FC2ブログ

ペアワークもなかなかいいね

 今日の見学(取材)校は市立川口高校。
 現在、川口市には同校のほか、川口総合、県陽という市立高校があるが、平成30年度には、これら3校が統合され「新・川口市立高校」となる。
 校地は、現在の川口総合高校の場所で、いま新校舎の建設が進んでいる。
 「新・川口市立高校」に関する情報はコチラから

 さて、今日の授業である。
 三上先生が担当する3年文系の英語。

 三上先生は、ICT教育の第一人者で、学校の教員向け研修でも講師を務めるほどだ。この日の授業も、パソコンやプロジェクターを利用したものだった。
 が、現在の市立川口高校は、ICT教育を行う環境が十分に整っておらず、苦労が多そうだった。最新鋭の機器を取り入れるという「新・川口市立高校」に期待しよう。

 ペアワークという手法を取り入れていた。
 ごくごく簡単に言うと、隣同士の生徒が相談したり、考えを述べあったりしながら、先生から与えられた課題を解決していくものだ。

 それって、アクティブラーニング?
 まあ、そういう理解でいいと思う。埼玉県公立高校の言い方なら協調学習だ。

 三上先生は、かなり以前から、いわゆるアクティブラーニングの研究と実践を続けている。先駆者の一人と言っていいだろう。
 だから、その分だけ、アクティブラーニングのメリットもデメリットもよく分かっている。
 そこで、アクティブラーニングのマイナス面を補う方法をさまざま考えた。
 そしてたどり着いた結論の一つが、今日も行われたペアワークという手法だ。
 このやり方だと、机を移動したりという時間的ロスがないし、仲間に頼りっきりで傍観者になる生徒もいない。

 三上先生は言う。
 「ICTを活用した英語授業を広めたい」
 「いつでもどこでも誰でもできるアクティブラーニングの手法を広めたい」
 「新・川口市立高校の良さを広めたい」
 そうか、『伝道者・三上』なんだね。期待してるよ。
 市立川口 三上先生01
 安定感抜群! いや体じゃなく授業のことだ

 市立川口 三上先生02
 5分に1回くらいのペースでこんな場面がある

※追伸
 英語科の他の先生も授業を見に来ていた。こういう先生は、自分でもいい授業をやるんだろうね。今度見てみたい。


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梅野弘之

Author:梅野弘之
受験生・保護者の皆さん、学校や塾の先生方に最新情報をお届けします。ただし、結構頻繁に受験と無関係の話も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
当ブログを訪問された方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード