FC2ブログ

平時に危険を察知し、行動を起こすことは難しい

 ある学校に新しい校長先生が赴任してきました。校長先生は学校中を見回ると、「プールの傍のブロック塀は危険だから取り壊したほうがいい。地震で倒れたら大変なことになる」と言い出しました。
 すると前からいるベテランの先生が、「あの塀はただの塀じゃないんですよ。校長先生も壁画を見たでしょう。あれは卒業生たちが記念に残した壁画なんですよ。取り壊すなんてとんでもない」と反論しました。
 また、別の先生は、「子供たちの思い出が詰まった塀を壊すなんて、校長先生はそれでも教育者ですか。6年間通った証を何かに残そうと子供たちと話し合って、何日もかけて描いたんです。子供たちの誇りなんです」と涙ながらに言いました。
 さらにまた、別の先生は、「危険だという根拠が何かあるんですか。あるんだったら、まずそれを示してください。来たばかりの校長先生の最初の指示が塀を壊せだなんて信じられません。卒業生だけじゃありません。在校生や保護者にも説明できませんよ」と、強く異論を唱えました。
 赴任したばかりの校長先生は、先生方の強い反対にあって、諦めることにしました。
 3年後、校長先生は別の学校に転勤になり、また新しい校長先生がやって来ました。この校長先生も「犠牲が出てからでは遅い」と、強硬に取り壊しを主張したところ、今度はどこで聞きつけたか新聞社が取材に来ました。数日後、『思い出の壁守れ』という記事が出ました。それで校長先生は断念しました。
 そしてさらに3年後… 

 って、切りがないないから架空の物語はこの辺にしておくが、平時は難しいんだよ。

 東京・武蔵野市のある小学校がブロック塀を取り壊したというニュースが流れていた。15年前に卒業児童が壁画を描いたという。その時は倒れる危険は考えなかったということだ。7年前の東北大震災のときは、倒壊の危険性について議論されなかったのか。されたとしてもそのまま残ったのだから、「思い出」が優先されたのだろう。

 私はたまたまニュースで取り上げられたこの小学校を責める目的で書いているのではない。
 架空の物語における先生方の発言は、恥ずかしながら若いころの私の考えそのものである。つまり反省文だな。

 平時に危険を察知し、行動を起こすことは難しいが、校長先生も先生方も、今こそ勇気をもって断行していただきたい。

新しい職場の流儀にケチを付ける前に、やるべきことがあるだろう

 職場の流儀について。

 転勤や転職で、何度か職場を変わったことがある。
 ここ20年ほどは自分の会社なので、好き勝手にやっているが、勤め人のときは職場ごとの流儀の違いに戸惑ったものだ。

 しかし、まずは転職先、転勤先の流儀に黙って従いなさい。
 それが新参者の正しい態度というものだ。

 そりゃ、何て無駄なことやっているんだろうとか、そのやり方よりこっちの方がいいのにとか、いろいろ出てくるだろうが、いきなり口に出してはいけない。
 しばらく時間が経ってから、「これはこのようにした方が、いいんじゃないですか」と言ったところで、手遅れにはならないでしょ。だって、その職場では、今までそのやり方で何の不都合もなかったんだから。

 それよりも、新しい職場の皆さんの信頼を獲得するのが先。
 そういう関係が出来ていないうちに、ああだこうだと言い出したら、ただの「文句言い(クレーマー)」になってしまう。
 前からいる人たちから、「これ、もっといい方法ないですかね」と、相談を持ち掛けられる人になりなさい。自分や、前の職場の流儀を語るのはそれからだ。

 そうそう、ここまで書いてきて思い出した。
 若いころの話だ。私の勤務先に、別の高校から校長が異動してきた。その校長は、二言目には「前の学校では」と自慢げに言うので、聞いていて気分が悪かった。自分の勤めていた学校を良く思うのは自然だし、誇りを持って当然だ。でも、その気持ちはこっちも同じだ。だから、若く血気盛んな私はずいぶん反抗もした。腹が立つので、その校長を紹介するときは「〇〇高校から転勤してきた〇〇校長」ではなく、「前の学校から転勤してきた〇〇校長」と言ってやった。くだらん抵抗だったな。いま思い返すと恥ずかしいよ。

 否定から入っちゃいけない。肯定からだ。ないしは受容の心だ。
 ただし、新参者は、一方で新風を吹き込まなければいけない。そうでなければ人事異動の意味はない。この兼ね合いはなかなか難しい。

公立OB校長のあるある、「今、授業見に行ってます」

 公立高校の校長経験者が、定年後、私立高校の校長に招かれるケースがある。
 埼玉には50校弱の私立高校があるが、常に10人程度は公立OBの校長だ。
 なぜ、そのようになるか。
 これは結構生々しい話でもあるし、いろんな大人の事情がからんでいるので、ここで詳しく述べることはしない。

 そこで今回は、公立OB校長のあるある。
 「やたら、授業を見たがる」。

 学校が提供する最大のサービスは、学習指導、すなわち授業であるから、ここに関心を寄せるのは当然だ。教員の力量を測るという点でも、授業を見るのが手っ取り早い。よって、時間があれば、各先生の授業を見に行くという姿勢は、別に間違いというわけじゃない。かく言う私も、民間人としてはトップレベルの「授業ウォッチャー」を自認しているので、年中、学校に行っては「授業見せて下さい」とお願いしている。

 公立の校長は、自らの関心という以上に、職務として授業をチェックする必要があるので仕方ないが、OBとなり私立に転じても、なかなかそのクセが直らない。
 いや別に、授業を見るのをやめろと言っているわけじゃあない。どんどんやっていい。

 だが、私立の校長になったら、授業を見ることと同じくらい、もしくはそれ以上に大切な仕事がある。
 それが生徒募集だ。

 たとえば早稲田や慶応のような知名度とブランド力があれば、話は違ってくるが、そうではない、特に新興勢力の私立にとって、生徒募集がもっとも重要な仕事になるのである。そして、校長はその先頭に立たなければならない。「係に任せてます」ではダメなのだ。

 埼玉県私立中高協会会長の小川義男先生(狭山ヶ丘校長)はかつて、「私立の校長は、いくさで言えば中隊長みたいなもんだ。真っ先駆けて突進し、一番先に敵の弾に当たって死ぬんだよ。その覚悟が無いと部下はついて来んだろう」と仰られた。
 それを聞いて、今の時代、いくさとか中隊長はまずいから中小企業の社長ぐらいにしておいたほうがいいんじゃないですかと言おうと思ったが、まだ若かった私は、相手と格が違い過ぎて、その場では言えなかった。

 私と同い年で、10年間にわたり春日部共栄高校の校長を務められた矢口秀樹先生(現在は東京・藤村女子校長)は、「募集はすべてに優先する」が口ぐせだった。説明会は校長の独演会だった。

 人を生かすこと、組織を機能させることは重要なことで、生徒募集においてもこの原則は生きるわけだが、その上で校長は、ある時は学校の顔、広告塔になり、先頭を走るという発想を持ってもらいたいものである。

※予告
2018年元日からブログタイトルを「梅野弘之の先生応援ブログ」に変更します。
わが社の有能な書き手(ライター)である「H.I」に意見を求めたところ、
「教育一日一論」なんてどうかと言ってきた。
その手もあったかもしれない。

危機感を持たせようなんて無駄なことだ

 公立高校の校長から、しばしばこんな話を聞く。
 「私立は羨ましい。先生方が積極的に生徒募集活動に動いてくれる。公立の先生は身分や給与が保証されていることもあってまったく危機感がない」

 これはよく言う「隣の芝生は青く見える」っていうやつだ。
 私立の先生だって、今どき身分や給与はちゃんと保証されている。それに、埼玉県の場合で言えば、生徒が集まらなくて廃校寸前という学校はなく(高校は集まっても中学が集まらないという学校はあるが)、危機感を持つような状況ではない。

 校長が、先生方に危機感を持てと言うのは、先生が生徒に自信を持てとか自分を信じろとか実体のないアドバイス?をしているのと同じで、何の効き目もない。
 
 会社の場合なら、社長はじめとする幹部は、組織の危機を自分の危機に置き換えられる。私のような零細・極小企業の経営者ならなおさらだ。しかし、一般の社員は、余程のことがなければ組織の危機を自分の危機に置き換えて考えるなどできないし、そもそも、そんなことしなくていい。

 だから、校長が学校経営の先行きに危機感をおぼえたとしても、同じ意識を一般の先生に求めるのは無理筋というものなのだ。

 でも、一般の先生たちにも、もっと前向きに、やる気を持って、主体的に取り組んでもらいたい。特に生徒募集に関して。
 だったら話は簡単。

 危機の話じゃなく、骨の折れる募集活動の先に開けてくるであろう、明るい未来の姿を示してやることだ。
 「そんなんじゃ、希望の学校に行けないぞ」と言うより、「こうすれば希望の学校に行けるぞ」の方が、効き目があるのと一緒だ。

 指揮官たる校長は、最悪のシナリオを想定しておいたほうがいい。そのことでうじうじ悩むのも給料のうちだ。
 しかし、それを部下である一般の先生にそのまま示すことに意味はない。やる気を削いでしまう可能性の方が高い。

 明るい未来の話をしようぜ。

進まない女性管理職登用

 学校というところは、女性が活躍しやすい職場である。
 問題点を上げれば切りがないが、他の職場に比べれば相当ましである。男女同一賃金であるし、結婚や出産を機に辞めるという慣行もない。

 で、今日の話題は、女性管理職(校長や教頭)の少なさということである。

 企業でも政界でも女性の登用ということに躍起になっているが、これがなかなか進まない。なぜだろう?
 私は、この問題を考えるとき、比較的女性の多い職場であり、女性であることのハンディも比較的少ない学校という職場でさえ、女性の幹部登用が進まない事実に目を向けてみるべきだと思う。

 埼玉県の場合、全日制高校の教員の70%が男性で30%が女性である(平成28年度の県統計。以下同じ)。7:3という分かりやすい数字である。
 では、校長はというと、男性137人に対し女性6人。教頭は男性186人に対し女性17人。
 女性が3割なのであるから、校長が40人ぐらいいても不思議ではないが、こんな極端な数字になる。

 女性であることのハンディが比較的少ない学校社会でさえこの有様だから、典型的な「男社会」である政界や企業で、女性の登用なんて進むわけないだろうというのが私の見方なのである。

 第一子を出産してそのまま育児休業に入り、復帰して少し経つと第二子を出産してまた育児休業ということになると、30代の半分以上は育児・子育てにとられるというのがハンディと言えばハンディだが、仕事の性質上、その経験はプラスにも成り得る。

 なぜ女性管理職が増えないのか。その点については私自身もっと研究が必要だと思っているが、県教育長もさいたま市教育長も共に女性になったことだし、この機会に女性の管理職登用に大いに力を入れていただきたいものである。

 ついでだが、若いころ、産休・育休を繰り返す女性教員に、「サンキューベリーマッチ」(産休がとっても多い)という綽名をつけたのは私である。失礼な話だ。今なら差別発言として糾弾されるだろう。遅ればせながら反省しているところである。

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード