FC2ブログ

早稲田政経が数学必須にするって、結構な話じゃないか

 早稲田大学政経学部が、2021年度入試から数学を必須にするという。
 結構な話じゃないか。
 
 元々、経済学やるには微分だの積分だのは必須だったわけだし、政治学だって統計やらゲーム理論やら、数学的思考は必要なんだから当たり前だ。
 ただ、国公立との併願はしやすくなるが、数学を回避したい受験生は多そうだから、全体として受験生は減少に向かうだろう。でもまあ、定員を厳格に守れと言われている時代だから、それでいいか。

 英語なんて話せなくたって、どうってことないよ。
 どうしてもそうなりたかったら、1年か2年海外生活すりゃ何とかなる。読み書きは学問だが、聞く話すは主に生活の道具だ。小学生からやらせるなんて何考えてんだ。

 それよりも数学。
 国語や英語は、くそ長い文章の読解だな。

 よく、数学なんて学校卒業したら、四則計算ぐらいしか使わないという人がいるが、そういう仕事に就いたからだよ。そういう世界に生きているからだよ。数学がバリバリできたら、もっと別の世界が広がったかもしれない。

 歴史とか文学なんてものは、そこそこやっておけば、後は本でも読めば何とかなる。好きでやるのは止めないが、別に幼いころからやっておく必要はない。私は高校で日本史や世界史を教えたが、本気で勉強したのは先生になってからだ。そんなもんだ。

 というわけだから、これを機に、「英語話せるようになろうぜ」から、「数学や数学的思考に強くなろうぜ」、「読解力つけようぜ」という風潮になってくれるといいね。
 
 数学こそ世界共通言語だ。
 と、高校時代、数Ⅲまでやったけど、常に赤点スレスレだった私が、威勢のいいことを言ってみる。

東京医科大問題、女性差別より不正入試を糺すのが先だろう

 東京医科大学は女性差別をしてけしからん!
 いや、それよりも先の裏口入学も含めて、不正な入試が行われていることが問題だろう。
 何でもかんでも差別問題に持って行くな。

 まず、いくつかの私大医学部について、入学者の男女比がどのくらいなのか調べてみた。

 20180806医学部男女割合 表
 
 分かりやすくグラフ化してみた。
 20180806医学部男女割合 グラフ

 これだけのデータで断定するのは危険だが、女子入学者の割合が少ないのは確かなようだ。
 だが、もしかしたら、もともと女子受験者が少ないのかもしれない。
 慶応大学医学部などは、受験者の割合が男73.8%・女26.2%で、この段階ですでに男子の割合が高い。
 
 では、調べてみる。

 20180806東京医科大学入試結果 表
 
 これもグラフ化してみる。
 20180806東京医科大学入試結果 グラフ

 受験者の39.2%が女子である。
 1次合格者を見ると女子の割合が34.5%に減っている。
 この程度は普通にあることだと思うが、新聞報道などによると、この段階で女子に減点操作がなされているということだ。
 つまり、正しくやると、1次合格者の割合が女子40%とか45%になってしまうのかもしれない。

 しかし、私が気になるのは次の2次試験の結果だ
 ここで女子合格者の割合が一気に15.9%まで下がる
 2次試験の内容は、面接や小論文で、一般的に言えば女子が得意とする分野ではないか。
 ここでの合格者激減に何か裏がないのか。
 マスコミの皆さんには、ぜひここも調べていただきたい。

 私は、差別する人にも、差別される人にもなりたくない。
 それが基本的な立場だ。
 ただ、今回の問題をそっちの方向に持って行くと、大学や文科省の不正という点がぼけてしまうのではないかと心配する。
 

首都大東京、また名前変えるって?

 「おい、小池」またかよ、の思いつき発言。

 7月12日、都政改革本部会議において、小池都知事が首都大学東京について、「認知度を高めるため、これから進めていくブランディング戦略の一つとして、大学名を変えるくらいの大胆な改革をスピード感を持って進めることも必要ではないか」、「『東京都立大学』というのは今は駅名で残っているだけだが、これも一つの考え方ではないかと思う」などと発言した。

 ブランディング戦略と来たか。とりあえず横文字入れとけっていうのが小池流だな。それとお得意の「スピード感」。つい最近の目黒女児虐待死事件のときも「スピード感を持って対応するように指示した」と言っていた。口癖なんだろう。

 首都大学東京は、今から13年前、2005(平成17)年に、東京都立大学など都立4大学の再編・統合により誕生した。
 名付け親は、当時の石原慎太郎都知事だ。普通、大学名は「●●大学」までだが、「大学」の後に「東京」と入れたところが目新しかった。
 どうもこの人(小池氏)、よほど石原氏が気に入らないみたいだ。

 小池氏の言う通り、たしかに認知度は低い。キャンパスがどこにあるのか、どんな学部があるのか、高校の進路担当以外、誰も知らないだろう。今春から学部が再編になり、4学部体制から7学部体制になったことも、まだまだ知られていない。
 というような大学であるから、課題は山積しているわけである。いくらお金持ちの東京都がバックにあるからと言って、のほほんとしてちゃダメよ、というのはその通りだろう。

 ただし、大学名を変えるというのはどうか。また大金かかるぞ。

 という意見が当然出てくるはずで、そこを見越して小池氏は「大学名を変えるくらいの大胆な改革」という言い方をしている。このあたりうまいね。後で、大学名を変えろとは言っていないと言えるわけだから。
 それでいて、「『東京都立大学』に戻したらどうか」と、具体的な名称まで口にしている。

 一体、どっちなの、変えるの変えないの?
 なんか、市場移転問題を思い出すね。首都大派と都立大派に分かれて大騒ぎ。

 首都大学東京ホームページ

 名称に関する都知事発言について

勝手に日本大学理事長人事を考えてみる

 日大のイメージを変えるには、この際トップ(理事長)を交代したほうがいいかもしれない。

 念のためだが、理事長というのは学校法人のトップ。理事長兼学長(校長)というケースもあるが、同じ学校法人の傘下に複数の学校がある場合は、それぞれに学長(校長)がいることが多い。

 学校法人日本大学の田中英寿理事長は、日大OBで元学生横綱。相撲部監督として大相撲舞の海らを育てた。
 まあ、バリバリの体育会系ってことかな。

 他の有名私立大の理事長はどんな人物か。
 学長は、基本的に学者(教授)でいいが、理事長は経営面での責任者だから、企業出身者などが就いていても不思議ではない。

 まず早慶上智。
 早稲田大学総長 鎌田 薫氏 同大OB 法学部教授など
 慶応大学塾長  長谷山 彰氏 同大OB 文学部長など
 上智大学理事長 佐久間 勤氏 同大OB 神学部長など
 全員卒業生で教授歴あり。

 次にMARCH。
 明治大学理事長 柳谷 孝氏 同大OB 野村証券副社長など
 青山学院大学理事長 堀田宣彌氏 同大OB 会社経営
 立教大学理事長 神谷昭男氏 同大OB トヨタ自動車、東京トヨペットなど
 中央大学理事長 大村雅彦氏 同大OB 法学部教授など
 法政大学総長  田中優子氏 同大OB 社会学部長など
 こちらも全員卒業生。教授歴ありは中央と法政。他は企業経営に携わった人。野村證券、トヨタは有名だが、青山学院・堀田氏の守谷商会とはどんな会社なのか、私は知らない。

 最後に日東駒専
 東洋大学理事長 福川伸次氏 東大卒 通産事務次官など
 駒澤大学理事長 松原道一氏 同大OB 曹洞宗僧侶
 専修大学理事長 日高義博氏 同大OB 法学部長・学長など
 駒澤は仏教(曹洞宗)系だから、そうなるだろう。東洋の福川氏は高級官僚だから異色の経歴と言うべきか。

 たった10校程度で結論を出すのは性急なのだが、日大・田中理事長、ナンバー2の内田正人氏(元アメフト部監督)は、学者でもなく、官僚でもなく、企業経営者でもないという点で、他の有名大学とは違っている。

 別に体育会じゃまずいと言うことはないが、イメージチェンジを図るなら、OBの学者がいいかな。
 OBの著名な学者なら、天皇陛下の手術を担当した心臓外科医の天野篤氏がいるけどね。

 OB以外の高級官僚なら、前文部科学次官・前川喜平氏、前財務次官・福田淳一氏という手もあるが、これはシャレにならない。

読みにくい大学名を集めてみた

 日大アメフト部・内田正人監督の謝罪会見。
 お詫びの場にピンクのネクタイはどうかと思うが、日大のスクールカラーかシンボルカラーのようだから、これは譲るとして、「関西学院大学(かんせいがくいん)」を「かんさいがくいん」と呼んでいたのにはビックリ!

 一般人、かつ関東在住者ならそんなものかもしれないが、大学人だし、アメフト界ど真ん中の人だからね。もしかしたら、わざと?

 ということで、今日は、読みにくい大学名調査。
 全国に大学は800もあるから、そりゃ読めない大学だってあるだろう。

 たとえば、鹿屋体育大学(かのや)、吉備国際大学(きび)、都留文科大学(つる)が読めないとしても、それは地名が読めてないということだから、そういうのは除こう。

〇北海道・東北
 宮城県の尚絅学院大学(しょうけいがくいん)だろうね。熊本県に尚絅大学があるが、関係ないらしい。

〇関東甲信越・東京
 栃木県の白鷗大学(はくおう)、千葉県の麗澤大学(れいたく)、茨城県の常磐大学(ときわ)、群馬県の上武大学(じょうぶ)、埼玉県の尚美学園大学(しょうび)、東京の二松学舎大学(にしょうがくしゃ)。
 常磐は、常磐線、常磐ハワイアンセンターでお馴染みだから、「じょうばん」と読みそう。上武を「うえたけ」、尚美を「なおみ」と読む人は少ないだろう。上武は箱根駅伝で名が売れた。二松学舎は夏目漱石も学んだという伝統校。

〇中部・北陸
 静岡県の常葉大学(とこは)は付属高校の野球で有名。愛知県の椙山女学園大学(すぎやま)、至学館大学(しがっかん)。三重県の皇學館大学(こうがくかん)。
 女子レスリングの名門・至学館は、「しがくかん」ではなく「しがっかん」である。皇學館は伊勢市にある神道の大学。

〇近畿・中四国
 関西学院大学は、関東では間違える人が多い。京都の龍谷大学(りゅうこく)、大谷大学(おおたに)あたりは関東人でも大丈夫だろう。龍谷が西本願寺で、大谷が東本願寺。大阪の梅花女子大学(ばいか)を「うめのはな」と読む人はいないだろう。

〇九州・沖縄
 熊本県の尚絅大学(しょうけい)と崇城大学(そうじょう)、活水女子大学(かっすい)。鹿児島県の志學館大学(しがくかん)、沖縄県の名桜大学(めいおう)。志學館と至学館はよく混同される。名桜は公立。

 私は教育関係者だから、読めないということはないが、所在地が分からない大学はたくさんある。どんな学部かとなるとさらに分からない。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード