走るより速く歩く人。かれらは「歩く超人」だ

 自衛隊の谷井孝行選手が世界陸上50㎞競歩で銅メダルを獲得した。
 記録は3時間42分55秒。
 3位に入ったこともそうだが、私はこの記録を見てビックリした。歩いてこの速さは何なのだ。

 ということで、ちょっと計算してみたのだが、1㎞を4分27~28秒で歩いている計算になる。
 人が1時間で歩く距離は、だいたい4㎞、ちょっと早歩きで5㎞と言われているが、この人は14㎞以上歩いちゃうんだね。どうやったらそんな歩きが出来るんだ。

 もう一つ別の計算をしてみた。
 この人が、このペースでマラソン(42.195㎞)の距離を歩くとどうなるか。
 大ざっぱな計算だが、3時間8分~9分となる。

 市民ランナーと呼ばれる人なら、3時間8~9分が、いかにすごいことは分かるよね。3時間を切ることを「サブスリー」と言うのだが、これは市民ランナーの夢なのだ。「サブフォー(4時間以内)でも普通の人には難しい。

 もっぱら走ることに関心を持っていた私は、「何だよ、歩きかよ」なんて思っていたが、あらためて記録をみてみると、競歩選手の超人ぶりが分かる。

 まあ、われわれは彼らのようには歩けないが、ちょっとした早歩きぐらいならできそうだ。
 今日からは、ダラダラ歩かず、さっさと歩くことを心がけてみよう。健康のためにもいいかもしれない。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード