FC2ブログ

職員会議のルールを見直せば働き方にも変化が

 職員会議について。

 いきなり体験談だが、私の勤務した高校における職員会議のルールのことだ。ルールと言っても明文化されたものではなく、初代校長の方針である。
 校長の名前は明らかにしておこうね。宮嶋秀夫先生。1924年(大正13年)生まれだから今年で94歳。

 校長は新設から4年で県教委に異動になったが、その後も初期のメンバーがその方針を引き継いだ。

 「原案尊重」
 「審議を尽くす」 
 「採決しない」
 以上が職員会議の3原則。

 宮嶋先生は、「学校というのは官公庁や民間会社と異なりタテの命令系統だけで動くものではなく、ヨコの連携が重要」なのだと言われた。
 「職員会議は、法的には校長の補助機関(当時は諮問機関)だとしても、教科・学年・分掌から提案する形で議論される」。
 「原案は、学校全体を視野に入れながら各教科・学年・分掌で議論され、その上で職員会議に出てきたものだから尊重されなければならない」。

 というわけなので、原案はたいてい通った。

 ただし、何でも賛成で済ますわけではない。「審議を尽くす」。
 「練りに練ったつもりの原案であっても疑問や反対は出るものだ」。不十分な点もある。その場合、「原案の修正を提案者に委ねる」。つまり、みんなの意見を踏まえて再提出してもらう。
 それでほとんど通る。

 この点については、元淑徳与野高校校長の川端幹雄先生も、「実際に執行された場合の問題点は反対意見の中にある」として、反対意見に耳を傾けることの重要性を説いておられた。

 最後の「採決しない」は絶対的なものではなく、「なるべく」だったと思う。
 学校では、「よりよい教育実践のために全員の深い共通理解が不可欠である」から、簡単に採決で済ませるなという意味であり、「審議を尽くす」と一体である。

 職員会議なんて廃止しろという意見もある。
 民間で全社員会議をやっている会社なんてないぞとも言われるが、ほとんどの職員(先生)が、同じ相手(生徒)に同じような仕事(指導)をしているという学校の特殊性を考慮しなければならないだろう

 すでに多くの学校で、不文律のようなものが出来上がっているとは思うが、回数を減らす、時間を短縮するなどと並んで、「わが校の職員会議ルール」を見直すと、働き方にも変化が出てくるだろう。



新しい委員会は解散時期を決めてからスタートする

 私は、一応会社を営んでいるけど経営について体系的・専門的に学んだことはないので、思いつき程度の話だが、学校の校長先生に、よくこんなことを言う。
 「新しいプロジェクトや委員会を立ち上げるときは、解散の時期を決めてから始めたらどうですか」 
 「新しい何かを一つ始めるときは、古い何かを一つやめるというルールにしたらどうですか」

 学校には学年組織のほか、校務分掌というのがある。教務部とか生徒指導部とか進路指導部というやつ。だいたい5つか6つ。多い学校だと10くらいある。
 そのほかに各種委員会というのが、学校によりけりだが10から20くらいある。教育課程委員会、体力向上委員会、倫理確立委員会、人権教育委員会、いじめ対策員会、国際交流委員会、最近だとセクハラ・パワハラ対策委員会等々。

 各学校とも好きでこんなにたくさんの委員会を作っているわけではなく、文部科学省や教育委員会が、諸々の問題に関して各学校に対策立案を迫ってくるものだから、作らざるを得ない。別に委員会を作らずとも既存の分掌の中に係を一つ増設する程度で済みそうなものだが、それでは文部科学省も教育委員会も納得しない。たぶん世間も。
 ちゃんと組織を作って、しっかり話し合って目標と方針と具体策を定め実行していますという形にしないとダメなんだ。

 委員会があるということは会議があるってことだから、そりゃ、先生忙しくなるわ。ついでに言うと、教頭はほとんどの委員会にメンバーとして入っているね。まあ、授業がないからそれでいいのかもしれないが。

 学校としても(校長としても)、潰すに潰せないという事情はわかるけど、形骸化した委員会は一つずつ整理して行きましょうよ。
 担当者不在、係不在じゃ格好がつかないというなら、既存の分掌に組み込めばいいじゃないですか。
 
 それと、「みんなで話し合って決めるのがいいことだ」という学校独特の文化も(公立にありがち)、そろそろ変えないと。
 私は、学校と民間の両方を経験した立場から、何でもかんでも民間流がいいとは思っていなくて、学校には学校のやり方があっていいという考えだけど、意思決定のシステムは変えたほうがいいかな。別に校長や管理職が一方的に決めろというのではなく、もう少し「大人っぽいやり方」があるだろうということだ。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード