FC2ブログ

普通科のコースは歴史的使命を終えている

 埼玉県教委から発表された第1回進路希望調査(10月1日現在)結果を受けて、「普通科のコース」について考えてみよう。

 普通科の中に「〇〇コース」というものが設置されるようになった、かれこれ40年前だったと記憶している。私の2番目の勤務校であった大宮南高校で「国際文化コース」というものを作ることになり、それに関わったのを覚えているから、たぶん間違いないだろう。

 「〇〇コース」は、学科としては普通科であるが、専門科目を少し多く学ぶ。が、専門学科ほど多くはない。
 と言えば、誰だって「ちょっと中途半端じゃないの」と思うだろう。そうなのだ。作りながら当の私たちもそう思った。が、これが当時の県教委の方針だったのだから仕方がない。「公立高校の特色化」というのは、昔から言われていたことなのである。

 しかし、そんな中途半端な存在でも生徒は集まった。昭和の終わりから平成の初めまでは、中学校卒業者が10万人以上いたからだ。(今は6万人台前半)
 その後、少子化が進行する中で、ピーク時には30校以上にあった「〇〇コース」は、普通科に吸収されるか、学校自体が統合によりなくなるかして減少して行き、今では7校7コースに激減した。

 では、数少ない生き残りコースと、先の第1回希望校調査の倍率を見てみよう。
 大宮光陵・普通科・外国語コース   0.90倍
 児玉・普通科・体育コース      0.43倍
 飯能南・普通科・スポーツコース   0.33倍
 日高・普通科・情報コース      0.55倍
 松伏・普通科・情報ビジネスコース  0.65倍
 八潮・普通科・体育コース      0.55倍
 川口市立・普通科・文理スポーツコース 1.08倍
このうち、川口市立は新設であるから、生き残りとは言えない。そして、現時点で定員に達しているのはここだけである。

 大宮光陵・外国語コースは、普通科や他校からの鞍替えが期待できるので、最終的には定員を割ることはないだろう。
 日高・情報コースと、松伏・情報ビジネスコースは、商業の「情報処理」からの鞍替えが多少期待できるので、ぎりぎり定員確保まで行く可能性はある。一昨日書いたように、工業の情報技術と商業の情報処理は、今人気なのである。
 児玉・体育コース飯能南・スポーツコース八潮・体育コースは、ちょっと厳しそうだ。体育に関する専門学科である大宮東・体育科もふじみ野・スポーツサイエンス科も苦戦している状況だから、やむを得ない。

 学科やコースの廃止については軽々に論じられないが、「〇〇コース」はすでに歴史的使命を終えていると思われるので、延命策よりも一気に全廃でいいだろう。入学後のコース分けや選択教科などで対応することとし、普通科に吸収が合理的な判断だろう。そもそも普通科なんだから。

 

専門学科、農業復権、工業は情報技術、商業は情報処理が人気

 農業が復権してきたか。
 いや、これは高校野球の話ではないぞ。

 農業・工業・商業と言えば、伝統的な専門学科だ。
 大きな流れで言うと、明治期に農業、大正期に商業、昭和期に工業の順で学校が作られてきた。

 明治時代創立の学校が4校ある。
 児玉白楊 明治32年(平成7年に児玉農業から改称)
 秩父農工科学 明治33年(秩父農業から秩父農工を経て平成17年改称)
 熊谷農業 明治35年
 川越工業 明治41年
 農業3校、工業1校。

 さて、そこで問題です。
 昨日発表の埼玉県の中学生進路希望調査(10月1日現在)で、もっとも倍率が高かったのは農業・商業・工業のうち、どの学科だったでしょう?
 答え。
 農業科。

 農業科 0.99倍(前年0.91倍)
 工業科 0.97倍(前年0.93倍)
 商業科 0.73倍(前年0.79倍)
 なんと農業科が工業科を抜いて、3学科の中でトップに立った。だから農業の復権かとなるわけだ。

 杉戸農業・生物生産技術科は実に2.08倍(前年1.93倍)の高倍率。定員40人と少ないが、すごい人気だろう。秩父農工科学・農業科も1.88倍(前年1.15倍)の高倍率。6校18学科中6学科が1.0倍を超えている。(6学科中3学科が杉戸農業)
 元は農家の後継者が行く学校だったが、今は、学問として、あるいは産業として農業が見直されてきたための人気だろう。1周回って、農業が最先端ってところか。

 工業科では、川越工業・建築科が2.48倍(前年2.15倍)、同・デザイン科が1.60倍(前年1.75倍)の高倍率。機械科・電気科も1.5倍超え。1.0倍に達していないのは化学科のみだ。

 工業科の中では、建築科と情報技術科の人気が高い。
 川越工業・建築科 2.48倍(前年2.15倍)
 春日部工業・建築科 1.39倍(前年1.38倍)
 熊谷工業・建築科 1.28倍(前年1.90倍)
 大宮工業・建築科 0.87倍(前年0.97倍)

 越谷総合技術・情報技術科 1.93倍(前年1.80倍)
 熊谷工業・情報技術科 1.50倍(前年1.23倍)
 久喜工業・情報技術科 1.35倍(前年1.13倍)
 新座総合技術・情報技術科 1.13倍(前年0.95倍)
 浦和工業・情報技術科 0.98倍(前年0.90倍)
 
 普通科で低倍率に喘いでいる学校が多い中、すごいじゃないか。

 ただ、商業科はやや厳しい。
 17校31学科ある商業科を、とりあえず3つのタイプに分類してみよう。
 ■商業専門型
 いわゆる伝統的な商業高校で、名前を聞けば商業だと分かる学校。
 岩槻商業・浦和商業・大宮商業・熊谷商業・狭山経済・所沢商業・羽生実業・深谷商業・皆野(ここだけ分かんない)
 ■普通科併設型
 「普通科+商業科」というスタイル
 上尾・鴻巣・鳩ケ谷・鳩山・八潮南・市立川越(元は川越商業)
 ■複合型
 工業など他の専門学科との併設。
 越谷総合技術・新座総合技術

 学校のタイプによる人気の差はそれほどないが、学科による人気の差は歴然としている。
 深谷商業・情報処理科 1.31倍(前年1.04倍)
 上尾・商業科 1.23倍(前年1.23倍)
 市立川越・情報処理科 1.21倍(前年1.23倍)
 浦和商業・情報処理科 1.10倍(前年1.29倍)
 狭山経済・情報処理科 1.09倍(前年0.98倍)
 熊谷商業・情報処理科 1.03倍(前年0.69倍)
 越谷総合技術・情報処理科 1.00倍(前年0.95倍)
 深谷商業・商業科 1.00倍(前年1.11倍)
 1.0倍を超えているのは、31学科中8学科だが、このうち6つが情報処理科である。普通科の人気が高く野球など部活の盛んな上尾と、伝統校・深谷商業は例外で、あとは全部情報処理科だ。工業科で情報技術科の人気が高いのと対をなしている。

 ということで、普通科に比べ注目度が低い、伝統的な専門学科について語ってみた。
 11月17(土)・18日(日)の2日間、大宮ソニックシティで県が主催する「産業教育フェア」(入場無料)があるので、そこでまた取材してこようと思っている。

埼玉県公立入試、第1回希望校調査の結果が発表された

 埼玉県公立高校入試。
 10月1日現在の進路希望状況調査の集計結果が県教委から発表されたので見ておこう。

 毎年言っていることだが、この時期、受験生はまだ公立しろ私立にしろはっきりと意志を固めていない。
 したがって、10月に入って説明会や個別相談会が行われ、また模試の結果なども判明して、すでにこの調査とは希望校が異なっている受験生も多いはずだ。

 全体の倍率は1.24倍で昨年同時期より0.1ポイント下がっている。普通科も1.35倍から1.34倍と少し下がっている。

■普通科で倍率が高かった学校(カッコ内は前年同時期)
 市立川越 4.04(3.28)
 川口市立 3.34(2.59)
 市立浦和 3.26(2.64)
 浦和西  2.55(2.48)
 上尾   2.53(2.81)
 越ヶ谷  2.45(2.46)
 所沢北  2.36(2.30)
 川越南  2.24(2.42)
 南稜   2.15(2.43)
 大宮   2.08(2.19)
 以上が2倍を超えている学校。
 カッコ内の数字を見てもらえば分かるが、これらの学校は、この時期はいつもこんな数字が出るのである。本番では2倍を切るから驚かないこと。
 市立川越は人気がある上に募集人員が140人と少ないので、ちょっとした人数の変動で倍率が大きく動く。
 川口市立は2度目の入試となるが、さらに倍率が上がった。最終的には「文理スポーツコース」に流れると思うが、かなりの高倍率で本番を迎えそうだ。

■理数科・外国語科で倍率が高かった学校(カッコ内は前年同期)
 大宮・理数科 2.43(2.53)
 不動岡・外国語 2.13(1.60)
 川口市立・理数 1.80(1.18)

■ナンバースクール等の動向
 浦和    1.55(1.52)
 浦和一女 1.18(1.27)
 川越    1.53(1.41)
 川越女子 1.61(1.51)
 春日部   1.16(1.13)
 熊谷    1.18(1.21)
 熊谷女子 1.05(1.17)
 浦和・川越・川越女子は、例年調査時点ごとの変動が少ないので、ほぼこのままの倍率で本番を迎えるだろう。
 春日部は、本番では県外(千葉県野田市など)からの受験者も加わるので倍率はやや上がるだろう。
 熊谷・熊谷女子は今後大きく倍率が上がる可能性はないと見ていい。
 浦和一女もこのまま低倍率(全県平均倍率を超えるかどうか)で行きそうだ。以前にも書いたことだが、女子校離れとか言うより、進学校アピールの不足の方が大きいのではないか(と、私は見てる)。ホームページの全日制トップに、部活の活動実績がずらずらと出ている。それは結構なことなんだが、東大に4人(現役3人)受かってる学校だよ、1人2人で大騒ぎしてる学校が多いんだから、ドカンと前面に出してほしいね。そういうのを声高に叫ぶのは伝統校のプライドが許さないのかもしれないが、世の中全体の空気も読んだほうがいい。

■その他、注目の学校(個人の感想です) 
 の倍率低下が止まらない。普通科1.87(1.88)、外国語科0.88(1.48)。普通科は前年並みと見えるが、募集人員40人減を考慮する必要がある。蕨は、かつて大宮・市立浦和などと並び倍率トップ争いをしていた時期もあるが、新設・川口市立の影響を受けている。レベルの近い浦和西・川口北には固定ファンがいる。浦和西の自由な雰囲気が好き、川口北の硬派なところが好き。もちろん、そこが嫌という人もいるが校風が確立している。その点、蕨は「どんな学校?」と聞かれても「いい学校だよ」としか答えられない。浮動票の多い蕨のほうが、固定ファンのいる浦和西や川口北よりも、新設・川口市立の影響を受けやすかったというのが私の見立てだ。蕨駅周辺の環境変化も影響しているかもしれない。

 新たに学校選択問題を採用することになった春日部女子は、普通科0.87(0.95)、外国語科0.85(0.85)。前年もこの時期、高い倍率を示していたわけではないので、学校選択問題採用の影響と言えるかどうかは微妙なところだ。他校から乗り換える場合、(学力検査問題→学校選択問題)という切り替えが必要なので、ここから盛り返せるかどうかは微妙だ。数学は平均点が低く差がつかないと思われるので、数学苦手な生徒にはかえっていいかもしれない。まさか学校がそんなアピールをするとは思えないが、私は「今年の春女は4教科入試」と言っている。

 長くなってきたので今日はここまで。

生徒が集まらない原因はそこじゃないから

 平成31年度入試の実施要領と、各校の選抜基準が発表されたので、塾の先生方は暇なとき(はないと思うが)、見ておいて欲しい。

 31年度公立入試 各校の選抜基準

 私は今、「埼玉県公私高校進学ガイド」という自社発行書籍を制作中で、その中で必要があるので、全校全学科に目を通す。
 
 何でもそうだが、繰り返しやっていると勘が働くようになる。
 前年と変更になっている学校が分かるのだ。

 変更になっている学校は、募集で苦戦している学校の中にある。
 今の方式になった最初のころは、年度ごとに結構変更があったのだが、さすがに最近は安定して、前年通りの学校が多い。変えてくるのは募集で苦戦している学校だ。

 まあ、変えた理由は各校さまざまと思うが、選抜基準をいじっても、そこは募集と関係ないから。
 分かってると思うけど。

 私立が相談基準(「偏差値など)を変えると影響はあるが、公立の選抜基準は、募集(受験者数)とほとんど関係ない。受験生はそこを見て決めてるわけじゃないから。

 受験生が集まらなくて苦労している学校は、精神論っぽくなるけど「汗をかくこと」しかない。
 説明会や相談会の数を増やす。
 中学校や塾への訪問回数を増やす
 いわば営業活動だが、こういう泥臭い活動なしに受験生は増やせない。

 媒体(新聞雑誌)などへの露出を増やすのも有効だが、お金がかかる場合がほとんどだ。しかし、露出が増えて知名度が高まっても、これはいわば種まきみたなものなので、刈り取りは人力でやらなければならない。ということで、やっぱり「汗をかく」。
 だから、えんぴつなめなめ数字をいじくったぐらいじゃ何も解決しないぞ。と言っておこう。

 ただ、現実を前にして何もやらないよりはましだ。
 次にやることは、「選抜基準が変わりました」というのを話のタネに中学校や塾を回ることだ。 

速報、埼玉県公立高校入試募集人員が発表された

 平成31年度埼玉県公立高校入試の募集人員が発表された。

 詳しくはコチラ↓
 平成31年度入試・募集人員

 概要は次のとおり。
 1 全日制募集は139校
 2 募集人員は前年比680人減の3万8040人
 3 募集増は1校(鷲宮240人→280人)
 4 募集減は18校(計720人減)

 募集人員を減らす学校は次のとおり。
 (いずれも40人減。特に学科名の記載がない学校は普通科である。※印は前年度募集人員増を行った学校である)
 上尾南(280→240)
 大宮東・普通(280→240)※
 川口青陵(320→280)※
 川越(400→360)※
 川越女子(400→360)※
 川越初雁(240→200)
 越谷南(360→320)
 狭山清陵(240→200)
 蓮田松韻(240→200)
 蕨・普通(360→320)※
 市立浦和(360→320)※
 大宮北・普通(320→280)※
 熊谷商業・情報処理(80→40)
 皆野・商業(80→40)
 越谷総合技術・電子機械(80→40)
 新座総合技術・総合ビジネス(80→40)
 幸手桜(240→200)
 寄居城北(240→200)
 進修館は普通科40人の募集を停止し、総合学科に統合する(総合学科160→200)。

 上位校では、川越・川越女子・蕨・市立浦和・大宮北などが40人減となっているが、いずれも前年度(30年度)人員増を行っているので、元に戻った形だ。
 全日制680人減の理由について県立学校人事課は「中学卒業予定者が、本年度より1050人減少する見込みであることを考慮したため」としている(20日付埼玉新聞より引用)。
 
 
 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード