FC2ブログ

志願者・合格者の男女別が発表される可能性は少ない

 埼玉県公立入試における学校ごとの男女別志願者数と、男女別合格者数を知りたいと思い、いろいろ調べてみた。

 10月と12月に行われる進路希望状況調査では、男女別に希望者数が発表されているが、これは教育局教育政策課(各種教育統計などを扱う)によるものだ。
 その後に発表される実際の出願状況や合格者数などには男女別がないが、こちらは教育局高校教育指導課によるものだ。

 埼玉県公立入試では、都立高校のような男女別定員制を設けていない。したがって、志願者や合格者について男女別に集計する必要性がない。だから、調べない。
 
 たしかに自分の経験に照らしてみても、男女比に目が向くのは合格発表後のクラス編成からで、入試の段階では「今年は男子が(女子が)多めかな」という程度の関心しか持たなかった。仮に男女比が事前に分かったところで、選抜には何の関係もないわけだし。

 現場感覚としては、男女比は極端に違わないほうがいい。あるいは、年度ごとの違いも少ないほうがいい。ただ、そう思っても、選抜段階でこれを調整することはできない。
 せいぜい出来るのは、男子が少ないと思えば男子向けアピールを強化し、女子が少なめだと思えば女子向けアピールを強化することぐらいだが、受験者が増えれば合格者が増えるという保証はない。

 塾の先生方は男女別を知りたいだろう。高校の先生も他校の男女別には関心があるだろう。

 だが、この先、男女別が発表される可能性はきわめて低い
 なにせ、性的少数者に配慮し、入学願書から性別欄をなくそうという時代だ。2019年度では大阪府と福岡県が性別欄を廃止し、神奈川県など14道府県が廃止を検討しているという。
 性別欄がなければ男女別が出せるわけないじゃないか。

 以前、読者の方からも質問があり、いつかこの話題を取り上げなくてはと思っていたのだが、時代の流れというか、世の中の雰囲気というものを考えると、今まで出していなかった男女別を、このタイミングで出すようになるとは到底思えない。
 というのが本日の結論だ。

埼玉県公立入試・追検査実施校について続報

 昨日、埼玉県公立入試・追検査実施校についての記事を書いたところ、読者の方から、実施校は3月5日の「埼玉県 県政ニュース」で発表されているとのご指摘がありました。

 こちらです。
 ↓
 追検査実施校

 教えていただいて感謝です。

埼玉県公立入試「追検査」の問題を見ておきましょう

 読者の方から、今年度初めて実施された「公立入試追検査(3月5日)」の問題はどこかで見られますかというご質問があったので、お答えしておきます。
 ここにありますよ。
 ↓
 追検査問題(3月5日実施)

 次年度対策に利用できると思いますので、まだの方はぜひご覧ください。

 以上、臨時のお知らせでした。


P.S(追伸)
 もう一つ。追検査を実施した学校を知りたいというご質問もあったので。それもお答えします。ただし、筆者の推定です。
 調べ方。
 ①実施校は、当日欠席者がいた学校である
 ②実施校は、3月8日発表の実受験者数が、3月1日発表の実受験者数より当日欠席者数分増えているはずである。

 以上に該当する学校は次のとおり。
 上尾橘・朝霞西・岩槻・春日部・川口東・川越・熊谷・白岡・所沢・所沢北・所沢中央・所沢西・豊岡・蓮田松韻・日高・三郷北・宮代・浦和南(以上普通科)
 岩槻商業(情報処理)・熊谷商業(情報処理)・深谷商業(商業)・常盤(看護)・越谷南(外国語)・熊谷西(理数)・いずみ(生物系)(以上専門学科)

 以上、筆者の調べでは25校だが、新聞発表では全日制23校で実施とあったので、2校の誤差がある。

県立浦和の合格発表を見てきた

 20190308県立浦和合格発表(平成31年3月8日)

 県立浦和の合格発表を見てきた。
 次の予定があるため遠くの学校には行けない。一番近いのは浦和一女だが去年行ったので、今回は浦高だ。

 8時半ごろ学校に着いたが、まだそれほどの人数は集まっていなかった。
 発表10分前ぐらいから徐々に混み始めた。
 みんな、意外と出足が遅いが、早く来たからといって特別何かあるわけではないし、こんなものだろう。

 9時ちょうど。体育館脇の通路に合格者番号が記されたボードが順次掲出される。
 1枚のボードに72人分。
 6枚目のボードは3人だったから、「72×5+3」、合格者は363人だ。募集人員(358人)より5人多い発表だ。
 歓声が上がったのは一瞬で、それ以外は実に静かな発表風景だ。

 実受験者が509人だから、146人が不合格。
 かれらは、併願している私立に行くことになると思うが、3年後、今日ここに集まったメンバーとは、どこかの大学入試会場で相まみえることになるだろう。
 3年間で、どっちが成長しているか。楽しみだな。

 知り合いの浦高の先生にご挨拶。
 顔見知りの塾の先生にもご挨拶。
 知らない方にもご挨拶(ブログ読者の方、テレビをご覧になった方)。

 さて。次の打ち合わせがあるから事務所に戻ろう。

 動画:合格発表の模様(県立浦和)
  

世に出なかった入試問題も見てみたい

 出来上がった試験問題にああだこうだとツッコミを入れるのは難しいことではない。
 それはちょうど、人が作った料理に味が濃いだの薄いだの、盛り付けがどうだの、出汁がどうだのと、いくらでも好き勝手言えるのと一緒だ。
 そんなに言うなら、自分で作ってみな。

 だが、作ってもいない人が文句を言ってはいけないかというと、そうではなく、いろんなところからツッコミが入るからこそ、作る人の技量が上がるのである。批判は重要なのだ。

 どんどん批判しよう。ただし、論理的にね、建設的にね。
 「つまらない問題だ」「意味がない問題だ」ではまったく批判になっていない。

 批判には覚悟がいる。準備がいる。
 以前も書いたと思うが、問題作成者は学習指導要領を読んでいるよ。複数の教科書に目を通しているよ。他県の問題も研究しているよ。模試の問題も調べているよ。
 その上で、何種類もの問題を作っている。

 1回の試験だから1種類しか作らないなんて、そんな危険なことをするはずはないし、病気欠席者の追試験も考えれば、5種類以上のバックアップ問題(予備問題)を用意しているんじゃないかな。
 批判の対象となるのは、そういう人たちだ。だから、こっちにも覚悟と準備がいる。

 まあ、教育関係者ではない一般の方が、ご自由に感想や意見を述べるのは構わない。
 しかし、このブログをお読みになっている方の多くは教育関係者なのであるから(と、想像されるから)、一般人と同じ次元で語るのは、ちょっと恥ずかしい。

 というわけだから、私もしっかり勉強して、じっくり攻めて行こうと思っているところだ。
 
 それにしても、今回世に出なかった問題も見てみたいものだ。日の目を見なかった問題は、どんな問題だったのだろうか。それが明らかになれば、出題者側が目指す方向が、より明確になるはずだが、そんなものが公開されるはずはないので、自分で推理してみるしかない。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード