FC2ブログ

今日の入試講演は、平均点のお話

 2学期最初の入試講演。
 と言っても、今日の場合は私立高校(秋草学園)が塾の先生を対象に行う説明会の中でのミニ講演で、時間は30分ほど。

 テーマは公立入試の平均点。

 25年度入試の平均点は5教科計で約275点であった。前年、24年度に比べると40点近い上昇だ。
 ここだけ見ると、ずいぶんと易しくなったように見えるが、4、5年前はだいたいこの程度の平均点が普通だったのだ。よって、来年度も今年と同じぐらいの平均点になるような問題作りが行われるであろう。
 5教科計の平均点は上がったが、相変わらず数学の平均点は低く、極端に正答率が低い問題もある。このことは、先ごろの県議会でも取りあげられたことでもあり、改善が図られるであろう。

 以上が前半のお話。後半は、大学進学実績のお話。

 大学進学実績を語る場合、現役進学率はもっともよく使われ、それはそれで重要な指標となりうるが、浪人率(これは筆者が勝手に言っているもので、「浪人の人数/卒業生数」で表す)も注目に値する。
 浪人率ランキングを作成してみると、浦高をトップに、川越・春日部・大宮・浦和一女、私立では、開智・栄東・西武文理など、いわゆる進学校がずらりと顔をそろえる。

 親とすれば、浪人せず進学してくれたほうがいいに決まっているが、難関を目指せば、どうしても浪人が多くならざるを得ないのが実情だ。塾の先生方には、こうしたデータを踏まえつつ、受験生・保護者のみなさんとご相談していただきたい。

 と、かいつまんで話せは、こんなことになる。
 
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード