正智深谷ベスト4ならず。全国高校サッカー選手権

 正智深谷高校、残念ながらベスト4進出ならず。
 全国高校サッカー選手権。

 今年は夏のインターハイで昌平がベスト4に入っている。昌平はメンバーからJリーガーが二人も誕生しており、それを破っての出場だけに期待していたのだが惜しかった。
 
 今の若い人は知らないだろうが、全国サッカー選手権での優勝経験があるチームが埼玉には5校もある。
 浦和 3回
 市立浦和 4回
 浦和西 1回
 浦和南 3回
 武南 1回
 
 武南以外は、全部浦和の学校で、しかも公立。
 ひところは、「浦和を制するものは全国を制する」とまで言われたものである。
 今回大会は95回目だが、戦後では69回目となる。
 69回中12回というのは、すごい優勝確率だと思わないか。

 ただ、1981年に武南が優勝を果たしてから、35年間優勝無し。1989年に武南が準優勝、翌90年に同じく武南がベスト4に入って以来、上位進出はない。
 
 最近のサッカー界は、若い子たちが高校のサッカー部ではなく、クラブチーム(Jの下部組織)で活動することが多くなっており、必ずしも最高峰の大会ではないのかもしれないが、埼玉から日本一になるチームが出てきてほしいね。

コメント

コメントの投稿