FC2ブログ

細田学園高校の授業を見に行った

 昨日は細田学園高校を訪問した。
 目的は、「授業を見せてください」。

 東武東上線「志木駅」東口下車。
 朝から晩まで非常に本数の多い路線なので、電車通学にはとても便利だ。
 駅から学校までは徒歩15分くらいか。個人的にはまったく苦にならない距離だが、少しでも近道をしようと住宅街に入り込むと迷う可能性がある。近隣の民家や商店に協力してもらって、所々に小さな案内板などを取り付けてもらうといいだろう。

 方向感覚に自信がない人は、駅前の道を真っ直ぐ進んで「本町1丁目」という交差点を右折する。ただそれだけ。するともう左前方に校舎が見えてくる。

 昨年完成したばかりの新校舎は明るく開放的だ。これは第一期工事分というから、校舎リニューアルは当分の間続く。今は、体育館改装工事が進んでいた。強豪・女子バレー部はどこで練習するんだろう。

 駆け足でいくつかの授業を見て回った。
 本当はじっくりと、できれば最初から最後まで見たいのだが、時間の関係で、先生方には失礼だったが、それぞれほんの少しずつの見学となった。

 授業を見て、生徒もさることながら、徐々に優秀な先生が集まり始めている。そんな印象を受けた。
 と、こんな言い方をすると、以前からいた先生には、「じゃあ、俺たちは優秀じゃないんかい」と叱られそうなので、そういう意味で言っているのではないことは断っておこう。

 私が興味を持ったのは、いわゆる転職組の先生、つまり新卒ではない先生たちの前職と志望動機だ。
 個人に関わることなので、学歴・仕事歴について、私がここで明かすことはできないが、世間的に言えば、「えっ、その学歴、その仕事、投げ打って来ちゃったの?」という感じ。

 「この学校に自分自身を賭けてみたい」
 「ここで、自らが理想とする教育を実現したい」
 授業を見ていても、そういう熱い想いがひしひしと伝わって来る。不肖私も教員経験者であるから、自慢じゃないがそこは見逃さないのだ。

 で、前からいる先生に言っておくが、そういう学校にしてきたのは、他でもない、皆さんの力だからね。そこは胸を張っていい。

 細田学園にかぎらず、優れた人材が私立に集まり始めているね。喜ばしいことだ。

 細田学園 玄関
 不審者が入り込まないように、しっかりチェックしている。

 細田学園 英語授業
 高1なのに先生は英語しか話さない。でも、生徒はそれをまったく苦にしていない様子。

 細田学園 日本史
 先生は毎時間こんなオリジナル教材を作っているんだね。頭が下がる。
 
 なお、新校舎については以前、2015年9月1日付のブログで紹介したので、そちらをご覧いただきたい。
 ↓
 細田学園高校の新校舎を見てきた

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード