全国学力テスト、入試によく出る宮下奈都作品が題材に

 昨日(4月18日)、全国学力・学習状況調査が行われた。対象は小6児童と中3生徒。

 よく「全国学力テスト」などと略され、「教科に関する調査」に注目が集まるが、併せて「質問紙調査」も行われているので、その結果も見ておきたい。

 たとえば、塾の先生方が興味を持たれると思われるこんな質問がある。
 質問(17)学習塾(家庭教師の先生に教わっている場合も含みます)で勉強していますか
 回答 ①学習塾に通っていない
     ②学校の勉強より進んだ内容や、難しい内容を勉強している
     ③学校の勉強でよく分からなかった内容を勉強している
     ④上記②③の両方の内容を勉強している
    ⑤上記②③の内容のどちらとも言えない。
 参考までに、28年度の調査では、①と回答した割合は32.5%、27年度では32.6%(都道府県別埼玉県のデータ)であった。
  調査結果の発表は年度によるが8月から9月になると思われる。


 中学生国語のB問題(活用)の中に、宮下奈都「スコーレNo.4」を題材とするものがあった。
 宮下奈都は2015年に「羊と鋼の森」で直木賞候補となり、翌2016年同作品で本屋大賞を受賞した人気作家である。
 高校入試でよく出る作家であり、「終わらない夏」、「よろこびの歌」なども過去に入試の題材として取り上げられている。平成23年度(2010年度)の東京都立入試では、「スコーレNo.4」が使われていた。
 国語の長文問題は事前に読んでおけば有利というものではないが、生徒から「何を読めばいいか」と尋ねられたとき、推薦していい作家の一人ではないか。

コメント

コメントの投稿