FC2ブログ

教頭が飲酒・ひき逃げの構造的な問題を考えてみる

 連日教員の不祥事の話を書くのは辛い。
 今度は川口市の小学校教頭(54歳)。飲酒運転でひき逃げ、相手は死亡。まだ続報がなく詳細は不明だが、どう転んでも重罪でしょう。

 「不祥事根絶アクションプログラム」を発表した途端、立て続けだからね。困ったものだ。
 お読みになった方は分かると思うが、そもそも「不祥事根絶アクションプログラム」では、校長・教頭といった管理職は、教員を指導・監督する立場として位置づけられており、かれら自身が不祥事を起こすことは想定されていない。改訂版出さなきゃだめみたいだね。

 今回のような飲酒・ひき逃げは、管理職であろうがなかろうが、また、先生であろうがなかろうが、それとは無関係に許されないことである。
 その上で。
 管理職というものについて考えてみた。

 校長・教頭といった管理職になるためには、登用試験を受けなければならない。
 高校のことしか分からないのだが、埼玉県の場合、校長・教頭及びその一歩手前の主幹教諭は結構だぶついているようだ。私の知っている時代に比べると教頭在任期間が延びている。学校数が徐々に減っているのも一因だろう。

 ただ、最近は登用試験受験者が減る傾向にあると聞いている。もともと採用人数が少ないこともあるが、管理職は人気がない。
 管理職になると担任を持ったり、授業をしたり、部活をみたりという先生本来の仕事が基本的にはなくなる。児童・生徒との接点が極端に減る。つまり、先生であって先生ではなくなる。だから、それが嫌で管理職になりたくないという先生は多い。

 企業だったら、課長や部長になろうとか、末は役員や社長になろうと志す人も多いと思うが、それは昇進と給与がある程度連動しているからだろう。
 先生の場合、管理職以外は全員「平(ひら)」という構造で、給与は昇進ではなく年齢で決まるので、同じ年齢なら管理職も平教員も給与の差がそれほどない。

 好きな仕事ができて、給料も悪くない。自分のしたことの責任は取らなきゃいけないが他人のやったことの責任まで取る必要はない。先生の世界は、構造的に「だったら平のままがいいや」となりやすい。

 そういう中で、これはと思う先生に声をかけ、説得して管理職への道を歩ませるのは、上司としての校長や教頭の重要な任務の一つなのだが、なかなか容易なことではないらしい。時々、「なぜ、こんなのが」という人物が管理職になってしまうのも、構造的な問題だろう。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード