社交が苦手な私は、ただ食うしかない

 昨夜は、埼玉新聞主催の新年賀詞交換会(浦和ロイヤルパインズホテル)に出席した。
 私がもっとも苦手とする宴会またはパーティというやつだ。
 年末年始は、こういうのがたくさんあるから困る。

 出席者約1000人というから、知り合いを見つけるのも大変だ。
 と言うか、そもそも知り合いそのもがいないのだから、見つかるはずもない。

 午後5時から始まった会だが、上田清司県知事はじめ、議員や市町村長やらの紹介が延々1時間続き、乾杯となるのは6時を回ってからだ。立ったままだから疲れる。

 連れの「わが社の志村くん」が、どのへんに陣取ればいいかと聞いて来るので、「決まってんだろう。寿司コーナーのそばだ」と答えた。
 「カンパーイ!」が終わったら、みんなが列を作る前に、素早く寿司をゲットするのだ。今日は腹が減っている。

 作戦は成功し、寿司をたらふく食った。
 志村くんが、「料理とって来ますけど、何がいいですか」と、またもや聞いてきた。自分で判断できねえのか。
 私は、「決まってんだろう。ローストビーフだ」と答えた。
 しかしこのホテルの料理はレベルが高いな。

 と、こんな次第で、人付き合いの悪い私は、社交の場でまったく誰とも交流せず、アルコールも口にせず、人の挨拶もろくに聞かず、ただひたすら食って、さっさと帰って来たのである。
 何しに行ったんだ。

 埼玉新聞賀詞交換会01

 埼玉新聞賀詞交換会02
 挨拶する上田清司埼玉県知事
 埼玉新聞賀詞交換会03

コメント

コメントの投稿