川内優輝君、責任重大だぞ

30日(日)、埼玉県教育局の人事異動が新聞発表された。

 マラソンの川内優輝君は、春日部高校定時制から久喜高校定時制に異動になった。引き続き昼間の練習ができそうだし、通勤もやや近くなったみたいで、よかった。
 「特別な配慮はしていない」ということだが、どう見たって配慮してるでしょう。

 今のかれに昼間の学校への異動を命じることは、マラソンで世界を目指すのはやめなさいと言うのに等しい。もちろん、マラソンランナーとして採用されている実業団選手とは違うのだから、そのようにしても何ら問題はない。

 だが、かれは、実業団からの誘いを断り、おそらく私立学校等からあったと思われる誘いにも乗らず、埼玉県庁職員として走り続けたいたいと言っているのであるから、昼間への異動は命じにくい。そんなことをしたら、埼玉県庁は、世間を敵に回すことになる。

「やれるものなら、やってみろ」などと、まじめ人間の川内君が言うはずもないが、結果としては自身の希望が通ったに等しいから、これからがますます大変だ。

 世界で結果を出してほしい。「ガンバレ川内」。