FC2ブログ

親も教育者ってことを忘れてもらっては困る

 「嘘も方便」というが、あまり気分の良い言葉ではないな。
 しかし、方便とは、元々仏教から来た言葉なのである。

 お経を聞いていると、「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五」とか、「妙法蓮華経方便品第二」とか、最初にお経のタイトルを言っているよね。そこに出てくる「方便品(ほうべんぼん)」の「方便」。
 えっ、知らない?
 そりゃそうだ。お経なんてものは「早く終わんねえかな」と思って聞いている人がほとんどなんだから。

 さてと。
 話をしたいのは仏教のことではない。

 昔のことだが、知り合いの娘によく嘘をつく女子中学生がいた。
 嘘というか、見え透いた言い訳みたいなものなんだが、本人は巧妙に騙したつもりでも、所詮は子供だから、こっちはとうにお見通しだ。

 その原因は母親の行動にあった。
 母親が遅刻の常習犯かつ大ウソつきなのだ。
 たとえば、約束の時間に遅れそうになる。母親は携帯で電話してくる。
 「車が渋滞しちゃって…」、「出がけにお客が来ちゃって…」、「祖母が急に具合が悪くなっちゃって…」。
 嘘つけ。寝坊したんだろう。お喋りに夢中になって出遅れたんだろう。

 ある時。
 「先生、今日○○さんと娘さんが行くと思うんですけど、さっきまで会ってて、ついお喋りが過ぎちゃって遅刻すると思います。ゴメンナサイ、私の責任です」。
 という別の知り合いからの電話。
 その直後。まさか本当の理由が伝わっていると思わないから、「スイマセーン。車がものすごく混んじゃって、遅れると思いま~す」。

 隣にいる娘はどうなる。
 母親としては、「嘘も方便」ってところなのかもしれないが、あんたの娘は、「そうか、こういう時は、こんな風にすればいいんだ」ってことを学習してるぞ。だから、しっかり大ウソつき育ってるぞ。絶対に謝らない人間に育ってるぞ。いいのかよ。
 
 教育の話になると、すぐに学校が、先生が、となるが、親も教育者なんだよ。忘れてもらっちゃ困る。

 追伸:私の車の中にはお経のCDがあるのだよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード