過去問やるときは、正答率や通過率にも注目したほうがいい

 ひたすら過去問。
 今の勉強はこれしかない。

 過去問をやるときは、正答率や通過率にも注目しておくといい。
 正答率も通過率も、どちらも受験生の出来を表したものだ。高ければ出来が良かった問題、低ければ出来が悪かった問題ということだ。
 正答率(通過率)が高い問題を間違ったらまずい。でも、低い問題だったら「まあ、仕方ないか」という判断もできる。もちろん、受ける学校の難易度によりけりで、難関と言われる学校を目指すなら、正答率(通過率)が低い問題をも攻略しなければ合格がおぼつかないのは当然のことだ。

 県教委入試情報はコチラ
 25年度学力検査結果の中の「分析」というところを見る。

 動画も配信中↓
 正答率と通過率