引き続き、進路希望状況調査について調べてみた

 進路希望状況調査結果(12月15日現在)についての続報。

 希望者実人数に注目してみた。
 次の学校は、募集人員が40人減となる主な学校である。希望者の実人数が前年と同じであれば、募集減となった分だけ倍率が上がるわけである。

 左側が前年同期、右側が今年。
 浦和一女 541人→450人  1.36倍→1.26倍
 浦和西  684人→742人  1.72倍→2.07倍
 大宮   586人→576人  1.64倍→1.81倍 普通科のデータ
 春日部  418人→412人  1.05倍→1.15倍
 川口北  489人→511人  1.23倍→1.43倍
 越谷北  508人→510人  1.42倍→1.60倍 普通科のデータ

 この6校の中では、唯一浦和一女だけが倍率を下げている。約490人の希望者がいれば、前年同期並みの倍率となったはずだが、実際は450人であったため、倍率が下がってしまった。どうした浦和一女!
 
 浦和西は、希望者実人数が58人増えたため、40人減の分と合わせて2倍を超す高倍率となった。
 大宮・春日部・川口北・越谷北は、希望者実人数は、ほぼ前年並みだが、40人減の分だけ倍率が上がっている。なお、春日部の場合、実際の出願時には、隣接県協定による県外(千葉県)からの受験者が加わるため、倍率はこの数字より上がると予想される。

 次の学校は、募集人員が40人増となる主な学校である。希望者の実人数が前年と同じであれば、募集増となった分だけ倍率が下がるわけである。

 左側が前年同期、右側が今年。
 川越    533人→527人  1.49倍→1.33倍
 川越女子 560人→542人  1.56倍→1.37倍
 蕨     721人→500人   2.27倍→1.40倍 普通科のデータ
 大宮北  472人→384人   1.69倍→1.20倍
 
 川越・川越女子は、希望者の実人数は、ほぼ前年並みであるから、倍率の低下は40人増の分と考えていいだろう。蕨は、前年同期の希望者721人、倍率2.27倍がちょっと高過ぎたと言えるが、この時期1.40倍というのは、この学校としてはやや低すぎる数字である。

第2回進路希望調査の結果発表についての第一報

 昨日、第2回進路希望状況調査(平成29年12月15日現在)の集計結果が発表された。

 今年3月の中学校卒業予定者数(私立及び特別支援学校中等部含む)は6万4995人(前年比1137人減)である。
 高校進学希望者は6万4140人で卒業予定者数全体に占める割合は98.7%である。
 県内私立(全日制)を希望する生徒は1万330人である。
 県内公立(全日制)を希望する生徒は4万5579人である。

●全日制普通科で倍率が高い学校
 1 市立川越 2.31倍
 2 市立浦和 2.24倍
 3 川口市立 2.19倍
 4 越ヶ谷  2.14倍
 5 浦和西  2.07倍

 第1回調査(10月1日現在)では、市立川越3.28倍を筆頭に、2倍を超える学校が12校あったが、今回調査では5校に減った。過去のデータから、最終的には2倍を超える学校はなくなると予想される。
 第1回調査で2倍を超えていたのは、上記5校のほか、上尾・大宮・大宮光陵・川越南・所沢北・南稜・浦和南であった。

 2月19・20日の出願に向けて、低倍率であった学校や定員割れの学校への希望変更が起きるが、今回調査は中学校における三者面談の終わり、私立併願校もある程度固まった段階でのものなので、全体傾向には大きな変化はないと思われる。
 前述したように、2倍を超える学校はなくなるものの、現在高倍率である学校の倍率が急激に低下する可能性は少なく、1.5倍以上の高倍率が維持されるだろう。

 市内3校(市立川口・県陽・川口総合)の統合により新規開校となる川口市立は、普通科2.19倍、同文理スポーツ1.67倍、理数科1.75倍の高倍率となっている。
 希望者の実人数は、普通科701人、同文理スポーツ200人、理数科70人で、計971人であった。単純な比較はできないが、昨年同時期調査では、市立川口448人、県陽185人、川口総合303人で、計936人の希望者がいたことを考えると、想定内の希望者数と言うことができるだろう。

希望校調査(10月1日現在)の結果が発表された

 埼玉県教育局から、10月1日現在の進路希望状況調査の結果が発表された。
 
 今日は昨日に引き続きテレビ番組の収録に一日費やしたので、詳しい分析をしている時間がなかった。
 よって、概況だけお伝えしておこう。

1 高校進学希望者は97.2%
 前年から0.2ポイントの上昇で過去最高
2 30年3月中学校卒業予定者数は65.000
 前年から1135人減少
3 県内全日制の倍率は1.25倍
 前年から0.02ポイント下降

4 学校ごとの倍率
 ①倍率が2倍超の普通科(カッコ内は前年同期の倍率)
 市立川越3.28倍(3.91倍)
 上尾2.81倍(2.60倍)
 市立浦和2.64倍(2.81倍)※募集40人増
 市立川口(普通)2.59倍
 浦和西2.48倍(2.11倍)※募集40人減
 越ヶ谷2.46倍(2.27倍)
 南稜2.43倍(2.22倍)
 川越南2.42倍(2.23倍)
 所沢北2.30倍(2.36倍)
 大宮光陵2.20倍(1.38倍)※募集40人減
 大宮2.19倍(1.94倍)※募集40人減
 浦和南2.08倍(2.22倍)

 ②倍率が2倍超の専門学科
 大宮(理数)2.53倍(2.68倍)
 越谷総合(食物調理)2.38倍(2.23倍)
 大宮光陵(美術)2.18倍(1.98倍)
 川越工業(建築)2.15倍(1.63倍)
 新座総合(食物調理)2.00倍(1.93倍)
  
 上位の顔ぶれは、ほぼ例年どおりである。
 この時期の希望には、「願望」も含まれており、今は2倍、3倍を超えていても、最終的にはどの学校も2倍を切り、1.5倍程度に落ち着くだろう。

 川口市立は、同市内の市立3校(市立川口・県陽・川口総合)の統合再編により来年4月開校する。
 普通科は320人募集に対し、希望者は830人で、2.59倍の高倍率となっている。
 その一方、普通科文理スポーツコースは、120人募集に対し、希望者111人で、倍率は0.93倍となっている。
 また、理数科は40人募集に対し、希望者47人で倍率は1.18倍となっている。
 全体では(普通科+普通科文理コース+理数科)では、希望者は(830人+111人+47人=988人)である。
 前年同期の旧3校の志願者数を見てみると、市立川口(554人)、県陽(165人)、川口総合(375人)で、合計1094人だった。単純な比較はできないが、今のところ、旧3校の枠を大きく超えて希望者を集めているとまでは言えないようだ。

最後の定期考査、内申点を上げるためだけじゃない

 中学3年生は2学期までの成績が調査書(いわゆる内申書)に記載されることもあり、10月に中間、それが終わるとすぐ11月に期末という忙しいスケジュールになる(注:3学期制の場合)。

 調査書の学習の記録の評定、などと言うと字数が多くて面倒なので、内申点と言うことにするが、近々行われる定期考査は、内申点を上げるラストチャンスとなる。

 埼玉県公立入試の場合、「1:1:2」とか「1:1:3」という形で、3年の成績に重みを持たせているので、たとえば、ある1教科の評定が3から4へとか、4から5へという具合に1上がると、2ポイントか3ポイント上がるという計算になる。

 受験する学校にもよるが、内申点の1ポイントは、学力検査の得点に換算すれば、1点~2点である。と言うことは、ある1教科の評定が上がったとしても、自身の持ち点が2、3点、あるいは4、5点上がるということでしかない。これは高々小問1問分だ。

 なんだ、そんなものか。
 ただし、1点2点の差が合否を分けるのが入試であるから、内申点を上げるために中間・期末を頑張ろうというのは、間違ってはいない。

 中間・期末を頑張っておいた方がいい理由は、むしろ学力検査対策の方にある。
 3年生の今習っている内容、さらにこれから習う内容は、当然ながら入試出題範囲であるが、ここが意外に弱点となる。
 中学校では、ともかく形だけでも範囲を終わらそうと授業スピードを上げる。当然理解不足の生徒が出てくる。問題演習も足りなくなる。

 だから、内申点がどうこうよりも、今習っている範囲が、実際の学力検査で出題されたら、どのくらいの点数が取れるかという考え方をしたほうがいい。

 むろん、目の前のテストでより高い点数を取るために頑張るのだから、どっちでも同じようなものだが、「これは内申点対策だ」という意識に加え、「これは学力検査対策だ」という意識も持つべきであろう。

 今さら4のものを5に引き上げるのは大変なことだ。
 じゃあ、あきらめる。
 そうじゃない。
 4は4のままかもしれないが、ここで頑張れば、学力検査で5点とか10点余計に取れるかもしれないのだ。

平成30年度埼玉県公立高校の募集人員が発表された

 昨日(平成29年6月21日)、埼玉県教育局より、平成30年度(2018年度)の県公立高校募集人員が発表された。
 本日付け新聞各紙に掲載されているが、元のデータが必要な方は、下記からダウンロードし保存しておくといいだろう。
 
 平成30年度生徒募集人員

 例年10月の発表だった「募集人員」であるが、今年は約4か月早い発表となった。
 入試関連情報は、基本的には「高校教育指導課」発となるが、「募集人員」は入試だけではなく教職員数や配置に関わることでもあり、「県立学校人事課」発となっている。県教委のサイトで、「入試」をキーワードにして探してもなかなか見つからないのは、こうした事情による。

 総募集人員は、3万8720人で、前年から800人減である。
 800人減となったのは、来春の中学校卒業予定者が、1242人減る見込みだからである。

 全日制で募集人員を増やすのは次の7校である。(いずれも40人増)
 大宮東 240人→280人
 川口青陵 280人→320人
 川越 360人→400人
 川越女子 360人→400人
 蕨 320人→360人
 市立浦和 320人→360人
 市立大宮北 280人→320人
 なお、上尾橘は情報コース(80人)、白岡は情報コミュニケーションコース(40人)をそれぞれ募集停止とするが、その分を普通科として一本化するので、学校全体としての募集人員は変わらない。

 全日制で募集人員を減らすのは次の20校である。(いずれも40人減)
 朝霞西 360人→320人
 入間向陽 360人→320人
 浦和一女 400人→360人
 浦和西 400人→360人
 大宮 400人→360人
 大宮光陵 200人→160人
 大宮武蔵野 280人→240人
 春日部 400人→360人
 川口(県立) 360人→320人
 川口北 400人→360人
 川口東 320人→280人
 川越西 360人→320人
 越谷北 360人→320人
 坂戸西 360人→320人
 羽生第一 240人→200人
 飯能南 160人→120人
 深谷第一 320人→280人
 松伏(情報ビジネス) 80人→40人
 宮代 240人→200人
 鷲宮 280人→240人

 募集停止となるのは次の4校である。
 市立川口(240人)
 市立県陽(120人)
 市立川口総合(160人)
 市立大宮西(240人)
 川口市の3校は統合のため募集停止となり、30年度からは新・川口市立高校として、普通科320人、普通科(文理スポーツコース)120人、理数科40人、合計480人を募集する。旧3校の合計が520人だったから、新校の募集はそれより40人少ないということになる。
 大宮西は、平成31年4月から、6年一貫の中等教育学校に転換するため、大宮西高校としての募集は行わない。

 以上、ほぼ新聞発表と重なるが、30年度募集人員についてお伝えした。

 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード