公立高校、募集人員決まる

 26日、公立募集人員が新聞発表されました。

 公立の総募集人員は、昨年とほとんど変わりません。ならば、どこの学校も募集人員が変わらないはずですが、そうはならないんですね。もともと各高校の定員は決まっていて、受験生が多い年度は、臨時に学級増をするわけです。去年臨時に増やした学校は、今年は元に戻し、その分、別の学校の学級数を臨時に増やす、そういった操作をしているんです。

 その結果、今年度は、浦和・浦和一女などが1学級(40人)増となり400人募集、去年400人募集した川越・川越女子などは1学級(40人)減の360人募集ということになりました。

 普通科で募集が増えたのは、次の各校です。
 ▲朝霞・朝霞西・浦和・浦和北・浦和一女・浦和東・大宮光陵・川口東・越ヶ谷・坂戸西・志木・草加東・所沢北・所沢西・富士見・八潮南の各校です。

 普通科で募集が減ったのは、次の各校です。
 ▼上尾橘・岩槻北陵・大宮東・大宮南・大宮武蔵野・川口青陵・川越・川越女子・川越西・川越初雁・北本・越谷西・越谷東・越谷南・杉戸・草加西・所沢中央・新座・飯能・日高・宮代・八潮・蕨

 募集人員によって倍率にも変化が現れますが、今の段階であまり神経質になる必要はありません。それよりも、学力(得点力)をつけることを考えるべきです。
main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード