中間範囲、入試に出るぞ

 本日、受験生向け。

 受験生諸君は、中学校生活最後の中間試験に全力投球しなければならんね。

 調査書(いわゆる内申書)に影響すると言われているが、実際のところ、評定平均を大きく引き上げるには、全教科をワンランク上げるぐらいじゃないと難しいだろう。
 しかし、だからと言って、適当にやってりゃいいというわけじゃない。

 全力投球すべき最大の理由は、3年生の今、学校で習っていることは、入試出題範囲のど真ん中であるからだ。
 今習ってることは絶対出るぞ。
 でも、残り時間を考えると、後でゆっくり、もう一度なんて余裕はないぞ。

 つまり、通知表がどうとか、内申点がどうとかじゃないんだ。
 まあ、それもあるという程度であって、大事なのは、入試出題ど真ん中のテストで、どれだけ点数が取れるかということなんだ。

 この後の期末考査も含めて、そういう意識で取り組んでほしい。

 以上。3学期制前提の話だが、前期・後期制でも考え方は同じ。

コメント

コメントの投稿