FC2ブログ

ヒトラーじゃなくナポレオンにしておけば

 それがニュースかよ。
 というような、どうでもいい記事が朝日新聞デジタルで報道されていたので、それをネタにどうでもいいブログを書くのである。

 見出しは「高校教諭『お前はヒトラーのよう』生徒に不適切発言」というもの。

 記事の中身を要約すると、島根県松江南高校の男性教諭(62)が、同校浪人生が通う補習科の授業中、雑談で「三角関数や確率は必要なものか」と男子生徒に問うたところ、生徒は「実生活では必要ない」と答えた。
 それに対し教諭は、「お前はヒトラーのよう」「教わる子供がかわいそう」などと発言し、教育学部を志望する生徒はショックを受けた。

 松江南は、松江北ほどではないけれど、島根県下では上位進学校と言っていい。
 浪人生のために補習科というのを設けているんだね。予備校なども少ないだろうから、PTAや後援会がお金を出して卒業生を援助しているものと思われる。
 男性教諭は62歳というから、定年後の再任用だろう。
 事は英語の授業の中で起きた。
 そこでなぜ三角関数や確率の話なのか。いや、だから雑談って言ってるでしょう。

 生徒曰く「実生活では必要ない」。
 まあ、そうだね。職業生活で必要になる人もいるけど。
 で、ここで終わらせればいいものを、この教諭何を思ったか「ヒトラーのよう」と言ってしまう。エッ、どういうこと?
 後に教諭は「多様性を認めず、単純化する考えはヒトラーのようで危険だと思った」と説明してるようだが、そこまで聞いても意味不明。

 要するにヒトラーだ。
 どういう経路か不明だが、授業中の何でもないやり取りが新聞社に伝わった。
 オッ、待ってましたヒトラー。これは記事になるぞ。大方そんなところだろう。他の歴史上の人物なら問題ない。ただ、ヒトラーはやめておいたほうがいい。
 ナポレオンとかフリードリッヒ2世あたりにしておけば良かったのに。

 私は高校で世界史を教えてたから、ヒトラーとか国家社会主義ドイツ労働者党(つまりナチスね)のことは何度も口にしていたわけだが、説明は慎重にやりましたよ。むろん、それは他の人物、他の出来事についても同じことだけど。

 専門外の先生のちょっとした雑談でも、こうやってニュースにしようと待ち構えるマスコミがあるってことは覚えておこう。
プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード