今村大臣、学習能力ないのか

 今村雅弘復興大臣がまたやらかした。

 前回の記者会見での失言は、記者の挑発に乗ってしまったようなところもあり、多少は同情していたのだが、今回のはさすがにアウトだろう。

 同大臣は25日、都内のホテルで開かれた自民党二階派のパーティで、東日本大震災について「地方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると莫大な被害があった」という発言をした。

 これを聞いた被災者はどう思ったろうね。
 他ならぬ復興担当大臣の発言だぜ。

 政治家のパーティには、付き合いで何度も出ているので、だいたいの雰囲気は知っているつもりだ。出席者はおおむね支持者であるから、気を許して、結構軽口をたたいたりする政治家が多い。でも、議会や正式な会議じゃないから、みんな大目に見ている。

 だが、そういうシチュエーションでの発言ということを考慮しても、それはないだろうと思う。
 私は、人の揚げ足をとったり、言葉尻をとらえたりというのはやらない方だと思っているが、さすがにこれは呆れた。

 こいつ馬鹿なんじゃないかと思って経歴を調べてみたら、東京大学法学部卒ではないか。いるんだね、東大出の馬鹿。
 もっとも、この人は私より5歳上の70歳だから、東大は50年前の話だ。半世紀前は優秀だったんだろうが、その後劣化が進んだようだ。

 私はこういう70歳にはなりたくないな。気をつけよう。


 追伸:書き終えてニュースを見たら、辞任の方向だという。当たり前だ。


コメント

コメントの投稿