プロとは量産できる人のことだぜ

 わが社の志村くんとは昼飯を食いながら、いろんな話をする。
 ちなみに、一緒に酒を飲むことはまずない。理由は、私がそういうの好きじゃないから。

 私「突然だけど、プロとアマチュアの違いって、何だか分かるか」
 志村「考えたことありませんけど」

 だろうな。そういうふうに、ものごと考えないから頭脳が発達しないんだ。
 何かテーマを与えられたり、仕事上の必要に迫られれば、誰だって考えるだろうが、頭の訓練するんだったら、自分で勝手にテーマを作って考えることだ。

 で、プロとアマチュアの話だが、プロとは量産できる人のことだ。
 たとえば、阿久悠って作詞家がいたよな。数えきれないぐらいヒット曲を書いた。この人、生涯に5000曲以上書いたって言われてる。
 一つや二つうまい詩を書くやつは、世の中にゴロゴロいるよ。
「上手だね、プロ級だね」なんて周りからほめられて喜んでる。
 でもね、本当にプロとして生き抜いて行こうと思ったら、次から次と舞い込む注文に片っ端から応えていかなくちゃならないんだよ。もうこれ以上書けませんとなったら、そこで終わり。
 だから、量産に耐えられないとプロにはなれないんだ。

 主婦とシェフの違いもおんなじだね。
「お母さんの料理、プロ並みだね。いっそお店だしたら」。
 なんて言われて、本気になる人はいないね。だって、主婦からシェフになった瞬間、その料理を毎日毎日、何食も作らなきゃならないんだぜ。それを何十年も続けるんだ。飽きるだろう。
 でも、飽きずに作り続けられる人がいる。それがプロだ。

 受験生に、勉強は量だって言ってる意味が分かるだろう。
 飽きもせず、毎日毎日続けられるかどうか。結果としてたくさんできるかどうか。それで決まる。
 方法なんてものは、そのうち見つかるんだよ。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード