お詫びと謝罪がブームなのかね

 JTB中部の社員が遠足のバスを手配し忘れて、それを隠すために生徒を偽り、脅迫めいた手紙を学校に出して遠足を中止させようとした。
 馬鹿か。
 で、会社の幹部4人が記者会見で頭を下げるというお決まりのセレモニーがニュースで流れていた。

 前日には、ノーベル賞の山中教授も何だか知らんが頭を下げていたな。

 どうやら、これはブームのようだ。
 いや、お詫びや謝罪は年中行われておるよ。何しろ、仕事をしてりゃ、年がら年中「あってはならないこと」が起こっているからね。
 しかし、お詫びや謝罪の対象は、ご迷惑をおかけした人だよ。その人のところに行って謝る。

 いま流行っているのは、テレビを通じて、別にご迷惑がかかっていない人にも謝るんだな。これ何か変だ。
 政治家が国民や県民にご迷惑をかけたっていうなら、テレビでやるのは合理的な方法だ。企業が多くの消費者に迷惑かけたときも同じ。
 しかし、迷惑をこうむった人が限定されてる場合に、その必要あるか?

 隣国の大統領が、反省しろ謝罪しろとうるさいが、結局われわれも同じなんだな。他人のお詫びや謝罪が大好きなんだ。テレビは、お詫びや謝罪が大好きな視聴者のために、毎日せっせとそういう映像を流している。

 
main_line
main_line
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード