結果をあれこれ考えても始まらない

 入試の結果(合否)は、自分の意志や努力では変えられない。

 いや、そんなことはない。努力で結果は変えられるでしょう。
 という考え方もあるが、自分の努力だけで何でも解決できちゃうほど、世の中は都合よくできていない。

 他人が予想外に頑張ってしまうということもあるし、他人に運が向いてしまったりということもある。それは自分の意志や努力ではどうしようもないことだ。他人をコントロールすることはできない。
 そこを考えずに、頑張れば、結果は付いてくるなんていうのは考え違いも甚だしい(はなはだしい)。

 努力は報われるとか、努力は裏切らないとか、結果は必ずついてくるなんていうのは、後で合格体験記を頼まれたときに使う言葉だ。

 では、努力は無意味か。
 そうは言っていない。
 努力は、相当程度結果を左右するから、努力する意味は大いにある。ただ、それだけですべてが決まるわけではないと言っている。

 「人事(じんじ)を尽くして天命(てんめい)を待つ」という言葉がある。
 「人間として出来るかぎりのことをして、その上は天命に任せて心を労しない」(by広辞苑)

 結果をあれこれ考えるのはやめなさい。
 それはあなたが決めることではなく、天が決めることですよ。
 そんなことを考えるヒマがあったら、今あなたができるすべてのことをやりつくしたほうがいいですよ。

 と、だいたいこんな意味か。


コメント

コメントの投稿