FC2ブログ

知らずに学んでいた日本の古い元号

 このたび改元、つまり元号が代わることだが、それが行われることになったので、今日は元号について学ぼう。

 ところでみんな、日本の古い元号をどれだけ知ってるかな。
 平成、昭和、大正、明治。ここまでは分かる。
 じゃあその前は?
 
 もうだめか。慶応だよ。明治の前は慶応。
 じゃあ慶応の前は?
 早稲田。
 って、すべっちゃったな。

 受けないジョークはそれぐらいにするとして、実はみんな、結構知ってるんだよ。
 そうだな、たとえば…
 「享保」、「寛政」、「天保」。
 そう、江戸の三大改革だね。
 それと、慶安の御触書の「慶安」、元禄文化の「元禄」、化政文化は「文化」と「文政」。
 
 ほかの時代も思いつくままに挙げてみよう。
 大化の改新の「大化
 大宝律令の「大宝
 和同開珎の「和銅
 天平文化の「天平
 保元・平治の乱の「保元「平治
 承久の乱の「承久
 貞永式目の「貞永
 永仁の徳政令の「永仁
 文永・弘安の役の「文永「弘安
 建武の新政の「建武
 応仁の乱の「応仁

 中学校レベルの歴史でもこれだけあるんだ。

 ところで。
 ここに出てきた元号だが、そういう名前の天皇がいたかというと、実はいない。
 元号と天皇の名前が一致するのを「一世一元の制」というが、明治から始まったルールだ。それ以前は、一人の天皇の在位中に何度も元号がかわったりしていた。そうだな、短いと2~3年でかわってしまうこともあったよ。天災に見舞われたりすると、縁起が悪いから別のにかえよう、みたいにね。

 というわけで今日は、「みんな、意外と元号知ってるね」という話でした。

天皇皇后両陛下行幸にちなみ高麗神社と高句麗の話

 天皇皇后両陛下が20日、私的なご旅行で埼玉県日高市の高麗神社をご訪問された。
 高麗神社は、「こま・じんじゃ」と読む。

 近くには巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれる曼殊沙華(まんじゅしゃげ)の群生地があり、今が見ごろである。

 私はこの神社には4、5回行っているが、神門の扁額(へんがく・横に長い額で表札みたいなもの)には「高」と「麗」の文字の間に、小さく「句」という字が記されている。つまり「高句麗神社(こうくり・じんじゃ)」。
 「高句麗」は、紀元前後から7世紀にかけて朝鮮半島に栄えた国である。それに対し、「高麗(こうらい)」は10世紀から14世紀にかけて朝鮮半島を統一した国。 
 高麗神社に関係あるのは、「高句麗」の方なので、「高麗」と区別するために後で「句」の字を付け加えたものと思われる。

 さて、ここからは中学生でも分かる高句麗の歴史。

 5世紀ごろ。
 朝鮮半島は、高句麗・百済(くだら)・新羅(しらぎ)の三国時代。一番デカかったのが高句麗。
 日本の大和政権は、百済や、小国が分立していた加羅(任那)地方の国々と結んで、高句麗や新羅と戦った。倭(日本)と戦った高句麗の好太王(こうたいおう)の功績を称えた石碑が、今も残る好太王碑(広開土王碑)である。
 高句麗は668年、唐と新羅の連合軍に敗れ滅亡する。日本は先に滅ぼされた百済を助けるため援軍を送ったが、「白村江(はくすきのえ)の戦い」で唐に大敗した(663年)。
 このような7世紀中盤の朝鮮半島の緊張の中で、政治改革をめざす「大化の改新」(645年)起こっている。

 ということが、中学校の歴史教科書に書いてあるぞ。
 ずいぶん、いろんなことを勉強しているんだね。

 この先はさすがに教科書にはないのだが、大ざっぱに言えば、高句麗滅亡後、日本に移り住んで来た人々が関東各地に散らばり、後に現在の日高市あたりに集結した。そのリーダーが高麗王・若光(じゃっこう)で、これを祀ったのが高麗神社である。

 東明王陵
 高句麗の初代と言われる東明王の陵墓。平壌(ピョンヤン)郊外にある。(2006年筆者撮影)

入試必須の平等院鳳凰堂の写真を撮ってきた

 せっかく京都に来たのだから写真を撮って帰ろう。
 高校入試では必須の平等院鳳凰堂。
 
 平安時代の貴族、藤原頼通が作った。

 頼通の父は、時の最大権力者、藤原道長である。
 「この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば」と詠んだ。
 ~世の中オレのもんだぜ。満月とおんなじで欠けてるものがなんにもないよ。カンペキッ!~

 道長は娘を天皇に嫁がせた。子ができれば娘(=皇后)は、次の天皇の母となり、道長は祖父となる。天皇が幼い時は摂政(せっしょう)として、その後は関白として政治の実権を握った。摂関政治である。
 ちなみに、道長の長女・彰子(しょうし)は、一条天皇の皇后となり、後一条天皇・後朱雀天皇の生母となったが、彰子に仕えたのが紫式部や和泉式部である。

 平等院鳳凰堂は、平安時代を代表する建築物であり、堂内に安置されている阿弥陀如来像は同じく代表的な仏像であるため、入試では頻繁に出される。埼玉県では、ほぼ2~3年に1回の割合で登場しているので、しっかり記憶しておこう。
 
 平等院鳳凰堂

全日本エライ人選手権(関東編)

 昨日に続き「全日本エライ人選手権」。
 今回は関東編だ。

●茨城県 間宮林蔵
 最初、水戸黄門こと徳川光圀(みつくに)ではないかという声が圧倒的でしたが、テレビ番組の影響だろうという意見が出て、ここは北方領土が話題になっている折でもあるし、樺太なども探検した間宮林蔵がふさわしいという流れになり、形勢が逆転しました。一部に日本画家の横山大観を推す声もありました。

●栃木県 田中正造
 足尾鉱毒事件で有名な田中正造が、教科書に顔も載っており、問題なく選出されました。平家物語に出てくる那須与一や、室町幕府を作った足利尊氏の名前もあがりましたが、出生については不明な点も多く、強く推す声はありませんでした。

●群馬県 該当者なし
 選考が非常に難航しました。江戸時代の数学者・関孝和が有名ですが、群馬県藤岡生まれ説と江戸小石川生まれ説があるのが難点でした。同志社を作った新島襄も父は安中藩士でしたが江戸生まれと言われています。いっそ国定忠治でどうかという意見もでましたが、やくざはまずいだろうとたしなめる声が出て、残念ながら今回は該当者なしとなりました。

●埼玉県 渋沢栄一
 これはすんなり決まりました。日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は深谷市の出身。もちろん、教科書にも顔が載っているので文句なしの選出でした。

●千葉県 日蓮
 日蓮宗の開祖・日蓮と、江戸時代に日本地図をつくった伊能忠敬の一騎打ちとなりました。日蓮は教科書に顔が載っているぞ。いや、伊能忠敬だって「大日本沿海與地図」が教科書に載っているぞと意見が対立し、なかなか決まりませんでした。最後は、一般的な知名度において上回る日蓮が選出されました。

●神奈川県 北条泰時
 鎌倉幕府があったんだから源頼朝に決まりだろうという雰囲気でしたが、いや、出身地は別だという意見が出たため、全員がっかりして選考する意欲がなくなりました。それでも気を取り直して、たしか二宮金次郎が小田原生まれだと言う者もありましたが、だれも反応しませんでした。最後は、誰かが、御成敗式目で有名だから北条泰時にしておけばと言ったので、みんなそれに乗りました。

●東京都 勝海舟
 江戸幕府があったんだし、明治以降は政治経済文化の中心なんだから、いくらでもいるだろうという話になり、まず歴代将軍は除くことにしました。また幕府の要職に就いた者、たとえば田沼意次松平定信とかも選考から除外されました。その後、みんなが思いつくままに、杉田玄白滝沢馬琴葛飾北斎歌川広重樋口一葉夏目漱石平塚らいてうなど教科書に出てきそうな名前をあげましたが、決定打が出ません。結局、教科書でのあつかいは小さいものの、江戸城を無血開城に導き、江戸を戦火から守った勝海舟がえらばれました。

 明日は中部・北陸編かと思うが、少し飽きてきた。

全日本エライ人選手権(北海道・東北編)

 今日からクリスマスを含む三連休。
 まあ、このブログを読む人も少なかろう。
 ということで、面白半分企画「都道府県対抗全日本エライ人選手権」である。

 各都道府県を代表する偉人を選出してみた。
 選考基準は、基本的に中学生が理解できるレベル。
 以下、結果と、選考委員会(架空)における選考経過である。

●北海道 シャクシャイン
 いきなりクラーク博士の名前を出す者がいましたが、外国人であるし出身でもないということから即却下されました。戊辰戦争の際、函館・五稜郭で戦死した土方歳三の熱烈な支持者がいましたが、土方は東京都日野市の出身なのでこれも却下され、教科書に銅像の写真が載っているアイヌの指導者・シャクシャインが選ばれました。

●青森県 太宰治
 20世紀日本が生んだ世界的巨匠、板画家・棟方志功(むなかた・しこう)の名も挙がりましたが、やはり抜群の知名度を誇る太宰治に決まりました。薬物中毒にかかり、女性関係が派手で、最後は愛人と入水自殺するという太宰の生き方は教育的ではないという意見も出ましたが、ちゃんと「走れメロス」が国語の教科書に載っているからいいじゃないかという意見に押し切られました。なお、一人だけ、三内丸山遺跡の縄文人を挙げた人がいましたが、偉人ではないので無視されました。

●秋田県 該当者なし
 幕末の国学者・平田篤胤(ひらた・あつたね)の名が挙がりましたが、高校レベルではないかという意見が出て見送られました。ほかに適当な候補がなく、最後は秋田美人ではどうか、秋田犬はどうか、秋田こまちはどうかと、投げやりな意見が出るありさまで、今回は該当者なしとなりました。

●岩手県 新渡戸稲造
 東北一の激戦区となりました。石川啄木宮沢賢治を推す声もありましたが、最終的には、初の本格的政党内閣を組織した原敬と、国際連盟の事務次長を務め、5千円札の肖像にもなった新渡戸稲造の二人にしぼられ、教科書に顔が載っているという理由と、名著「武士道」は絶対に読んだほうがいいという理由で新渡戸稲造に決まりました。

●宮城県 吉野作造
 伊達政宗で決まりだろうと思われましたが、生まれは山形県であることが判明し、脱落しました。赤痢菌を発見した志賀潔の名前もあがりましたが、教科書に顔が載っているという理由で「民本主義」を主張し、大正デモクラシーをリードした吉野作造が選ばれました。

●山形県 伊達政宗
 江戸時代の探検家・最上徳内(もがみ・とくない)の名も出ましたが、中学校レベルではないという理由で却下され、出身地ではないという理由から宮城県で選ばれなかった伊達政宗がここで選ばれました。

●福島県 野口英世
 全員一致で千円札の肖像にもなっている野口英世が選ばれました。戦前はアジア人蔑視があってノーベル賞をもらえませんでしたが、それがなきゃ北里柴三郎と野口英世は絶対にノーベル賞だよなという話で盛り上がりました。

明日は関東編。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード