FC2ブログ

消費を促す発言を、高齢者侮辱と報じるクソなマスコミ

 麻生太郎財務大臣が講演でこんな発言をした。
 「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」。

 まあ、ウケ狙いの発言だろうね。講演会だから、笑いの一つも取らなきゃいけない。

 私はこれを聞いて、ふと思い出した。
 昔、きんさんぎんさんという双子のご長寿姉妹がテレビで人気になって、もらったお金を何に使うかと問われ、「老後の蓄え」と答えた。100歳を超え、十分に老後である婆さんの言葉はバカ受けした。

 さて、いつものことながら、朝日新聞などがこれに噛みついた。民進党の岡田代表も怒ってたかな。
 しかし、懲りずにやるね。発言の一部を切り取って、そこだけセンセーショナルに報道するっていう馬鹿げた手法。

 麻生大臣はこんな趣旨の発言をしている。
 「我が国には間違いなく1700兆円を超す個人金融資産があるが、そのお金が消費に回らない。買いたい物がない、将来が不安など、いろいろな理由あるだろうが、金なんて見るものじゃない。触るものでもない。あれは使うものだから、使って回さないとどうにもならない。じっとしているのが最大の問題だ」(筆者要約)

 そのとおりだね。お金は経済の「血液」だからね。回さないとダメなんだよ。止めたら死んじゃう。

 続けてこうも言っている。
 「金というのは、ない時には貯めるのが目的になる。しかしあったら、その金は使わなきゃ何の意味もない。金というのはそういうものだ。したがって何に使うのか決めてもらいたい。どうしたいんです? さらにためてどうするんです?」(筆者要約)

 とにかく、お金を使ってくれと言っている。消費を促している。
 
 さてそして、件の発言だ。
 「90歳になって老後が心配とか、訳のわかんないこと言っている人が、こないだテレビに出てたけど、オイ、いつまで生きてるつもりだよと思いながらテレビを見てましたよ」

 マスコミはここだけ切り取ったが、その続きがある。

 「わたしのばあさんは91歳までピンとしてましたが、この人は、金は息子や孫が払うものと思って、使いたい放題使ってました。ああ、ばあさんになったらああいう具合にやれるんだなと思いながら眺めてました」

 と、こんな具合に全部を読めば、朝日新聞などが言うように、高齢者を侮辱した発言とは受け取れない。

 参議院選挙を控えて、何とか自民党の足を引っ張ろうというんだろうが、こんな記事で国民を騙せると思ってるのかね。馬鹿にすんな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード