FC2ブログ

石灯篭に登ってはいけない理由を説明できるか

 群馬県高崎市の中学1年生が、石灯篭に登って遊んでいるうちに、落下し、石の直撃を受けて死亡。
 事故と言えば事故なんだろうが、若いのに残念な亡くなり方だ。

 灯篭(とうろう)というのは読んで字のごとく、灯(あかり)の篭(かご)、つまり照明器具だ。部屋の中で使うのが行燈(あんどん)、携帯用が提灯(ちょうちん)。
 なんてことはこの際どうでもよくて、昔の人、たとえば私の祖父母の世代(明治生まれ)だったら、こういう時「罰(バチ)が当たった」と言うだろう。罰(バチ)にしては重過ぎるが。

 寺や神社にある石灯篭は、ふつうは地中深く基礎を打ち込んでるわけじゃないよ。鉄筋が通ってるわけでもないよ。多少はコンクリートで補強してるかもしれないが、基本的には自重で安定を保ってるんだ。墓石も同じ。
 
 だから人が乗ったら危ない。
 けれど、もともと人が乗ることを想定していない。というか、乗っちゃいけない。遊具代わりにしちゃいけない。そういうものなんだ。

 でも、神社側の管理責任を問う声も出るんだろうね。全国の神社仏閣の石灯篭を総点検しろとか。
 「石灯篭には乗ってはいけない」の看板を立てろとか。
 そんな無粋なもの立てられるか。

 石灯篭に乗って遊んじゃいけなのは、危険か安全かという問題じゃない。そういう問題なら、安全なら別にいいじゃないとなるが、安全でもダメなんだよ。バチが当たるから。

 法で禁じられているからダメ。
 危険だからダメ。
 人に迷惑かけるからダメ。
 こういうのは割と説明がしやすいし、言われた方も理解しやすい。
 だが、なぜと言われてもうまく説明できないけど、ダメなんだ、やっちゃいけないんだ、ということは世の中には山ほどあるわけで、そういうことをきっちり教えるのが大人の責任というものだ。

 私が当該の生徒の担任だったら、この度の一件をどう生徒に説明するだろう。
 他人事ながら悩ましい。

 さしあたり、わが身の安全をどう守るかの話になりそうだが、灯篭が軽合金やプラスチック製になっても、やっぱりダメなんだな。少し時間が経ってから、そのあたり、ちょっとずつ教えるしかないか。

単願合格者には、どんなメッセージを与えるか

 県内私立入試が3日後に迫ってきた。
 試験後、早ければ中1日くらいで合否が分かるから、私立単願受験生は、来週中には受験勉強から解放されるわけだ。良かったね。

 私立高校の先生方が、「なんで、こんなに出来ない生徒をとっちゃったんだろう」と入学後に嘆いている姿をよく見かける。
 そりゃ、事実上偏差値で合否を決めちゃってるからだよ。模試の偏差値なんて、対策やれば結構簡単に上げられるしね。だから、そういうリスクを少しでも減らしたかったら、自前のガチの入試をやればいい。

 公立第一希望の受験生は、私立入試が終わっても、あと1か月、死にもの狂いで勉強しなきゃならない。一方、単願合格者はそれほど必死でやる必要はない。というか、卒業式まで遊んで暮らしても平気。
 たかが1か月だが、この1か月の過ごし方の違いで、「結構よく出来た生徒」が、「あんまり出来ない生徒」になってしまうのではないかという説もある。たしかに、最後の1か月は、ただの1か月じゃなく、急激に力を伸ばせる1か月であるから、この説にも一理ある。

 いずれにしても、単願受験者は、通常併願受験者よりもゆるい基準で受かっているわけで、このまま勉強を放り出したら、併願で入って来る子や、内部進学で上がって来る子たちに負けちゃうぞということは強く言っておこう。

 私は高校の経験しかないんで、中学生のことは詳しくないが、高校では早くに就職が決まったり、専門学校が決まったり、大学短大に推薦で決まったりした子の扱いが難しいんだ。「進路が決まったからって、たるんだ生活してんじゃねえぞ」と引き締めにかかるわけだが、それだけじゃうまく行かない。

 担任や教科担当の話は、どうしても多数を占める大学受験者の方に向かってしまうから、かれらは「気楽でいいや」と思っている反面、何となく疎外感を味わってもいるんだね。だから、そのことに気づいてからは、できるだけかれらをかまってやることを心がけたよ。

 「私立入試は終わった。さあ、次は公立だ」っていうのは、公立希望の生徒に向けて言っているわけだから、単願合格者にとっては、「おれたち関係ねえな」となってしまう。と言って、いちいち「公立希望の人は何々」その後とって付けたように「私立が決まった人は何々」なんてやっていたのでは、かったるいし迫力にもかける。
 まあ、私の場合は、できるだけ個別に対応していたけどね。いろんなやり方があろうと思うが、とにかく、「大丈夫。おまえたちのことを忘れてるわけじゃない」というメッセージを与え続けることだ。

まずは新入生の名前を覚えないと

 入学説明会のシーズンである。

 各高校では、入学式に先立って新入生を招集する。入学前に事務手続き的なことや諸連絡のために一度集めておいたほうが、スムーズに新学期を迎えることができる。春休み中の課題などを渡されることもある。

 私は15年ほどの教員生活の中で、1年生を担任したことは、たった1回しかない。偏った経歴だと思う。
 新任から6年間は、2年生を2回、3年生を4回担任して、7年目にしてようやく1年生を担任させてもらったが、結果的にはこれが最初で最後になった。

 入学説明会では全体説明の後、クラスごとのホームルームみたいな時間があった。生徒には「とりあえずこれは仮のクラスだから」とか言ったと思うが、もちろん本物だ。たぶん、生徒の方も気づいていただろう。

 1年生は文字通りフレッシュだね。3年生とは顔つきも体つきも全然違う。
 仲間の先生たちからは、「くれぐれも生徒たちをビビらせないように」と、冗談半分本気半分のアドバイスをもらっていたので、そこは強く意識した。

 名前だけは暗記しておいた。今は無理だと思うが、若いころは1クラス分の名前を覚えることくらい簡単だった。あとは顔と一致させることだ。毎日写真をながめて入学式までには覚えておこう。
 出身中学も覚えておいたほうがいいかな。部活は何をやっていたのかな。

 成績はどうかな? 中学時代はどうだったか。入試成績はどうだったか。
 これは迷うところだ。あまり先入観を持たない方がいいかもしれないし、問題点は早めに掌握しておいた方がいいかもしれないし。

 幸い、学校生活に支障を来すような持病や病歴を持った子はいないみたいだし、過去の情報については最小限を知るだけにとどめよう。できるだけ白紙に近い状態で接した方がいいだろう。
 というのが、当時30代半ばだった私が出した結論だ。

 割と最近のことだが、教え子たちが1年生のときのクラス会を開いたそうだ。クラス会というのは、普通は3年生のときのクラスでやるものだ。1年生というのは珍しい。
 ということは、彼らの中に、何か心に残るものがあったのかもしれない。もちろん、全員がそうであったはずはないが、「二度と思い出したくない」などと言われるよりは何倍も嬉しいことだ。

「担任がすべて」を変えることの難しさ

 私は教員時代、「危険ですから半径3m以内に近寄らないでください」という看板を出した方がいいような人間だった。それでよく10年以上も先生をやっていられたものだ。
 自分の方から、スーッと生徒の中に溶け込んで行く? 無理無理、絶対にあり得ない。
 しかし、それが自然体で出来ちゃう先生もいる。うらやましいね。

 で、そういう先生から、「実は○○君、今こんなことで悩んでるんだよね」などと知らされることがある。
 あの野郎、担任のオレには何も言わないくせして。と、ちょっと腹立たしいが、自分は万能じゃないし、相性の問題だってあるしな。ここは一つ、他の先生の力を借りるか。「○○のこと、よろしく頼むよ」。

 こういうのは、担任として無責任なのか。
 私はこれでいいんじゃないかと思う。大事なのは、頼れる先生が一人でもいるということ。それが部活の顧問でもいいし、副担任でもいいし、教科の先生でもいいし、学年主任でもいいし、何なら校長先生でもいい。

 以上は、高校の話なのだが、中学校や小学校はなかなかこうは行かない。

 高校の場合だと、選択教科があったり習熟度授業があったりで、一日中同じメンバーで過ごしているわけではない。つまり、「生活集団」としてのクラスが、そのまま「学習集団」というわけではない。担任とは朝ショートホームルームに来て出席をとったら、それっきり顔を合わせないということだってある。

 ところが、小学校となると、朝から晩まで生活も学習も全部一緒。給食も掃除もいつも一緒。授業は、一部専科の教員が担当するにしても基本は担任。クラスというものが持つ意味合いも、担任の位置づけも全然違うのだ。

 よって、私が言う、一人の児童・生徒にみんなで関わろうという考え方は、小学校では難しいのかもしれない。子どもの年齢を考えても、複数の先生とうまく付き合うのは困難かもしれない。

 しかし、そうであっても、担任がすべて、担任がすべてを背負い込むという形だけは変えて行くべきだろう。

 余談だが、去年死んだおふくろが、「あんたたち兄弟は同じ先生でも、全然別の職業みたいだねえ」とよく言っていた。私の弟は小学校の先生。それは私も同感で、とてもじゃないがオレにはできねえと思っていた。

何でも担任は生徒のためにならない

 本日、某私立高校にて。

 中堅の男性教員。
「生徒から海外大学への進学(留学ではない)について聞かれた。担任としての責任があるから、いろいろ調べてみるが限界がある。努力はするが、あらゆることに精通するのは不可能ではないか」

 そのとおり。
 大事なことは、学年全体あるいは学校全体として、一人ひとりの生徒にどう関わって行くかということだ。担任としての責任感・使命感は結構だが、すべてを担任が背負い込むことは、結果として、生徒のためにならないこともある。

 高校には分掌(ぶんしょう)という組織がある。進路指導部とか生徒指導部というやつだ。ここに専門家を集め、またはここで専門家を育て、個々の担任では対応できない問題を扱う。

 先般、埼玉栄高校に行き、「進路指導センター」を見学させてもらったが、ここには専任教員が常駐し、朝昼晩と一日中生徒の進学相談を受けている。入学以来の個人成績もすべてデータベース化されている。進学指導を担任まかせにしないという考え方だ。担任は関知しないというのではなく、担任に丸投げしないということであり、裏を返せば、学校全体として責任を持つということだ。

 担任問題に戻る。

 私のつたない知識の範囲だが、担任というものについて明確な法的根拠はない。少なくとも、担任の仕事内容、守備範囲はどこにも規定されていない。
 (私の誤解があるかもしれないので、もし、この件に精通している方がいたら、ぜひ教えていただきたい)

 担任の役割とはどういうものなのか。守備範囲はどこからどこまでなのか。一度これを見直してみる必要がある。もちろん各学校においてである。

 とりあえず、何でも担任ということでは、経験の浅い教員には荷が重いだろう。ベテランだってしんどい。

 これは別に担任に楽をさせようということではない。そういう方向からの議論は無駄だ。そうではなく、「生徒ファースト」(最近の流行語を使ってみた)で考えた場合、担任ひとりが奮闘するより、学年なり分掌なりが組織的に関わっていったほうがいいのではないかという意味だ。
 冒頭の例でも、担任がにわか勉強で生半可な知識・情報を伝えるより、専門家なり、自分より詳しい先生の応援を得たほうが生徒のためになる。

 このテーマ、もう少し続きそうだ。

続きを読む

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード