FC2ブログ

春日部共栄で若手教員を励ますつもりが凡打に終わり落胆する

 20181016春日部共栄職員研修会(平成30年10月16日)

 先生方、「会心の授業」って年に何回くらいありますか?
 私の記憶では年に1回か2回。その程度。

 今日は埼玉新聞教育セミナーの一環として春日部共栄中学高校で教員研修会の講師を務めたわけだが、「会心の講演」とは程遠く、野球で言えばボテボテの内野ゴロという感じ。何度やっても難しいなあ。

 経験的に言えば、受験生や保護者相手の講演より、先生相手の方が難しい。
 受験生・保護者相手だといちいち言葉の解説からしなければならないが、先生相手だとその必要はなく専門用語もストレートに使えてやり易そうだが、先生方は反応が鈍い。というか表情が乏しい。

 その点、今日は聞き手が若手教員中心ということもあってか、すこぶる反応がよろしく、それで救われた感がある。
 それにしても若い先生が増えたね。1980年創立、今年39年目だから、ちょうど世代交代期に差し掛かっているということか。

 年寄りの私が言うのだから許してもらえると思うが、やっぱり先生は若くて元気なのがいい。
 もちろん、ベテランにはベテランの味があるし、経験がものを言う場面も多々あるが、先生は半分体力勝負だから、生きのいい若手が増えるのはいいことだ。将来明るいぞ。

 宇野禎弘校長が学校説明会で受験生・保護者に必ず言われること。
 1「大学までの人ではなく、大学からの人へ
 先生方もなるまでよりなってからの勝負だね。辞めるまで精進。
 2「敢えて三兎を追え
 生徒は「勉強・部活・行事」、先生は「授業・担任・校務」かな。
 3「学校は失敗するところ、教室は間違えるところ
 仕事だから本来ミスは許されないが、挑戦に失敗はつきもの。その失敗を成長の糧とせよ。先生の成長なくして生徒の成長なし。

 と、今日はこの話をしなかったが、受験生・保護者に向けたメッセージは、そのまま先生方へのエールにもなっている。

 今日の研修会は、最初に書いたように埼玉新聞教育セミナーという形を取っているので、明日の新聞に載る予定。
 

講演におけるスライドの使い方を再考中

 プレゼンにおけるスライド(主にPowerPointで作る)の使い方。
 個人的には講演、研修などにおける使い方。
 これ、最近見直してます。

 パワポを使い始めてかれこれ10年になる。
 それ以前は、紙の資料を配ったり、ホワイトボードを使ったりしていた。

 パワポの使い方を覚えると、きれいなスライドや、面白いスライド(アニメーション効果を使ったりして)を作ることに夢中になった。スライドの枚数は増え、1時間の講演で30枚を超えるのが当たり前になった。
 結果、講演会がスライドの説明会になった。

 同じ時間、同じ場所に居合わせながら、話し手と聞き手が目を合わせることが極端に少なくなった。スライドを次々に見せることに心を奪われ、聞き手の反応を確かめつつ臨機応変に話を展開するのを忘れるようになった。
 もちろん、こういうことは紙の資料でもあり得ることで、親切すぎる資料を配ると、「後で読めばいいや」と話を聞いてくれなくなる。

 画像を何枚も見せる。
 動画を見せる。(音を聞かせる)
 グラフや図表をアニメーション効果で動かす。

 これらが、スライドを使うことの効果と考えられるが、本当に必要なのか。先にスライドありきになっていないか。
 話し手にとってスライド説明会、聞き手にとってスライド鑑賞会になっていないか。
 このあたりが私の反省ポイントだ。

 講演にしろ研修にしろ、言いたいこと伝えたいことがあるわけである。分かってもらいたいことがあるわけである。スライドはそれを助けるツールに過ぎない。
 スライド全盛の今、これを使わないと手抜きと思われるのではないか、やり方が旧式だと思われるのではないかと不安になり、せっせとスライドを作っているわけだが、もう一度、原点に戻ってみようと思っているところである。

平成の終わりは、旧型高校入試モデルの終焉でもある

 来週、「NPO埼玉教育ネット」が主催する「入試情報フォーラム」が浦和で行われる。対象は私立中高や塾の先生方だ。
 私も一応講師陣に名を連ねている。ただし、メインの講師が2人いて、その余りの時間で10分かそこら話をしてくれというオーダーである。

 以前は1時間くらい持ち時間があったのだが、たぶん聞き手の先生方の評価が低いということだろう。だったら、講師からはずしてもらって結構なのだが…

 とは言え、プログラムに名前が小さくでも載っている以上、ちょっとは気の利いた話をしなければいかんな。
 
 一つは、中学入試市場拡大のために具体的な手を打ったという話でいいだろう。
 公立小学校向けに広報するという課題については、大きな前進があったので、その報告をしよう。これは比較的最近、ブログにも書いた話だ。

 もう一つは、高校入試の構造変化について。
 埼玉県私立は、公立に比べ数も少なく歴史も浅い。歴史の方はどうにもならないが、数の方は、公立が徐々に減らす方向なので、その差は縮まりそうだ。

 埼玉県は長らく「公立王国」と呼ばれ、私立は守勢に回っていた。実際7割以上の受験生がまずは公立を第一に考え、その押さえとして私立を考えるという図式だ。
 よって私立の募集や入試の仕組みは、それを前提として組み立てられていた。

 だが、このモデルは間もなく崩壊するだろう。
 私立が公立を補完するモデル(下請けみたいなものだ)は昭和のものだ。平成はそのモデルに徐々に変化が現れた時代。そして、来るべき○○(元号どうなるのかな?)は、今までにない新しいモデルが登場するはずだが、その準備はできていますか。
 そんな話をしよう。

 それにしても10分じゃなあ。

GW締めくくりは入試セミナー

 GW最終日は、埼玉新聞が行う教育セミナーの一環で、北本市にある個人塾(「希望塾」)に行き講演を行った。
 講演テーマは埼玉県の高校入試(特に公立)についてだったが、1年生から3年生までいて、それに保護者の方も加わる構成だったので、どこに照準を合わせるかが難しかった。

 講演する側から見た個人塾の面白さは、塾長の人柄がもろに生徒・保護者に反映されていることだ。
 学校でも、担任によってクラスの雰囲気が異なるものだが、それと似たところがある。

 今日は90分ほど話をしたのだが、生徒たちは最後まで集中して聞けていた。これは私の技術によるものではなく、日ごろの指導の賜物である。
 生徒の表情は豊かである。
 親からも先生からも愛されて育った子は、明るく素直で、反応もいい。というのは私個人の考えだが、その観点からすると、今日の子供たちは、たっぷり愛情を注がれて育ってきたようだ。良かった良かった。

 ここから先は、読者である先生方へのお願いである。
 一つは、この埼玉新聞がバックアップするセミナーをぜひご利用いただきたいこと。
 講演は有料であるが、後日、埼玉新聞の記事になるという特典?がある。今日のセミナーの模様も近々、記事として配信されるだろう。

 もう一つは、お立場上可能であるある方は、ぜひ講師陣に加わっていただきたいということだ。
 今のところ、講師は私一人である。地域は埼玉県、テーマは高校入試ということであれば、さまざまな要望に応えられると思う。これがいわば専門分野だ。また、先生向けに「生徒募集のあり方」などを話す機会が多く、準専門分野と言える。
 ただし、中学入試や大学入試になると、それほど深く研究しているわけではないので、あまり自信がない。「日本の教育について」とか、「世界の教育」についてなどと言われると、何を話していいか分からない。
 埼玉新聞としては、将来的には幅広い教育テーマに対応して行きたいと考えているだろうから、多くの方に講師として参加していただければ幸いである。

空振り覚悟で新ネタに挑戦してみる

 昨日は、花咲徳栄高校の入試報告会(塾の先生対象)で講演を行った。

 毎回同じような話になってしまうのだが、そんな中でも何か一つは新ネタを入れようではないかと苦労している。
 だが、新ネタはリスキーである。
 高い評価をもらえる場合もあるが、空振りに終わることもある。

 私が特に意識しているのは、聞き手の皆さんに新しい視点を提供すること。
 元になるデータは同じでも、視点(切り口)を変えてみると、今まで見えなかった新しい発見があるかもしれない。

 準備の段階では、まず仮説を立ててみる。そしてデータを当たってみるわけだが、何の発見もなく、仮説が裏付けられないことも多い。そこでさらに別の仮説を立てデータを集めてみる。ということを何度か繰り返して、ようやく新ネタが完成する。
 が、自分でこれは面白そうだと思っても、前述したように聞き手の反応はサッパリという場合も多い。なかなか難しいものだ。

 昨日の新ネタは、大学合格実績に関して、それぞれの学校のボリュームゾーンはどこにあるかを見てみようではないかということだった。
 各学校は、現役進学率が何パーセントであったとか、東大に何人入ったかとか、国公立や難関私大に何人合格したとかを誇らしげに発表する。
 それ自体悪いことではない。その学校の教育力・指導力を推し量る一つの目安になり得るわけだし、これからもどんどんおやりになればよろしい。

 しかし、たとえば400人の学校で「東大に合格者が1人出ました」といった場合、残りの399人はどうだったの? と聞きたくならないかな。
 うんと出来るグループがどれだけの戦果をあげたかも重要だけど、本格派の進学校だったら、真ん中あたりからやや下のグループでもそれなりの結果を出しているはずだ。

 下のグラフは、平成29年3月の県立浦和の合格数ベスト20大学だ。
 (合格人数ではなく合格件数。現浪の合計)
 これを見ると、やはり埼玉県を代表する進学校だけあって、ベスト20の中に、東大・京大・東工大・一橋、あるいは早慶上智などが入ってくる。トップグループの生徒でなくても、ここに出てくる大学には何とか入れそうだ。(と推測できる)

 平成29年3月 県立浦和における合格数上位20大学
2018県立浦和上位20大学02

 同じことを栄東・開智・大宮開成など私立進学校でやってみた。
 グラフをすべて見せることはできないが、これらの学校は早慶上智が上位に入るところまでは来ている。ただし、難関国公立が上位に来ることはない。
 また、MARCHには大量に合格を出していても早慶上智が攻略し切れていない学校もある。

 私が明らかにしたかったのは、私立がダメだということではない。むしろ逆で、日東駒専あたりなら普通に合格できる学校が増えてきたということなのだが、そのあたりが伝わったかどうか。
 現在、2018年3月のデータを調査中なので、まとまったら報告しよう。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード