新しい授業スタイルに挑む若手教員が頼もしい

 熊谷高校の公開授業を見てきた。
 これで3年連続。いや、もっとかな?

 1時間の授業見学と2時間の研究協議、これに往復の3時間が加わって計6時間。一日仕事だ。
 この学校は、伝統校・進学校だけあって、「神のごとき授業」を展開する達人がいくらでもいるわけだが、今日の公開授業は発展途上の若手教員が中心だった。見学に来ている他校の教員も若い人が多かった。もっとも、私から見れば、みんな若い。

 今日公開されたのは、埼玉県教委が東大と組んで進めている「知識構成型ジグゾー法」という、一種のアクティブラーニングの手法を取り入れた授業だ。
 この手法には一定の「型」がある。
 埼玉県の新任教員は、全員がこの手法について研修を受けているようだが、実際の授業でどれだけ活用されているかについては、私自身、調査不足でよく分からない。

 取り扱う単元や課題によっては、効果的な指導法であるが、生徒の活動に重点を置いているため、教える側の意図に反して、思わぬ方向に展開してしまうこともあるようだ。また、先生が一方的に教え込む授業スタイルに比べ、教材の準備も大変そうだ。
 たぶん、月に1回とか、学期に数回とか、そんな頻度でしか実践できない手法だろう。

 ただ、授業を見ていると、たしかに遊んでいる生徒は皆無で、みな積極的に授業参加している。もともと、そのような生徒がいない学校ということもあるが、その点を差し引いても参加への意欲は高い。

 よく大学受験には役立たないという人がいるが、意見交換したり、仲間に説明したり、全員の前で発表したりというプロセスの中で、知識はより深く、確かなものになって行くはずで、決してマイナスとは言えないだろう。
 ただし、授業の進みはたしかに遅くなる。その点をとらえて、大学受験にはマイナスというなら、ある程度は当たっている。

 ICT教育にしてもアクティブラーニングにしても、何でも新しいものに飛びつけばいいというものではないが、若い先生がいろいろな「授業の型」を身につけて行くのは良いことだ。

 熊谷高校公開授業04
 熊谷高校公開授業03
 熊谷高校公開授業05


最先端授業と「昭和の香りのする授業」を堪能

 開智未来高校の塾説明会に行ってきた。
 今日は学校、来週27日は大宮ソニックが会場となる。さて、どちらに行くか。

 私としては圧倒的に大宮が便利なのだが、外部会場だと授業見学ができない。塾の先生方は、成績基準はじめ入試情報が重要なので必ずしも学校にこだわる必要はないが、私は授業に関心がある。
 一瞬、「楽しようかな」と良くない考えがよぎったのも事実だが、がんばって学校の方に行ってきた。

 この学校の先生と生徒は、授業を見られることに慣れているようだ。そういう機会が多いのだろう。いいことだ。
 だから、塾の先生方がぞろぞろ教室に入って行っても、いい意味で無視だ。「また来てるよ」ぐらいで、しっかりと授業に集中できている。
 
 50分間に6つの授業を見学した。
 普段、個人的にはそういう見方はせず、最初から最後までじっくり見るのだが、今日は学校側が用意したモデルコースを順にめぐった。

 やや多めに見学時間を割いたのは情報の授業だ。
 この学校では今年の新入生から全員にタブレットを持たせている。
 1学期に見に行ったときは、まだ初歩的な使い方を教えている段階だったが、数か月を経て、それがどのように進歩したかを確認したい。それが今日の私のねらいだ。

 中学生おそるべし。

 この年頃は驚くほど成長のスピードが速い。
 班ごとに学校紹介のプレゼンをするのが今日のテーマだったが、映像(動画含む)の使い方など見事なもんだ。
 だが、もっと驚いたのは、発表のスピーチの部分だ。これが実にうまい。中学生ぐらいだと用意した原稿を読むのに精一杯ということが多いものだが、きちんとプレゼンになっている。タブレットを使う技術よりも、私はこっちに感動した。

 最後に工藤先生の世界史の授業をのぞいた。この学校に来たら、これははずせない。
 タブレットも電子黒板もスライドも使わない、いわば「昭和の香りのする授業」なのだが、完成度の高さは天下一品だ。
 ずいぶんと世界史の授業を見てきたが、いまだこれ以上の授業に出会ったことはない。
 「至宝」という言葉があるが、文句なくこれに当てはまるのが工藤先生の世界史の授業だ。
 「開智未来の至宝」、いや「埼玉私学界の至宝」と言うべきかな。

 開智未来公開授業01
 中1とは思えない見事なプレゼン。

 開智未来公開授業02
 至宝・工藤先生の世界史

 開智未来公開授業03
 世界史オリジナルテキスト。これも宝物。

ひたすら直球勝負の授業に好感

 秋の授業見学シリーズ第2弾は狭山ヶ丘高校数学科の佐藤銀平先生だ。(9月13日取材)
 東北大・同大学院を経て同校赴任4年目の若い先生だ。私のような老人から見ると実に初々しく、ほとんど男子生徒と見分けがつかない。

 この日の授業は、条件が悪かった。文化祭後2日間の代休明け。40分の短縮授業(普段は50分)。加えて前の時間は体育。
 もうちょっと良い条件の時に見たかった。が、取材日程が詰まっていることから無理をお願いしたのはこっちだ。

 経験の浅い佐藤先生の授業は、「ひたすら直球を投げ込むような」授業であった。本来はもうちょっと変化球を混ぜたほうがいいのだが、まだ、球種が少ないのだ。打者との駆け引きのようなものもなく、ど真ん中にストレートだけを投げ続ける。

 この日の授業も、定理・公式を説明し、問題を解かせ発表させ、評価し解説するという単純な繰り返しだったが、私は、若い先生の授業はこれでいいと思う。これで50分間引っ張ってみろ。いろんな技を使うのは、それからでいい。
 もちろん、先輩の先生を見習って、いろんなことを試してみるのはいいことだが、先輩たちだって最初から巧かったわけではなく、みんな直球勝負から始まったのだ。カーブやスライダーを覚えるのはずっと先だ。

 だから、もし私が佐藤先生を指導する立場だったら、「よし、いいぞ。このままで行け」と言うだろう。変にギャグかましたり、経験談や世間話で受け狙いに走るんじゃないぞ。数学だけやれ。授業を振り返るんだったら、数学的にどうだったかだけを反省しろ。

 なんか偉そうな話になっているが、生徒受けはいいけど、生徒の力を伸ばせない教員というのもたくさん見てきたからね。そうならないために、技巧に走らず、愚直に王道を歩んで欲しいと思うのである。

 授業後に男子生徒が個人的に質問していた。
 「質問好き」はどこのクラスにもいるものなので、そういう生徒だったのかもしれないが、この場面、ほめられていいのは生徒だけである。
 先生サイドに立てば、質問内容にもよるが、もしかしたら疑問の残る授業をしてしまったのではないか、他の生徒も同様の疑問をいだいているのではないかと反省材料にしなければならない。そういう心がけがあると成長のスピードも速い。

 狭山ヶ丘数学01
 狭山ヶ丘数学02




長文の要旨が見る見る「明らかに成る」神授業

 昨日の授業見学レポートを書いておこう。
 花咲徳栄高校国語科・鈴木明成先生。教員25年目。

 国語の授業というと、生徒の机上には辞書とか便覧とかいろんなものが所狭しと並ぶものだが、この授業では教科書だけ。
生徒はノートすら出さない。
 後で分かったことだが、生徒は「読んで」、「考える」ことだけを求められており、黒板を写すという作業から完全に解放されているので、その必要がないのだ。

 村上陽一郎の「科学者とは何か」を題材とした2年生現代文の授業。対象は理系の生徒。11人の生徒が2グループに分かれ、机を寄せ合って学ぶ、アクティブラーニング形式。

 授業は、本文を段落ごとに読み、その都度要旨をまとめるということの繰り返し。実にシンプルな展開だ。
 このやり方、経験の浅い先生だと、たぶん30分と持たない。こういう単純な繰り返しは、そのうち生徒が飽きるからだ。見ている私だって正直、「おいおい、これずっと続けるのかよ」と思ったくらいだ。

 ところがどっこい、授業の後半に向けて、気分がどんどん盛り上がってくるのだ。なぜかと言うと、「鈴木式読解法」を用いると、小難しい論文がスイスイ読み解けてしまうからだ。そりゃあ、「よし、次行こうぜ」って気持ちになるよな。

 「鈴木式読解法」というのは私が勝手に名付けたのだが、もしかしたら苗字よりも名前にちなんで「明成式読解法」のほうがいいかもしれない。文字通り「明らかに成る」からだ。
 私の理解に誤りがなければ、「明成式読解法」の肝(きも)は、文章の最小単位である単語(語句)や文節に着目することだ。先生は重要語句のことを「部品」と呼んでいたが、それを見つけ出してつなげれば要旨はつかめるでしょうというわけだ。

 授業中、ときどき「部品」を見つけ損なって見当違いな答えを発表する生徒も出てくるが、そういう時、先生は頭から生徒の答えを否定することはしない。「そうですね」とまず受け入れる。次に、「では、これはどう?」「ここは、どうなる?」といった質問をぶつけながら、生徒自身が答えを修正する方向に誘導する。が、ここまではある程度年季の入った先生なら誰でもやる。難しいのは、こういう場面で授業の流れを止めないことだ。

 鈴木先生の授業は、生徒が読む時間、考える時間、仲間と意見を交換する時間、発表する時間、先生が解説する時間。これらのバランスが絶妙で、流れるように授業が進んで行く。これはちょっとやそっとで真似できるものじゃないな。最近流行りの言い方をすれば「神授業」ってやつだ。
 ということで、人前で講義をすることの多い私にとっても大いに勉強になる授業であった。

 花咲徳栄鈴木明成先生


体育の授業を見ると学校のことがよく分かる

 この3日間、仕事上の都合で朝から晩まで学校にいた。
 朝から晩とは大げさだが、朝の登校風景から昼休み、放課後まで、生徒や先生方のいろんな姿を見ることができ、学校情報の発信を仕事とする私にとって貴重な経験となった。

 今日は中学生の体育の授業を2時間見た。
 体育の授業を見て何が分かるの?
 いや、これが分かるんだな。他に何も見なくたって、これだけ見ればその学校や、先生や生徒のことがほとんど分かるというくらい、いろんなことが分かる。

 音楽に美術に家庭科。こういう実技系の教科は、英語や数学といった座学の教科以上に、生徒の本来の姿や、先生と生徒の関係性が観察できるんだ。

 やたら見学者が多いのはダメだ。もちろん怪我や病気は仕方ないが。
 整列ができないのもダメ。準備運動きちんとできないのもダメ。それと声が出てないのもまずいな。みんなで楽しく身体を動かしてると、自然と声は出てくるものだ。あと、道具をていねいに扱えないのもいかんな。後片付けちゃんとできるか。

 運動そのものは得意な子、不得意な子がいるのはやむを得ないが、下手は下手なりにがんばっているかどうか。下手な子を馬鹿にしていないか。みんなで励ましているかどうか。
 ということで、観察ポイントは盛りだくさん。

 塾の先生方にも、あるいは受験生や保護者の皆さんにも、機会があればぜひ体育の授業を見ていただきたい。

main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード