埼玉県教育長人事、異例の継続審査へ

 先週末だったか、次期教育長の人事が継続審査になりそうだというニュースが飛び込んできた。
 それは困った。
 4月6日付の新聞に教育長インタビューを掲載する予定で、取材日程も組んでいたのだ。

 教育長は県知事が任命するが、議会同意人事と言って、県議会の同意が必要である。
 県議会2月定例会(会期3月27日まで)で、すんなり決まるものと思っていたが、そうはならなかった。人事案件が継続審査となるのは異例だ。

 上田知事は、関根郁夫教育長の任期満了にともない、文部科学省出身で、かつて県文教政策室長を務めたこともある小松弥生氏を次期教育長とすることを決めていた。
 しかし、県議会自民党が、これに待ったをかけた形となった。
 継続審査ということだから、この人事がくつがえることはなく、いずれ小松氏で決着するものと思われるが、何故このような事態になったのだろう。

 民進党などからは、自民党による上田知事への嫌がらせという見方も出ているが、議会の内部事情に疎いので、そのあたりはよく分からない。

 以前にも書いたが、制度が変わり、教育委員会委員長と教育長が一本化されることになった。
 よって、次期教育長は、新制度の下での最初の教育長ということなる。

 細かい説明は省くが、新制度の下では、教育行政に関する首長(県知事)の権限が強まると言われている。というか、そのための制度改革なのである。
 そこで重要になってくるのが、議会によるチェック機能だ。首長の権限が強まった分、議会はしっかり監視してもらわなければならないのだ。

 自民党議員団は、「人物を問題視しているのではなく、(中略)、どういう考え方で県の教育を進めていくのかを知りたい」という考えを示している。(28日付埼玉新聞記事より)
 だから、前述したとおり、小松教育長がくつがえることはないだろう。

 要するに、これから先、議会は厳しくチェックしていくぞ、首長の独断専行は許さないぞというアピールではないか。私はそのように見ている。とりあえず、先制パンチを一発浴びせておくか。そんな感じにも見える。

 初っ端の人事案件を引き延ばすのが妥当なやり方かどうかは疑問の残るところだが、議員の皆さんには、ただの嫌がらせやスタンドプレーではなく、県民のため、実質的なチェック機能をはたしてもらいたいと思う。

コメント

コメントの投稿