人間として負けになってはいかん

 今朝は予定通り、川口北の合格発表を見に行ってきた。
 
 358人募集のところ、528人が受け、合格者367人。
 予定より9人多く合格者を出したが、それでも161人が不合格という、なかなか厳しい入試であった。

 発表は感動的ではあるが、残酷でもある。
 掲示を見た後、書類をもらうために事務室前に並ぶのが合格者、並ばずに何ももらわず帰るのが不合格者。誰の目にも結果は明らかだ。

 インターネットで結果を見て、合格者だけ書類を取りに来るとか、書類は一括して中学校に送るとか、そういう方法は取れないものか。
 
 そんなわけで、今日一日は、とても晴れ晴れとした気分にはなれない。

 合格者はいいよな。
 家族や親せきや友達にメールしたり電話したり。中学校や塾に行って胸をはって報告して、「よくやった」と言われる。
 最高の一日だ。
 こういうのを成功体験と言うのだが、これは長い人生において、必要なものの一つであるから、大事にしなければいかん。
 努力の先にあるものを、身をもって知ったことは、これからの生活にどれだけ役立つか計り知れない。

 ただ一つ。
 「自分だけの力と思うなよ」

 不合格者にはつらい一日だな。
 でも、合格した友達には、「良かった、おめでとう」と言えたんだろう。応援してくれた先生や家族にも「ありがとう」が言えたんだろう。
 だったら、キミたちは敗者ではない。

 人間性という言葉があるだろう。
 そういうの考えたことないかもしれないが、行動や言動や態度ふるまいが、人間としてどうなの? ということだ。

 結果自体は人間性とは何の関係もないんだよ。でも、結果の受け止め方には人間性が現われる。
 少し時間はかかるとしても、今日の結果を真正面から受け止めることができたら、人間性という意味では負けてないってことだ。わかるかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード