今日も一日、泥仕合の実況中継

 泥仕合(どろじあい)という言葉を思い出した。
 「泥試合」と書き間違えることがあるが、ワープロでは「泥仕合」としか変換されない。
 相手の失敗や欠点や秘密を言い合って、醜く争うこと。
 元は歌舞伎の用語らしい。

 たぶん今日のテレビは一日中、籠池証人喚問をやっていたんだろう。森友問題をめぐる泥仕合の実況中継だ。
 テレビが大々的に取り上げるのは、数字(視聴率)が取れると踏んでいるからだ。商業放送としては当然のことだ。
 面白おかしく放送するやつがいて、それを面白がって見るやつがいる。そういう関係なので、テレビだけを悪者にするわけにも行かないだろう。

 だが、衆議院予算委員会という国会の中でも、もっとも重要な委員会で、どうでもいいことを延々やっている間に、北朝鮮がまたミサイル発射実験(失敗したらしい)するは、イギリス・ロンドンではテロ事件が起こるはと重大事件が次々に発生している。

 森友問題の方は、一般市民が巻き込まれて死者が出るとは思えないが、ミサイルやテロは、そうは行かない。
 
 私が森友問題はどうでもいい問題だと繰り返し言っているのは、国会、特に予算委員会にとってはどうでもいい問題だという意味だ。いつまでも「政治ショー」をやっていないで、本業の「政治」に帰ってもらおうではないか。

 

コメント

コメントの投稿