FC2ブログ

「言った」と「伝わった」の隔たり

 日頃、先生方は、「言った」と「伝わった」の間に、果てしない隔たりがあることを実感されているのではないか。
 先生が「説明した」ということは、そのまま生徒が「理解した」ことにはならない。

 これは学校や塾だけの話ではなく、企業においても同じだ。
 上司「オマエ、ちゃんとお客様に説明したのか」
 部下「言いました」
 上司「言ったか言わないかじゃないよ。相手に伝わったかどうかを聞いてるんだ」
 部下「たぶん…」
 上司「たぶんじゃダメだろう、たぶんじゃ」
  なんて会話が、日常的に交わされているのである。

 言葉として事実関係や内容だけを伝えるならならまだしも、企業営業の場合、こちらの「願い」や「思い」といった内面的なものまで伝えなければならない。そうしないと話がなかなかまとまらない。
 これは一つの技術である。
 私もこれに関して絶対的な自信があるわけではない。いまだに修行中。

 さあ、どうする。
 プレゼン力を磨く。表現力を磨く。
 当然だ。
 私も日々努力を怠らない。

 しかし、どうもそれだけじゃないようだ。
 ある時気づいたのは、「聞く力」ということだ。
 たしか、そんな本があったな。

 人は自分が聞きたいことならよく聞くんだ。よく聞くからよく伝わる。
 であれば、まず人の話を聞く。この人は何を聞きたいのか。何を知りたいのか。何を悩んでいるのか。

 そして、それに寄り添う形で話を展開すれば、よく伝わるはずだ。こっちが言いたいことだけいくら言ったって、伝わるはずがない。

 でもね。私は人の話を聞くっていうのが一番苦手なんだ。ただ一方的に話す。
 これじゃ、思いも願いも伝わらんよな。
 まだまだ修行が足りない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード