FC2ブログ

走って、歩いて、締めは落語の一日

 ジョギングを兼ねて「さいたまシティマラソン(ハーフ)」を見に行く。
 お目当ては、公務員ランナー、と言うより、いまや現役最強ランナーとなった川内優輝選手の走り。
 9キロ手前あたりで見ていたのだが、もうこの地点では完全な独走態勢。後続ランナーの姿はまったく見えない。いや、とんでもない走りだ。去年もこの大会を見たのだが、そのころと比べると、風格すら感じられる。ただ、ちょっと連戦の疲れも見える。
 世界選手権での活躍を期待しよう。

2013さいたまシティマラソン (川内優輝選手)

 続いて今度は、知り合いが出場しているので「板橋シティマラソン(フル)」の応援に行く。
 赤羽駅で降りて、荒川土手のコースへ。桜がきれいだ。
 知り合いはフルマラソン初出場なので、良くて5時間半、たぶん6時間ぐらいだろうと当たりをつけて、37キロ付近で集団の中をさがす。このあたりになると、ペース的にはもうマラソン大会というよりウオーキング大会なのだが、表情に笑顔はない。何とか制限時間内(7時間)にゴールしようと必死だ。
 河川敷のコースは、景色の変化が少ないので、精神的にも疲れる。

板橋シティマラソン

 朝から走ったり歩いたりで疲れたが、本日の締めは落語。
 池袋演芸場に「志ん彌・〆治二人会」を聴きに行く。
 古今亭志ん彌さんは、古今亭志ん生の孫弟子にあたる人で、噺を聴くのは今回が2度目。柳家〆治さんは初めてだが、この人は柳家小三治師匠のお弟子さんだそうだ。
 テレビにはほとんど出ないので名前はあまり知られていない。寄席でじっくり聴くべき噺家さんだ。

池袋演芸場
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード