FC2ブログ

私立入試の問題を何とかしなければならない問題

 埼玉県内私立高校入試の問題は、「記号選択式+マークシート方式」が主流である。
 一部の学校、コースでは記述・論述も取り入れているが、その数は少ない。

 センター試験に代わる新しい大学入試制度では、従来のオール・マークシート式をやめ、記述を取り入れた問題も出題されることになっているが、「その対策は万全」と言っている私立高校が、当の入試では相変わらずのマークシート一辺倒というのは、どうも矛盾しているように思えてならないが、ここにはさまざまな経緯や事情があり、簡単には変えられない。

 埼玉県内私立高校は、公立比べ、1校あたりの募集人員が多い。県下最大の浦和学院は800人募集である。他にも500人を超える学校が8校ほどある。
 現行の入試システムだと、47校しかない私立に、県内の中学生のほとんどが出願する(単願受験者+公立を第一希望とする併願受験者)。よって、1校当たりの受験者数が多くなる。入試日を複数日設けていることも総受験者数増大の一因だ。

 この大量の受験者に対して試験を実施し、かつ2~3日という短期間で結果(合否)を出さなくてはならないとしたら、採点に時間のかかる記述・論述を出題している余裕はない。機械で採点できるマークシートが採用されるのもやむを得ないところだ。

 もう一つ。
 埼玉の私立入試では、事実上の合否が、本番試験前に決まっていることが多い。
 世に言う「確約」であるが、実際にそのような言葉が使われているわけではない。ただし、事前の個別相談において、高校側は合格の可能性がないと思われる受験生に対しては、受験を勧めていないのが現実である。
 よって、単願であれ併願であれ、出願し受験してきた生徒は原則全員合格させるというのが学校側の基本的な姿勢だ(例外もあるが、話がどんどん複雑化するので、ここでは深く立ち入ることはしない)。

 このような入試のあり方を、私は「入試という名のセレモニー」と呼んできた。
 原則全員合格、ないしはそれに限りなく近い試験に、採点コスト(時間と費用)のかかる記述・論述はふさわしくない。できるだけ簡便な方式が好ましい。

 では、事実上の合否は、いつ、どのような方法で決められているかというと、言うまでもなく民間テスト会社が実施する模試の結果(偏差値)である。

 つまり、今のところ、私立高校側には、記述・論述を導入すべき積極的な理由がないということである。

 だが、事態は少しずつ変わりつつある。

 私は、現行の入試システムを「昭和・平成モデル」と呼んでいるのだが、これは、多くの受験生(とりわけ学力上位層)が、公立を第一希望とし、私立を「押さえ=滑り止め」と考えていた時代のものである。
 私立の大学進学実績が急上昇し、部活動でも実績を残し、さらに学費格差が急激に縮まった今、私立を第一希望とする受験生は確実に増えている。今後も増え続けるだろう。

 そうなった時、民間模試に事実上「丸投げ状態」だったシステムが正常に機能するかどうかである。
 今すぐにではないが、近い将来、私立側も「本気で選ぶ入試」を実施せざるを得なくなるのではないか。
 それに、誰が作ったか分からない問題による試験結果(偏差値)で事実上の合否を決めるような「ゆるーい入試」を行っていたのでは、学校のステイタスやブランド力も高まらない。
 私立高校にはぜひ、新時代モデルへの移行をお考えいただきたいのである。

「公立も頑張っています」という声にお答えして

 公立高校だって、やることはやってるんだけどね。

 1月12日付「公立希望者70%割れ~」に、読者様からいくつかコメントが入っていて、その中に、「公立も昔に比べれば、進路指導も学習指導も手厚くなっており、本人さえやる気があれば難関大学に行ける。ただ公立はアピールが上手くない」という内容のコメントがあった。
 ほぼ同感ですね。

 私は、昔の公立高校教員だったわけだが、大学や予備校の先生を招いての講演会も、大学訪問(見学)も、学習合宿も、進学模試も、進路オリエンテーションも、もちろん進学補講も、みんなやってましたよ。
 むしろ、当時(30年前)は県内私立の方が、そういうことをやっていなかった。

 で、当時に比べて現在の公立の指導は、たしかに進化している。
 それは間違いないところだが、私立の方が、その上を行っているということでしょう。

 「公立は個人的、私立は組織的」 
 先生一人ひとりの能力や経験において公私間に差があるわけではないが、組織的な取り組みという点では、私立の方が上を行っている。
 というのが、私の見立てだ。

 たとえば、進学補講ひとつをとってみても、私立だったら、学校全体、学年全体、教科全体で計画的に取り組むところを、公立だと「やってくれる先生は手を挙げて」みたいな形になっていることが多い。これは私の時代からそうだった。
 だから、公立にだって「受験の匠」「受験の神様」みたいな先生はいるわけだが、その先生が他校に異動したら終わりだ。数学科はやる気十分だが英語科がいま一つといった教科間の温度差などもある。
 組織的な取り組みができるかどうかが公立の課題だろう。

 公立はアピールが上手くない。

 ご指摘の通りなのだが、手法の巧拙よりも、生徒募集や入試というものをどう位置付けるかという点が大いに関係しているのではないか。
 私立では、募集広報を担当する独立した部署があるのが普通で、スタッフも揃っているし、トップ(校長)と直結した重要ポジションだ。
 公立にも、募集(広報)委員会といった組織はあるにはあるが、順番にやっているだけなので、エキスパートが育たない。つまり素人集団であるから、アピールが上手いはずがないのである。
 私は、公立も生徒募集にはもっと力を入れるべきだという考えで、その点については、音声動画も公開しているので、まだの方はぜひご視聴いただきたい。

 音声動画「公立こそ定員割れが許されない」
 
 現在の私は、私立との関りの方が圧倒的に強いのだが、私を育ててくれた公立への恩義と愛着というものがある。また、公私を問わず、学校と先生を応援しようというのが今の立場である。

公立希望者70%割れ、埼玉県進路希望調査

 本日(2019年1月12日)の埼玉新聞1面の見出し。
 県内進路調査
 公立高志望70%割る
 24年ぶり 私立や多様化

 
 はい、そのとおり。
 公立全日制希望者は、前年から1187人減って4万4392人。これは全日制希望者の69.3%(前年比0.8%減)。
 では、公立が減った分、どこが増えたかというと当然ながら私立なわけだが、県内私立希望者は1万205人(125人減)で前年と変わらず15.9%。増えたのは県外私立。

 先生方ご存知のとおり、県内私立は一部の学校を除いて、入学者が定員を上回る状態が続いており、中には増えすぎて困っている学校もある。定員オーバーにも限度があって、それを超えると助成金カットというペナルティが待っている。

 そういう状態であれば、私立希望者はいきおい隣接都県に流れて行くわけで、たとえば東京に出れば、伝統校あり、急成長校あり、共学校あり別学校あり、キリスト教系あり仏教系あり、大学附属あり、超進学校ありと、よりどりみどりなのだ。

 記事では、私立希望者増加の理由として、景気の動向(まあまあ好景気)、父母負担軽減事業、大学進学実績などを挙げている(関係者コメントの形で)。
 それらは、いずれも正しいと思う。

 さて。
 公立希望者が減少し、私立希望者が増加する現象は、一過性のもの(ブーム)なのか潮流(トレンド)なのか。
 決まってるでしょう。明らかなトレンドですよ。流れですよ。川の水が上流から下流へと流れて行くようなもの。

 その根拠は?
 県は公立の統廃合を検討してるじゃないですか。私学への助成や、私学入学者に対する補助をどんどん増やしているではないですか。
 それって、どういうこと?
 どんどん、そっち(私立)に行ってくださいということですよ。

 だから私は言っているのです。
 これから私立の責任はますます重くなりますよ、と。

男女別定員あるなら事前に公表するべきだった

 宮崎県五ケ瀬町の全寮制中高一貫校・県立五ケ瀬中等教育学校で約20年間、1学年の合格者を男子22人、女子18人で固定していた問題。
 その後の調べで、入試で男子の合格者よりも高得点なのに、不合格になった女子が過去5年間で49人いたことが分かった。

 新聞は、20年も前から不正な入試が行われていたかのような書き方をしているが、毎年男女の合格者が一定だから、誰が見たって男女の合格者数を調整しているのは明らかでしょう。なぜ、今まで黙ってた。
 これはやはり、東京医科大学の一件からの流れだね。今ならニュースになる。

 ここは全寮制で、寮の定員という他の学校にはない制約があるのだから、それによる男女別定員があるなら、それは公表しておいたほうが良かった。

 問題化してしまった以上、このままというわけにはいかないから、1学年定員40人のうち、男女各15人までは性別の成績順、残り10人は性別なしの成績順というあたりが落としどころか。都立高校などもこのような方式をとっている場合がある。
 それだと男子25人対女子10人、あるいはその逆というケースが発生するが、ぎりぎり現状の設備で対応できるかもしれない。ただし、これが数年続くとなると寮の新増設が必要になる。
 いずれにしても全寮制という特別な環境下での問題であることは考慮されなければならないだろう。

 私の県立高校教員としての経験の中では、入試段階で男女の合格者を調整したことはなかった。ただし、男女比が大きく開いた場合、入学後のクラス編成で調整したことはあった(女子だけ、あるいは男子だけのクラスを作るなど)。
 ついでに言えば、共学校にも関わらずクラス編成は男女別々という学校は、昔もあったし今もある。

 クラスの編成の仕方は、時間割編成に影響する。
 いわば学校側の都合なのであるが、小学校と異なり教科担任制をとる中学高校の場合、時間割編成は元々難しい作業であって、そこに男女比のアンバランスが加わると、さらに困難に拍車がかかる。
 そして、その影響は最終的には教員スタッフの増員、とりわけ非常勤スタッフの増員にもつながるわけで、学校側の都合とばかり言えなくなってくる。

 であれば、入試段階で多少の調整をということになりかねないが、そういうことに特に厳しいのが今の時代であるから、昔のままの感覚でやっていると大きな痛手を被ることになる。

 私は、施設設備など主としてハード面の制約から、入試段階で多少の男女比の調整があっても仕方ないと考えている。入ってから生徒に迷惑をかけるよりいいだろう。ただ、繰り返しになるが、そうであれば事前に明らかにしておくべきで、今回の五ケ瀬中等教育学校の件も、そこが一番の問題だと思う。

ついにネット出願が多数派になった埼玉県内私立高校入試

 埼玉県内私立高校の募集要項がほぼ出そろったので、いろいろ調べているところだ。
 今日はインターネット出願について。

 ついにと言うべきか、やっとと言うべきか、インターネット出願採用校が今年、過半数を超えた。
 インターネット出願採用校は県内全日制47校中24校(51.1%)。

 私は10数年前からネット出願システムをホームページに組み込む仕事をしていたが、当時はあまり興味を持ってもらえなかった。埼玉県内では1校だけ仕事を発注してくれた学校があって、その学校とは今でもお付き合いが続いている。有難い学校だ。
 ここ2年~3年で、システムを積極的に売り込む企業も増え、受験生・保護者側の環境も整ってきたこともあり、急速にネット出願が広まった。
 なお、当然だが、今はパソコンがなくてもスマホで手続きできる。受験料の支払いも、カードだけでなくコンビニでOK。

 というような時代になっているのだから、業務の効率化を図る意味でも、受験生・保護者の利便性を高める意味でも、残りの各校にもネット出願への切り替えをお願いしたい。

 出願まではネットで出来ても、紙の受験票を発行する手順は残っている場合が多いが、近々スマホ宛てに受験票を送って、受験生は当日スマホを持って会場に来るという形になるだろう。チケットレスならぬ受験票レス。
 受験票と共に写真の問題も残っているが、スマホで撮って送らせれば済むでしょう。顔認証システムも進んできたし、何なら指紋認証で本人確認するという手もある。
 調査書の問題もあるが、ある意味これが一番簡単。セキュリティの問題だけでしょう。紙の書類を送らせることなんてわけない。
 あとは、ネットで合否発表して、そのまま入学手続きまでやってもらえば、入試に関わる業務は大いに軽減できる。

 以下、個人的な調査結果。一応全校のホームページを閲覧したが、見落としがあるかもしれない。
 20181106ネット出願
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード