FC2ブログ

通知表「3」ならまずまず、とも言っていられない

 3月24日、東京都教育庁が「都内公立中学校第3学年(平成27年12月31日現在)の評定状況の調査結果について」という資料を発表した。

 分かりやすく言うと、通知票の「5,4,3,2,1」が、どのくらいの割合でつけられていたかという調査だ。
 昔は、「5,4,3,2,1」をそれぞれ何パーセントずつつけるかは決まっていたが(相対評価という)、平成14年度から、目標に準じた評価(絶対評価という)が導入されたので、各学校が、どんな割合でつけているかを調べる意味が出てきたというわけだ。

 東京都は毎年調査し、結果を公表している。
 調査対象は、都内公立中学校、627校である。
 
 まず9教科全体集計を見てみよう。
◆「5,4,3,2,1」の割合
 5 12.0%
 4 25.3%
 3 47.6%
 2 12.1%
 1  3.0%

 これだと、少し分かりづらいので、40人学級を想定して、人数で表わしてみよう。
◆40人学級の場合の「5,4,3,2,1」の人数
 5  5人
 4 10人
 3 19人
 2  5人
 1  1人
 「3」以上の評定をとった人が、5+10+19=34人いたという計算である。
 大ざっぱに言えば、ほとんどの生徒が、「3」以上をとっていたということ。

この結果を見ると、「『3』は普通だし、まあまあかな」とも言っていられない。40人学級で下から7番目でも「3」がつくということだからだ。

 次に教科別に見てみよう。
◆「5」の割合が高い順 
 英語 14.7%
 社会 13.4%
 数学 13.1%
 理科 12.7%
 音楽 12.2%
 国語 11.5%
 美術 11.0%
 技家 10.3%
 保体  9.1%
 実技系の教科のほうが、「5」をとりにくいようである。

◆「5」+「4」の割合が高い順
 音楽 39.0%
 美術 38.4%
 技家 37.7%
 国語 37.2%
 保体 37.1%
 英語 37.1%
 社会 36.8%
 理科 36.3%
 数学 36.2%
 「4」以上ということになると、実技系の教科のほうが、とりやすいようである。

◆「1」+「2」の割合が高い順
 英語 20.3%
 数学 19.5%
 社会 18.6%
 理科 17.0%
 国語 15.2%
 音楽 12.1%
 技家 11.8%
 美術 11.4%
 保体  9.9%
 実技系教科は「5」や「4」をとりやすく、「1」や「2」がつきにくいが、数学と英語、特に数学は、「5」や「4」がとりにくく、「1」や「2」がつきやすいようだ。

 というように、だいたい誰もが予想しそうな結果が出ている。
 音楽・美術・保体・技家は、「5」はとりにくいとしても、「4」以上はとりやすそうなので、入試の調査書点(いわゆる内申点)を考えたとき、できるだけ評定を上げたいおきたい教科ということになるだろう。それが可能な教科である。

 以上、簡単なレポートだが、詳細を知りたい方は、東京都教育委員会のホームページで確認していただきたい。
 東京都教育委員会の該当ページ

 埼玉県教育委員会にも、この調査をお願いしたい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード