川内優輝選手、面白すぎるぜ

 朝から面白すぎて笑ってしまった。
 川内優輝選手、ボストンマラソン優勝のニュース。

 気温3度、大雨と強風。
 いくらマラソンは気温が低い方がいいと言ったって限度がある。野球の試合も寒さで中止になったというじゃないか。
 でも川内選手は言った。「僕にとって絶好のコンディション」。

 私なんぞの例を持ち出したって何の説得力もないが、30度も辛いが、3度も相当辛いと思うよ。30度は熱中症との戦い。3度は低体温症との戦い。

 タイムは設楽悠太選手の日本記録に遠く及ばないが、マラソンの記録は、コースと気象条件と相手との関係でいくらでも変わるから、単純にタイム比較をしても意味はない。1位になることが大事なんだ。設楽選手も「記録は出たけど勝てなかった」と不満そうだったじゃないか。そう考えれば、100年以上も続く世界的な大会での優勝は価値あることだ。

 日本人では瀬古利彦さん以来の優勝というのも愉快だ。日本陸連から見たら川内選手は異端児だからね。反逆児かな。
 世界的ランナーだった瀬古さんからすれば、川内選手はそこらの「草ランナー」だ(糞ランナーじゃないよ。草野球の草)。その草ランナーに、「瀬古選手以来31年ぶりの日本人優勝」を果たされてしまったのだから、「クソ!」と思っているかもしれない。そこが愉快だ。

 川内選手がゲストランナーに招かれた大会に何度か出たことがあるが、普通ゲストは軽く流すもんだが、かれは素人相手に本気走りするからね。貴重なトレーニングの場と考えているからだろう。自分が走り終えた後は、市民ランナーを応援してくれるし、サインして、写真撮ってのリクエストにも気軽に応えてくれる人だよ。

 仕事柄学校にはよく行くので、職場での川内選手(いや、川内さん)を見かけたこともあるが、完全にその場に溶け込んでいて言われるまで気づかなかったくらいだ。公務員ランナーは、単にマスコミが付けたキャッチフレーズではなく、本物だ。

 ボストンマラソン優勝者は50年後の大会に招待されるそうだ。31歳の川内選手は81歳で招待されることになるが、その年になっても本気走りしそうで、それを想像すると、面白すぎてまた笑ってしまう。

設楽悠太選手も川内優輝選手も埼玉出身だからな

 当ブログの読者は圧倒的に埼玉県民が多いと思われるので、他県の皆様に、ちょいと埼玉自慢をさせてもらおうか。

 今日行われた東京マラソンで設楽悠太選手が、16年ぶりに日本記録を更新した。
 双子の兄弟の弟である設楽悠太選手は、寄居町(よりい)の男衾中学校(おぶすま)から越生町(おごせ)にある私立・武蔵越生高校、東洋大学と進み、今はHONDAに所属している。
 東洋大学陸上部は、同大川越キャンパスを拠点としており、HONDA陸上部は工場のある狭山(さやま)を拠点としている。
 つまり、設楽選手は、ずっと埼玉を走り回って強くなったんだ。
 そうそう、公務員ランナー・川内優輝選手も鷲宮中学校(わしのみや)から春日部東高校(かすかべひがし)だった。

 それにしても埼玉の地名、読みにくいな。
 甲子園で優勝した加須市(かぞし)の花咲徳栄高校(はなさきとくはる)だって、普通じゃ読めない。

 で、マラソンの話に戻るが、私は東京マラソンに過去4回出ている。10回応募して4回当選だから、かなり確率いいほうじゃないか。
 去年からゴール地点が、有明の東京ビッグサイトから東京駅に変わった。その結果、後半の川や運河を越えるアップダウンがなくなって、非常に走りやすくなった。スタートしてから前半は、非常にゆるやかな下りだし、いわゆる高速コースに衣替えしたわけだ。

 マラソンの記録は、コースと気象条件次第。
 よって今回の設楽選手の記録は、それらにも助けられたものだが、日本記録が期待される中で、きっちり結果を出したのは立派だ。
 別に川内優輝選手を真似たわけではないだろうが、設楽選手もレースに出まくっている。これまで実業団選手の場合、フルマラソンは年に1レースなんていうのが当たり前で、結果が出ないと、調整に失敗したとかなんとか言い訳していたが、川内選手や設楽選手は、調整なんてクソくらえ、ってなもんで、とにかく実戦主義だ。

 当ブログの性質上、例によって受験勉強の話に無理やり持っていくが、模擬試験受けまくりみたいな感じかな。
 練習は大事だが、練習は所詮練習で、実戦に勝る練習は無しというところだ。この考え方、いろんなところに応用できそうだ。

専門家の厳しいコメントも聞きたいじゃないか

 女子マラソン界にニューヒロイン誕生。
 昨日、大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生選手のことだ。

 松田選手は、昨年の日本選手権の1万メートルで勝っているし、とりあえず現役最速の長距離ランナーであることは間違いない。
 でもね、初マラソンでたまたま優勝したくらいで、大騒ぎし過ぎだろう。
 明るいキャラも結構だが、結局オリンピックでは活躍できなかった福士加代子選手を思い出してしまったよ。有森裕子さんも、高橋尚子さんも、野口みずきさんといった五輪メダリストはあんなにハイテンションじゃなかった。

 昨日のレースには海外の有力選手が出ていない。あえて呼ばなかったのか、金がなくて呼べなかったのか。そのあたりはよく分からないが、海外招待選手で持ちタイムが一番いいのが2時間26分台の選手だからね。結果は3位に終わったが、忍者走りの安藤友香選手に勝たせようとしなんじゃないかと、変に勘ぐってしまうよ。

 新聞やテレビが大騒ぎするのは仕方ない。それがかれらのお仕事なんだから。
 でも、専門的見地からちょっと辛口のコメントをしてくれる人が欲しいね。私のような素人が言ってもダメなんだ。プロの厳しい意見が聞きたい。

 おそらくテレビ解説をしていた増田明美さんや高橋尚子さんも、本当に強い選手が出ていない低レベルな大会であったことは分かっている。でも、立場上言えない。
 そう言えば、増田明美さんは、フジテレビ系列の放送なのに何度もTBS系列の「陸王」の話を持ち出していたが大丈夫なのか。

 マラソンに限ったことではないが、どの競技においても、専門的な立場から、厳しめのコメントを出してくれる人が欲しい。サッカーのセルジオ越後さんとか、大相撲の北の富士勝昭さんみたいな感じかな。

 みんなが「すごいぞ、すごいぞ」って言っているときに、「いや、そうでもないよ。なぜならば…」と、理詰めで語れる人。辛口なんだけど、みんなを「それもそうだな」と納得させられる人。厳しい口調の中にも愛と優しさが感じられる人。

 以上。こんな人になれたらいいなという願望を述べてみた。

マラソン界恒例の代表選びゴタゴタレース始まる

 またもや日本マラソン界恒例の謎多き代表選考が始まったみたいだな。

 先日(1月31日)、3つある国内代表選考レースの一つ大阪国際女子マラソンが行なわれ、福士加代子(ワコール)が2時間22分17秒の好タイムで優勝した。

 3人の代表のうち、すでに一人は内定している。
 「世界選手権(8月、北京)で入賞した日本人最上位者には内定を出す」
 この条件をクリアした世界選手権7位の伊藤舞(大塚製薬)だ。
 7位というのも、2時間29分48秒というのも物足りないが、一応、そういう決まりだったから仕方ないだろう。

 さて残り2枠。
 「国内の選考3大会で、それぞれ日本人3位以内に入ることが選考対象となる条件」
 その上で。
 「日本陸連設定記録(女子は2時間22分30秒)を突破した者がいれば1人を優先的に選出し、残りは順位やレース展開などから総合的に判断する」

 であれば、福士加代子は内定でいいのではないか。
 と、多くの人は思ったが、そうはならなかった。

 さいたま国際、大阪国際に続く、第3の選考レース・名古屋ウイメンズ(3月13日)が残っているからだ。
 ここで日本人3位以内に入った選手が福士を上回るタイムを出すかもしれないじゃないか。そういう理屈だ。
 たとえば昨年同大会で、前田彩里(ダイハツ)は4位ながら(日本人1位)2時間22分48秒で走っている。その前田も出場するし、木崎良子(ダイハツ)、田中智美(第一生命)ら有力選手も出走予定だから、確かにその可能性がないとは言えない。

 さてさて、面白いのはここからだ。
 何と福士加代子が、名古屋ウイメンズに出場検討というニュースが流れているではないか。

 本気ではないと思う。
 変人・川内優輝ならいざしらず、リオ五輪半年前に2レースやるやつがどこにいる。

 一つは、陸連設定記録を上回り、日本人3位以内どころか外国人にも勝って優勝した自分をなぜ内定にしない。何ならもう1回走って優勝してやろうかという陸連に対する抗議と嫌味、さらには自分を選べよという牽制。

 また、名古屋ウイメンズ出場選手に対しては、「お前ら、2時間22分以内が条件だからな。そのつもりで走れよ」というプレッシャー。
 マラソンというのは、勝負(順位)を意識しながら記録も狙うというのは、なかなか難しいものなのだ。
 つまり、福士選手はゆさぶりをかけているわけだ。

 まあ、こんな状態だから、いつものようにもめにもめるんだろうな。

箱根駅伝は、オリンピックにはつながらないみたいだ

 いまや正月の風物詩ともなった箱根駅伝であるが、この大会は世界につながるのだろうか。
 
 その前に、男子マラソンは、女子に比べて弱く、戦後のオリンピックでは金メダリストが出ていない。東京(1964)で円谷幸吉が3位、メキシコ(1968)で君原健二が2位、バルセロナ(1992)で森下広一が2位。以上、メダリストは3人。
 女子も高橋尚子、野口みずき、有森裕子の3人だが、高橋と野口は金という点で男子を上回っている。

 男子マラソンは、アトランタ(1996)からロンドン(2012)まで直近の5回のオリンピックに、計15人が出場している。うち4人は、高卒~実業団という経歴で、残りの11人は大卒だ。そして、この11人は、すべて箱根駅伝を走っている。

 なるほど、たしかに大半のオリンピック選手は、箱根駅伝経験者から出ているのは事実だ。

 ちなみに、箱根駅伝に出場できるのは、関東学生陸上競技連盟(関東学連)に加盟する大学だけである。つまり1都6県の大学。
なのに、なんで関東地方じゃない山梨学院大学が出ているかが謎であるが、関東学連に加盟しているからとしか答えようがない。まあ、近いからいいんじゃないの。私も以前、小田原から箱根を通って山中湖(山梨県)まで行ったことがある。歩ける距離だよ。

 で、話を戻して。
 テレビで放送されるので、全国の優秀な高校生ランナーが、みんな関東の大学に集まってしまうので、結果として、この中からオリンピック選手が出る可能性が高くなる。

 ただ、強豪校からは意外に出ていない。
 以下、代表11人の出身大学である。
●拓殖大2人 中本健太郎(ロンドン) 藤原新(ロンドン)
●日体大2人 川島伸次(シドニー) 谷口浩美(アトランタ)
●中央大2人 山本亮(ロンドン) 佐藤信之(シドニー)
●山梨学院2人 尾方剛(北京) 大崎悟史(北京)
●早稲田1人 佐藤敦之(北京)
●東海大1人 諏訪利成(アテネ)
●大東文化1人 実井謙二郎(アトランタ)
 この結果と、ここ20年間の優勝校(優勝回数)を比べてみると、いわゆる強豪校からはオリンピック選手はあまり出ていないことが分かる。

 最近20年間の優勝回数
1位 駒沢大 6回
2位 東洋大 4回
3位 順天堂大 3回
4位 神奈川大 2回
4位 青山学院大 2回
6位 日体大 1回
6位 早稲田大 1回
6位 亜細亜大 1回
 ということで、最近20年間で優勝回数ベスト5に入る大学からは、一人もオリンピック選手は出ていないことが分かった。

 だから何なのだという話だが、優勝を目指すような大学だと、無理をし過ぎちゃうんじゃないかということだ。
 ふだんは、何とか出場権をとろうぜとか、せめてシード権はとろうぜぐらいでいて、10年に1回くらい、あわよくば優勝でも狙ってみようか。この程度がちょうどいい。毎年優勝を争うような大学に入ると、下手をすると、大学時代で終わってしまう。

 もっとも、誰もがオリンピックを目指す必要はないわけで、箱根を走れればいいんだという選手がいたって、それはそれでいいのかもしれない。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード