FC2ブログ

「何でもいいから書いておけば部分点がもらえますか」に答える

 某塾長から、「公立入試における【部分点】の採点の仕方」について質問があった。
 塾の保護者から聞かれたということだ。

 ある程度知っていることであっても、可能な限り情報収集して、より正確に答えようという姿勢は好ましい。ただし、収集先が私でいいかどうかは別問題である。

 塾の保護者の方が、中学校の先生から聞いてきた話。
 先生曰く。「たとえば、数学の証明などであれば、途中から分からなくなったら、とにかく適当でいいから何か書いておきなさい」。
 ということなんですが、これでいいんでしょうか。と、某塾長は尋ねてきたわけである。

 うん、精神論としては、それでいいと思う。
 受験生に意外に多いのは、「自信がないから書かなかった」というものだから、たとえ数ミリでも可能性があれば、書いておこう。

 まず、大前提だが、【部分点】の与え方は、学校ごとに異なる。
 一般に、上位の学校ほど、部分点を取るためのハードルは高く、下位の学校ほどハードルは低い
 学校ごとに決めているから、自然とそのようになる。

 県の採点基準(採点の手引き)には、「内容に応じて部分点を認める」としか書かれていないので、各学校は、ここまで出来ていれば何点、これが書かれていれば何点という形で、独自に決める。
 これは事前には決められない。実際に問題を見てからである。そして、それが決まってから採点に入る。

 平成30年度「学力検査問題」、大問2(4)は、「円の性質などを利用した、線分の長さの比を証明する」問題であった。
 「線分の長さの比の証明」するために、「2つの三角形が相似であることを証明」すればいいわけだが(間違っても、ここは合同じゃないよ)、それに気づいて、「△PABと△PDCにおいて~」と書いただけで部分点がもらえるかどうか。
 これだけでは、ちょっと無理そうな気もするが、次に「円周角の定理により」ときたらどうか。これは相似の証明に入ろうとしていると判断できるし、この問題が狙っている所をズバリ突いていると言えるので、よほど厳しい基準を設けている学校以外は、何点かの部分点は与えるだろう。あとは、「対頂角は等しい」を言えばよく、これで相似の証明は完了なので、個人的には6点満点中3点はあげていいと思うが、最初に言ったように、その判断は学校次第だ。
 ちなみに、この問題、正答(満点)21.8%に対し、一部正答(部分点がもらえた人)22.1%、誤答27.5%で、残りの28.6%は無答(白紙)であった。
 つまり、正答(満点)を除けば、何か書いて点数をもらえた人より、何か書いても点数をもらえなかった人の方が多かったということだ
 
 以上、数学(特に証明問題)についてだが、「何でもいいから書いておく」の精神は尊重するが、それで点数を取れるほど甘くはないぞということだ。

受験生、誤読されない数字やひらがなを書けているか

 埼玉県公立高校入試まで、あと4週間(学力検査は2月28日)。

 今一番大事なことは?
 そりゃ決まってるでしょう。インフルエンザ対策です。
 当日の救済措置として追検査日程も組まれているが、り患して残り4週間のうち1週間近くの戦線離脱ということになれば、大きな痛手となる。
 塾の先生方も細かく指導されているはずなので、改めては言わないが、受験生には万全のコンディションで臨んでもらいたいものだ。

 残りの期間で何をやるか。
 これはまあ、いろいろな考えがある。生徒の学力の状況や志望校によっても違うだろうから、これも先生方にお任せしよう。
 
 実際の採点を経験した者からの、馬鹿馬鹿しいようなアドバイス。
 「数字」
 「アルファベット」
 「ひらがな」
 「カタカナ」
 以上を、誰が読んでも、同じように読み取ってもらえるように書けているかを念のためチェックする。 

 採点は基本的には、性善説だ。好意的だ。
 そのように採点しろという規則も命令もないが、先生とはそういう人種だ。
 読みづらい字も、何とか読み取ろうと努力する。

 でも、いるんだな。
 信じられないと思うが、「イ」にしか見えない「ア」を書くやつが。
 「1」なのか「7」なのか。「u」なのか「o」なのか。
 本当に苦労するよ。

 合否ラインに近づくほど、僅差の勝負になるわけだから、万が一にも誤解を招くような字を書いてはいけない。
 すでに指導済とは思うが、念には念を入れてほしい。

ギリギリで合格したら、入学後が大変と思われている方へ

 「無理して、自分の力以上の学校を受け、ギリギリで合格したとしても、入学してから苦労するんじゃないでしょうか? 勉強について行けないんじゃないでしょうか?」

 では、この件に関して、その昔公立高校教員であった私がお答えします。
 全然心配ありません。

 小学校から中学校へ上がる場合、実は最初から大きな学力差がある。公立では入試が行われないので確認できないだけだ。
 しかし、中学校から高校へ上がる場合は、入試という関門があるので、学力がかけ離れていれば、そもそも入学(合格)できない。

 塾や中学校の先生が、きっちり指導してくるためだろう毎年入学してくる生徒のレベルは見事なまでにそろっている。
 というのは、高校教師側の感覚。

 「でも、偏差値65の学校なのに、そこに64とか63で受かっても、後が大変じゃないですか?」
 なるほど、そういうご心配ですか。

 ただ、公立は偏差値で選抜してるわけじゃないんでね。公立の先生はそういう話にうといんですよ。誰が偏差値いくつかなんて、本人が言って来ない限り分からない。というか興味なし。
 それに、偏差値1ポイントの差なんて、500点満点のテストで言ったら10点差ぐらいだから、世間で偏差値65と言われている学校に、その日のコンディションや、問題の出具合(たまたま得意な所が出たとか、苦手な所が出たとか)によって、偏差値64や63、もしくはそれ以下の子が受かることは、いくらだってあるわけですよ。

 「それって偶然じゃないですか?」
 はい、その通り。ですが、入試なんてものは、元々偶然という要素を含んだものなんですよ。その偶然が起きにくいのは、皆さんがあまりにも偏差値に毒されて、それが絶対的なものだと勘違いして、チャレンジして来ないからです。

 それと、皆さんがもう一つ勘違いしていると思われる点。
 入試は総合点による選抜なので、からっきしダメな教科があっても、それを得意でカバーして入って来る生徒がいる。そういう場合は、総合点が高くても、入学後にいずれかの教科で苦労することになる。
 つまり、ギリギリで受かった子も、ある教科に関しては、余裕で受かった子を上回っている場合があるということ。

 全教科ついて行けないような子は落ちているはずだから、受かった子ならまったく問題ない。高校入学時は、ほぼ横一線のスタートだから、入学後の頑張り次第だ。


追伸:昨日のエントリー「私立入試の問題・・・」に関して、公開または非公開の形で何人かの塾の先生からご意見を頂戴しました。いずれも大変勉強になるものでした。有難うございました。

英語に長文読解というものはないのだよ。えっ?

 昨日はブログ3連投。
 その分、今日はお休み。というのは本ブログではないのである。

 昨晩遅くまでかけて撮った動画(18日公開予定)の内容は、「英語に長文読解という問題はないのだよ」というものだ。

 まあ、分類すれば、そういうことになるんだろうが、結局は、空所補充・適語選択、書き換え、並べ替え、和訳、英訳といった形で知識が確認される。そういういろんなタイプの問題がセットになっているのを、われわれは長文読解問題と言っているんだということ。
 幕の内弁当みたいなもんだ。そうは言わなかったけど。

 さらに。
 いろんなタイプの問題で問われているのは、つまるところ「単語力」と「文法力(文法知識)」である。本当は「単語力」に「熟語力」も加わるのだろうが、そのことは言わなかった。

 残り時間が限られているのだから、漠然と「長文読解」と言っていないで、「単語力」と「文法力」を鍛えなさいよ。そうすれば、書き換え・並べ替えも和訳・英訳も、もうちょっと点数を取れるようになるんじゃないの。
 と、そんな話。

 国語の長文問題だって、実際のところ、注意深く読むべきなのは、半分かそれ以下で、あとは、さらっと流しても大丈夫。読めない漢字や、意味の分からない言葉や表現が出てきたとしても、設問に直接関係しなければ全然気にする必要はない。
 だから、英語の長文問題も、その長さ(語数)に圧倒されないことだ。

 県内私立入試まで1週間。それが終わって公立までが1か月。
 まだ行ける。まだ出来る。
 受験生にはそう思ってもらわないといけない。

 ということで、やや乱暴だが、長文読解と言っても、結局は単語と文法知識を増やしておけばいいでしょ。と言ってみたわけである。

速報 埼玉県公立高校入試第2回進路希望状況調査の結果

 1月11日(金)、埼玉県教育委員会から第2回進路希望状況調査(12月15日現在)の結果が発表された。

 明日12日の朝刊各紙で学校ごとの倍率を確認できるだろう。
 元のデータをご覧になりたい方のためにリンクを貼っておこう。
 ↓
 第2回進路希望状況調査の結果

 全体の倍率は1.18倍で、前年同期(1.19倍)と大差はない。
 普通科は1.24倍で、これも前年同期(1.25倍)とほぼ同じ。

 学校ごとの倍率では、前回調査(10月1日現在)で10校あった2倍を超す学校が、今回調査では半分の5校に減った。
 最終的には例年どおり、2倍を超す学校はなくなるだろう。

 今回調査における倍率上位校(普通科)は次のとおりである。
 市立浦和 2.50倍
 市立川越 2.37倍
 川口市立 2.37倍
 浦和西  2.11倍
 越ヶ谷   2.02倍
 上尾    1.95倍
 所沢北  1.81倍
 蕨     1.72倍
 川口   1.71倍
 川越南  1.69倍

 学校選択問題採用校の中では、川口北が前回調査の1.30倍から大きく下げて1.08倍となっている。越谷北、熊谷女子、熊谷西、春日部女子なども低倍率だ。

 動画でもう少し詳しく語っているので、視聴可能な方はどうぞ。
 ↓
 今日の動画 「速報 埼玉県公立高校入試 進路希望状況調査結果」
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード