FC2ブログ

国会で必要なのは「YesかNoか」ではなく記述式の答だ

 国会中継などを見ていると、野党の議員が政府関係者に対して、「YesかNoでお答えください」と迫る場面が多い。
 近年の傾向だと思う。

 野党議員「総理は、消費増税を延期するんですか、しないんですか。YesかNoかで端的にお答えください」
 総理「Yes」
 野党議員「それは公約違反でしょう。YesかNoかで端的にお答えください」
 総理「No」
 野党議員「であれば責任を取って辞めますか。YesかNoかで端的にお答えください」
 総理「No」

 実際にはこうはならないのだが、もし野党議員が望むように、端的にお答えしたら、こんなやり取りになってしまう。これではまるでアンケートだ。

 たしかに、国会の場においては、最後は賛成か反対かの二者択一になるわけだが、そこに至るプロセスにおいて「YesかNoか」だけを問うのは、結局のところ、議論を否定していることになる。
 われわれは、まさか、こんなことのために議員を選んでいるわけではないし、歳費を負担しているわけではないだろう。

 ○か☓かを選べ。正しいものを一つ選べ。正しい言葉を書け。
 入学試験ならぎりぎり許せる。 

 だが、国の経済や外交や安全保障の問題は、何が正解か分からないのだ。さまざまな見解はあるが、唯一の正解はない。そういう話をしているのだ。
 議員の仕事は、見解を述べ合うことである。
 もちろん採決もするわけだが、最終的な決着は国民が選挙によって付ける。

 端的にお答えするのは国民の仕事なのであるから、国会では「YesかNoか」ではなく、記述式でお願いしたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード