほとんど同じです。
 あることというのは、「天下りあっせん問題」なのですが、まだ皆さんには理解できないと思うので説明は省きますが、要するに規則に違反したので、その責任を取らされたのです。
 後川先生は、これに大変不満を持っています。自分をクビにした政府に恨みを持っています。ですから、全国各地で政府の悪口を言い回り、その恨みを晴らそうとしているわけです。この執念は見習わなくてはなりません。

 後川先生を有名にしたもう一つに、出会い系バー通いというのがあります。テレビを見て貧乏女子に興味を持ちました。仕事熱心な後川先生は、その実態を自ら調べようと頻繁に出会い系バーに通うようになりました。なぜ出会い系バーなのかは、経験のない私にはよく分かりませんが、「貧乏」と同時に「女子」に興味があったんだと思います。

 最後にもう一つ。
 後川先生が大事にしている言葉に「面従腹背(めんじゅうふくはい)」があります。人の言うことに対し、表面だけ従うような素振りをして、実際には背くことを言います。皆さんは、ご両親や先生たちにいろいろと指示され、ああだこうだと命令されることも多いと思いますが、いちいち従っていたら、思い通りの生活ができません。と言って、あからさまに反抗すれば内申にも響きます。ですから、表向きだけは素直に従うという業(わざ)を身につけなければなりません。「面従腹背」を座右の銘としながら、官僚のトップまで出世した後川先生のお話をしっかり聞いて、これからの皆さんの生活に役立ててもらいたいと思います。

 では後川先生、ご講演よろしくお願いします。

スピーチ上手がうらやましい

 テーブルスピーチは難しい。

 今日、姪っ子の結婚式があった。最近の結婚式は私たちの時代に比べてスピーチは少ない。その分、映像を多用した演出があって大変面白い。
 しかし、スピーチのまったくない式というのもなく、私なども時々頼まれることがある。今日は身内の式なので、その心配はなく気楽だが、事前にスピーチや挨拶を頼まれていると、役目が終わるまでは食事も喉を通らない。というほどでもないが、どうも落ち着かない。

 私にとって、人前で喋ることは仕事の一部であるから、目の前に大勢人がいるからといって、それで上がってしまうということはない。それでは商売にならないのだ。ただ、その場合は60分とか90分とか時間が長い。
 それに対し、テーブルスピーチは「3分間スピーチ」という言葉があるように時間が短い。

 長く喋れるのだから、短いのは楽だろうと言われるが、それは違う。マラソンランナーが100m競走を走るようなもの。またその反対に短距離ランナーが長距離を走るようなもの。つまり、長い講演と短いスピーチはジャンルが違うのだ。私は長距離専門なので、瞬発力が求められる短距離は苦手だ。

 苦手な短距離を走らなければならないときはどうするか。
 10分と頼まれたら5分、5分ならば3分と、指定された時間より短く喋ろうと心がける。長く喋るのが平気なものだから、強く意識しないと、ダラダラ延びてしまい中途半端なスピーチになってしまう。

 あれも言おう、これも言おうと欲張ると時間内に収まらないので、とにかく話題を一つにしぼる。
 これも心がけていることだ。

 昔、スピーチの名手にコツを聞いたことがある。
 「ドッと笑いをとったら、すぐに終わりにしなさい。調子に乗ってもう一つと欲張らないことです。拍手をもらったときも同じです。笑いや拍手はなくても、場が和んだり、みんながなるほどとうなづいたと思ったら、すぐに終わりにしなさい」

 ほかにもいろんなテクニックを教わったが、一番印象に残っているのがこのことだ。
 以来、短く短くを心がけているのだが、なかなかうまく行かない。
 スピーチ上手がうらやましい。

最後のホームルーム

 卒業式を終えて、最後のホームルーム

 卒業式は、まあまあ良かったんじゃないか。受けもしない演技をするやつもいなかったしな。
 さてと、これが最後のホームルームだから、ひとこと言っておこう。まあ、贈る言葉っていうやつだ。何を言ったってどうせすぐ忘れるに決まってるが、それでも懲りずに言い続けるのが教員だ。

 「二度と学校に来るんじゃない」
 言いたいのはこのひとことだ。
 
 明日からこの学校は「うちらの学校」じゃないぞ。この教室も、今座っている机やイスも、今日を最後にお前たちのものじゃなくなるんだ。下級生や、もうすぐ入って来る新入生のものになる。
 だからもう、戻ってくる場所はないんだよ。ここはお前たちの居場所じゃなくなるんだ。

 冷たい? 悲しい? 薄情?
 いや、学校っていうのはそういうところなんだよ。だから新しい居場所を早く見つけることだ。「あの頃がなつかしい」とか「もう一度戻りたい」とか、いつまでも年寄りみたいなこと言ってる場合じゃない。

 それと、もう一つ。
 最初に一つと言っておきながら、もう一つ、あと一つとダラダラ続けるのが教員の悪い癖だが、安心しろ。明日はないから。

 「私のことは忘れろ」
 私もみんなのことは忘れる。

 だってそうだろう。次の後輩たちが待ってるんだよ。私はそっちを面倒みなきゃいけない。出てった連中のことを考えてる暇なんてないんだよ。
 私の役割は終わった。どうしても先生が必要だって言うなら、大学や次の学校で探してくれ。

 私は、海に浮かぶブイだ。道端に佇む道標だ。進む方向が分からないときは結構頼りになるが、そこを通り過ぎてしまえば、もう用はない。存在すら忘れられていい。

 振り返るな。後戻りするな。前だけを見て進め。

 とか言いながら、目はお前たちの背中を追い続けそうだからさ。早く遠くまで行ってくれ。見えなくなるくらい、ずっとずっと先まで。
 以上、ホームルーム終了!
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード