「学びのサプリ」を「うなずき」ながら読む

 開智未来中学高校の塾説明会に出席。
 昨日も別の用事で行っているので2日連続だ。

 埼玉県民の感覚、と言うより私の感覚では、利根川を渡った向こう側は栃木県や茨城県なのだが、埼玉県加須市の一部は、利根川の向こう側にもあるのだ。
 たまに行くと、はてしなく遠いところに来た気分になるが、回を重ねると、そうでもないと思えてくる。が、やっぱり浦和からだと遠いかな。

 校長の関根均先生は、元は県立高校の校長だ。
 県立の校長から私立の校長へというパターンはよくあることだが、普通は県立を定年退職してからだ。しかし、関根校長は、県立を途中でやめて私立に転じた。異色の経歴だ。

 異色で思い出したが、私が初めて関根校長に会ったのは、関根先生が開智の校長になった直後のことで、たしかそのときに、「最初の職員会議のとき、先生方に、生徒には毎日腹筋と腕立てをやらせてほしい」とお願いしたという話を聞いた。
 実行されたかどうか定かではないが、いきなり身体づくりの話をするとは面白い人だと思った。

 で、ここからが本題なのだが、今日の説明会で、関根校長の著書「学びのサプリ~きっと偏差値が10上がる“希望”の学習法」(学事出版)をいただいた。
 帰って来てさっそく読んだ。
 私の場合、本を後で読むという習慣はなく、手にした瞬間に読む。

 第1章目。「サプリ体操」。
 なるほど、そこから入って来たか。分かるな。
 さらに読み進むと、第4章目に「学びの身体論」というのが出てきた。ますます分かるな。
 初対面のときの記憶に間違いはなかった。やはり関根校長は、脳のはたらきは、身体や心の動きと密接に関連しているという信念をずっと持っていたんだ。

 「学びのサプリ」は、その実践を綴った本なのだが、私はいちいち「うなずき」つつ読んだ。以前に、関根校長の講演を聞いたとき、人の話は「うなずき」ながら聞くものだと言われたので、それを実行してみたのだ。

 この本は、成績を上げたい中高生に読んでもらいたいが、お父さんやお母さん、それに学校や塾の先生にもおすすめだ。なんなら伸び悩んでいるサラリーマンが読んでもいいかもしれない。

 「学びのサプリ」

コメント

待望の刊行

「学びのサプリ」 待望の刊行ですね。

メモ・もぎ取り・うなずきなどの基本姿勢は、今だけでなく、というよりはむしろ社会に出てから必要なスキルのような気がします。それを中学・高校で教えているところがどれだけあるのかなと思います。

今日のお話であったように、表面的な成績を上げることも大切ですが、“学びの根っこ”をきちんと教えられる、そんな塾にしたいなと、私も思いました。

コメントの投稿