ゲストも豪華な埼玉栄全国優勝祝賀会

 昨夜は浦和ロイヤルパインズホテルで開かれた埼玉栄中学・高等学校の全国大会優勝祝賀会に行ってきた。
 行ってきたというが、こういうのは先方から招かれないと勝手には行けないわけで、埼玉栄の先生が、あいつはスポーツには興味がありそうだからと招待してくれたので出席がかなったのである。

 この1年間で、全国優勝を果たした運動部や文化部の指導者の功績を称える会。
 念を押しておくが、全国出場じゃなく、全国優勝だからね。
 ふつう全国出場だけでも難しく、それだけで誉められる資格十分なんだが、この学校で出場を表彰していると、対象が多すぎて大変なことになる。そこで、団体で優勝したか、個人の優勝者を出した部のみが栄光賞というのをもらえる。

 男女柔道、女子レスリング、水泳・水球、相撲、女子野球、男女バドミントン、男子空手。以上が高校。
 空手、女子バスケット、ウェイトリフティング、バドミントン。以上が中学校。
 それに、文化部系で、高校と中学の吹奏楽部とマーチングバンド部。

 ゲストが豪華。
 同校相撲部OBの妙義龍関はじめとする現役の関取衆や、去年引退した元豊真将の立田川親方など大相撲関係者。大関・豪栄道関がいなかったのが残念。
 リオ五輪体操金メダリストの山室光史選手と加藤凌平選手。
 同ウェイトリフティング48㎏級銀メダリストの三宅宏美選手と58㎏級代表の安藤美希子選手。

 そんな中、私の一番の注目は、クレー射撃の中山由紀枝選手。高校時代はソフトボールの選手だったが、後にクレー射撃に転向し、シドニー・北京・ロンドン・リオと、なんと4回もオリンピックに出場している。選手寿命が長い競技だから当然次の東京もねらえる。今春、お子さん(たぶん娘さん)が、埼玉栄に入学するそうだ。子育てしながら競技生活を続けて来たんだね。大したもんだ。北京の4位が最高だから、次はぜひメダルをとってほしい。

 いつも言うように、社交性のない私は人の集まるところは好きじゃないんだけどね。昨日は大いに楽しませてもらった。

 埼玉栄祝賀会、表彰
 表彰される指導者の先生たち

 埼玉栄祝賀会、三宅選手
 左から、山室選手、加藤選手、三宅選手(挨拶)、安藤選手、中山選手

 埼玉栄祝賀会、関取
 妙義龍関(一番左)ほか関取衆。みんな合わせると1トンは超えていそう



コメント

コメントの投稿