FC2ブログ

負けた選手に「よく頑張った」なんて言えるか

 自分がやったわけじゃないが、オリンピックは疲れたよ。
 ただ見てるだけでそうなんだから、地球の反対側まで行って戦ってきた選手たちは、本当にご苦労なことだ。

 さて。
 日本中は、過去最高のメダル数に沸いているが、考えてみるとメダルを手にできなかった選手のほうが多いわけだ。これは何も日本だけの現象ではなく、世界的に見てそうなのだ。なにしろ団体競技を別にすれば、メダルを獲れるのは全出場者中、たった3人なのだから。

 1回戦負けとか予選落ちという結果だと、「なんだよ」、「しっかりしろよ」と言いたくもなるが、出場したのは、その競技における日本のトップなのだから、ほかの誰かが出たって結果は同じかそれ以下ということだ。

 だが、私はその上で、「だらしないぞ、簡単に負けてくるんじゃない」、「もっと練習しろよ」と言いたい。
 オリンピックは学校の運動会じゃない。「負けちゃったけど、頑張ったんだからいいじゃない」と言えるのは、部活の大会までだ。

 かれらは余暇にスポーツをやっているわけではなく、ほとんど仕事としてやっているのである。
 内村君は体操以外に何かやってるの? 愛ちゃんは卓球のほかに何かやってるの?
 何もしてないよね。
 やらなくていいいんだよ。体操や卓球がお仕事なんだから。

 お仕事の世界、つまりプロの世界では、頑張ったかどうかなんて関係ないの。結果がすべて。
 感動をありがとう?バカ言え。

 予選落ちした選手たち、1回戦負けした選手たち。
 東京ではしっかり結果を出してもらおうじゃないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード