東京マラソンに向け始動、今日は貴重な実戦練習

 2年ぶりに「加須こいのぼりマラソン」(ハーフマラソンの部)に出場。
 まだ練習十分というわけには行かないが、いつも言っているように、実戦でしか得られないものがある。

 そう言えば、朝方、駅でたくさんの中学生を見かけた。かれらもまた模試という実戦練習の場に向かうのであろう。

 今日の練習テーマ。
 1 1㎞を6分のペースで走り、結果、どのくらいの余力が残っているかを確認する
 2 給水所で立ち止まらず、走りながら給水を取り、走りながら飲む

 風もなく、それほど寒くなく、コースもおおむね平坦だったので、1㎞6分は達成できだが、余力は残ってなかったな。
 このペースで行けたのは、あと3~4㎞がいいところだろう。
 1㎞6分ペースを30㎞まで延ばすのが、今後の練習目標だ。

 40代前半は、1㎞4分ペースで35㎞まで行けたんだが、20年前と比べても意味ないな。

 給水を走って取って、走って飲むのは、そこでペースを乱さないために今日のテーマにあげておいたが、若いころずっとそうやってたから、これは全然問題なかった。
 
 冬休みを無駄にするな。
 そのためには、「冬休みから」じゃなくて、「冬休みまで」を大事にしなくちゃいかんぞ。
 そう受験生に言っているのだが、その言葉、そっくり自分に向けなければならない。

 2016加須こいのぼりマラソン01

 2016加須こいのぼりマラソン02

 2016加須こいのぼりマラソン03


コメント

No title

加須だったんですね〜 いつもながら、お若いですねえ

コメントの投稿